記事作成日:

女性のスーツスタイルの髪型を徹底解説!ビジネススーツに似合う髪型をご紹介!

広告

スーツに袖を通して仕事に行く女性の方は、普段どんな髪型をされているでしょうか?うまく雰囲気に馴染む髪型を選択することによって、仕事における相手からの受け取られ方も大分印象の良いものになるでしょう。そこで、女性のスーツの時に適した髪型を詳しくご紹介します。

女性のスーツスタイルに似合う髪型の上手な選び方【ロング】

スーツに似合うヘアスタイルのことを調べても、種類が色々とありすぎて困っている方も少なくないかと思われます。髪の長さ別に、合う髪型の選び方を解説していきましょう。まずはロングヘアからになります。

スーツに似合う女性の髪型①シンプルなダウンテール

まずは、ダウンテールがおすすめできます。一つ結びなどとも呼ばれている髪型で、髪を後ろで一つにまとめたこの髪型はシンプルさがありますので迷った時にとりあえず選んでおけば無難、といったところになります。

ロングヘアは自体で存在感がありますが、スーツを着るときにはバランスが求められます。髪をまとめることで服装全体の調和をとりやすくなり、ダウンテールはバランスの良い印象を生み出すのに役立ってくれるでしょう。

セットに関しても後頭部でひとまとめにするだけですから非常に簡単ですし、まとめる位置によっても印象が変わります。低い場所にすれば知的で落ち着いたイメージに、耳当たりの高さで結んでいると快活さが感じられます。

スーツに似合う女性の髪型②毛先にカールのかかったストレートロング

続いておすすめなのが、毛先をカールさせたストレートロングです。ダウンテールの結んだ状態も良いですが、ロングヘアの場合には結ばない状態のままであっても女性らしさを演出できます。

女性らしさや優雅さを引き立てつつ、同時にプロフェッショナルな印象を与えることができます。仕事やビジネスの場で好まれるバランスを確保してくれ、後ろから見た姿も非常にきれいにまとまります。

カールさせたストレートな髪型は、クラシックでありながらも時代を超えて受け入れられるスタイルです。スーツとの相性が良く、フォーマルな場でも違和感なく馴染みます。

スーツに似合う女性の髪型③ハーフアップ

ハーフアップもロングヘアならば選択肢に入れても良いでしょう。特にロングでも一つ結びにするほどの長さが無い場合であれば、髪を上半分のみアップにするこの髪型が適しています。

シンプルに上半分をまとめるだけでもお洒落に見せる事が可能なので、髪型についてあれこれ考えたり悩んだりするのが面倒、といった方がとりあえず選択する髪型としてもおすすめできるでしょう。

完全に下ろした髪の場合服装と髪型とのバランスが崩れがちですが、ハーフアップであれば適度なまとまりが生まれます。上品な印象もあるのでビジネスにもぴったりですが、ヘアピンなどを使って崩れないようにしましょう。

スーツに似合う女性の髪型④明るく華やかな雰囲気のミックス巻き

ミックス巻きというヘアスタイルもあります。これは外巻きと内巻きを交互に行う髪型のことであり、ウェーブがありながらも整った印象を与えるため、女性らしさとビジネスの場における品を損ないません。

特に明るく華やかな印象を与えることができますので、スーツやビジネスカジュアルな服装との相性が良いです。適度なカールがあることで、髪が自然に流れているような印象を与え全体のコーディネートが調和して見えます。

個々の髪質や好みに合わせてアレンジができるため、自身のセルフエクスプレッションにも寄与します。異なる巻きの大きさや方向を組み合わせることで、個性的で自分らしいスタイルを選ぶことも可能です。

女性のスーツスタイルに似合う髪型の上手な選び方【ミディアム】

紙が長いロングヘアの方は、どうまとめるか、そもそも結んだりしないのかといった点で大きく選択肢が分かれてくるところがあります。続いては、ミディアムヘアの女性の髪型についてです。

スーツに似合う女性の髪型⑤清潔感があるストレートヘア

まずおすすめなのが、ストレートヘアです。ミディアム程度の長ささえあれば結んだりしない真っすぐに伸ばしたストレートスタイルであっても違和感がなく、スーツを着ても重たい印象になりません。

ストレートヘアは洗練された外見をになる傾向があります。シンプルでまっすぐな髪型は、服装に対して過度な装飾を避けつつも女性らしさを損なわずに表現できます。

ただ、ストレートを選択する場合には普段から真っすぐな髪形を維持するためのケアも必要になってきます。毛先が不揃いになったり傷んだりしてしまわないよう、ブラッシングやスタイリングなどが苦にならずできるならおすすめです。

スーツに似合う女性の髪型⑥ゆるふわウェーブをハーフアップでまとめる

続いては、ゆるふわっとしたウェーブをハーフアップでまとめたスタイリングになります。元々ボブスタイルやショートと比べても、ミディアムヘアであれば女性らしい印象を与えやすくアレンジも加えやすいです。

両サイドを上下の2段に分けてツイストさせながら後ろで1つにまとめるハーフアップスタイルは、ビジネスにおける品を損なうことなくかつお洒落な演出ができるという事で、それなりにこだわりたい方にもおすすめできます。

スーツに似合う女性の髪型⑦大人っぽい女性を演出するワンレンヘア

ワンレンは髪をまとめるため、風や動きによる乱れが少なく髪が整った印象を持続させやすいです。これが、ビジネスシーンやフォーマルな場面での髪型として好まれる理由の一つです。

ミディアムヘアでワンレンにすることで、服とのバランスが取りやすくなります。特にスーツなどのフォーマルな服装と相性がよく、全体のシルエットがすっきりとした印象になります。

加えてワンレンは髪型がシンプルであるため、朝の準備が比較的簡単です。忙しい朝や出張などで時間が限られている場合でも、手入れがしやすいのが利点です。

女性のスーツスタイルに似合う髪型の上手な選び方【ショート】

ショートヘアとなると顎のラインよりも長さが短くなりますので、顔立ちがはっきりするのでシーン問わず好印象になるのですが、髪型次第で見た人の印象が全く異なってくる部分があります。

スーツに似合う女性の髪型⑧仕事ができる印象を与えるストレートヘア

まずは、ストレートヘアになります。髪色を落ち着いたものにしたストレートヘアは整った印象を与え、ビジネスの場における外見としても適しています。クリーンでまとまりのある印象が、仕事やビジネスの場面で好まれやすくなっています。

ストレートヘアは、首や肩のラインを強調することができます。これにより、スーツのデザインやシルエットがより引き立ちます。髪型がシンプルな場合、服装全体を際立たせられるでしょう。

スーツに似合う女性の髪型⑨優しい雰囲気を出す軽めのパーマ

続いては、パーマをかけた髪型になります。軽いパーマは髪に自然な動きと柔らかさを加える髪型となっていて、スーツを着ている時はピシッと決めている状態なのでパーマを取り入れることでスタイルに遊び心や動きが加わり、優しさや軽やかな印象を与えられます。

女性らしさを演出するのにも一役買ってくれますので、髪に艶感を出しつつもボリュームが無駄に出すぎることのないよう、毛先を多少遊ばせたりすると効果的とされています。

軽いパーマは髪に動きを与えつつも、過度に派手ではなく上品で洗練された印象を与えることができます。これは、仕事場をはじめとしたフォーマルなイベントでのスーツを着ている時にも違和感なくマッチするでしょう。

スーツに似合う女性の髪型⑩女性らしさとボーイッシュが融合するベリーショート

ショートヘアの中でも、特に男性らしいきりっとした雰囲気で決めたい場合にはベリーショートスタイルが適しています。アレンジを加えることで、スーツにもベリーショートをマッチさせる女性は増えてきているのです。

襟足を短く整え、前髪をある程度残したようなヘアスタイルなどが挙げられます。前からは女性らしい雰囲気を感じさせながら、後ろから見ると男性のように見える二面性があります。

ベリーショートの髪型はあまり派手すぎず、個性的な印象を与えないという事でおすすめができるのですが、会社によっては規則によって選択できない事もあるので注意してください。

ビジネスマナーに欠ける避けた方が良いヘアスタイルとは

髪の毛が長くても短くても、ビジネスの場に合わせたヘアスタイルの選択肢は多くありますので、自分が選べると思ったものを合わせてほしいものです。ここからは、マナー違反にならないために避けるべきヘアスタイルも紹介します。

避けた方が良いヘアスタイル①巻き髪

まずは、巻紙になります。どのような場面であっても、スーツを着る以上巻き髪はふさわしくない髪型であるとされています。過度な巻き髪やカジュアルなヘアスタイルは、控えめで落ち着いた雰囲気にするべきスーツとは合わないことが多いのです。

巻き髪は一般的にカジュアルで遊び心のある印象の髪型です。しかし、ビジネス環境では堅実で信頼性のあるイメージを維持することが重要ですから、特にクラシックなビジネススーツを着る場合はヘアスタイルもその雰囲気に合わせなければなりません。

巻き髪にしているつもりはなくとも、天然パーマの方は毛先が跳ねて巻き髪をしているをしているように見える事もあります。後頭部でまとめておくと巻き髪に見える可能性を減らせます。

避けた方が良いヘアスタイル②派手な髪色

続いては髪色についてです。基本的にスーツを着るビジネスの場では、派手な髪色を選択するのは控えるべきとされていて、これもどんな場面であっても適用されるNGスタイルです。

個性を出すために金髪などの派手めな色にしている、という方もいるでしょうが、ことビジネスの場のことを考えると適切とは言えません。人によっては不真面目な人物という印象を持たれてしまわれるからです。

昨今はこうした髪色が派手であっても受け入れる業種なども出てきましたが、やはりスーツを着る場面である以上基本は黒髪か、色を入れるとしても派手になりすぎない茶髪程度に抑えておくのが無難です。

避けた方が良いヘアスタイル③目にかかる前髪

スーツを着て仕事をするうえでは、表情が見えづらい髪型だと人からの印象も悪くなってしまいます。相手の表情や目線をしっかりと受け止めることが重要とされている中で、前髪で目や顔が見えないと暗い人だという印象になるのです。

前髪が長めの人は、サイドに流してピンで留めておくのが無難な対策になります。もし気になっているというのであれば、思い切って前髪を上げたヘアスタイルを選択するのも良いかもしれません。

避けた方が良いヘアスタイル④たくさん整髪料を使用した髪

髪型を整えるために、毎度整髪料を使っている方もいるでしょう。使うことそれ自体は間違いではないのですが、あまり多く使いすぎていると所謂「濡れ髪」といってビジネスの場では避けるべきスタイルになってしまいます。

艶を目立たせない落ち着いた質感のスーツに対して、濡れ感が目立つ整髪料を多く使った髪は雰囲気が合っておらず髪を乾かしていないと受け止められてしまいかねません。多少艶が出る程度にとどめておきましょう。

避けた方が良いヘアスタイル⑤短すぎる・分厚い前髪

前髪が分厚すぎるヘアスタイルや、短すぎるものなども避けておいた方が良いでしょう。まず前髪が分厚いとどうしても重たい印象を持たれることになりますから、丁度良い厚さに整えておきたいところです。

また、ベリーショートよりもさらに短い様な髪型はカジュアルさが出てしまいます。これはロングヘア以上のスーパーロングなどでも同じことが言えますので、問題の無い長さに整えておきましょう。

シーン別で考えるスーツスタイルの女性の髪型

スーツを着る場面と言っても色々ありますから、その時々で適切な服装があります。髪型でも同じく適したヘアスタイルというものがありますから、最後に3つの場面でご紹介していきます。

シーン別のビジネススーツに似合う髪型①就活

まず就活中の髪型についてですが、お洒落よりも清楚さや清潔感を重視するのが基本となります。ボブヘアであればストレートの毛先だけを丸めるなどすれば、上品でありつつも清楚な印象になってくれるでしょう。

逆に髪が長めの方の場合は、お辞儀をした時に髪の毛が下に落ちてこないようダウンスタイルの髪型は避けておきましょう。ハーフアップやローポニーテールといった後ろでまとめる髪型がおすすめです。

シーン別のビジネススーツに似合う髪型②営業

続いては営業中の髪型についてですが、こちらも清潔感などを重視する点は変わりません。特に社外の人と接することが多い営業であれば、髪の毛に頻繁に触れるのはマナーとしてNGですので触れなくても留められる髪型がおすすめされています。

例えばロングヘアであれば、ふんわりひとつ結びで毛先をゆるふわっとした雰囲気で巻くなどのヘアスタイルならスーツを着ていても適しますし、ミディアムヘアならハーフアップやバナナアップなどのアレンジを加えてみても良いでしょう。

シーン別のビジネススーツに似合う髪型③オフィス

外部の人と会う営業の場合にはできる限りしっかりとしたヘアスタイルを選択する必要がありますが、オフィス内であればローポニーテールなどの清潔感を維持しながらもお洒落を加えられる髪型などが選べます。

ここにロープ編みを加えると、後ろから見てもお洒落にまとまった印象があります。あまりカジュアルになりすぎない範囲内に納めなければならないという注意はありますが、営業の時よりは多少崩しても問題ないでしょう。

スーツスタイルに似合う髪型についてしっかりと理解しておこう

髪型が整っていることは、その人物が自分の外見にも注意を払っていて自分を大切にしているという印象を与えます。ビジネスの場においてはスーツを着る以上こうした点を押さえたうえで、許される範囲内の髪型を選ぶようにしてみてください。

その他の関連記事はこちらから