記事作成日:

クールビズ時の女性の服装の正解は?選び方やコーデを紹介!

気温が上昇し、夏になるとほとんどの企業でクールビズを推奨していますが、女性の服装はどのようにするのが正しいのでしょうか。この記事では、クールビズ時の女性の服装についてご紹介するので、場違いな服装をしないためにもクールビズに関するマナーを身につけましょう。

クールビズとは

そもそもクールビズとは一体どのようなものなのでしょうか。夏になると耳にするワードですが、あまり言葉の意味を理解していない方もいるのではないでしょうか。ここでは、クールビズの意味についてご紹介します。

クールビズとは、地球温暖化を防ぐために2005年頃に導入されたキャンペーンで、上着を脱いだり一番上のシャツのボタンを外す、ネクタイを外すことで体感が2度下がるというような研究データーが出ています。

この実験データを元に、夏場の室内でもなるべくエアコンの温度を下げることなく過ごせるように、スーツの着方が見直されべく導入されたキャンペーンがクールビズなのです。

クールビズを導入することで、体感が下がるため、年々気温が上昇する日本の夏を過ごすためにも欠かせないキャンペーンともなっています。また、ビジネスカジュアルとは少し意味が異なり、クールビズは暑さ対策を目的としているのです。

クールビズとビジネスカジュアルは違う?

クールビズと似たような言葉に「ビジネスカジュアル」がありますが、この違いは一体なんでしょうか。カジュアルビジネスとは、動きやすい服装のことを言い、近年クールビズが普及していることを受け、服装規定を見直す企業も増えました。

ノーネクタイ、ノージャケットといっかカジュアルに落とした服装になるため、クールビズ同様暑さ対策も期待できます。こうした中、動きやすい服装が社会に受けられるようになっている一方、出先でに対応できる服装でないとビジネスカジュアルとして認められないのが現状です。

移動中やオフィス内であれば、動きやすさを重視した服装でも問題ありませんが、取引先との打ち合わせや大きな講演に出演するなど、礼儀を求められる場所ではまだまだジャケットやネクタイが取れないということもあるでしょう。

女性のクールビズは明確なガイドラインがない

暑さ対策のクールビズですが、男性だと明確なガイドラインがあるのに対し、女性のクールビズに関する明確なガイドラインはありません。近年、ビジネスカジュアルな服装が求められており、企業によってはどこまでのカジュアルなら許されるのか、仕事に支障がないのか頭を悩まされることもあるでしょう。

その中で、女性のクールビズに関する明確なガイドラインがないため、どこまで暑さ対策として認められるのか、判断に迷ってしまう方も多いです。

一つ言えることは、カジュアルになりすぎずに清楚な印象を保たなければならないということです。私服とあまり変わりのない服装では困りますが、清楚なスタイルであれば問題ないことが多いでしょう。

女性のクールビズの基本は?

では、女性はどのようなクールビズの服装をすれば良いのでしょうか。カジュアルすぎてもよくありませんが、パンツ、スカート、ブラウスなど清涼感のあるスタイルであれば問題ないことが多いです。

暑さ対策を重視して服装選びをする際は、清涼感のある服装や色を選ぶと失敗しにくいです。休日に服装にならないように注意し、薄手の素材などを選び快適に過ごせる服を選びましょう。

女性のクールビズでの服の選び方注意点

女性のクールビズの服選びで注意しておくべきこととは何でしょうか。ここでは、クールビズの服の選び方や注意すべきポイントをまとめているので、こちらも参考にしてください。

注意点①露出が多い服

まず露出の多い服装は避けてください。例えば、肩の出るノースリーブでは仕事というよりもプライベート感が強く出てしまい、印象としても良くありません。

肌を見せるということは、過激な印象を受けることも多く、周囲からも距離を置かれてしまうこともあります。取引先との面会でも、露出が多い服装をしていると「この人に常識はあるのだろうか」など、白い目で見られることもあるので注意が必要です。

職場に遊び出来ていると思われることもあるので、暑いからと言って過度に露出する服装は避けてください。肩出しも良くないため、肩が隠れる長さの半袖や7部丈くらいのトップスが好ましいです。

注意点②カジュアルな服

カジュアルすぎる服装も避けてください。清涼感のある服装が好まれるため、ジーンズなどのカジュアル服装は指摘されのも当たり前です。スーツに近い素材やデザインで統一することで、カジュアルすぎない服装を選ぶことができます。

最近では、汗を吸収してくれるシャツなどもありますが、これだけではカジュアルすぎるので仕事向けの服装とは言えません。インナーとして着る分には問題ありませんが、シルキードライなどのトップスで仕上げるのは避けた方が無難です。

クールビズの服装には、シャツ感のある素材の服を選ぶ方が良いでしょう。もちろん、下着が透けてしまうことはよくないので、生地がしっかりした服だと安心です。

注意点③透ける素材の服

先ほども少し触れましたが、助ける素材の服は避けてください。これも露出度の高い服装だと見られてしまうことがあり、品のない印象を受けやすいです。

夏になると、白系のトップスが涼しい着心地なため、選ぶ方も多いのですが、白は透けやすく対策をしなければなりません。インナーや下着が透けるということは、配慮が足りないということにもなりかねないので、なるべく透け感のない服を選んでください。

仕事の日はなるべくシンプルな下着を身に着けることで、白でも透けにくくなるため、選ぶ色合い注目するのもおすすめです。また、ネイビ系の色だとインナーの透けを心配する機会も少ないので、確実に対策するには透けにくいトップスを選ぶのが賢明です。

注意点④体に密着するトップス

体のラインが出るタイトな服装も避けた方が無難です。例えば、トップスが体のラインに沿って密着していると、胸が強調されることが多く、あまり良い印象を受けません。

露出に近い服装だという印象を受けてしまうため、仕事上あまり良くないと言えます。また、タイトなスカートだとお尻の形が強調されてしまので、これもあまり良くありません。

スカートだけでなく、パンツスタイルにも言えることです。体に密着するとプライベート感も出てしまうので、職場ではなるべく体のラインが出ない服を選んでください。

注意点⑤服の色や柄にも注意

服の形や種類だけでなく、選ぶ色にも注意が必要です。清涼感のある白やネイビーなど落ち着きのある色であれば問題ありませんが、赤や緑、ピンクなどはっきりとした色の服装は仕事をするのに適した色とは言えません。

夏になると気持ちも高まっているため、つい明るい色を選んでしまいますが、職場には遊びに行くわけではないので、落ち着きのある色を選ぶのが良いでしょう。

もちろん、おしゃれを意識することは良いことです。トレンドなどを取り入れたい場合は、ピンポイントで入れるのが良いです。細めのストライプやチェック柄など、デザインによってはオフィスに着ていける服もあるので、こうした服装を取り入れてみるのが良いです。

注意点⑥ストッキングは着用

夏場は暑く、肌を露出したくなりますが、スカートやパンツを履くときには必ずストッキングを着用してください。これはビジネス服装におけるマナーです。

男性の場合、半ズボンが許されないのに対し、女性はスカートでもストッキングを履いて肌の露出を控えることが大切です。

もちろん、ストッキングは肌色に近いものを選び、余計なデザインが入っていないかを確かめてください。最近では、太ももまでしか丈のないストッキングなどもあり、夏場の着用に適したタイプもあるので、暑さ対策をしたいのであればこうしたタイプを選ぶのが良いでしょう。

女性のクールビズのコーデ例

最後は、実際にどのようなコーデならクールビズとして認めてもらえるのかをご紹介します。女性向けのクールビズの服装が分からない方、コーデの種類を増やしたい方はこちらも参考にしてください。

コーデ例①七分袖シャツ×スカート

肩出しがなく、夏らしい涼しい印象を受ける七分丈シャツとスカートがおすすめです。シャツにもさまざまな種類がありますが、白や淡いブルー系の色だと夏らしく、涼しげな印象があるので最適です。

また、スカートは膝丈くらいのものを選び、暑さ対策としても整えておくことで快適に出社することができるでしょう。第一ボタンの部分は、胸元も少しだけ開く程度であれば許容範囲のため、ここからも涼を取り入れることができます。

コーデ例②テーラードスーツ×ブラウス

クールビューティーな印象に仕上げるなら、テーラードスーツとブラウスの組み合わせがおすすめです。主にパンツスタイルが好みの方に適しており、動きやすさも抜群です。

ブルー系に統一することで涼しげな印象があり、トップスに明度の高い色を取り入れることで垢抜けた印象にもなるでしょう。

コーデ例③半袖シャツ×カーディガン×フレアスカート

夏でも寒さ対策が欠かせない方は、カーディガンを取り入れたスタイルもおすすめです。半袖シャツの上に羽織るような形でカーディガンを組み合わせることで、一気に女性らしい印象を演出することができます。

フレアスカートは、女性らしい印象とスタイルアップ効果が期待できるため、身長が低い方にも最適です。少しヒールのあるパンプスを組み合わせて一気に女性らしさを引き出しましょう。

クールビズの注意点を守り自分らしいコーデを楽しもう

女性でもクールビズの注意点を守り、その中でおしゃれな服装やスタイルを楽しむのが一番です。夏場は、暑さ対策もしっかりと行い、マナーを守って自分らしいコーデで楽しく仕事をしましょう。

その他の関連記事はこちらから