記事作成日:

女性の転職面接時の服装はスーツが良い? 選び方ポイントを解説!

転職面接では、服装はスーツの方が良いのでしょうか。新卒の学生の頃とは違い、誰かが指導をしてくれることもなく、頼る方もいないとどうするべきが悩む方もいるでしょう。この記事では、女性の転職面接時はスーツの方が良いのか、また、スーツの場合どのようなものを選んだら良いのかお伝えするので、参考にしてください。

女性が転職の面接の際に着ていく服装は?

女性が転職をする際には、どのような服装をしたら良いのでしょうか。中途採用の方は、新卒のようにリクルートスーツを着た方が良いのか悩む方もいるでしょう。

まずは、転職の面接の際に着ていく服装についてご紹介するので、どの服装が適しているのか分からないという方はこちらを参考にしてください。

基本のスタイルは?

転職の際の面接でも、立派なビジネスの一つです。ですから、面接の際には必ずスーツを着用するようにしましょう。ただし、どのような企業に面接に行くのかでも、服装が異なります。

例えば、飲食店へ転職を考えているのであれば、きちんとした服装であればスーツでなくても良いケースもあります。また、企業側から指定された服装があればそちらを優先してください。

基本的には、面接の際にはスーツ着用で対応することで、第一印象も良くなります。面接では、その方の人柄などもチェックされているため、スーツで来るかどうかも評価されているので、基本はスーツ着用を覚えておきましょう。

女性の転職の面接向けスーツの選び方

では、転職の面接の際にはどのようなスーツを選んだら良いのでしょうか。今手持ちにあるスーツで間に合わせることができるのかどうか悩む方もいるでしょう。

特に、面接の時にしかスーツを着ない場合、一度の面接のために準備しなければならないので、なるべく無駄のないようにしたいものです。ここでは、面接時に最適なスーツの選び方や服装のポイントをご紹介していきます。

選び方①色

面接時のスーツの色は黒か紺などの落ち着いた色味を選んでください。一般的にリクルートスーツと呼ばれるものは、ほとんどが黒か紺色です。

オフィスで働く女性は、ビジネススーツを着用することがあり、その場合にはもう少し色味のあるタイプや明るい色を着用することもありますが、面接の際には採用担当者や人事担当の方がその方の質などもチェックしているため、あまり派手な色は選ばずにシンプルを心がけましょう。

選び方②柄

スーツは、あまり柄の入っていないデザインがおすすめです。色が黒や紺でも、スーツの生地にデザインが入っていたり、スカートがひらひらしたような形状のスーツは面接に着用するのに好ましくありません。

ある程度控えめなストライプなどのデザインであれば、許容範囲と考えることができます。ただし、企業の面接はオシャレをしていく場所ではないので、着飾るようなことは一切不要です。

もちろん、メイクなど必要最低限の女性の身だしなみとしを整えることも必要ですが、過度なメイクやヘアセットは返って信頼性の欠ける印象となるので注意してください。

選び方③ボタン

女性のスーツは、ボタンが1つもしくは2つのタイプがあり、ボタンの数で印象が異なるため、どのような企業に面接に行くのかで選ぶポイントが異なります。

例えば、ボタンが1つの場合、ウエストラインが強調されるため、少しカジュアルな印象を受けます。従って、金融機関や大手の事務所など、企業の窓口となる際には、避けた方が無難です。

一方ボタンが2つのスーツは、胸元まで締まった印象となり、不潔感がなく上品な印象になります。大手企業や身だしなみに厳しい企業向けのスーツとなるので、接客業へ転職を考えている方にもおすすめです。

選び方④スカート丈

女性のスーツはスカートとパンツスタイルがありますが、スカートを選ぶ際にはスカートの丈も注意しましょう。スカートの丈は短くても膝丈くらいを意識することで、派手な印象にならずに済みます。

逆にスカートの丈が長すぎてもあまり良い印象を受けません。短過ぎても長すぎてもだらしない印象となるため、スカートを履く際には膝丈を意識すると良いです。

また、生地によっては伸び縮みをすることもあるため、立っている時と実際に椅子に腰を下ろした際にスカート丈が上がってこないかどうかも確認しておくと安心です。

女性の転職面接向けスーツの選び方注意点

女性の転職面接で着ていくスーツの選び方で注意しておきたいこともいくつかあります。ここでは、面接の時のスーツ選びで失敗しないためのポイントをご紹介するので、こちらもあわせてチェックしてください。

注意点①ジャストサイズにする

スーツを選ぶ際には、自分の身体のサイズに合ったものを選びましょう。大きすぎるとスカートの丈やパンツの丈が合っていても、だらしなく見えてしまうので注意してください。

スーツが自分の身体のサイズに合っていれば、きちんとした印象を与えることができるので、第一印象としてもよく見せることができます。

ピッタリなサイズを選ぶときのポイントとしては、ボタンを閉めた時にシワにならない、パンツの場合には足首が出過ぎない、ジャケットを着用した時に手が隠れすぎないことです。

注意点②リクルートスーツは選ばない

転職の面接の際にリクルートスーツを選ばないことも大切です。新卒の時にリクルートスーツを着用して就職活動をしていた方は、残ってることもあり、代用を考えている方もいるでしょう。

しかし、リクルートスーツではこれから社会に出るまだ幼い印象を受けたり、中途なのに頼りない印象になるため、あまりおすすめしません。転職の場合、企業としても戦力のある人材を求めていることが多いです。

その中、初めて社会に進出するような印象を受けるリクルートスーツでは、ライバルに負けてしまう可能性もあります。リクルートスーツは、新卒といううイメージが強く、戦力が弱く見えるので、転職の際には大人のマナーを厳守したビジネススーツなどを選ぶと良いです。

女性の転職面接向けスーツに合わせるアイテムの選び方

最後に、女性の転職むけのスーツに合わせるアイテムの選び方についてご紹介します。新卒の場合、リクルートスーツさえあれば良かったのですが、転職ということは一度社会に出ている立派な大人が転職活動をしているということになります。

このことから、大人のマナーを厳守した服装ができているかどうかも見られているため、ここではアイテムを選ぶ際に気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

インナー

転職面接の際に着用するスーツは、外見だけ注意するのではなく、インナー選びも重要です。女性の場合、ワイシャツやシンプルなインナーであれば、スーツに組み合わせることができます。

可能となるスタイルがいくつかあるので、どれを選んで組み合わせたら良いのか分からなくなる方もいるでしょう。面接時のインナーには、白系のシンプルなデザインを選ぶのが無難です。

もちろん、ひらひらなどのデザインがなく、インナーの形としてもシンプルなデザインを選んでください。無地でインナーの存在があまり気にならない程度であれば問題ありません。

小物

小物はスーツに合わせて選ぶようにしましょう。例えば、靴に関しては黒系のパンプスが望ましいです。パンプスはヒールが少しある方がきれいな印象を受けるだけでなく、スタイルアップにもなるため、良い印象を与えることができます。

カバンに関しても、A4サイズの書類が入る程度の大きさを選んでください。あまりにも小さすぎるカバンやショルダータイプ、ブランドのロゴが入っている物も避けてください。

ベルトを着用する際にも、あまり目立たないデザインを選びましょう。ワンポイント、金具の部分が目立つ程度の非常にシンプルなデザインであれば問題ないでしょう。

女性の転職の面接向けスーツの年代別の着こなし方

最後は、転職の面接に着用するスーツの着こなしポイントをご紹介します。面接向けのスーツの着こなし方は、年代によって少し異なります。比較的若い20代の方であれば、リクルートスーツを着ても問題ないことが多く、インナーを少し変えるだけで印象を変えることができます。

30代の方は、落ち着きのある印象のビジネス向けのスーツがおすすめです。30代の方が新卒向けのリクルートスーツを着用すると弱い印象となるため、おすすめしません。

落ち着きのある大人っぽい雰囲気のスーツを着用することで、常識のある服装ができる人という印象を与えることができるでしょう。40代以上となると、年齢に合った服装を選ぶことを意識し、落ち着きのある印象を与えるのが効果的です。

清潔感があり、インナーには白系を取れ入れることで、顔周りにもトーンアップし、明るい印象を与えることができます。また、スーツは今の時代に合っているデザインや色を選ぶことで、古臭い印象を避けることができます。

スーツ選びにも注意して転職を成功させよう

女性の転職面接のでスーツは、落ち着きのある印象を与えることができるビジネススーツがお勧めです。スーツの印象でも面接官の評価が変わることも多いので、きちんとしたスーツを着用して面接に挑みましょう。

その他の関連記事はこちらから