記事更新日:

オーダーシャツおすすめ店舗7選!低価格から高級ブランドまで紹介!

ビジネスマンには欠かす事の出来ないワイシャツ。折角長く使うものなのですから、袖を通すものはやはり相応の質のものが良いという方も居るでしょう。そんな方には、オーダースーツならぬオーダーシャツがお勧めです。今回は、オーダーシャツを取り扱う専門店を7店舗ご紹介します。

オーダーシャツの特徴

まずオーダーシャツとはどんなものなのかというと、その名前の通り、自分の体にフィットするように作られた、自分専用の特注のシャツになります。体に合う特注物と言えばオーダースーツがありますが、オーダーシャツはそのシャツ版と言えます。

シャツに限らず、衣類というのは既にあるサイズの中から自分に最も適しているサイズのものを選ぶのが一般的です。しかし、S、M、L、XLというサイズの中に、必ず納まるとは限らないものです。

既製品のシャツの場合、どこかしらの部位のサイズ感を我慢しながら着続けなければなりません。しかし、オーダーシャツであれば、フィットするように作られているために、何のストレスもなく着続けられます。

オーダーメイドシャツを着るメリット

そんなオーダーシャツを着るメリットですが、なんといっても自分の体形にしっかりと合うシャツが着られる事でしょう。既成もののシャツは標準体型をもとに作られていて、それらはあくまでも平均値をもとに作られています。

どんな人が既製品のシャツを着ても、完全にフィットするというのは難しいので、どこかで我慢が生じます。ですが、オーダーシャツは体の細部までフィットするよう設計して作られているため、着心地の悪さ、疲れやすさはゼロになります。

また、襟型や背ダーツ、ボタンなどの仕様もカスタマイズが効きます。細かいパーツに自分の意見や要望を反映しやすいのもメリットで、個性的な色のボタンにしてオンリーワンさを強調する事も出来ます。

オーダーシャツの種類

オーダーシャツとはどんなものなのかについて、簡単にではありますが解説しました。実際にオーダーシャツを作る際には、大きく分けて3つの作り方がありますので、それぞれの特徴などを見ていきましょう。

種類①パターンオーダー

1つ目は、パターンオーダーという作り方になります。合計3つあるオーダーシャツの種類の中でも、最も手ごろな価格で発注が出来るのが、このパターンオーダーになります。

これは、既に作られている既製品のシャツ、もしくは用紙にされているシャツのパーツをベースとして、袖丈や背丈などを自分の体に調整していくものです。すでにあるシャツを自分の好みにカスタムしていく形ですので、初心者にとっても敷居が低く作りやすいといえます。

手軽に作れる価格である事は間違いなく利点ではあるものの、なで肩、イカリ肩といった、肩幅は同じだけれど厳密には同じと言えない体系の方の場合、どうしても対応しきれない限界もあります。

種類②イージーオーダー

2つ目は、イージーオーダーになります。こちらは既製品を使うのではなく、既に用意されているシャツの設計図である用紙の中から、自分の体形や要望に最も合う物を選んで、シャツを作っていくという方式です。

既にあるシャツから作るよりも前段階、生地を裁断するところから作成が始まりますので、パターンオーダーでは対応に限界のあった、なで肩やイカリ肩であっても体型補正が可能になります。

こうした体型補正に対応していて、かつこの後にご紹介するフルオーダーよりも低価格で発注を実現できますので、ある程度オーダーシャツになれている方にとっては最もお勧めできる種類と言えるでしょう。

種類③フルオーダー

3つ目が、フルオーダー形式です。イージーオーダーなどと同じくオーダースーツでも同じような種類がありますが、こちらは既成のものは何一つ使わずに、設計図そのものから作成をしていく形になります。

シャツのサイズ感、左右で微妙に異なっている肩の高さ等の体のクセ、ディティールや使用する生地の種類に至るまで、ありとあらゆる自分の意見を反映させることができます。ゆえに、自分の要望に最も近いシャツが作れます。

ただし、一から作りだすという方式である以上、どうしても3つの種類の中でも価格は割高になります。また、自由度が非常に高いために、理想的なシャツを作るには相応の知識も必要です。

オーダーシャツおすすめ店舗5選【安い】

以上、オーダーシャツとはどんなものか、そして作り方の種類について、それぞれ解説してきました。ここからは、本題となるオーダーシャツを作っている専門店を合計7店ご紹介します。まずは、低価格でシャツを作れるお店からです。

おすすめオーダーシャツ①FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)

高品質・簡単オーダーで有名なオーダースーツ店、FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)ではオーダーシャツも仕立てることができます。FABRIC TOKYOは余計な中間業者を介さず商品を製造してコスト削減しているため、商品のコスパは抜群。オーダーシャツに関しても¥6,500~(税込)から注文できます

また、生地の機能性にも力を入れていて、洗濯後のシワが目立ちにくいノンアイロン素材や、速乾性に優れたCOOLMAX素材など、さまざまな機能がある生地を多数取り揃えています。自分の体型にピッタリとフィットし、生地の機能性で人それぞれの希望に沿ったシャツをオーダーできるので、オーダーシャツを検討中の方は必見です!

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の価格帯

オーダースーツ ¥38,000(税込)〜
オーダーシャツ ¥6,500(税込)〜
オーダーカジュアルジャケット ¥19,800(税込)〜
オーダーカジュアルパンツ(スラックス) ¥14,000(税込)〜
オーダーカジュアルセットアップ ¥33,800(税込)〜
ギフトカード ¥10,000(非課税)〜

FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の口コミ

一度採寸をしてもらえば、ネットでも注文ができる新しいサービス、接客も丁寧にしていただきました!引用:Google

入念な採寸と丁寧な説明のおかげで素敵なシャツが作れた気がします。ありがとうございました。商品の到着が楽しみです。今回はシャツだけの購入でしたが、正確に採寸していただけたので、次回はスーツも購入してみたいと思います。引用:Google

ショップ情報詳細

  • 価格帯:オーダーシャツ ¥6,500〜
  • 店舗の場所:東京・名古屋・大阪・神戸・福岡など全国に店舗展開
  • 公式URL:https://fabric-tokyo.com/
公式サイトを見る

 

おすすめオーダーシャツ②KEI

まず1店舗目は「KEI」です。2016年に作られた専門店であり、2021年現在では創業5年目という新しいブランドになります。外部委託は一切しておらず、すべて自社で一貫しての生産を行っています。

肝心のシャツについては、1着につき4,980円からと、オーダーシャツ全体としてみても良心的な価格から作れるようになっています。これまでに7,000人以上の採寸を行ってきたデータをもとに、独自システムで自動採寸を行ってシャツを作成します。

KEIの公式HPを詳しく見る

 

おすすめオーダーシャツ③MISQUE

2店舗目は「MISQUE」です。生地や襟、カフス、ボタンなど様々なパーツをイージーオーダー方式で好みで選択する事が出来、最短10営業日後という非常にスピーディーな速さで手元に自分だけのオーダーシャツが届きます。

レッド、オレンジ、グリーンなどの、他ではあまり見られない高八色のシャツの作成にも対応しており、4,900円からという良心的な価格でオーダーシャツが作れます。

MISQUEの公式HPを詳しく見る

 

おすすめオーダーシャツ④SOLVE

3つめは「SOLVE」です。2018年と最近設立されたオーダーシャツ専門店であり、実店舗を設けずにインターネット通販に特化しています。

シャツは4,980円からと、これまでに紹介してきた専門店に並ぶ低価格であり、超ノンアイロンという生地を使用していて、驚くほどのレベルでしわが発生しにくいのが特徴です。

SOLVEの公式HPを詳しく見る

 

おすすめオーダーシャツ⑤SKYRTA

4店舗目は「SKYRTA」になります。オーダーシャツは最も安いもので3,900円からと、今回ご紹介している専門店の中でも最安で提供してくれます。

それでいて、襟元は51種類、カフスは15種類と、ディティールは自由度高く選択できるようになっています。また、オプションで短期納期が利用でき、通常2週間のところ10日での納品をしてくれます。

SKYRTAの公式HPを詳しく見る

 

オーダーシャツおすすめ店舗2選【本格派】

オーダーシャツとなると高くつきそうなものではありますが、紹介してきた4店舗のように5,000円以下からでも自分の体に合ったシャツが作れるのです。続いて、本格的なシャツが作れる専門店2店舗のご紹介です。

おすすめオーダーシャツ⑥鎌倉シャツ

鎌倉シャツは、総合25年を迎えているシャツ専門店になります。9,800円から特注のシャツを作る事が出来、使われている生地はどれも高品質なものばかりですので、当然仕上がりも本格的なものになります。

200番手、300番手といった、世界的に見ても稀有な高級生地を使う事も出来ます。襟、カフス、前立て等の様々なデザインを好みに合わせて選択でき、質の高いシャツを求めている方にお勧めです。

鎌倉シャツの公式HPを詳しく見る

 

おすすめオーダーシャツ⑦葉山シャツ

もう1店舗、葉山シャツもお勧めです。こちらは2006年にオープンしており、高級オーダーシャツ専門店として人気です。最高品質の140番GIZA綿を用いた高級シャツは、耐久性高く質感も最高峰です。

1着16,500円からオーダーシャツを作る事が出来、カスタムオーダー、ファクトリーオーダー、フルオーダーの3つの制作方法に対応しています。

葉山シャツの公式HPを詳しく見る

 

オーダーシャツ店の選び方ポイント

リーズナブルな価格でありながらも体にフィットするシャツを作ってくれる専門店も、生地からこだわって本格的なシャツを作ってくれる店舗もあります。そんな中、店舗の選び方のポイントを最後にご紹介しましょう。

ポイント①自分にあったオーダー方法

まず、自分に合ったオーダー方法を取る事です。先に紹介した通り、3つのオーダー方法がある訳ですが、デザインにこだわりつつ手軽にシャツを作りたいという場合にはパターンオーダーが適しています。

イージーオーダーは、より自分の体に適しているシャツをフルオーダーよりも手ごろに作りたい場合に、フルオーダーはデザインのみならずサイズ感までこだわって作りたい場合に向いています。

ポイント②品質や料金

2つ目に、品質や料金です。勿論オーダーシャツに限った話ではありませんが、使っている生地や作り方によっても、品質や料金に違いが出てきます。自分の納得のいく作り方がされているシャツの方が、安心して着られる事でしょう。

ポイント③生地の種類が多い店

そして、生地を豊富な種類扱っている店舗かどうかも大切です。代表的なシャツの生地で言えば、コットンやシルク、ポリエステルなどがあり、これらが多く用いられています。

こだわるのならば、生地の番手にも注目すべきです。80番手などはよく使われていますが、200番、300番といったものは非常に希少で、その分肌触りが良い等質感が高くなります。

オーダーシャツでおしゃれを楽しもう!

自分の体にだけフィットするオリジナルのオーダーシャツは、毎日着るものである以上こだわる事も大切です。是非オーダースーツとも合わせて、快適に使い続けてください。

その他の関連記事はこちらから