カッタウェイってどんなシャツ?大人の男性の着こなし術を徹底解説!

ビジネスマンに欠かせないアイテムといえば、ワークシャツですが、最近では「カッタウェイ」と呼ばれるシャツが人気を集めています。仕事中でもさりげないおしゃれを取り入れたいと思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、カッタウェイの魅力やおすすめ商品についてご紹介していきます。

カッタウェイシャツとは?

ビジネスマンがよく着用しているシャツにも実は色々種類があります。一般的に選ばれているシャツとカッタウェイの違いについて少しご紹介します。まずこの2つの大きな違いは何かと言うと、襟の角度です。よく目にする定番の物はレギュラーカラー、襟の開きが90度の物、それから100度を超える物などシャツ一つでも様々な種類が展開されているのです。

それぞれ呼び名が異なり、形が少しだけ違います。これに対して襟の開きが190度に開き、後ろの方にカットが入っている物を「カッタウェイ」と呼んでいます。カッタウェイと似た種類もあるのですが、襟の開きが水平に見えるタイプは「ホリゾンタル」と呼ばれています。カッタウェイとホリゾンタルは基本同じと考えて問題ありません。

カッタウェイシャツに合うネクタイは?

シャツに合わせるアイテムと言えばネクタイです。実はシャツの形に合わせてネクタイの形を変える事もできます。ここでは、カッタウェイに合うネクタイの結び方やおすすめなどをご紹介するので、参考にしてください。

カッタウェイシャツに合うネクタイの結び方

襟の開きが特徴的なカッタウェイシャツは、ネクタイの結び方によって印象が変わります。ポイントは、ネクタイの結び目が見えないようにする事です。結び目をコンパクトにする事ですっきり感があり、スマートな印象に仕上がります。

ネクタイの結び方としては、「ウィンザーノット」「セミウィンザーノット」のように大きすぎない正三角形がおすすめです。この結び方は、ビジネスシーン以外にも結婚式などのお呼ばれパーティーなどの時にも使えるおしゃれなデザインなので、覚えておくと良いでしょう。

ノーネクタイもおすすめ

他のシャツと比べると襟のサイズが小さいため、首回りがスッキリと見えるメリットもあります。そんなカッタウェイシャツは、ノーネクタイで合わせる事もできます。特に夏場はクールビスを推奨する会社も多く、シャツの第一ボタンを外して勤務するスタイルが主流になってきました。

ボタンを外す事でネクタイが邪魔になるため、外す方も多いです。普通のワイシャツではだらしなく見える首元でも、カッタウェイシャツならノーネクタイでもスマートな印象になるため、スッキリとした印象を与えることができます。

ビジネスシーンにおいても嫌な印象になりにくいため、暑さ対策を行いながらおしゃれでスマートな男性を演じる事もできるでしょう。夏以外の季節でも、あえてノーネクタイで合わせる事もできます。

コンパや飲み会の席などでは、ネクタイがあると窮屈になるので、ノーネクタイスタイルで接待やプライベートを楽しむ事もできるでしょう。

季節の風合いを楽しみながらおしゃれコーデを完成させやすいとして、メンズに人気を集めている「ダンガリーシャツ」。ぜひとも手に入れたい必須アイテムで...

カッタウェイシャツの上手な着こなし方

では、カッタウェイシャツは実際にどのように着こなしたら良いのでしょうか。ここでは、シーン別に使える上手な着こなし方をご紹介します。

着こなし方①クールビズ

クールビスでは、清涼感のある白のシャツにブルー系のパンツを合わせたスタイルがおすすめです。夏場は気温が上昇するので非常に暑いです。

清涼感のあるブルー系のパンツなら、見ているだけでも涼しい気分になります。さらに、清潔感もあるので親しみやすい印象も受けるでしょう。足元は少しだけくるぶしが見えるようなスタイルだと尚いいです。足首が見える靴下を履く事で、靴の中が蒸れる心配もありません。

半袖のシャツを合わせても良いですが、長袖の裾をまくって合わせる合わせても大丈夫です。こなれ感がでるのでワンランク上のおしゃれメンズを演じる事ができるでしょう。

着こなし方②ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、カッタウェイシャツにネクタイを締め、上着を羽織ってしっかりまとめます。秋冬スタイルでは基本この着こなしが多いと思います。普通のスーツを着るのではなく、カッタウェイシャツを取り入れる事で首回りがシュッとし、ネクタイを締めてもきちっと感が抜けるので窮屈感もありません。

普段のシャツでは首元が詰まって見えるという方にもカッタウェイシャツはおすすめです。スーツの胸ポケットには、ハンカチを少しだけ見せるように入れておくと良いアクセントになっておしゃれに見えます。ネクタイとハンカチのデザインを合わせるとまとまり感があります。

着こなし方③フォーマルシーン

普通のワイシャツと比べると華のある印象を受けるカッタウェイシャツは、フォーマルシーンでも大活躍する事間違いありません。結婚式の二次会や飲み会の席などには、ぜひおしゃれなスタイルを極めて出かけましょう。仕事とは少し違うプライベートな空間になるため、おしゃれなファッションとしてジャケパンスタイルに合わせることができます。

季節感のあるジャケットを組み合わせるのもおすすめで、シーズン毎におしゃれを楽しむことができるでしょう。ビジネスシーンでは使えないような色合いやデザインのジャケットを合わせるのもありです。

着こなし方④カジュアルシーン

普段のおしゃれ着として着こなすなら、幅広いファッションスタイルが楽しめます。最近では、キレイ目コーデが人気で、カッタウェイシャツを取り入れたファッションも注目を集めています。夏にはシャツ一枚でトップスを仕上げる事も可能で、ピンク系やブラックカラーを組み合わせても良いでしょう。

寒い季節なら、カーディガンなどと合わせておしゃれに見せるのもおすすめです。カーディガンにはストレッチの効くパンツを合わせる事で、スマートな男性を演じることができます。カッタウェイシャツはコーデ次第ではデートにも活用することができます。

引用:photoAC シャンブレーシャツはデニムシャツと同じように扱われることも多々ありますが、デニムとは違った特徴や風合いがあります。今...

おすすめのカッタウェイシャツ5選

ここからは、カッタウェイシャツのおすすめ商品をご紹介します。おしゃれなデザインだけでなく、機能性抜群のシャツも登場するので、ぜひ参考にしてください。

①アイシャツ 完全ノーアイロンストレッチ超速乾スリムフィット

アイシャツは、洗濯後のアイロン不要の画期的アイテムです。本来ならシワが目立つため、アイロン掛けをする必要がありますが、アイシャツは生地メーカーとの共同開発によって、ノーアイロンを実現しました。アイロン掛けが不要なので、手間いらずです。

さらに「超速乾機能」が備わっているため乾くのも早く、夜に洗濯をすれば翌朝には乾いているので、次の日も着用したい時や出張などの外泊をする際にも大変便利です。もちろん気心地も抜群で、着用からお手入れまでの快適性が追求されています。

 

②スティングロード 超形態安定ニットシャツ

こちらもお手入れが簡単なノーアイロンのシャツです。洗濯機で洗ってそのまま干し、乾いたらすぐに着れます。ニットなのでストレッチがよく効いて着脱しやすいのも魅力です。ポリエステル100%なのにソフトな気心地も口コミでは評価されており、速乾性も抜群です。

ネイビーカラーのボタンもおしゃれで、爽やかな印象も受けます。暑い時期のクールビスにもマッチし、ノーネクタイでの着こなしではおしゃれに見せることができるでしょう。

 

③タカキュー 形態安定 抗菌防臭 スリムフィット

自分を底上げしてくれるシャツ作りにこだわりをもつタカキューは、着る人の社会性を保証してくれます。欲しくなるような要素を絶妙に盛り込んだシャツが自慢で、誰もが一度は着たいと思うほどです。

気心地抜群で、好感度もアップしてくれる一枚となっています。見た感じも安っぽく見えず、その人の品質も上げてくれること間違いありません。カラー展開も豊富なので、欲しいデザインが見つかるでしょう。

 

④DRESSCODE101 オックスフォード 長袖ワイシャツ

シンプルなデザインのため、オールシーズン活躍するシャツです。通気性の良いオックスフォード生地が自慢で、シワもつきにくいため、アイロン掛けの手間も省けます。値段もお手頃でデイリー使いにも最適なシャツです。

質感は柔らかく、シャツの表面は美しい光沢があるので高級感もあります。耐久性もあるため、コスパ面でも優れたシャツです。

 

⑤オジエ スリム 長袖 形態安定 ホリゾンタルカラー

綿の混率が高いダークトーンの形態安定ホリゾンタルカラーシャツで、お手入れが非常に楽なのでデイリー使いはもちろん、制服や衣装などにも選ばれています。日本製生地を使用しているため、確かな品質を約束してくれます。日本製にこだわりを持つ方にもおすすめで、ほつれなども少なく、繰り返し洗濯しても長く着用できるでしょう。

レッド、ブルー、ブラックの3色が展開されていますが、どの色もはっきりとした色合いで、シャツのアクセントをつけたい方にも最適です。ここまではっきりとした発色のシャツはなかなか見かけないので、ワンポイントおしゃれに活用してみるのも良いでしょう。

 

カッタウェイシャツをかっこよく着こなそう

カッタウェイシャツは、ビジネススーツでもかっこよく着こなすことができるため、1着は持っておきたいアイテムです。もちろんおしゃれ着やパーティーなど様々なシーンでも着用することができる便利な1着です。カッタウェイシャツの着こなし術をマスターし、おしゃれメンズを目指しましょう。

その他の関連記事はこちらから

画像引用元:https://www.ginyama.co.jp/ 1907年創業の老舗オーダースーツ店・銀座山形屋。オーダースーツの購入を...
pierre cardin(ピエールカルダン)とは 歴史 pierre cardin(ピエールカルダン)は、フランスのファッションブ...
イギリス発祥のスーツは世界中に広まり、それぞれの国ならではのスタイルに変化していきました。なかでも、スーツの代表的なスタイルは大まかにブリティッ...