革靴

新着記事

時代を反映するデザイン ビットローファーを読み解く。

ホースビットローファーと呼ぶのが正しいようですが、少々長いので『ビットローフ …

「ウイングチップ」の革靴について徹底解説。あなたは英国派?それとも米国派?

https://wear.jp/item/15417350/ まず、ウイング …

男の嗜みとしての3種類の革靴「Uチップ」。英仏米の注目モデルを着用写真付きでピックアップ。

詳しくは後述しますが、Uチップほど生産されているお国柄の違いがでるデザインも …

男ならば必携の1足、黒の「ストレートチップ」の革靴。セオリーを守って楽しむ。

ある程度の年齢、社会人であれば身内だけでなくとも冠婚葬祭に出席する機会があり …

アメリカ靴の最高峰との評価あり。根強いファンが「フローシャイム」を支えている。

フローシャイムと言えばコブラヴァンプという方も多いはず。ややのっぺりとした、 …

いつかは、「ビスポーク(bespoke)」。革靴好きなら必ず知っておきたいこと。

ビスポーク靴という言葉を日本人が知るきっかけのひとつが「南仏プロヴァンスの1 …

著名人に支持される「JMウェストン」の革靴。漆黒(ノワール)が放つ魅力。

写真はフランス大統領のオランドと、前大統領のサルコジが2人揃ってJMウェスト …
  • 2018/06/03
  • 革靴
  • 11,858View

靴磨きと読書。ピカソが愛した「ベルルッティ」と過ごす上質な週末。

ヴェネチアン・レザー、カリグラフィ、パティーヌ、スカー どれもベルルッティを …

プラダを纏った「チャーチ」の革靴。新たな魅力で手招きする。

クラシックで英国靴の代表という印象が強いチャーチですが、5年ほど前でしょうか …

ネクタイをレンタルするという生き方

kASHI KARIは3600円からネクタイをレンタルできるサービスです。ネクタイだけでなくカフスやタイピンもレンタルできます。
  • KASHI KARI公式

Queen of 英国紳士靴。「エドワードグリーン」は後ろ姿が美しい。

ジョン・ロブがKing of 英国靴であろうことに異論はないでしょう。であれ …