靴ではなく、「ステファノ・ベーメル」という価値を手に入れる。大切にしたい1足が必ず見つかる。

ステファノ・ベーメルが作り出す世界をひとことで表すとすれば、『やすらぎ』という言葉が相応しいように感じます。それぞれが自然にたどり着き、腰を下ろす場所。何かと比較するものではなく、誰かが評価を下すものでもありません。求めるだけでは手に入らない、しかし求めないと届かない境地を感じます。

http://greatjob0753.com/brandkawagutudatebase/339.html

ですから素材選びだとか、デザインの特徴だとか、工程が何層にも繰り返されるとか説明を書き連ねたとしても決して足りることはないでしょう。どのような紹介の方法が望ましいのか思案するところです。しかしブランドの歴史を知ることが、第一歩かも知れません。

https://www.imn.jp/post/108057194595