3日で400足売れたという日本上陸から20年。「TOD’S(トッズ)」はますます加速する。

TOD’Sと聞けば、多くの方はドライビングシューズを思い出すでしょう。象徴的な、ブランドを代表する商品ですが現在はバッグからアパレルまで展開するファッションブランドに勢力を伸ばしてします。しかしブランドとしてはまだ若い、という意外な面があります。

https://buyee.jp/item/yahoo/auction/c557008192?lang=ja

日本での事業をスタートは1997年、新宿伊勢丹のインショップでした。シューズブランドとして既に有名で、各著名人にも愛用者が多くいたことも相まって上陸以前からその人気は加熱気味でした。それまでは海外で購入するか、並行輸入で手に入れるしかありませんでしたから、加熱する理由は理解できます。

https://www.crisalidepress.it/moda/tods-prima-boutique-copenaghen/

結果、オープン3日間で400足以上の記録的な販売実績を記録し、華々しい日本デビューとなりました。購入内訳までは把握できませんが、女性比率が大きかったのではないでしょうか。故ダイアナ妃が普段履きで使う様子が多くピンナップされ、そのアクティブでありながら上品で美しい姿を自分に重ねた人たちがこうした記録を作ったのかも知れません。

https://www.beautimode.com/%E8%B6%B3%E8%B9%AC%E5%84%AA%E9%9B%85-%E7%B4%B0%E6%95%B8%E9%9B%BB%E5%BD%B1%E4%B8%AD%E7%9A%84%E6%99%82%E5%B0%9A%E4%BB%99%E5%B1%A5%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89/

もちろん海外事情に詳しい男性ファンも、その一翼を担っていたハズです。97年と言えばバブルが終焉し、同じイタリアンファッションでもクラッシックな装い、全体にタイトなシルエットが主役に成りつつありました。イタリア人の日常が雑誌などで紹介されると、カジュアルな装いの足元を支える鮮やかなモカシンシューズが目立つようになります。TOD’Sという、いかにも履き心地の良さそうな靴の存在にフォーカスが向けられすようになっていったのです。

https://www.farfetch.com/shopping/men/tod-s-classic-brogues-item-12772337.aspx?fsb=1&utm_source=stylight&utm_medium=affiliate&utm_campaign=cpc&pid=stylight&af_channel=affiliate&is_retargeting=true

日本上陸から不動の人気確立までの経緯、ブランドの歴史を振り返りながら商品への理解を深めていきます。