記事更新日:

革靴の種類は何がある?デザインの違いとシーン別の選び方を徹底解説!

メンズがビジネスでも活用する革靴には豊富なデザインがあります。また、各デザインには違いがあり、シーンに合わせて革靴を選ぶのが一般的です。そこで今回は、革靴にはいったいどのような種類があるか、また、デザインやシーンに合った選び方を詳しく解説します。さらに、ビジネスマンにおすすめしたい革靴を10種類ご紹介します。

革靴の種類には内羽根と外羽根がある

「革靴」には「内羽根」になったものと「外羽根」になったものがあり、2種類の革靴に分かれています。このうち「内羽根」は革靴全体がひとつに続いていて、つま先に切れ込みがあり、フォーマルシーンに利用されることの多い革靴として知られています。

また、外羽根は内羽根よりも開口部が大きく、紐通しの穴が設計されたデザインとなっています。靴紐で足へのフィット感を自在に調整することができます。見た目にもカジュアルなデザインのため、ビジネスだけではなく、普段の生活にも活用できるおすすめの革靴です。

まとめると、内羽根は、羽根が外向きに開かず、靴紐を通すための穴がアッパー部分に潜り込む設計です。外羽根は羽根が外へ向くよう設計されていて、靴紐を通す穴は外へ向いて開くようになっています。このように、革靴には内羽根と外羽根があるということを理解しておきましょう。

知っておきたい革靴の種類

ここからは、以下の6種類の革靴の特徴をそれぞれご紹介していきます。これまで各革靴について、名称は耳にしたことはあっても、実際の特徴やデザインについて理解していないという方にも分かりやすく解説します。

【6種類の革靴をご紹介】

  • プレーントゥ
  • ストレートチップ
  • ウイングチップ
  • モンクストラップ
  • Uチップ・Vチップ
  • スリッポン

革靴の種類①プレーントゥ

「プレーントゥ」は、本体が1枚の革で作られ、切替の縫い目や穴がないアッパーがデザインされている革靴です。「ホールカット」でデザインされたタイプの他、外羽根は穴数によってドレッシーに魅せる、あるいはスマートな表情を演出させることができます。

革靴の中でも「プレーントゥ」は、内羽根でも外羽根でも、ビジネスシーンや日常履き以外に、冠婚葬祭などフォーマルなシーンで活用することができます。

トゥ部分の形状が丸みを帯びれば帯びるほどカジュアル感が増します。そのため、ファッションコーディネートの際はトゥの形状も確認しておきたいところです。見た目にはとてもシンプルにデザインされているため、シーンを選ばずにどこでも活用できるおすすめの1足です。

革靴の種類②ストレートチップ

一文字に切り替えた箇所に装飾のないキャップが付いた「ストレートチップ」は、穴飾りなどがないため、見た目にもとてもシンプルでスタイリッシュな革靴です。

自由におしゃれコーディネートも楽しめるため、履きこなしやすく、便利な革靴としてビジネスをはじめ、フォーマルや就職活動など幅広いシーンで活用することができます。

革靴の種類③ウイングチップ

「W字」に切替があり、おしゃれなデザインに仕上げた革靴が「ウィングチップ」です。ウィングチップの革靴は、つま先部分にメダリオンやアッパー部分にパーフォレーションと呼ばれる装飾穴飾りがあります。

また、革靴の表面にある切替箇所にはギザギザにカットされたデザインが施され、革靴の中でもおしゃれな仕上がりでおすすめの革靴です。このギザギザのデザインは、革靴に傷がついた際も、傷跡を目立たせない仕様としています。

トゥ部分を保護し、靴内の湿度を一定に保つ効果も発揮してくれると言われています。意外にもカジュアルファッションコーディネートに映えるデザインで、普段使いにも最適です。

革靴の種類④モンクストラップ

甲部分を革ベルトでしっかりと固定させて履くことができる「モンクストラップ」は、おしゃれに履きこなせる革靴として最適です。モンクストラップには1本のベルトを採用する「シングルモンク」、2本のベルトでしっかり固定させる「ダブルモンク」、また、サイドにストラップが付く「サイドモンク」など、いくつかの種類の革靴があります。

革ベルトで留めるデザインに仕上げていることで、自然とカジュアル感が増し、スーツに合わせることもできる他、ジャケパンなど、カジュアルコーデにもおすすめです。

革靴の種類⑤Uチップ・Vチップ

「モカ縫い」と呼ばれる縫製方法でU字型に革を縫い合わせデザインする革靴が「Uチップ」です。見た目のデザインから「Vチップ」とも呼ばれることもある革靴です。

Uチップはハードな業務をこなす漁師靴やゴルフを行う際のスポーツシューズとして使用する方にも最適な革靴だと言われています。また、外羽根タイプが主流で、見た目の印象もとてもカジュアルです。

必然的に革靴本体を厚く設計する縫製となるため、足幅が広い方や甲高で革靴選びに困ってしまうという方にジャストフィットしやすくおすすめです。ビジネスマンらしい足元を演出する上、男性的な印象に魅せることができるおすすめの革靴です。

革靴の種類⑥スリッポン

革靴でありながら「スリッポン」という名称を耳にしても、あまりピンと来ない方が大半です。実際、「スリッポン=スニーカー」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?実際、このスリッポンは紐のない靴をすべてその名で呼んでいます。

ローファーなどがこれに該当し、紐がないため足をすっぽりと入れるだけで簡単に履くことができます。見た目の印象もとてもカジュアルなため、スーツスタイルだけではなく、普段のコーディネートにも最適です。

革靴の種類の選び方をシーン別に解説

この後ご紹介したいのが、革靴を履く時、どのようなシーンで活用したいか、各シーンに最適な革靴をどのように選べば良いか、その選び方のポイントについて解説していきます。実は、お手持ちの革靴は以下の様々なシーンに活用することができます。改めてどのように活用できるかを確認していきましょう。

シーン①ビジネス

男性であれば、毎日のスーツスタイルにビジネスシューズとして革靴を合わせることになるでしょう。その際、オーソドックスに「ストレートチップ」や「プレーントゥ」など、シンプルな黒の革靴を履きこなすと良いでしょう。

その他、「ウィングチップ」や「モンクストラップ」の革靴をビジネスシーンに取り入れることもおすすめです。革靴の色は、一般的に「黒」と「茶」です。

いずれかの色味を持っていれば毎日のスーツスタイルや季節にも合わせることができます。このようにビジネスシーンで革靴を活用する場合は、シンプルなデザインとなる革靴を選び、準備しておくことが望まれます。

シーン②リクルート

革靴は学生が行うリクルート活動に大きく貢献してくれる1足となります。面接時に面接官に対して良い印象を与えることができる、内羽根の「ストレートチップ」かつ黒色の革靴を選びましょう。

カジュアル感が増してしまうウィングチップや茶色の革靴は軽装な印象に見られることもあるため、リクルート活動にふさわしいデザインとカラーの革靴を準備しておくと安心です。

シーン③冠婚葬祭

革靴を履くシーンには冠婚葬祭があります。特に結婚式では少し華やかな雰囲気に魅せることもできる紐付きストレートチップが最適です。また、革靴の色は「黒」が基本色です。

革靴の質感とデザインで気を付けなければならないのはクロコダイル柄です。これは、殺生を暗示すると言われるため、結婚式など華やかなシーンでは縁起が悪く避けるようにしましょう。

お通夜やお葬式、また、法要などのシーンで革靴を着用する際は、黒色で内羽根のストレートチップ、またはプレーントゥが最適です。カジュアル感のない革靴を選ぶことがマナーです。

おしゃれでかっこいい!おすすめの革靴10選

ここからは、おしゃれに魅せることができるだけではなく、男性の足元から「かっこいい」を表現することができる、人気の革靴を10種類ご紹介します。これから革靴を新調するという方、あるいは買い替え、買い足しを検討されている方は、これからご紹介するおすすめの革靴をぜひチェックしてみてください。

おすすめ革靴①フォクスセンス プレーントゥ 外羽根

男性の足元をスタイリッシュにキメることができる美しいシルエットを持つ「フォクスセンス プレーントゥ 外羽根」は、快適に履きやすく、ゆったりとした設計のため、窮屈だと感じることなく履きこなすことができます。

また、機能性が高く、おしゃれなデザインの製品が豊富に揃っています。イタリアンな雰囲気を魅せながらも、クラシックにまとめた紳士的な革靴としておすすめです。

 

おすすめ革靴②クラークス ティルデンキャップ

抗菌・防臭作用があり、また、地面からの衝撃を軽減させる機能を合わせ持つ「クラークス ティルデンキャップ」は、光沢感溢れるレザーを採用し、ドレッシーな仕上がりを魅せています。メンズの足元をより快適に、そして美しく魅せることができるクラークス ティルデンキャップは、ビジネスマンにとって最適な革靴としてぜひ1足持つと活用範囲も広まります。

 

おすすめ革靴③ユニオンインペリアル 内羽根 ストレートチップ

私たち日本人の足にジャストフィットする形状の革靴を作り続ける「アノネイ社」から販売されている「ユニオンインペリアル 内羽根 ストレートチップ」は、抜群の履き心地を実現した革靴です。また、革の質感を活かし、ソフトに柔らかく履くことができるため、足にも馴染みやすくおすすめです。

 

おすすめ革靴④ジャランスリワヤ ストレートチップ

アッパーにトップグレードカーフを採用、そして、底材にレザーを使用し、高級感のある仕上がりを魅せる「ジャランスリワヤ ストレートチップ」は、耐久性の高い革を採用して作られています。革の質感が足に馴染みやすく、長時間履いていても疲れません。

また、中敷き裏部分にラテックススポンジを入れることで足への衝撃を和らげ、より安定した歩行が可能です。耐久性・耐水性に優れたレザーを採用しているため、雨の日も安心です。ラバーソールはビジネスにも最適な質感を持ち、スーツスタイルに合う革靴としておすすめします。

 

おすすめ革靴⑤リーガル ビジネスシューズ ウイングチップ

ウィングチップデザインの革靴と言えば、老舗メーカーとなるリーガルが定番販売している「リーガル ビジネスシューズ ウイングチップ」があります。この製品は、多くのビジネスマンの足元を華やかに飾っています。

つま先にあるW型がとても印象的なデザインとなり、クラシックに魅せることもできます。レザーの上質な光沢感がより一層美しさを放っています。

デイリーユースで履き続けることで革が足にしっかりと馴染み、フィット感が生まれます。歩き疲れることのない快適な履き心地がおすすめの1足です。

 

おすすめ革靴⑥トリッカーズ バートン ウィングチップ

グットイヤーウェルト製法で耐久性高く仕上げた「トリッカーズ バートン ウィングチップ」は、雨の日も安心して履くことができるラバーソールを採用した革靴です。とてもエレガントに魅せるデザインと光沢感がおすすめです。

革靴全体を見ても、とてもドレッシーに仕上がっているため、カジュアルコーデやフォーマルな場面でも幅広く活用することができます。1足あると様々なシーンに利用できるおすすめの革靴です。

 

おすすめ革靴⑦パラブーツ モンクシューズ ウィリアム

ぽってりと丸みのあるフォルムが印象的な「パラブーツ モンクシューズ ウィリアム」は、カントリー調なデザインで足元をクラシックに飾りたいというメンズにおすすめの革靴です。ヒールは3cmの高さを持たせた設計のため、足への負担がなく軽快に歩くことができます。

また、ソール部分は100%ラバー素材を採用しているため、耐久性が高く、すり減っても交換することもできます。履き心地と耐久性の両方を満たす革靴をお探しの方におすすめの1足です。

 

おすすめ革靴⑧ヤンコ Uチップ ブラック

[ヤンコ] Uチップ ブラック(14424 BLACK) 6(24.5)

[ヤンコ] Uチップ ブラック(14424 BLACK) 6(24.5)

46,200円(07/25 15:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

「ヤンコ Uチップ ブラック」の革靴は、日本人男性にある甲高な足にもフィット感を持たせるよう設計されているため、足に痛みや疲れを感じず履くことができます。つま先は丸い形状をしているため、カジュアルな印象の革靴に魅せることができるでしょう。

スーツスタイル以外にも、普段のカジュアルコーディネートにも合わせやすくおすすめです。ソール部分はレザーとラバーを採用しているため、グリップ力もあり滑りにくい構造となっています。

また、耐久性の高いレザーを使用することで、革靴全体をキュッと引き締めたような美しいフォルムに魅せることができ、汎用性が高く、どのようなシーンにも活用することができるおすすめの革靴です。

 

おすすめ革靴⑨クラークス ビジネスシューズ スリッポン

あまりスリッポンタイプとなった革靴に馴染みのない方でも、「クラークス ビジネスシューズ スリッポン」なら、艶感と光沢感を放つレザーの高級感が漂い、スーツスタイルもスタイルアップさせて魅せてくれます。サイドゴア仕様に仕上げたことで、履き口を広く持たせることができ、脱ぐ時も履く時もスムーズな動作で使用することができます。

抗菌・防臭加工が施され、かつ、夏の暑い日でも靴内が蒸れることを予防する通気性を保った設計のため、通年快適に利用することができるでしょう。革靴本体を軽量化したことで、足が疲れにくく、長時間歩ける革靴としておすすめです。

 

おすすめ革靴⑩ジーエイチバス LOGAN ローファー

アメリカ発祥の老舗シューズメーカーとして知られている「ジーエイチバス」から販売されている「ジーエイチバス LOGAN ローファー」は、年齢問わず多くの方が愛用するブランドとしてその名は世界へと広がっています。

革靴はどれも足へ負担がかからないよう、ジャストフィットするよう仕上げるマッケイ製法を採用しています。丁寧に1足1足作り上げられたジーエイチバス LOGAN ローファーは、スーツスタイルにも映えるデザインのため、ぜひ1足あると便利に活用できるおすすめの革靴です。

 

革靴はビジネスから冠婚葬祭まで大活躍

革靴にはいったいどのような種類があるか、また、デザインやシーンに合った選び方を詳しく解説するとともに、ビジネスマンにおすすめしたい革靴を10種類ご紹介しました。革靴は様々なデザインがあり、使用するシーンに合ったものを選ぶことが大切です。

そのため、普段使いと別にビジネスから冠婚葬祭まで幅広いシーンに便利に活用できる革靴も持っていると安心です。ぜひこの記事でご紹介した10種類の革靴を参考に、自分の利用シーンに合った革靴を揃えておくことをおすすめします。

その他の関連記事はこちらから