記事更新日:

和製革靴の老舗「リーガル」を徹底解説!おすすめの革靴10選もご紹介

http://www.regal.jp/regalstandards-rebone/

有名革靴ブランドのリーガルについて徹底解説!

オシャレな革靴が欲しいけどどこのブランドがいいかな?リーガルはよく聞くブランドだし履いている人が多そうだけど、本当にいいのかな?といった疑問をお持ちではありませんか。

やはりリーガルは多くの人に愛されるブランドだけあって、コスパ最高・オシャレ・高機能です。革靴選びに迷ったら、リーガルを選べばまず間違いなし!

しかし、ただなんとなく履いているよりも、リーガルの歴史や特徴や評判を知り、デザインについてもいろいろ知識を入れた上で履きこなした方がよりオシャレです。ぜひリーガルを知り尽くし、思う存分履きこなしてください!

リーガルを徹底解説!ブランドシューズを履きこなすには知ることから

62403d900c95091c372d1b7371b1532c.jpg (1024×768)

http://koccmusic.com/

まずはリーガルの歴史、特徴、評判について紹介します!商品だけを見て選ぶよりも、そのブランドについて知っていることで、より幅広い視野で商品を選ぶことができます。

リーガルの歴史紹介!実は100年以上続く老舗

リーガルの誕生は1902年(明治35年)です!創業当時の社名は日本製靴株式会社でした。今のようなオシャレ感のある社名というよりは、日本の産業を支える会社といったイメージの社名ですね。日本製靴株式会社は日本の重要な産業を下支えしていました。

そして、その産業とは軍事産業です。日本製靴株式会社は軍用の靴を作っていたのです。戦時中は軍事靴を生産していましたが、第二次世界大戦後に本格的に西洋靴が作られ始めました。この頃から今現在のリーガルの片鱗が見え始めています。

リーガルの特徴は機能性・オシャレ感・コスパ

リーガルの良い点を挙げていくと、以下のようになります!

・機能性が高い(歩きやすい、丈夫、傷が付きにくい、汚れにくい、など)
・オシャレ(野暮ったさがない、デザインが豊富、ビジネスのみならずカジュアルに合うものもある、など)
・コストパフォーマンスが高い

これらをまとめてひとことで表すと、値段の割に機能的気にもデザイン的にも優れている!ということです。安っぽさはもちろんないですし、ビジネスシーンでリーガルを履いていて恥ずかしいということもまずないでしょう。履きやすさやメンテナンスのしやすさも優れているので、デザイン性重視で機能はそっちのけ、といったことももちろんありません。

ただし、リーガルは格安というわけにはいきません。リーガルの相場は安いもので1万円程度、高いものだと3万円を超えます。ビジネスシューズのなかでは比較的リーズナブルではありますが、革靴に万単位のお金を掛けるのは嫌だ、という人にとっては高いかもしれません。

リーガルシューズは格安ではありませんが、値段以上の価値があることは間違いなし!デザイン面だけでなく機能面でも優れているので、その点は保証されています。さすが元軍用靴を作っていた会社!機能性について考える上でも、やはりブランドの歴史について知っていると役立ちますね。

リーガルの評判は?SNSなどから調査してみた

EA1079BWABO65_9_l.jpg (1100×1100)

https://www.locondo.jp/shop/commodity/SCRC0177D/EA1079BWABO65

リーガルは品質の高さの価格のリーズナブルさから、学生からサラリーマンまで幅広く愛されているブランドです。まさに王道のブランドなので、革靴選びに迷ったら一足はリーガルシューズを持っておいて間違いありません。

こだわりの強い方には、リーガルのアッパーブランドである「SHETLAND FOX」のシューズもおすすめです。2009年に「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として発表されたブランドで、リーガル社の高い技術とこだわりを感じられるアイテムがそろっています。

ちなみに、上の画像は「SHETLAND FOX」の革靴です。それぞれブラックのストレートチップ、ブラウンのプレーントゥ、ダークブラウンのウイングチップです。画像からでもシルエットや機能性に関してはリーガルのものをそのまま引き継ぎながら、より絶妙な色合い、デザインになっていることがお分かりになるかと思います。

「SHETLAND FOX」はリーガルよりもデザインが豊富で、エレガントな雰囲気を演出できます。上の革靴でも価格は5万円程度なのでリーガルよりも高いのですが、デザインにこだわりたい方にはおすすめです。

実際にリーガルシューズを愛用している方からは、以下のような評価を得ています。「友人から誕生日プレゼントにリーガルの革靴をもらった。リーガルの靴は長持ちするので、大切に履きたい。」「革靴は人それぞれ好みがあるけれど、トラッドならリーガルシューズ、フェミニンなら卑弥呼とかがいいかな。」

その他にもリーガルシューズに関する評判はSNS上に数多く上げられていて、多くの方から支持されていることが伺えます。

リーガルの商品を紹介!人気の革靴やローファーがわかる

0040a41f3c33144ce2e268903cfe4e55--tassel-loafers-tassels.jpg (640×640)

https://nl.pinterest.com/

いよいよリーガルの人気商品を紹介していきます!リーガルの歴史や特徴や評判を知ったうえで商品を見れば、今までよりも深い見方になるかもしれませんよ。

リーガルのおすすめ革靴7選!ビジネスシーンで浮かないけどオシャレ

e7bdb6235eb85badd224ed911f98f7ae.jpg (1024×768)

http://koccmusic.com/

■ブラックストレートチップ

まずは定番のブラックシューズでストレートチップタイプ。ストレートチップとは、靴の甲の部分の縫い目が横に真っすぐ縫い付けてあるものです。定番の商品ながらオシャレ感もあります。今のところ特にこだわりはない、迷っているが定番の商品が欲しい、といった人におすすめ!

■ブラックプレーントゥ外羽根

ブラックプレーントゥもビジネスシューズの定番。革靴の足の甲の部分に装飾がなく縫い目もないので非常にシンプルな見た目に仕上がっています。また靴ひもの部分が外羽根になっているので締め付けの調整がしやすく歩きやすいです。ちなみに、外羽根とは革靴本体と紐の部分の革が分離して縫い付けられている形状のことです。

■ブラックウイングチップ

ウイングチップはシューズの足の甲の部分の縫い目が羽のようなデザインで縫われているもの。つま先部分に掛けてデザインが施されており、リーガル感が他のタイプよりも強く出ます。ウイングチップはリーガルの代名詞的なシューズでもあり、ストレートチップやプレーントゥよりも少し遊びが欲しい人におすすめ!

ウイングチップは多少カジュアルなイメージに見える場合もありますが、ブラックでシンプルなデザインならビジネスシーンでも問題なく馴染みます!

■ブラウンUチップ

UチップやVチップはなんとなくおじさんっぽい、と思われることもありますが、ブラウンだとうまくバランスが取れます。また、少し遊びが欲しいがブラウンのウイングチップだとちょっとカジュアル感が強くなる、といった場合にもブラウンのUチップならバランスがグッド!

■ブラウンストレートチップ内馬根

こちらはブラウンの中でも黄色みが強いので存在感のあるシューズ!しかし、ストレートチップと内羽根でうまくカジュアル感を押さえています。色味の崩し感と、シルエットやデザイン自体はかっちりしていることで、ビジネスシーンで余裕はあるがきちんと場をわきまえている感じを演出できます。

■ブラックモンクストラップ丸型&縦長シルエット

モンクストラップをまとめて二足紹介!どちらも基本的なデザインは近いのですが、一つ目はシルエットの丸みが強く、二つ目は縦長のシュッとしたデザインが印象的。足の形や好みに合わせて選ぶのが良いですが、丸みのあるデザインの方が歩きやすさという点ではメリットがあるでしょう。

縦長のシルエットのモンクトラップは洗練された落ち着いた印象を与えます。ブラックのストレートチップやプレーントゥは就活生やあまりファッションに興味のない人などにも多いので、モンクトラップにすることでシンプルながらも差別化が図れます。丸みのあるデザインはおじさんぽくも見え、可愛らしいフォルムにも見えますが、合わせるスーツなどによっても印象が変わります!

リーガルはローファーもあり!おすすめ3選を紹介

リーガルはローファーもオシャレで人気です!ただし、そもそもビジネスシーンでローファーを取り入れるのは少し難易度高めという問題があるでしょう。特に男性のスーツの場合革靴が基本なので、スーツにローファーを合わせる場合色味やデザインは抑えめがベストです。

オフィスカジュアルやジャケパンスタイルなら多少デザインのインパクト強めでも大丈夫なので、ビジネスシーンでローファーを取り入れる場合、TPOとシューズ以外のファッション全体とのバランスが重要になります。

■ブラックローファー

このローファーはシンプルでまさに王道のデザイン!ビジネスシーンでは革靴を履いている人が圧倒的に多いので、ローファーという時点である程度のインパクトがあります。そのため、あまりデザインや色味で主張しなくても十分アクセントになるのです。

ビジネスにローファーを取り入れるのであれば、まずはこのシンプルかつ王道の一足があると便利。

■ダークブラウンローファー

こちらのローファーもシンプルかつ王道のデザイン!しかし、ブラックではなくダークブラウンにすることで少しインパクトが増しています。合わせるスーツなどによってはブラックだと馴染まない場合もあるので、ダークブラウンも持っているとコーディネートの幅が広がります。

しかし、あくまでもダークブラウンなので悪目立ちすることはありません。ブラックだと地味すぎるかな、もしくはファッション全体に馴染まないかな、といったときにダークブラウンはおすすめ!

■スコッチブラウンローファー

独特の色味のブラウンローファです!ローファーであることに加え、それなりにインパクトのある色味なのでビジネスシーンで合わせるには多少難易度は高めになります。ただし、ジャケパンスタイルやオフィスカジュアルならむしろカジュアル感も演出できてオシャレ!

その日のスケジュールやファッション全体を考えてうまく組み合わせると、難易度が高い分オシャレ感は増しますよ。

リーガルでお手入れ商品もそろえる!おすすめを紹介

07082507.jpg (582×444)

https://allabout.co.jp/gm/gc/196784/all/

革靴は手入れが最重要!いくらオシャレな靴を買っても手入れができていないと台無しですし、逆に言えばそれほど高くないシンプルなデザインのシューズでも、手入れして綺麗に履いていればそっちの方がよほど良いです。

せっかくのリーガルシューズを台無しにしないためにも、ぜひお手入れはしっかりと行ってください。そこで、お手入れにおすすめの商品を紹介していきます。

■デリケートクリーム

[リーガル] TY21 プレミアムデリケートクリーム TY21

[リーガル] TY21 プレミアムデリケートクリーム TY21

1,770円(09/21 12:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

革靴は汚れ落としと保湿が重要!日頃のブラッシングやからぶきのあと、たまにデリケートクリームを塗っておくと皮の寿命が延び長く綺麗に履き続けることができます。普段色の塗り直しは行っているけれども、保湿用のクリームは塗っていない、という人も多いのではないでしょうか。

ぜひデリケートクリームでシューズのメンテナンスを行ってください。

■馬毛ブラシ

革靴のメンテナンスのなかでもブラッシングは特に重要なので毎日行うべき!そして、汚れ落としのための日々のブラッシングは馬毛ブラシで行うのが一般的です。豚毛よりも柔らかいので、シューズ全体をざっとブラッシングするのに向いています。

馬毛ブラシを購入し、日々のブラッシングを欠かさないようにしてください。革靴をオシャレに長く履き続けるためには、日々の馬毛ブラシでのブラッシングが必須です。

■豚毛ブラシ

豚毛ブラシはクリーム伸ばしに最適!馬毛ブラシは最初にざっと汚れを落とすためのブラッシング用でしたが、豚毛ブラシはデリケートクリームや色塗り用のクリームなどを塗った後にそれを伸ばすのに最適です。馬毛ブラシももちろん革靴の色ごとに分けた方が良いですが、豚毛ブラシは特に分ける必要があります。

まとめ

b3838e7d.jpg (550×280)

http://blog.livedoor.jp/zen_pro/archives/2013-12.html

リーガルと言えば鉄板・オシャレ・高機能な革靴ブランド!そのため、リーガルについて詳しく知り、リーガルシューズ選びがうまくなるとビジネスファッション全体の幅が広がりますよ。この記事ではリーガルの歴史や具体的なおすすめ商品を紹介してきましたので、ぜひビジネススタイル取り入れてください!