記事作成日:

レディーススーツの靴のマナーを解説!おすすめ商品もご紹介!

広告

レディーススーツの着こなしマナーは、スーツだけでなく靴も当てはまります。スーツに合わせる靴と言えばパンプスですが、パンプスにもたくさんの種類があり、シーンによって適したアイテムが異なります。この記事ではレディーススーツの靴のマナーや選び方、種類を解説します。おすすめのパンプスもご紹介しているので、是非参考してください。

レディーススーツの靴のマナー

レディーススーツに合わせる靴は基本的にパンプスです。しかし身だしなみの中でも靴は意外と見落としやすいポイントで、スーツに合わせる靴のルールを知らないと場違いなコーディネートとなってしまいます。そうならないためにも、大人の女性として正しい知識とマナーを身に付けておきましょう。

靴のデザイン

靴のデザインは、型押しなどの模様がないものがビジネスシーンにふさわしく、派手なデザインになるほどカジュアル向きとなります。ビジネスシーンでは、つま先とかかとを見せないことがマナーなので、サンダルやミュールはNGです。

入園式や入学式などのママパンプスは、切り替えしやリボン、パールが付いたものなど多少の飾りがあっても問題ありません。自分らしい素敵なスタイルでお祝いしましょう。

靴のサイズ

パンプス選びはサイズが重要です。足が入っても先端まで指が詰まるようなものでは、窮屈で足を痛める原因になります。指先を軽く動かせる余裕があるくらいがベストです。

靴擦れ防止のために大きめサイズを選ぶ方もいますが、靴の中で足が安定せず、結果的に摩擦が起きて靴擦れしてしまうので注意しましょう。ブカブカな靴はすぐに脱げてしまうなど歩きにくく、まただらしなく見えてしまうため、ビジネスシーンではマナー違反に繋がります。

靴の色

就活や入社式などは黒のパンプスが最も汎用性が高く、一般的とされています。チャコールグレーや黒などダークカラーのスーツには、やはり定番の黒を合わせた方がしっくりまとまります。

入社して職場にも慣れてきたら、他のカラーも取り入れてお洒落を楽しんでも良いでしょう。ライトグレーのスーツなら、ベージュ・ホワイトなど明るい色をパンプスを履くことでフレッシュな印象になります。オフィスカジュアルがOKな職場であれば、服の色合いに合わせるのもおすすめです。

靴のヒールの高さ

ビジネスシーンではヒールのないペタンコの靴はNGです。ヒールのない靴はどうしてもカジュアルに見えてしまうため、就活もちろんビジネスには相応しくありません。逆にヒールが高すぎる靴もファッション性が高すぎるため、同じくビジネスシーンには不向きです。

ヒールの高さの目安としては3~5cmがベスト。ある程度高さがある靴を履けば、脚が細く見えて全体のシルエットも美しく、スッキリとした印象に仕上がります。ヒールは高さがあるほどフォーマル度が高まるため、シーンに合わせて選びましょう。

ストッキング・タイツのマナーは?

レディーススーツには必ずストッキングを着用します。 ビジネスシーンではベージュが基本。ベージュにも様々な種類があるので、自分の肌色に近いものをチョイスしてください。冬場に寒さ対策でタイツを履きたいと思うかもしれませんが、カジュアルな印象になってしまうので避けた方が無難です。

職場によっては、スーツに合わせてカラーストッキングやタイツがOKな場合もあるので、TPOや職場環境に合わせましょう。冠婚葬祭で履くストッキングは黒一択。セレモニーシーンなら、ラメ入りのストッキングやタイツなどでお洒落を演出するのもありです。

レディーススーツに合わせる靴の選び方

ここでは、レディーススーツに合わせる靴の選び方をご紹介します。パンプスと言っても種類が豊富。大切なのは自分の足に合っているということです。

選び方を間違えると、足が痛くなったり靴擦れを起こす原因となります。外出先で痛い思いをしないためにも、以下のポイントをしっかり押さえて、後悔しない靴選びを行ってください。

歩きやすさ

どんなに気に入った靴で見映えがするものでも、歩きにくい靴ではいけません。外回りが多く、歩きやすさを重視するなら、安定感のある2~3cm程度のローヒールがおすすめです。

そして、歩いていてパカパカするものではなく、かかとがぴったり合ったものを選びましょう。指を1本強めにねじ込んでも、第1関節の3分の1が入る程度のパンプスが◎。一方つま先は、1cm程度の余裕があり指先を軽く動かせるくらいがベストです。また、足を包み込む面積が広いパンプスほど歩きやすくなります。

素材

パンプスを選ぶ際は、使用されている素材もこだわってみましょう。パンプスの基本の素材は本革と合皮です。本革は価格は高めですが、お手入れさえすれば長く履き続けることができます。耐久性に優れていて経年変化も楽しめるでしょう。履いているうちに自分の足に馴染み、履きやすくなるのもメリットです。

長く履くことを重視しないのなら合皮を選んでも良いでしょう。水に強く傷も付きにくいため、価格も本革よりも安いので気軽に履くことができます。普段は本革、雨の日は合皮と使い分けるのもおすすめです。

他にもエナメルやスエードなどの素材がありますが、カジュアルな印象を与えるためビジネスシーンでは避けた方が無難です。季節や着用シーンなどを考慮して最適な素材のパンプスを選んでください。

自分のつま先に合ったトゥ

フィットするパンプスを選ぶポイントは、パンプスのトゥと呼ばれる先端の形状と自分の足のつま先の形が合っているかどうかです。日本人のつま先の形は大きく分けて3タイプ。足の指の中でどの指がいちばん長いのかをチェックして、自分の足のタイプを知ることが始めましょう。

つま先の特徴 タイプ 最適なパンプスのトゥ
親指がいちばん長い エジプト型 ラウンドトゥ
人指し指がいちばん長い ギリシャ型 アーモンドトゥ
指の長さがほとんど変わらない スクエア型 スクエアトゥ

試着は必ずする

パンプスは必ず試着をしてから購入してください。自分の足のサイズのものでも、種類によって履き心地は全く異なります。パンプスは自分の足に合っていることが大原則。大き過ぎても小さ過ぎても、足を痛める原因になるので、購入後のトラブルを防ぐためにも事前の試着は必須です。

繰り返しになりますが、つま先は1cm程度の余裕があり指先を軽く動かせるくらい、かかとはぴったり合ったものがジャストサイズです。自分で分からなければ、店舗でスタッフを呼んでアドバイスをもらいましょう。最近では通販でも靴の試着サービスを行っているところもあるので、是非チェックしてみてください。

レディーススーツに合わせるパンプスの種類

レディーススーツに合わせるパンプスは、大きく分けてプレーンタイプとストラップ付タイプの2種類です。それぞれどのような特徴があるのか、以下に見ていきましょう。

プレーンタイプ

プレーンタイプはもっともよく見かける、ベーシックな形のパンプスです。ストラップやリボンなどの装飾はなく、あったとしてもデザインカットやエナメル加工が施されている程度。シーンを問わず使いやすいデザインで、ビジネスシーンでも活躍します。

定番のプレーンタイプはカラーやデザイン、トゥの形も幅広くラインナップされており、スーツに合わせて選びやすいでしょう。スーツを日常的に着るなら、何足が持っておきたいパンプスです。

ストラップ付タイプ

ストラップ付きタイプは、その名の通りストラップが付いたパンプスです。ストラップの位置は足の甲または足首部分、2連タイプやT字ストラップなどさまざまなデザインがありますが、ビジネスシーンでは足の甲にストラップが付いた、シンプルな1連タイプが良いでしょう。

履いた時にストラップで安定するため、歩きやすく疲れにくいメリットがあります。パンプスが脱げやすいという方や、まだパンプスに慣れていない就活生におすすめです。

レディーススーツに合うヒールの種類

パンプスといってもヒールの高さの違いなど、種類は様々です。ヒールの高さによってイメージや着用シーンも異なり、高さによってはビジネスシーンでマナー違反になることもあります。ここではレディーススーツに合う代表的なヒールの種類を紹介します。

ハイヒール

ヒールの高さが7cm以上ある靴がハイヒールです。女性であれば誰もが憧れる靴であり、ナチュラル派ファッションでも女性らしいコーディネートに仕上がります。スラリと足が長く見える美脚効果が期待でき、大人っぽくみせたい時におすすめです。

高いヒールに慣れていない方は歩きにくいかもしれませんが、履きこなすことができれば”できる女”の雰囲気を演出できます。ただし職業にもよりますが、ビジネスシーンには相応しくありません。パーティーやセレモニーなど、華やかなシーンに向いています。

コーンヒール

コーンヒールとは、付け根が太く、先に向かって細くなる円錐型のヒールのことを指します。見た目がアイスクリームのコーンのように見えることから名付けられました。安定感があるため、冬に活躍するショートブーツにもよく使われています。

太ヒールのおかげで歩きやすく、ハイヒールが苦手な方でも安心して履くことができるでしょう。女性らしくも見え、ビジネスやフォーマルなシーンでも活躍します。年齢問わず、幅広い方に対応できるヒールです。

ピンヒール

ピンヒールとはハイヒールの一種で、ヒールが細くて高いのが特徴です。「ピン(pin)=留め針」、ヒールが針金のように細いことからピンヒールと呼ばれるようになりました。

華奢なデザインでハイヒールよりも更に美脚効果が高く、エレガントな雰囲気を醸し出すことができます。こちらもハイヒールと同様、ビジネスシーンには向いていません。結婚式、二次会、パーティーシーンなどにおすすめです。

チャンキーヒール

チャンキーヒールは、通常よりもヒールが太めでバランスがとりやすいのが特徴です。チャンキーとは”ずんぐりした”という意味で、その名の通りヒールは付け根から地面にかけて太く、安定感があります。

ヒールの高さは様々で、ハイヒールやピンヒールのような細いヒールが苦手な方でも、チャンキーヒールなら高さがあっても安定して歩けるでしょう。程よい高さのものを選べは、ビジネス・デイリーシーンでも活躍します。高さがありながら歩きやすく、スタイルアップ効果もあるのが嬉しいポイントです。

フレンチヒール

フレンチヒールとは、付け根は太く、中ほどでくびれ、先に向かって少し太くなっているヒールです。高さのあるものは「ルイヒール」とも呼ばれることもあります。ヒールの太さは様々ですが、ヒールの根元と接地面が太めなので安定感があり、細めでも比較的歩きやすいです。

華奢で華やかさがあるデザインでパーティーシーンにも◎。5cm程度のものであれば、ビジネスでも使いやすいでしょう。大人カジュアルにもキレイめスタイルにも合わせやすいです。

キトゥンヒール

キトゥンヒールは、「キトゥン(Kitten)=子猫」が由来の名称で、小さくて可愛らしいヒールのことを言います。ピンヒールを短くしたような細くて華奢なヒールで、高さは大体3~5cm程度。ちょこんと付いたヒールが特徴的です。

かかと低いので普段ヒールを履かない方も挑戦しやすく、ピンヒールでは高すぎるけど女性らしい雰囲気を出したい方におすすめです。疲れにくいのに女らしい、この絶妙なバランスがキトゥンヒールの魅力です。

フラットヒール

フラットヒールは、ヒールの中でも低く平らなヒールです。高さは一般的に2cm以下、靴の前部と後部に高低差がないので、歩きやすい上に疲れにくく、1足持っておいて損はありません。

まるでスニーカーのように履けるため、仕事で外回りをされる方やパンプスに慣れていない就活生にぴったりです。初めてパンプスにチャレンジする場合でも、問題なく履きこなせるでしょう。

レディーススーツに合うパンプスおすすめ3選

最後はレディーススーツに合うおすすめパンプスをご紹介します。ビジネスシーンにぴったりなシンプルでどんなスーツにも合わせやすいパンプスを厳選しました。これからパンプスデビューするという、新社会人・就活生に最適な靴なので、是非参考にしてください。

おすすめ①フワラク スクエアトゥパンプス

足裏全体をフワフワとやさしく包み込むプレーンパンプスです。高さは定番の5cm、ツヤを抑えたマットな質感は、入学式や就職活動、オフィス、冠婚葬祭にもぴったり。 屈曲性があり、歩きやすいアウトソールを採用し、 立ち仕事や歩き回ることが多い女性を足元からサポートします。

おすすめ②ZUYEE レディース パンプス ポインテッドトゥ

履き心地抜群のヒールパンプスです。ソフトで上質な本革を使用しているので、足に優しくフィットしてとても歩きやすく、靴擦れもしにくいです。インソール全体には高反発クッションを採用、歩行時の足にかかる衝撃を吸収・軽減します。カラーはブラック・ベージュ、高さは5cm・7cmから選べます。

おすすめ③ワコール サクセスウォーク パンプス ラウンドトゥ

高さ5cm、フックタイプのストラップ付きで、就活生や新社会人におすすめのプレーンパンプスです。足裏の凹凸に合わせたインソールの3Dパッド採用で、足裏と靴のフィット感を高め、足の前滑りや踏みつけ部・かかとに集中しがちな荷重を和らげます。ストップで脱げにくく、パンプスデビューに最適な1足です。

レディーススーツに合わせる靴のマナーを心得よう

意外と見落としがちな靴のマナーいかがでしたか?特にビジネスシーンでは、間違った靴を選んでしまうと、一般常識がない人と思われてしまいます。スーツを着用した時は、トータルでの印象が大切です。レディーススーツに合わせる靴のマナーも心得て、きちんと身だしなみを整えましょう。

その他の関連記事はこちらから