記事更新日:

頭の悪い人の特徴とは?自分に当てはまるか診断して対処しよう!

https://www.pinterest.jp/

自分を振り返ってみた時に、ふと自分は頭が悪いのかも!?などと感じることがあるという方もいるのではないでしょうか?今回は、「頭の悪い人」と言われる人が持つ特徴をはじめ、自分がそれに該当していないか診断するとともに、なぜ頭が悪い人になってしまったのかその原因を探るとともに、デメリットに感じることをみていきます。さらに、頭が良い人になるための方法や対処法についても徹底解説していきます。

頭の悪い人の特徴とは?

ここからは、頭の悪い人だと言われる人に共通して見られる特徴について、以下に5つご紹介します。いったいどのような特徴があるのか詳しくみていきましょう。

1人で悩まずプロに相談してみよう!【エキサイトお悩み相談室】

「エキサイトお悩み相談室」は、24時間365日実績豊富なカウンセラーと電話ですぐ話せるオンライン相談室です。人間関係や仕事、子育て、不倫や浮気にいたるまで、メンタルにかかわる全ての悩みに160人以上のカウンセラーが親身に寄り添ってくれます。

サービス開始から15年、安全なシステムにより電話番号・名前も知られずに、辛いことがあった時はいつでも場所を選ばずに予約なしで電話やメールで相談できます。

在籍しているカウンセラーは全員、厳しい審査を通過した経験・実績豊富な実力者ばかり、誰にも相談できない悩みごとがあったら、1人で悩まずプロに相談してアドバスしてもらうことで、良い解決策が見つかるかもしれません。

エキサイトお悩み相談室の公式HPを詳しく見る

頭の悪い人の特徴①行動

一般的に「頭が悪い人」と言われる人は、行動においてもパターン化しているという現状があります。特に、ビジネスにおいては、同じ失敗を何度も繰り返す傾向です。その度に失敗を起こした原因を考えることをしないために何度もミスを繰り返してしまうなど、進歩のない人を指しています。

また、行動を起こす時に思いつきで対応する傾向にあるため、機転が利かない上、何らかの事態が発生しても、それに対して柔軟な対応をすることができません。

周囲で今、どのようなことが起こっているか、それにどのように対応すべきかの正しい判断が即座に下せないという特徴を持っています。これらに加え、そもそも何かに没頭して勉学に励むという姿勢が見られません。

当然ながら、字を読むことを苦手としているため、読書も嫌うなど、習慣化されていないという現実があります。本から得られる豊富な知識を持たない分、頭を働かせる機会が藪納ため、頭が悪い人などと言われてしまうのです。

さらに面倒な行動のひとつに、自分を正当化するという特徴を持っているため、何事においても言い訳がましい態度を取ることが多いと言われています。明らかに自分が悪いということでも、必ず他の人のせいにして、自分の意見や行動が正しいと言い張るのです。

このように自分の非を一切認めることなく言い訳ばかりを繰り返しているのも頭の悪い人の特徴だと言えるでしょう。

そして最後は、頭の悪い人は物事を順序立て、計画して進めていくことができません。効率よく行動すれば、あらゆることがスムーズに片付いていくにも関わらず、物事に対して優先順位を付けられないために、ちぐはぐな行動や無駄な行動が目立つ傾向です。

頭の悪い人の特徴②性格

頭の悪い人と聞くと、どのようなイメージを持つかは人それぞれ異なります。実際、頭が悪い人に当てはまる性格の特徴に共通しているのは、自分を中心とした考えしかできないという人が多く、周囲の人を振り回し、挙句、嫌われてしまう人が多いと言えるでしょう。

これは、自分のことばかりを優先し、協調性を持たずに過ごしているからです。さらに、現状の生活を守りたいという思いから、新たなことにチャレンジすることもなければ、物事に対して向上心を持たないという性格を持っています。

そのため、自分に少し知識を増やしてみようなどという新たな取り組みを敬遠する傾向です。だからこそ、現在の過ごす環境のまま一生を過ごす可能性が高いと言えるでしょう。

生活の上で困難を来すことは、ビジネスなどにおいても、仕事を覚えることができず、他の人よりも理解力に乏しい傾向です。そのため、スキルを習得するには他の人よりも倍以上もの時間がかかることが多いです。

そのため、仕事を円滑に進めることができず、同僚にも白い目で見られることが多い存在だと言えます。また、何事においても自己流を貫き通そうとする性格を持っているので、視野も狭く、人の意見に耳を傾けようとしない傾向だと言えるでしょう。

また、キャパの狭い考えしかできず、周囲の人との協調性を持つことができなくなっているのです。どれだけ様々な指摘を受けても、自分が正しいと思い込み、意見を聞き入れようとしない分、自分を成長させていくこともできません。

そして、集中力に欠けている分、仕事をしてもすぐに飽きてしまい、転職を繰り返すなど、社会性が持てないという特徴も持ち合わせています。このように、頭の悪い人には様々な性格の特徴があることが分かるでしょう。

頭の悪い人の特徴③仕事

残念ながら、この、頭の悪い人と言われる人は、仕事をしても常にマイナス的な要素が目立ち、苦労をするとともに、周囲の人を困らせてしまう存在です。いったいどのような仕事に対する特徴を持っているのかみていきます。

頭の悪い人は、時間通りに計画的に仕事を進めていくことができません。そのため、無駄に残業を繰り返し、会社にとっても人件費が嵩む存在です。自分の1日のスケジュールを効率よく時間配分して回していくことができないため、毎日仕事にしか追われていないまま過ぎてしまうのです。

また、忘れっぽいため、仕事でも何度もミスを繰り返す傾向です。提出期限が近づいているような書類があっても、それを忘れてしまう、あるいは不備があったために期限に間に合わなかったなど、社会人としての責任感の乏しさが目立つと言えるでしょう。

さらに、自分のミスに対しての反省をしないため、何の改善も見られないのも頭の悪い人の特徴です。当然ながら、ビジネスにおいて重要な連絡事項に対しての伝達を忘れてしまう、あるいは返信が遅いなど、スムーズに仕事を進めていくことができません。

忘れっぽいために仕事への真剣な姿勢が見られないという特徴も目立つでしょう。そして、常に受け身の姿勢でいるために、自分から進んで物事に取り組むことができず、いつも指示だけを待っているという状態です。

このように、頭の悪い人は自分から行動を起こすことができず、また、何をしなければならないか、正しい考えができないため、仕事にも大きな支障を来してしまうと言えるでしょう。

頭の悪い人の特徴④会話

頭が悪い人は、自分の会話をどう捉えているのか、また、周囲の人はどのように感じているのでしょうか?頭が悪い人は、人と会話する時、自分が発する話の内容に矛盾が多く、主旨のない話題を持ちかける傾向です。

そのため、思っていることの半分も相手に伝わらないという状況となる上、常にマイナスな発言、そしてネガティブ志向になる言動が目立ちます。いつも物事に対して不平や不満をぶちまけている次第です。

そして、思ったことをすぐに口にしてしまうため、自分の発言に対して責任を持つことがなく、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。さらに、質問に対する返答が的を得ておらず、突拍子もない回答に周囲が驚くことも多いのが現実です。

また、知識が少ないため、話題性に欠ける部分も目立ち、面白い存在ではない上、コミュニケーション能力が乏しいため、頭の悪い人だと捉えられてしまう傾向だと言えるでしょう。

頭の悪い人の特徴⑤結婚生活

幸せな結婚生活を送りたいと誰もが思うことでしょう。しかし、頭の悪い人は幸せな結婚生活とは無縁な傾向です。実際に結婚しても、浮気される、するなどを繰り返す他、恋人同士のような関係性を望み、相手に依存ばかりするという特徴を持っています。

さらに、人を中身で判断することなく、常に容姿を最重要視し、見た目だけで人を判断することが多いと言われています。このようなことから、結婚生活を全うするタイプではないのも頭の悪い人の特徴だと言えるでしょう。

自分は頭の悪い人になっていないか診断しよう

それではここからは、自分が頭の悪い人だと周囲の人から思われていないか、それには5つの項目があると言われています。

  1. 根拠のない突拍子もない話をしている
  2. その場の空気を読むことができない
  3. 人の話を聞くことができない
  4. 思い込みが強く自分本位な一面がある
  5. 物事を覚えることができず何度も同じ失敗を繰り返す

これらの項目が自分に該当しているという方は、頭の悪い人に合致するかもしれません。この後は、より詳しく頭の悪い人になった原因を追究していきます。

頭の悪い人になるには原因があった?

頭が悪い人になるのには何らかの原因があると考えられています。実際に直接的な原因となった理由や原因を探っていきましょう。

頭の悪い人になる原因①人との関わりが少なかった

これまで生きてきた中で、様々な出来事に遭遇することもあったでしょう。しかし、思うほど人と関わることがなかった人は、それだけ経験値が乏しいため、自分の知識も低く、また、視野の狭い中で生きてきたため、周囲でどのようなことが起こっているか分からずに過ごしているのです。

その分、物事に対して考える力もないため、頭が悪くなってしまったと考えられます。このような状況に当てはまる人は頭の悪い人になってしまう原因だと言えるでしょう。

頭の悪い人になる原因②家庭環境が悪かった

自分が生まれ育った環境は人それぞれ異なります。その中でも幼少期に愛情不足で育ってしまった人は、周囲の人と協調性を持って過ごすことができません。

また、教養がないために知識が乏しく、馬鹿にされることも多い中で大人になってしまった場合、頭が悪い人となってしまう可能性があります。このように、家庭環境が大きな原因を誘発していることが分かります。

頭の悪い人になる原因③自分自身と向き合ってこなかった

長い人生の中、ここまで生きてきたけれど、その間に起こった様々な出来事に対して目を反らし、避けて通って来たという人は、あらゆる問題を解決するために頭を働かせることがなかったために、頭が鍛えられず過ごしています。

このように、いつも逃げ腰で、自分自身と向き合ってこなかったために頭の悪い人になってしまったと言えるでしょう。

頭の悪い人になる原因④努力してこなかった

経済的に裕福な家庭で育ってきた人は、自分で苦労を乗り越えることがないため、甘やかされて育てられた分、自分の力では何も考えられなくなってしまっています。その分、物事を自分で考え、実行するということができず、いつも親に甘えてばかりの生き方をしています。

それが仇となり、自分が努力しないために頭の悪い人になってしまったと言えるでしょう。打開策がないわけではありませんが、これまでの生き方を変え、惜しまない努力を重ねることが大切です。

頭の悪い人になる原因⑤責任転嫁をしてきた

自分では物事に対して責任を持つことができず、いつもピンチに立たされた時でも人に責任転嫁をし続けているため、問題が勃発してもそれに対応する能力がありません。ここでも頭の悪さが際立ってしまい、周囲の人からも「〇〇は頭の悪い人だ」などと思われてしまうのです。

このように、いつも自分で問題解決をしようという姿勢を見せず、人任せにばかりしてきた人は、当然ながら頭の悪い人となってしまうのは言うまでもありません。これがひとつの原因だと言えるでしょう。

頭の悪いと何が困るのか?

次は、頭が悪いということは、私たちが日常生活を送る中でどのようなことをデメリットに感じるのか、以下に5点ご紹介します。頭が悪い人ならでは、自分では気付かない、どのようなことに困るのかを詳しくみていきましょう。

頭が悪いことのデメリット①対人関係でトラブルが多い

自分中心の考えしかできない頭が悪い人は、自分を取り巻く環境での人間関係にトラブルが生じることが多いと言われています。それだけ周囲との協調性が持てず、空気を読むことができないので、無意識に相手の気持ちを踏みにじってしまうのです。

それが相手にとって嫌なことであれば、なおさらトラブルに発展してしまうと言えるでしょう。さらに、仕事においても失敗が続くなど、迷惑をかけることが多いため、何事においても対人関係でトラブルを招いてしまう存在であることが分かります。

頭が悪いことのデメリット②信頼されない

責任を持って物事を任せることができない頭の悪い人は、何をしても注意力散漫なため、大事な仕事を任せても結果的に失敗に終わるなど、信頼性に欠く部分が目立つ傾向です。

そのため、信頼関係が成り立たないために、誰とも良い人間関係を形成することができないというデメリットがあります。

頭が悪いことのデメリット③物事をなすのに時間がかかる

頭が悪い人は、自分が行わなければならないことを計画的に進めることができず、いつも思いつきで行動しています。そのため、仕事においても順序良く、スムーズに無駄なく行うことができず、物事に対して必要以上に時間がかかる傾向です。

時間を有効利用することができないため、自分の時間を取ることもできずに過ごしています。このような時間に対するデメリットを強く感じることでしょう。頭の悪い人には時間がないというデメリットが挙げられることが分かります。

頭が悪いことのデメリット④仕事を任せられない

責任感のなさ、集中力のなさ、そして時間を有効利用した計画的な仕事を進めていくことができない頭が悪い人は、ビジネスにおいて仕事を任せることなど絶対にできません。それだけ信頼性に欠く部分が目立ち、結果的に雑用ばかりをさせられている傾向です。

このように、頭が悪い人には仕事を任せることができず、この先将来においても出世するということも考えにくく、ビジネスにおいてもデメリットに感じることが多々あると言えるでしょう。

頭が悪いことのデメリット⑤モテない

どんなにかっこいい容姿、可愛い容姿、美しい容姿を持っていても、頭が悪い人となれば誰も見向きもしないのがこの世のルールだと言えます。

そのため、何を言っても理解度が低く、また、仕事ができない、自分本位な考え方しかできない頭の悪い人は、男性からも女性からもモテることもなく、逆に敬遠される存在になるかもしれません。このようなデメリットを感じることになるでしょう。

頭が良い人になるためにできること

続いては、頭が良い人になるにはいったいどのような対処法があるのか、以下に6点ご紹介します。これを機に、自分を改め、頭が良い人になるために自分でできることをひとつずつ詳しくみていきましょう。

頭が良い人になるための対処法①頭の良い人を真似る

自分ではなかなか気付かないことをやってのける頭の良い人は、周囲の人へ良い影響を与えると言われていることをご存知ですか?

そのため、自分が頭の悪い人なのかも?という思いがよぎった方は、ぜひ、自分の周りにいる頭の良い人の習慣や行動、言葉遣い、人への接し方など、あらゆることを真似ることから始めてみてください。

それを習慣化させていくことで、頭の良い人と同じ行動や考えが身につくようになります。それを毎日のルーティンで実践することによって、物事をスムーズに進めていくための方法やコツに気付くでしょう。

それが理解できれば、自分の頭の悪さを克服し、頭の良い人に近づく可能性は十分にあります。このようなことから、頭の良い人と共に過ごす時間を持ち、自分なりに少しずつ努力していくことが大切です。

頭が良い人になるための対処法②明確な目標を持つ

これから長い人生を生きていく中で、自分がやってみたいこと、興味があること、改善していきたい自分の癖など、今後、自分がどのように過ごしていきたいか、明確な目標を掲げることが大切です。

そのため、より細かく目標を立て、それに近づくために自分がすぐに実践できることを確実に行っていくと良いでしょう。

たとえば、「資格取得のために勉強に励む」、「毎日新聞を読み、世の中の動きを知る」、「今月は〇〇に挑戦する」など、ひとつひとつの目標を確実に成し遂げ、次なる目標を掲げ、自分の知識と教養を増やしていきましょう。

そうすることで一歩ずつ頭の良い人へと自分を変えていくことができるはずです。ぜひそれに向かって向上心を持って前へ進んでみてください。

頭が良い人になるための対処法③人の話は最後まで聞く

いつも自分の意見ばかりを述べ、他の人の意見や話に耳を傾けようとしない頭の悪い人は、まずは人の話を最後まで聞き入れるという姿勢を身に付けていきましょう。

そして、相手の気持ちを考え、言葉を口にする前に、その言葉を発するべきか考えてから行動に移すよう心掛けてみてください。

そうすることで人とのコミュニケーションを上手にとることができる上、人の話を理解することができるようになるでしょう。それが頭が良い人にあるための対処法であると言えます。

頭が良い人になるための対処法④読書をする

毎日1ページでも、読書を習慣化させてみてください。読書は知識を増やすための最善の手段です。語彙力を高めるだけではなく、考える力を身に付けることができます。そのため、頭が良い人に近づくためにも、本から得る知識を期待し、毎日の読書を欠かさず行ってみましょう。

頭が良い人になるための対処法⑤メモを取る

頭が悪い人は、自分がこれから行わなければならないことを計画的に進めることができないため、確実に漏れのない行動をとるためにも、必ずどんなこともメモに取るという習慣をつけてみましょう。

このメモは、やらなければならないことはもちろん、自分が生活する中で疑問に感じたこと、相手に伝えなければならない大切な事項など、どのようなことでも構いません。

頭の中で整理することができず、忘れてしまう可能性が高い頭の悪い人にとって、メモを取ることはとても重要なことだと言えるため、ぜひ実践してみてください。

頭が良い人になるための対処法⑥自分で頭の悪さを知る

「なぜ自分は人と比べても頭が悪いのだろう…」とふと考えることもあるかもしれません。しかし、これはあらゆることを捉えても事実であった場合、自分で自分の頭の悪さを認め、知ることが大切です。

それによってできる対処法を考えることを実践すべきであることを示唆していることになります。そのため、なぜ自分の頭が悪くなってしまったのか、自己分析を行ってみてください。

これまでの自分の言動や態度、生活習慣など、あらゆることを振り返ってみて、それに対して改善点を見出すことが求められます。このように、まずは自分の頭の悪さを知り、認めた上で正しい対処法をとっていくようにしましょう。

周りにいる頭が悪い人への対処法

最後は、自分の周りにいる頭が悪い人に対して、いったいどのように対処するのが良い方法であるのか、適切な対処法について以下に確認していきます。

もしも自分の周りに頭の悪い人だと感じる人がいるという方は、その人に対してどのような対応をすれば良いのか、「一般的な頭の悪い人」そして、「職場での頭の悪い人」に分けてそれぞれの対処法を詳しくみていきましょう。

一般的な頭の悪い人への対処法

私たちが日常生活を送る中で、一般的に「頭の悪い人」だと感じた方に対しては、普通の人と同じようなハードルを掲げてはいけません。このようなタイプの人には、ハードルを下げ、達成感を実感させるのが良いでしょう。

そのため、できなくても良い、できればラッキーという程度の考えに留めておくのが無難です。また、その人のマイナス的要素にばかり視線を向けるのではなく、良い一面を引き出すことができるよう、長所を重視してみてください。

そうすることで頭の悪い人でも評価が高くなる部分があるでしょう。そして、頭の良い人と比較できないほど理解力に乏しい頭の悪い人ですから、物事を丁寧に、そして詳しく説明を行うことが大切です。

その中でも専門的な用語はより混乱を招いてしまうため、簡単に理解できる言葉を使用して伝えるようにしましょう。さらに、長い文章を聞き、理解する能力がないため、手短に説明を行うようにしてください。

特に複数のことまで覚え、実践することができないため、ひとつずつお手本を見せながら分かりやすく説明を加えてみるのがおすすめです。指示する内容によっては図解にすると理解できる場合があります。腹立たしさを抑え、できる限り寛大な心を持って分かりやすく解説していきましょう。

普通の人よりも目をかけ、手をかけた対応を心掛け、NGな点ははっきりと相手に分かるよう伝えてください。この時も自分が感情的になるのではなく、気持ちをコントロールしながら大人な対応を心掛けるようにしましょう。

職場での頭の悪い人への対処法

仕事においては、特に、頭が悪い人への対処法に困ることも多いかもしれません。しかし、そこはグッとこらえ、仕事内容やスケジュール、手順など、あらゆることを理解しているか何度も復唱して確認するようにしましょう。

頭の悪い人は指示内容を理解していないことが多く、周囲の人にとってはとても手間に感じるかもしれません。それでも仕事を依頼し、任せる際はこのように確認作業というひと手間を加えてみてください。

さらに、何事においても必ずメモを取らせること、そして、現在の仕事の進捗状況を逐一確認することを怠らないようにしましょう。そして、理解に乏しいと判断する場合は、面倒だと感じても、図解や言葉でメモをし、頭の悪い人が理解するまで何度も説明を行ってください。

そうすることでビジネスにおいても失敗をなくし、周囲の人の手を煩わせることも少なくなってくるでしょう。少し面倒に感じますが、周りがサポートしながら行わなければならない場合もあるという事を踏まえ、実践するようにしてください。

自分が「頭の悪い人」にならないよう気をつけよう

頭の悪い人が持つ特徴をはじめ、自分に当てはまる項目はないか、また、頭が悪い人になってしまった原因、それらに対応する正しい対処法、さらに、頭が良い人になるための最善の方法について徹底解説していきました。

自分を取り巻く環境の中で、頭の悪い人だと感じる人はいるかもしれません。もしかすると自分がその一人であるということもあるでしょう。

そのような頭の悪い人になってしまうことがないよう、どのようなことに気をつけるべきかを確認し、自分なりに責任感と協調性を持って過ごしていくことが大切です。

その他の関連記事はこちらから