記事作成日:

アファメーションとは?メリットと具体的な実践法を解説!【例文あり】

自分に自信を付けたい、自己肯定感を高めたいと思った時、人それぞれでやり方は異なるでしょう。そういった時には、アファメーションというものが効果的であると言われていますが、皆さんはご存じでしょうか?今回は、そんなアファメーションとはどんなものか、具体的な実践法などを解説します。

そもそもアファメーションとは何?

そもそもアファメーションとは何かというと、一言で言い表せば肯定的な自己宣言、となります。とても抽象的で、これだけだと何を言っているのか分からないかもしれませんが、自分に対して前向きな言葉を語りかけるという事です。

言霊、という言葉があり、言葉に意思が宿るという意味を持っていますが、アファメーションはこの言霊に似通ったものなのかもしれません。言葉からプラスの指向が形成され、そしてそれが行動につながっていくのです。

なぜ言葉だけでそんな事が可能になるかというと、普段人間が心に無意識にかけているストッパーを解除させられるからです。自分のしたい事も、このアファメーションを通す事で初めて行動に移せるようになったりします。

アファメーションにはどんなメリットがある?

アファメーションではどんなことをするのかについて、簡単にではありますが解説しました。自分を守り前を向かせることが一番の目的ですが、ポジティブな考え方になる以外にも様々なメリットがあるのです。

アファメーションのメリット①ポジティブな気持ちになれる

まず1つ目に挙げられるのは、ポジティブな気持ちを獲得できる事です。元々アファメーションというのは、肯定や否定の反対語、つまり断言といった意味を持っていますから、自分にプラスの考えを植え付けられる習慣となります。

日々の生活の中で、アファメーションを見る、唱える、実行する事を習慣付ければ、自分の考えはだんだんと変わっていきます。自分自身で自分の中のマインドを変化させ、前向きにさせていくのです。

自分は今理想的な状態である、という事を日常の中で意識し、文字通りの自己肯定を行います。結果的に無意識な状態の中でもプラスな考え方が出来るようになれば、一つの感性とも言えるでしょう。

アファメーションのメリット②柔軟な考え方ができるようになる

2つ目は、柔軟な考え方の獲得です。これまでの自分が、どうせできない、ダメだと思っていたことはありませんか?それは、何も実践していないのに頭の中で勝手に結論付けていたことが多かったことでしょう。

それらに対しても、アファメーションを行うと「なぜダメだと考えたのか」「本当に無理なのか」という事まで考えられるようになります。これまでと同じ事では同じ成果しか得られませんが、違うやり方や考え方を受け入れられるようになれば、自ずと結果も違ってきます。

これまでの固定観念や、正しいと思っていたことが決して間違いという訳ではありません。それらを持ちつつも、更に新しい考え方を取り入れられれば、世界は違って見えるはずです。

アファメーションのメリット③目標は夢がはっきりする

3つ目に、自分の目標や夢を明確にさせられる事も挙げられます。人間というのは多くの情報の中に囲まれて生きていますし、多くの誘惑も存在します。

こうした中で自分の目標や夢というのをしっかりと持ちたいのであれば、文章や言葉によって、その頭の中にある願望を可視化する事が大切なのです。すると、自分が本当に欲しているもの、必要なものは何なのかが見えてきます。

目標を設定する、というのも成功へ向かうための大事な一歩です。ゴールに向かうためにはスタート地点が無ければ始まりませんし、そのスタート地点を作り出すという意味でも、アファメーションは大切という訳です。

アファメーションのメリット④自分の本当の能力を引き出せる

一般的に人間というのは、自分の能力を過小に評価してしまう傾向があります。実際には実力があるのにもかかわらず、他人と比べた結果不要な劣等感を覚えてしまったり、自分の事を卑下する事はおそらく誰でも当てはまるでしょう。

比較する、という事は、確かに自分を成長させるためにも大切な要素ではあります。しかし、毎度毎度周りと比較していると、それが癖になってしまい、自己評価に重きを置かなくなるのです。

そこで、アファメーションを利用します。今の自分を認め、上手くできているという事を自覚できれば、最終的には想定以上の自分の中にある力を発揮できます。

アファメーションのメリット⑤周囲への良い影響

5つ目は、周りへのプラスの影響というものが挙げられます。もしネガティブでマイナスな考え方ばかりしている人が近くに居れば、それは近くに居る他人にも影響してしまいます。

逆もまた然りという言葉の通り、ポジティブな人が身近に居れば、周りの人もプラスの考え方になりやすいものです。ならば、自分がそのポジティブな思考の人になる事で、周りの人に変化に気づいてもらいましょう。

これは、影響力を付けられるという事も付随しています。自分に自信をつけ、成功した体験があれば、それを周りに伝播させてプラスのサイクルを作り出せます。いろんな人を巻き込んで、新しい事にも挑戦しやすくなるかもしれません。

アファメーションのメリット⑥自信がつく

原点にして一番のメリットとも言えるのが、自身を付けられるという事です。人間が自信をつけるためには、成功の体験を重ねたり、出来る事を増やすといった事が必要になります。

これまで自分が出来なかったことが、鍛錬や訓練によってできるようになっていった経験というのは、勉強でも仕事でもありますから、誰でも経験がある筈です。自信を付けられれば、根本的な考え方にも変化を及ぼします。

たとえ仕事やプライベートで多少失敗が生まれてしまったとしても、すぐにいつも通りの自分を取り戻しやすくなります。成功の体験を得続けて、堂々とした心身を身に付けられれば、もう怖いものは無いでしょう。

アファメーションのメリット⑦自分の思考プロセスに気付ける

自分の思考プロセス、と聞いて、どんなものなのかを想像する事は出来るでしょうか?おそらくあまり意識したことが無いので難しいかもしれませんが、アファメーションの実行は自分の目標や望みといったものを明確化してくれます。

すなわち、自分が内側にある気持ちと対話を行うのです。繰り返して行っていると、ネガティブな気持ちになっているパターンやチャレンジを避けているパターンなどが分かってきます。これが、思考プロセスに気づくという事です。

気付いてさえしまえば、これまでの前述のパターンに事前に気づけるようになります。もし繰り返しやってくるようなパターンがあるとすれば、それは自分にとってのチャンスとも言い換えられるでしょう。

アファメーションの実践方法

この様に、アファメーションは自分を肯定し、前向きな思考に変化させてくれるのです。誰であってもそんなスタイルで生きていきたいところでしょうから、続いては具体的なアファメーションの実践方法をご紹介します。

実践法①実現したい未来を鮮明にイメージする

まず1つ目の方法は、実現したい未来を明確かつ鮮明にイメージします。アファメーションを成功させるには、自分の潜在意識と呼ばれている場所に自分の望みを刷り込んで、その望みが叶いやすくなる行動を取るように変化を加えなければなりません。

元々アファメーションは、希望を言葉にしたり意識し続ける事で、あたかも現実に起こっているかのように自分に刷り込むものです。リアルなイメージを持てれば、例え幻想でも脳が現実のように錯覚し、その差を埋めようとする行動をし始めます。

この、脳に錯覚を覚えさせるほどの明確なイメージというのが大切なポイントになります。仕事でも良いですし、プライベートでも良いですが、何か叶えたい事があるなら、それを叶えている自分をリアルに想像してください。

実践法②イメージを言葉にする

続いて、そのイメージを言葉に変えてみましょう。イメージで作り出された理想的な自分を、言葉として今の自分に投げかける事によって、意識を徐々に変化させていきます。

この際にいくつかのルールがあり、まず主語は必ず一人称「私は」「僕は」で始まります。勿論否定的な言葉を使うのは禁止で、例えば結婚であれば「結婚しました」「結婚しています」の様に言い切った言葉にするのです。

また、言葉自体もあまり多く使わないようにしてください。1つだけの言葉に絞れれば一番理想的ですが、多くとも7つか8つ程度の言葉に留めましょう。何度か繰り返せるくらいの言葉にして、意識に刷り込ませていきます。

実践法③言葉に感情を加えていく

その次は、言葉に感情を付加します。具体的な未来の自分のイメージ、そしてそれを言葉にする事が出来ればひとまずのアファメーションが出来そうですが、ここに感情を加えてより深くまで意識に刷り込ませていくのが目的となります。

例えば映画や漫画はもちろんノンフィクションですが、見込んだり読み込んでいれば、実体験をしていないのに悲しんだり嬉しくなったりするでしょう。脳というのは、リアリティを感じると現実と認識する作用があるのです。

これを利用して、アファメーションの言葉にも感情を加えるのです。過去に自分が経験したプラスの感情を言葉に乗せるのが一番手っ取り早く、表情まで付加してみましょう。

実践法④紙に書き出すのも効果的

自分の中の感情を整理するためには、紙に書き出すという動作も効果的になります。頭の中で考えていても、生きている中では様々な感情が浮かんできますから、その中に埋もれてしまいかねません。

実際に手を動かして、頭の中にある言葉、そして感情までも書き出す事が出来れば、自分の感情というものを紙の上の言葉と言う具体的な物にできます。その為、客観的に自分の感情や言葉などの判断が可能になるのです。

アファメーションのジャンル別の例文集

成功したいというのは何時であってもどんな場面であっても思っている事でしょうが、そのシーンやジャンルによって考え方が違ってきます。となると、アファメーションで言葉にするべき文というのも変わってきます。

恋愛のアファメーション例文

  1. 私は大切な人に愛されています
  2. 私は大切な人に対して暖かい言葉や笑顔を向けられます
  3. 私は大切な人の前で暖かく接する事が出来ます
  4. 一生大切にしたい人と出会えている私は幸せです

まず、恋愛のアファメーション例文は上記のようなものになります。基本である「私は」という主語から始まり、どれも言い切りの形になっていますので、これからの行動もこれらに合わせてプラスなものに変えていけるでしょう。

仕事のアファメーション例文

 

  1. 私は心から大好きな仕事に就けている事を誇らしく思います
  2. 私のゴールは常に更新されていて、変化する毎日に喜びを感じています
  3. 私はやりたいことだけをする生活にとても満足していて、仕事の中で心地よい疲労感を味わえています
  4. 私は自分にしか出来ない機能を果たしていて、それに見合った対価を受け取っています

続いて、仕事のアファメーションの例文になります。単に最も理想的な働き方ができて幸せ、というだけではなく、それを通じて自分が価値あるものを提供できているという自覚を持てているとより効果的です。

お金のアファメーション例文

  1. 私は好きな事をするだけでお金が入ってきています
  2. お金を稼ぐことが私に力を与えてくれます
  3. 私はお金を使う事で世界を豊かにしています
  4. 私はお金に愛されているのです

最後に、お金に関するアファメーションです。この場合には、お金を手に入れた状態そのものを喜ばしく思うのではなく、そのお金を使って何をしたいのかという手段が明確になっている事で、初めて高い効果を得られます。

アファメーションを実践する際の注意点

 

自分で自分を肯定的に捉えるアファメーションは、上手く作用すればとても前向きに生きていける魔法のルーティンになるかもしれません。ただし、しっかりとした効果を得るためには、注意点も押さえておくべきです。

注意点①人を変えるために使用しない

まず、人を変えるために使わないようにしましょう。冒頭から紹介している通り、アファメーションは自分を肯定し自分を変えるものです。誰かを変える為ではなく、自分の心の内を変化させるための言葉にしてください。

注意点②現在系で終わらせる

2つ目に、現在形で終わらせることです。「○○になりたい」というような形では、願望の状態でとどまってしまっています。既に自分が理想の状態になっていると意識に刷り込ませるのが大切ですので、叶った状態の自分を想像し言葉にしてください。

注意点③シンプルで肯定的な文にする

3つ目は、シンプルかつ肯定的な文にする事です。何度も唱える事で自分の意識の中に入り込ませ、無意識の内からポジティブになるのも目的の1つですから、言いやすく且つプラスな内容の文にまとめましょう。

注意点④人と比較しない

そして、人との比較は行わないようにしましょう。文の中で「○○よりも優れている」といったような事を言うと、誰かと比較しなければ幸せになれない事を意味してしまいます。そうではなく、自分一人で完結した幸福を描いてみましょう。

アファメーションを正しく使って自分の潜在能力を引き出そう

正しくアファメーションの効果を得られれば、自分がこれまで気付いていなかった潜在能力がポジティブな考え方によって引き出されたりするものです。是非とも皆さんもアファメーションを実践してみてください。

その他の関連記事はこちらから