記事作成日:

トラッドスタイルってどんなファッション?着こなしアイテムをご紹介!

トラッドスタイルと言う言葉を耳にした事はあっても、具体的にどのような服装なのか知っていますか?トラッドスタイルとは何なのか、更に王道のトレンチコートやテーラードジャケットなどのおススメアイテムの他に、詳しくコーディネートも紹介していきます。是非、コーディネートの参考にしてみて下さい。

トラッドスタイルとは?

トラッドスタイルと聞くと、「正統派でかっちりキレイ目ファッション」。何となく、このようなイメージで捉えている方も多いでしょう。それも決して間違いでは無いのですが、今回はもっと詳しく「トラッドスタイル」が何なのか解説していきます。

トラッドは「トラディショナル」の和製英語

トラッドスタイルの原点は、英国紳士の着こなしから来ています。トラディショナルの和訳「伝統的な」の意味合い通り、時代に左右されない定番スタイルのジャケットやシャツなどを使ったコーディネートの事です。

英国紳士から想像される、品のあるクラシカルな雰囲気、そしてちょっとした大人の遊び心を取り入れているのが「トラッドスタイル」なのです。

このトラッドスタイルには「ブリティッシュ・トラディショナル」と「アメリカン・トラディショナル」があります。ブリティッシュ・トラディショナルは英国伝統のスタイルで、アメリカン・トラディショナルはブリティッシュ・トラディショナルがアメリカに渡ってカジュアルになったスタイルです。

トラッドスタイルファッションのコツ

伝統的な服装、と言う意識から全てのアイテムをクラシカルな雰囲気にしてしまっては時代錯誤な服装になってしまします。伝統を意識しつつ、旬のアイテムもしっかり取り入れていくと良いでしょう。

最初から全てのアイテムを取り入れてトラッドスタイルを作るのは難しいので、例えばシャツをカットソーにしてみたり、ボトムスをデニムにしてカジュアルダウンするなどして今の時代に合うトラッドスタイルにしてみましょう。

トラッドスタイルにおすすめのアイテム7選

それでは、ここからはトラッドスタイルを作り上げるうえで欠かせないアイテムを紹介していきます。ピンポイントだけ取り入れるも良し。全てのアイテムを取り入れるのも良し。あなただけのトラッドスタイルを作り上げてみて下さい。

おすすめ①Aaronlive トレンチコート

Aaronliveのトレンチコートは、フォーマルスタイル、カジュアルスタイル、どちらでも活躍できる有能な1着です。綿100%の柔らかい生地を使用しているので着心地は良く、寒い冬は防寒着として優れており、通気性も良いので春秋にも使えます。

無地でシンプルなジャケットなので、何にでも合わせやすくトラッドスタイルを作るにあたって1枚は持っておきたいアイテムです。トレンチコートを一枚羽織るだけで一気にトラッドスタイルに仕上げられます。

トレンチコートはトラッドスタイルを作る以外にも使えるスタイルが多いファッションアイテムなので買っておいても幅広く使えるすぐれものです。

おすすめ②ビームス テーラードジャケット

ビームスのダブルブレストのテーラードジャケットは、クラシカルな雰囲気を残しつつ旬であるゆったりシルエットに仕上げられています。ダブルのジャケットと聞くとひと昔前のおじさん達が着ていたイメージがあり、手に取りずらいと思っているかもしれません。

ですが、トラッドスタイルのようなクラシカルなファッションが流行っている今、新しい形のダブルのジャケットを着こなすだけで簡単にトラッドスタイルを作り上げる事が出来ます。

おすすめ③ヒューゴ レジメンタルストライプ ネクタイ

印象的なネクタイをするのも、大きなポイントになります。このレジメンタルストライプは、古くは英国軍の象徴でもあり特徴は右上に向けてストライプが上がっている柄です。

反対に左上にストライプが上がっている柄は米国式でプレッピーやアイビーなスタイルをしたい時は米国式のネクタイを選ぶと良いでしょう。レジメンタルストライプは日本人でも馴染みのある柄なので、抵抗無く身に着ける事が出来るアイテムです。

おすすめ④ニューヨーカー スラックス グレンチェック

グレンチェックとは、千鳥格子と細い線を組み合わせた柄の事で、英国の伝統的な柄です。シックな色合いなので、トラッドスタイル初心者の方でも挑戦しやすいアイテムです。トラッドスタイルを作るにあたって、ジャケット、シャツ、ネクタイ、パンツの組み合わせがやはり基本であり王道の組み合わせです。

この組み合わせならば、誰でも失敗する事なく簡単にトラッドスタイルになれるので参考にしてみて下さい。このニューヨーカーのスラックスはソフトテーパードシルエットなので、見た目のすっきりさと反対に履き心地は窮屈で無く、長時間履いていてもストレス無く着続ける事が出来ます。

 

おすすめ⑤ロムリゲン 革靴 ストレートチップ

トラッドスタイルを作るに当たって、足元に革靴は欠かせません。トラッドMIXと言って、様々なアイテムを組み合わせた現代感の強いタイプならば革靴では無い場合も沢山あります。

ですが、基本のトラッドスタイルはやはり革靴で、更に最もフォーマルとされるストレートチップなら足元からも完璧なトラッドスタイルと言えます。

ロムリゲンの革靴は本革作りで、形も流行に流される事の無い定番スタイルです。足が痛くならないようにかかと部分にクッションが入っており、足の痛みを軽減さるようになっています。値段の割に品質が良くリピーターの多い革靴です。

おすすめ⑥MINNUO 中折れハット ウールフェルト

ジェントルマンと称される方たちが身に着けている小物として上げられる物の一つがハットです。燕尾服にコートを羽織り、ハットを合わせるスタイルは昔から正装とされていました。オシャレとして、トラッドスタイルをするのなら中折れハットが合わせやすいでしょう。

MINNUOの中折れハットは、リボンに使われている千鳥柄がより一層クラシックな雰囲気を出してくれ、ウール100%の生地が触り心地も良くかぶり心地がとても良い帽子になっています。

 

おすすめ⑦アルバートサーストン サスペンダー/ブレイシス

紳士の正装として、パンツはベルトで固定するのでは無くサスペンダーで吊るすのが伝統的なスタイルです。このアルバーサーストンは1820年にロンドンで創業した伝統のあるサスペンダーブランドで、今でも職人さん達の手作業によって丁寧に作り上げられています。

ちなみに「サスペンダー」と言うのはアメリカ英語で、イギリスでは「ブレイシス」と呼ばれています。

アルバーサーストンのサスペンダーはY字型になっており、ボタン式と金属クリップが付属されており手持ちのパンツによって使い分ける事が出来ます。一般的には金属クリップで留めるのが定番ですが、ボタン式ですと均等に上がるので履き心地も良く見た目もキレイに穿くことが出来ます。

 

トラッドスタイルの参考になる着こなしコーデ

ここからは、今まで紹介したアイテムを使ってスタイリングするトラッドスタイルの着こなしコーデを紹介していきます。トラディショナルな雰囲気を出すトラッドスタイルコーデも素敵ですが、手持ちのアイテムでカジュアルダウンして流行のスタイルにする事で誰でも挑戦しやすいスタイルになります。

トラッドコーデ①トレンチコート × スラックス

トレンチコート×スラックスのトラッドスタイルの王道コーディネートです。トラッドスタイルのクラシカルな雰囲気をしっかり残しつつ、ロングのトレンチコートをゆったり着る事と足元のスニーカーでカジュアルダウンしています。シャツをタックアウトするのも緩さを出してて良いですね。

パンツをベージュのチェックパンツにしていて全体的に色味が統一され、シンプルな着こなしが爽やかさを出しています。

トラッドコーデ②テーラードジャケット × デニム

ブラウンのテーラードジャケット×デニムのコーディネートです。かっちりとしたスタイルに見えがちなジャケットですが、黒のタートルネックと色落ちデニムとの組み合わせでスポーティな印象になっています。

ブラウンのジャケットと黒のタートルネックの色味の組み合わせがシックモードな雰囲気です。テーラードジャケットはスーツのジャケットに近い形なので、よほどド派手な柄な物を選ばない限り誰にでも着こなせますし、大人なトラッドスタイルに仕上げる事が出来ます。

上品でおしゃれなトラッドスタイルに挑戦してみよう

いかがでしたでしょうか。基本的なトラッドスタイルのアイテムや、現代の物をミックスさせたコーディネートを紹介してきましたが、参考になったでしょうか。クラシカルな王道スタイルも素敵ですが、旬のアイテムを取り入れるとより自分らしいトラッドスタイルが作れますね。

ここで紹介したコーディネートのようにトラディショナルな部分に囚われすぎずに、気軽にトラッドスタイルコーデを楽しんでみて下さい。

その他の関連記事はこちらから