トレンチコートを着こなそう!おすすめアイテムからおしゃれコーデをご紹介!

引用:https://aquascutum.jp/

トレンチコートといえば、今や男女問わず愛される定番アイテムです。ビジネスシーンからタウンユーズまで、幅広く愛されるトレンチコート。誰もが、一着は持っておきたいアイテムだと思います。しかし、敷居が高いイメージがあったり着こなし方が分からなくて、一歩踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

トレンチコートは、機能性が高くシンプルなデザインなので飽きがこなく長年愛用することができます。トレンチコートの歴史は長く、ディテールごとには意味があります。基本的な知識やコーディネートのポイントをおさえることができれば、おしゃれがもっと楽しくなるでしょう。

おしゃれに着こなせるコーディネート例や、おすすめのトレンチコートもご紹介していますので参考にしてみてください。

トレンチコートについての基礎知識

トレンチコートが愛される影には、戦争の歴史があります。シルエットの美しさや機能性の高さは、厳しい環境下でも耐えうるようにデザインされたものです。現代も人々から愛されている洋服のほとんどは、戦時中に由来するといっても過言ではありません。まずは、トレンチコートがどんな用途に使われてきたのかを知ることから始めましょう。

トレンチコートの由来について

トレンチコートは、第一次世界大戦時にイギリス陸軍の軍用服として着用されていました。塹壕戦の際に、耐久性・防水性に優れているトレンチコートは大いに活躍しました。銃弾を避けるための溝のことをトレンチと呼び、寒くても長時間身をひそめることのできるコートは兵士達を守り、心強い味方でした。

戦争後には、男性はもちろん女性もレインコートとして愛用するようになります。平時のファッションとして用いられるようになってからも、戦時中の名残を多く残していました。

イギリス・ロンドンは霧のような雨の日が多く、日本のように土砂降りになることはほとんどありません。傘をステッキ代わりに持つ男性が多く、機能性に優れたレインコートを着用し胸を張って歩くことがダンディとされています。

時代を超えて愛され続けるトレンチコート

トレンチコートは、1915年に登場した初期型にはじまり幾度となく改良を重ねて進化し、1918年に完成しました。現在、私たちが着ているトレンチコートは100年以上形を変えていないということになります。

トレンチコートが愛される理由は、戦争の中で生まれた機能性の高いデザインにあります。その洗練されたデザインは男心をくすぐり、時代を超えて世界の男性にとって憧れのファッションアイテムとして語り継がれています。

映画「ブリッド」や「カサブランカ」などで名優達がこぞって着用していたのもトレンチコートです。映画で着用されていたこともあり世界的にトレンチコートは広まり、一躍有名になりました。その完璧なフォルムは、どの時代でも色褪せることなく着る人を輝かせてくれます。

メンズトレンチコートの人気の理由はディテール

トレンチコートには、様々な機能が備わっています。そのディテールごとにはきちんと意味があり、単なる装飾ではありません。そのディテールの真髄を理解していくと、その機能美に心揺さぶられることでしょう。では、ひとつずつ解説していきます。

ディテール①スロートラッチ

スロートラッチは、チンストラップやチンウォーマーとも呼ばれています。上襟を立て、その上から前面をおさえるために取り付けられたタブのことです。雨風が強いときには侵入を防ぎ、寒い日には防寒をしてくれる役割があります。

本格仕様の、クラシックなトレンチコートに見られるディテールです。

ディテール②エポレット

肩の部分に備え付けられたベルト状のディテールを、エポレットと呼びます。もともと、将校の階級章をここに示したことからエポレット(肩章)と呼ばれるようになりました。後に、双眼鏡や銃、水筒などが肩から滑り落ちるのを防ぐために使われました。

また、倒れた兵士を救出する際、引きずるための持ち手として活用されていたとも言われています。

ディテール③ガンフラップ

男性用コートは左前合わせなので、右だけに施されているのがガンフラップです。その名からも想像ができるように、銃を撃った際の衝撃を和らげる役割を担っていました。また、銃身に雨水が入る用途も兼ね備えていました。

襟のボタンを全て留めた状態のときには、雨風の侵入も防いでくれます。

ディテール④ストームシールド

ストームシールドは、アンブレラヨークとも呼ばれています。嵐の際に、雨が衣服の中に侵入しないように二枚の布を縫い合わせてケープ状に設計されています。やや傾斜するように縫製されているのは、水を滑り落としやすいようにするためです。

動きを妨げないように、末尾は縫い付けていなくボタンがついているタイプもあります。

ディテール⑤インバーテッドプリーツ

バックスタイルの内側に、箱ひだを備えつけたプリーツのことです。ウエストまで届くほど広い範囲まで切り込みが入っており、内側のボタンを外すと大きく広がります。

戦時中、乗馬する際に足の動きを妨げないように考案されたデザインと言われています。

ディテール⑥アームベルト

アームベルトとは、袖口に施されたベルト状のディテールのことです。ベルトを締めると、寒風や雨風を防げるようなデザインになっています。

コートは秋冬シーズンには毎日着るものなので、外出時はどうしても同じような感じのコーディネートが続いてしまいます。 マンネリ感を脱却して、ひと味...

メンズトレンチコートの人気ブランド

トレンチコートには、代表的なブランドがいくつか存在します。トレンチコートの元祖とも呼ぶべきブランドの製品は、実用性が高く外観的な美しさにも優れているものばかりです。長く愛用できる一着を探すなら、トレンチコートの傑作が揃う定番ブランドから選べば間違いありません。そんな世界的に有名なブランドを、3つご紹介します。

ブランド①バーバリー

1856年イギリス、トーマス・バーバリーが21歳のときに創業したバーバリー。トレンチコートと聞いたら、バーバリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。通気性に優れ、悪天候に強く丈夫な布地である「ギャバジン生地」の生みの親です。従来の重く、着心地の悪かったレインウェアに革命をもたらしました。

戦時中にトレンチコートを生産し、販売していた歴史があります。永遠の定番シリーズとして「ヘリテージトレンチ」が存在し、他にも「ウェストミンスター」「チェルシー」「ケンジントン」など時代を超えて愛されるモデルが揃っています。ロイヤルワラント(王室御用達)の栄誉も授与されています。

ブランド②アクアスキュータム

1851年イギリス、仕立て職人のジョン・エマリーが創業したアクアスキュータム。開業から2年後、エマリーは防水加工を施したウール生地を初めて作り出し、特許製品としました。ブランド名はラテン語で、アクア(水)とスキュータム(盾)で防水を意味しています。

創業当時から、優れた職人技術と技術革新により業界の最前線を突き進んでいます。1897年には、ロイヤルワラント(王室御用達)の称号を得ました。大定番モデルといわれる「キングスゲート」や代表的な「レイトン」が、トレンチコート特有のディテールも少ないため着回しやすくなっています。

ブランド③グレンフェル

1922年イギリス、織布工場を営んでいたウォルター氏は北極圏でも耐えうる衣料を自らの手で開発することを決意しました。そして1923年に生地が完成し、それに歓喜した医師グレンフェル卿が自身の名を冠するように進言したことから始まりました。

グレンフェルのトレンチコートは、エベレスト登頂や第二次世界大戦、太平洋・大西洋横断など歴史的現場に立ち合ってきました。さらに、ロイヤルワラント(王室御用達)の栄誉も授与されています。

クラシカルな定番アイテムとして世界中で着用されている「バーバリーのコート」。バーバリーのコートを所有している方の中には「バーバリーのコートがいく...

トレンチコートのおしゃれなメンズ着こなしコーデ例

定番のトレンチコートも、着こなし方によって雰囲気を変えることができます。オンからオフまで使えるため、着回しやすく毎日のコーディネートに合わせることが可能です。シンプルだからこそ、インナーや小物で遊ぶこともできるアイテムなので色々なスタイルにチャレンジしてみましょう。それぞれ印象の違う、おすすめのコーディネートをご紹介していきたいと思います。

コーデ①タートルネックとの組み合わせ

寒い日でもトレンチコートを羽織りたいときは、インナーにタートルネックはマストです。さらに、厚手のシャツを一枚重ねてあげると、こなれたレイヤードスタイルが完成し防寒もバッチリです。ボトムにはスラックスやダークカラーのデニムを合わせると、すっきりスマートな雰囲気に仕上げることができます。足元には外しアイテムとしてスニーカーを選び、カジュアルダウンさせるのがおすすめです。

コーデ②アメカジスタイルとの組み合わせ

紳士の定番アイテムのトレンチコートを、あえてアメカジ風に着崩すのが若者を中心に人気です。パーカーの襟をアウターから出すのは、もはや男女共にメジャーなテイストMIXコーディネートです。シンプルで無地のパーカーを合わせてあげると、子供っぽい印象になりません。トップスとボトムスをダークカラーで合わせたら、インナーの白Tシャツを覗かせてあげると重たい印象になりません。こなれ感たっぷりの、おしゃれ男子スタイルの完成です。

コーデ③ブーツ&ハットとの組み合わせ

トレンチコートにハットを合わせると、ブリティッシュな雰囲気が漂います。ボトムに濃紺のデニムを選ぶと、カジュアルダウンしながらもスマートな印象を与えてくれるでしょう。インナーの白シャツは裾を出してあげると、ラフさが加わりリラックス感が加わります。黒縁メガネやストールをプラスすると、一気におしゃれ上級者になることができます。足元には革靴を選び、紳士的なコーディネートに仕上げましょう。

コーデ④黒トレンチコートに白タートル

黒のトレンチコートにタートルネックを合わせるなら、白が断然おすすめです。顔周りが明るくなり、全体の印象を柔らかくすることができます。ボトムや靴にダークカラーを選んだとしても、タートルネックの白がコーディネートを軽くしてくれるでしょう。

大人の男性のきれいめコーデには、黒やネイビーのトレンチコートがおすすめです。モノトーンを基調としたスタイルは、落ち着いた雰囲気を演出しデートにもピッタリです。

メンズトレンチコートのおすすめアイテム3選

高級ブランドのトレンチコートは、大切に使えば10年以上愛用できるので一生ものを探している方にはおすすめです。長く着ても素材の劣化は少ないので、世代を超えて受け継ぐことも可能です。

はじめからトレンチコートに高い金額を使えない方でも、メンズアパレルショップや通販サイトなどで様々なデザインを見かけるようになりました。高品質でコストパフォーマンスの良いものは、色違いで楽しむのも良いでしょう。トレンチコートの機能性は残しつつ、手頃な価格で求めやすいおすすめを厳選しましたので、参考にしてみてください。

メンズおすすめ①GRENFELL トレンチコート

おすすめポイント

耐久性が非常に高いコットン100%の「グレンフェルクロス」は、防水性・防風性に優れた生地です。雨風の強い日のは、その機能性の高さを実感することでしょう。トレンチコート特有のディテールを用いながら、シャープなシルエットと着丈を短くすることで軽やかな印象もプラスされています。クラシックスタイルと、現代的なスリムシルエットを持ち合わせたトレンチコートです。

グレンフェルクロスは、着れば着るほど風合いを増していく生地なので一生愛用できるアイテムになります。トレンチコートを難易度が高いと敬遠していた方にも、是非おすすめしたいアイテムです。

口コミ

グレンフェルの正統派トレンチコートはいかがでしょう?本格的なデザインながら、細身で短めの丈なので、季節に関わらずお洒落に着こなす事ができますよ。引用:キテミヨ

 

メンズおすすめ②SaganStyle トレンチコート

おすすめポイント

全体の印象を引き締める、定番にして王道のブラック。裾が膝くらいまでの、ロング丈シングルトレンチコートになります。バックスタイルは、長めのインパーテッドプリーツで動きを妨げない裾広がりのデザインになっています。

トレンチコートの象徴であるディテールは保ちながら、遊び心のあるデザインなので普段使いやデートにもピッタリです。シルエットを美しく見せるために、少し細身の作りになっています。スーツに合わせたい方は、大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

口コミ

気軽に着れるコートが欲しくて購入しました。形が良いので着ていて気分がいいです。引用:Amazon

良いですね。寒さもなかなか防げます。かっこいいですし何も言うことは無いですね。引用:Amazon

 

メンズおすすめ③habille ロングトレンチコート

おすすめポイント

上質な生地感と、しっかりとした縫製なので値段の割りに安っぽい印象を与えません。膝上まである長めの丈感なので、エレガントな大人の男性を演出してくれます。タイトなスリムシルエットになっているので、1~2サイズ大きめを選ぶことをおすすめします。

型崩れしにくくシワもできにくいので、ビジネスシーンでも長く愛用でき就活生にもおすすめします。立ち襟にしてもおしゃれな大きめの襟元は、首裏を雨風から守ってくれるので天候が崩れてきても安心です。

口コミ

父への贈り物として購入しました。質が良く、気に入ってもらえました。引用:Amazon

ロングのトレンチコートがほしかったので見た目で購入、サイズ感や肩周りも余裕があり生地も丈夫なので得難い1品を手に入れられました。引用:Amazon

コーデしやすいトレンチコートをおしゃれに着こなそう

現代では、すっかり定番アイテムとなり世に浸透しているトレンチコート。もともとは軍服として活用されてきましたが、その機能美は時代に合わせて変化しながら人々を魅了し続けています。

男性なら一着は持っていると、その着回しの良さや完璧なフォルムに惚れ惚れすることでしょう。トレンチコートは、大人の男性の装いに必要不可欠なアイテムです。はじめから高級ブランドは敷居が高いという方は、アパレルショップでも豊富に取り揃えているのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、一生を共に過ごせるようなお気に入りの一着を見つけてください。

その他の参考記事はこちらから

http://www.tagliatore.com/collezione-ai-2017-18.html 秋冬のスーツ姿をシックに決めるノウハ...
1 バーバリーとはバーバリーの歴史と成り立ち http://jp.burberry.com/our-history/#/heritag...
アクアスキュータムネクタイ
アクアスキュータムと言えばトレンチコート、ハンフリーボガード、カサブランカという連想が成立するほど、男らしい老舗ブランドという印象が強いと思いま...