気温15度の日に最適な服装は?メンズおすすめコーデをご紹介!

引用:O-DAN

春や秋といった気温が15度になる日が多くなる季節の変わり目は、どんな服装にしたらいいのか悩みます。出かける前はちょうど良い温度の服装を選択していても、出かけた後に暑かったり寒かったりなんてこともしばしばあります。

そこで今回は、気温15度の日に最適な服装を、おすすめコーデとあわせてご紹介します!「最高気温15度」「最低気温15度」「平均気温15度」とそれぞれ3つに分けて解説もしていきますので、この記事を参考に、難しい気温15度の日でもおしゃれな服装で快適に過ごすために攻略をしていきましょう。

気温15の日の服装とは?

気温が15度になる時期は、季節の変わり目が多く、出かける前と出かけた後で気温に大きな差のある日があります。寒暖差が大きいので、出かけたら暑すぎたり、寒すぎたりと毎日の天気予報を確認してもコーデに悩む方が多くいます。

ここでは、そんな気温15度の日の服装はどのようにコーデすれば良いのかポイントををふまえて解説していきます。

気温15度になる時期

気温が15度になる時期とは、「まだ上着が必要で、少し寒いかな」と感じる2月から4月にかけての時期と、「少し寒くなってきて、上着が欲しいな」と感じる10月から11月あたりの時期に当てはまります。

しかし、気温15度と一括りにしても、「最高気温なのか?」「最低気温なのか?」「平均気温なのか?」または、朝なのか昼なのか時間帯でも意味合いが大きく違ってきます。季節の変わり目は、気温の変化や寒暖差も大きく、柔軟に調節できる服装が大切になってきます。

そんな気温15度のどんな服装にしたらいいか悩んでしまう時期は天気をこまめに確認しましょう。出かける時間と帰ってくる時間の気温を考慮した上で、必要に応じて服装を厚手にしたり、薄手になりやすいサッと羽織れるアウターを持ち歩くなど、必要に応じて温度調節ができると便利です。

気温15度の日の服装の基本はライトアウター

気温15度の日の服装は、ライトアウターが最適です。気温が15度前後が続く2月〜4月、10月〜11月の季節の変わり目は寒暖差が大きいため、気温の変化に応じて着脱で服装を変えられるアウターが活躍します。

1日通して気温が安定しない春秋定番のライトアウターといえば、コーチジャケットやモッズコート、ステンカラーコートやダウンコートをはじめとするナイロン生地のアウターが数多くあります。このライトアウターは、耐久性が強く、水を弾いてくれる特徴があるので、春秋の気温や天候が安定しない時期にはぴったりのアウターといえます。

気温15度の日のメンズの服装の選び方のコツ

気温15度のメンズの服装は、何を基準に考えればいいのでしょうか?冬用の厚手のコートを着て出かけても暑くて手に持ったり、逆に出かけた後に薄手過ぎて寒かったなんてことも多いですよね。

ここからは、気温15度の日の服装はどのように選べば失敗しないのかコツを解説していきます。

気温15度の日を3つに分けて考える

その日の天気予報を調べて「気温15度」とだけ見ても、出かけた後に暑くなったり寒くなったりと服装選びに失敗してしまう時はありませんか?気温15度と見た時は、その日が「最高」「最低」「平均」のどの気温に当てはまるのかを考えて服装を決めましょう。

平均気温が15度になっている場合は、1日の中でもそれほど気温の変化は少ないですが、「最高気温15度」や「最低気温15度」になっている場合は、1日の中でも気温が大きく変化します。「平均気温15度」になっている場合は、1日の中で温度差がそれほどないので、出かける時に1日ストレスなく過ごせそうな服装でも良いでしょう。

出かける時の気温だけを確認するのではなく、「最高」「最低」「平均」をしっかり確認したうえで、その日の最適な服装を選択することが大切になります。ここからは、3つの気温を分けて考えた時の服装を解説していきます。

最高気温が15度の場合の服装

最高気温が15度の場合は、日中は暖かく感じても、朝と夜に冷え込むことが多いのでアウターや重ね着は必須と言えます。

服装を選ぶコツは、「モッズコート」「トレンチコート」「チェスターコート」などの裏地のあるコートを選択したり、「レザージャケット」「コーチジャケット」「デニムジャケット」などの重ね着で温度を調節しやすいブルゾンを選択すると1日の温度の変化にも柔軟に対応することができます。

アウターは素材でも暖かさが変わってくるので、肌寒く感じる最高気温15度の時期はウール素材のものを選ぶなどをすると、着脱で気温の変化にも柔軟に対応することもできるのでおすすめです。

季節の風合いを楽しみながらおしゃれコーデを完成させやすいとして、メンズに人気を集めている「ダンガリーシャツ」。ぜひとも手に入れたい必須アイテムで...

平均気温が15度の場合の服装

平均気温が15度の場合は、1日の中でもそれほど大きな温度変化はありませんが、必要に応じて軽めのアウターがあると快適に過ごすことができます。

服装を選ぶコツは、サッと羽織ることができ、冬用のアウターほどの厚みのない「テーラードジャケット」「ステンカラーコート」を選択すると、1日の気温の変化が少ない気温15度の日でも快適に過ごすことができます。

また、ジャケットやコートは1枚羽織るだけでコーデの主役になってくれるのでかっこ良くきれい目にまとまります。

カジュアルテイストにコーデを組みたい場合は、「マウンテンパーカー」「厚手のパーカー」などでコーデを組んでもおしゃれにまとめることができるのでおすすめです。

最低気温が15度の場合の服装

最低気温が15度の場合は、朝や夕方から夜あたりは気温15度になるので、日中は比較的に暖かく、出かける時にアウターを着ていると暑いと感じる場合もあります。

服装を選ぶコツは、気温が上がっても過ごしやすい「パーカー」「シャツ」「長袖Tシャツ」を重ね着したり、気温に合わせて脱ぎ着ができる「カーディガン」を選択するのも良いでしょう。

日中は、まだまだ暖かいと感じる場合があるこの時期は、気温が上がっても快適に過ごせる服装を心がけましょう。

気温15度の日に最適なメンズおすすめコーデ【最高気温15度】

最高気温が15度の日に最適なメンズのおすすめコーデをご紹介していきます。日中は気温が上がり暖かさも感じるかもしれませんが、朝や夜などのちょうど出かけたり帰宅する時間帯は冷え込むこともあり、アウターなどの羽織りものが必須になります。最高気温が15度という点を押さえてコーデを見ていきましょう。

おすすめコーデ①ダウンコート

ダウンコートは、保温性に優れていて寒い日は定番のメンズアウターといえます。保温性に優れていて、暖かいとされているダウンコートの素材には、ダウン(羽毛)とフェザー(羽根)が使用されています。

ダウンとフェザーによって繊維の間に空気が含まれることで、熱が逃げるのを防いでくれるので、最高気温15度の寒くなる日でも暖かく着用することができます。最高気温が15度になる日は、日中に気温が高くても、朝と夕方から夜にかけて冷え込むので、防寒できるアウターとして適しています。

コーデに取り入れる際は、自分の体のサイズに合ったダウンコートを選ぶことがポイントです。もこもこ感が強くボリュームあるダウンコートは、サイズ感が合っていないと野暮ったい印象を与えてしまう場合があるので、すっきりとしたタイト目のシルエットを選ぶと、大人っぽくこなれ感のある着こなしになります。

おすすめコーデ②コーチジャケット

手軽に着脱することができるコーチジャケットは、秋の定番アイテムの1つとなっています。ストリートスタイルや最近流行になっているスポーツミックスとしてコーデにアクセントを加えてくれます。デザインもシンプルな物からロゴの入っている物まであり、カラーバリエーションも豊富なため様々なコーデに取り入れることができます。

また、どのボトムとも相性が良いので幅広く活躍してくれます。着こなし方は、あまりに大きすぎないサイズ感で、少しゆったりくらいのサイズを選ぶと、トレンドを掴んだこなれ感を演出すことができます。

コーチジャケットはナイロン素材で作られたものが多く、撥水性や形崩れしにくいといった特徴があるのですが、最高気温15度になる日は少し肌寒いと感じる時間帯もあります。インナーにパーカーやニットなど少し厚手のアイテムを取り入れて温度調節するのがおすすめです。

おすすめコーデ③ロング丈のモッズコート

着丈が長くボリューム感のあるモッズコートは、裏地やフードに付いているファーが特徴で、元々寒い地域での気温に対応するために作られたアイテムなので防寒性に優れています。ロング丈のモッズコートは、着脱のできるライナーが付属されているものが多く、気温の変化のある最高気温15度の日に活躍できるアイテムと言えます。

ライナーが付属されているモッズコートは、フードやファー、裏地などを用途によって取り外したりできるので気温に合わせて防寒ができ、様々な使い方ができるのが魅力です。コーデに取り入れる際は、1枚羽織るだけでも存在感があるので、細身のボトムと合わせてきれいなYラインのシルエットにするとスタイルをよく見せることができます。

気温15度の日に最適なメンズおすすめコーデ【平均気温15度】

平均気温が15度の日に最適なメンズのおすすめコーデをご紹介していきます。温度の変化がそれほど少ないので、出かける時に1日を通して暖かく過ごせる服装を心がけましょう。

暑くなったとしても、サッと羽織るだけで温度の調節をすぐにできるジャケットやジップタイプのパーカーなどが便利で活躍してくれます。平均気温が15度という点を押さえてコーデを見ていきましょう。

おすすめコーデ④ジャケットとセーター

平均気温が15度の日のコーデは、ジャケットとセーターが活躍します。その日の気温に変化があまりないと、1日を通して寒さを感じやすいので、ジャケットの素材にはウールを選ぶことでより暖かく、着脱で気温の変化に対応することができます。

また、ジャケットとセーターは、きれい目で大人の落ち着いた雰囲気を演出してくれる組み合わせなので、オフィスカジュアルやデートのシーンでも活用することができるのでおすすめです。

合わせるボトムは、少しカジュアルを加えたければデニム、きれい目で揃えたければスラックスやテーパードパンツなど、コーデ全体の組み合わせの幅も広がります。

おすすめコーデ⑤ダウンベストとスラックス

ダウンベストは、袖がないことが特徴的ですが防寒性に優れているので、平均気温15度であれば、暖かく動きやすいことが魅力です。キルティング加工によって保温効果があり、肌寒さを感じる気温15度の日でも活躍するアイテムです。

ダウンベストはカジュアルになりやすいので、ボトムできれい目の印象を与えてくれるスラックスを取り入れるとコーデのバランスが良くなり、よりおしゃれさを演出してくれます。

また、インナーでネルシャツなど色味のある洋服を取り入れると、ダウンベストから見えている袖の部分で色使いをすることもできるので、色使いを駆使して遊ぶこともできます。

寒い時期に活躍する防寒アイテム、インナーダウン。軽くて暖かいのが特徴で多くのブランドが商品展開していますが、中でもアウトドアブランドのインナーダ...

おすすめコーデ⑥ジップタイプのパーカー

ジップタイプのパーカーは、ジップにより前の開け閉めができるので、気温によって温度を調節しやすいのがポイントです。サッと羽織ることができ、着脱も楽にできるので普段使いをしたり、中に着ているTシャツで色味を見せたりと様々なシーンで活用することができます。

トレンドを掴んだ着こなしにしたければ、少しゆったりとしたサイズ感を選ぶと良いでしょう。ゆったりと着用することで、落ち着いた大人の雰囲気がプラスされます。

また、ゆとりのあるサイズ感は中に着ているTシャツがかさばることがなく着用でき、ボトムでデニムやスキニーなど細身のアイテムと合わせることで、きれいなYラインのシルエットを演出できるので、野暮ったく見えなくなりおすすめです。

おすすめコーデ⑦ミディアム丈のステンカラーコート

平均気温が15度の日には、コットンやナイロンの薄手のステンカラーコートが活躍します。着丈は、短すぎたりお尻が隠れるくらい長くなってしまっても野暮ったく見えてしまうので、ちょうどお尻が隠れるシルエットのミディアム丈のステンカラーコートがおすすめです。

ステンカラーコートは、顔周りにくる襟が高くなっていて存在感があることで、小顔に見せてくれるといった効果もあります。そして、シルエットがAラインになっているため、細身のボトムと合わせてコーデ全体をYラインのシルエットを作ることで、スタイリッシュできれいな大人のコーデに仕上げることができます。

気温15度の日に最適なメンズおすすめコーデ【最低気温15度】

ライトアウターを使用しない最低気温15度の日に最適なメンズおすすめコーデをご紹介していきます。日中の気温はある程度高くなることが考えられるので、羽織りもののカーディガンや、腕まくりでの温度調節ができる長袖Tシャツやパーカーなどが活躍します。最低気温が15度という点を押さえてコーデを見ていきましょう。

おすすめコーデ⑧ロング丈カーディガン

ロング丈カーディガンは、最低気温15度の日でも温度に合わせて羽織ることができるアイテムです。素材は保温性が高いウールがおすすめです。サッと羽織ることができ着脱が楽なので、1枚持っておくと春秋は様々なシーンで活用することができます。

シンプルなTシャツとデニムパンツ のカジュアルなコーデにも、ロング丈カーディガンを羽織るだけで落ち着いた雰囲気を演出してくれてコーデ全体が引き締まります。気温が高くなって暑く感じる時には、腕にかけたり手に持ってもライトアウターより邪魔にならずに簡単に温度調節できるのも大きな魅力です。

おすすめコーデ⑨スウェットパーカー

スウェット生地のパーカーは、吸水性や伸縮性に優れていて、Tシャツの上に1枚切るだけでも暖かく、最低気温15度の日におすすめアイテムです。

カラーバリエーションやデザインも豊富で、自分の好みに合わせてコーデを組むことができるので、使い勝手が良く、スポーツミックスとして活用したり部屋着やちょっとしたお出かけなど幅広く活躍してくれるのが魅力です。

最低気温15度の時期には、スウェットパーカー1枚でも十分暖かく、秋から冬にかけて気温が下がって寒くなってきてもアウターの下に着ることができるので、秋から春先まで長く使用することができます。

スウェットパーカーもジップパーカー同様に、少しゆったりめのサイズ感で着用することで、トレンドを押さえたおしゃれな着こなしをすることができます。

おすすめコーデ⑩長袖Tシャツ

少し肌寒いと感じる最低気温15度までは、長袖Tシャツもおすすめです。日中気温が上がっても腕まくりをして温度調節ができ、1枚でサラッときてもサマになるので様々なシーンで活躍します。

長袖Tシャツも冬の気温が下がってくる時期でも、インナーとしてアウターの下に着用することができるので、複数枚を色違いで持っておくとコーデに取り入れやすく着回しもできるので便利なアイテムです。

サイズ感は、アウターの下にインナーとして着用することも考えているのであれば、かさばったときの「もこもこ感」を防ぐためにタイトめのサイズがおすすめです。

かさばるのがあまり気にならず、アウターの下に着用したりロングTシャツ1枚だけの着用も考えているのであれば、トレンド感を意識したゆったりとした着こなしや、ビックシルエットを取り入れてもおしゃれにまとまります。

気温15度の日の服装におすすめのメンズアイテム

気温15度の日の服装におすすめのメンズアイテムを特徴と口コミを踏まえてご紹介していきます。

秋から春にかけて活躍してくれるアイテムなので、この時期のメンズコーデを組む際の参考にしてみてください。

おすすめメンズアイテム①ナノユニバース ステンカラーコート

アイテムの特徴

ナノユニバース ステンカラーコートは、希少性の高い「SUPER140′s」という極細糸を使用しており高級感のあるステンカラーコートです。シンプルなデザインで、色は合わせやすいグレーとなっているため、オンオフどちらでも幅広くコーデに取り入れることができるのも大きな魅力です。

素材には、保温性とストレッチ性の高いサーモライトが使用されているので、繊維の中に溜まった熱を逃さずに保温してくれるので、常に暖かく着ることができます。また、肌触りがよく着脱する時の窮屈感が少なく、コート特有の重さが少なく軽いのも特徴です。

シンプルなデザインの中に存在感のあるナットボタンが高級感を演出してくれて、1枚持っておくだけでカッコよく、大人の落ち着いた雰囲気を出すことができます。コートは、秋から春までの定番アウターなので、1枚は持っておくと長く活躍してくれます。

口コミと評判

素材に高級感があります。若干大きめですが、着ていると、女性にカッコいいと褒められます。引用:Amazon

サイズ、色かっこいいです。引用:Amazon

 

おすすめメンズアイテム②JIGGYS SHOP ニット セーター

アイテムの特徴

JIGGYS SHOP ニット セーターは、ローゲージに編み込まれた編地がボリューム感を出し、ふんわりとソフトな風合いになっています。ケーブルとプレートケーブル編みを組み合わせたニットパターンは、暖かく秋から春にかけて使用することができます。

また、カラーバリエーションやデザインも豊富で、ネックラインは、クルーネック、Vネック、タートルネックの3種類があります。

ニット1枚で着用するのはもちろん、アウターの下に着用したりと様々なシーンに合わせてご自分に合うニットを見つけることができます。袖口は、リブ仕様になっているため、コートやジャケットなどアウターの下にインナーとして着用しても袖口をすっきりと見せてくれます。

口コミと評判

この価格でこの品質!普段着にも全く支障なく着ることができ大変満足しています。引用:Amazon

毛玉が出来にくく、しっかり編んであるので、高級感があります。引用:Amazon

 

おすすめメンズアイテム③ザノースフェイス フード付きトレーナー

アイテムの特徴

ザノースフェイス フード付きトレーナーは、コットンをメインにした裏起毛の厚手スウェット地と素材にポリエステルを混紡してあることで、保温性に優れていて形崩れもしにくいといった特徴があります。

フードの部分にTHE NORTH FACEのロゴが入っていて、後ろからでもおしゃれに見えることがポイントです。カラーバリエーションも定番のグレーやブラック、季節感のあるイエローなど計5色あるので、自分の好みに合うカラーを選ぶことができます。

また、ジップタイプのトレーナーとなっているので、サッと羽織れて春秋に着回ししやすく、ジップを閉じた時にボリューム感の出る襟回りは、男らしさを引き立ててくれます。

着脱の快適さと、ジップの開け閉めで簡単に温度調節もできるので、ちょとした外出からアウトドアまで幅広く活用することができるのが魅力です。

口コミと評判

生地は厚めでアウターとして中にニットなどを着ると11月くらいまでは行けそうです。引用:Amazon

暖かさ、着心地は申し分ありません!引用:Amazon

 

おすすめメンズアイテム④Haomaomao 春秋 Tシャツ 長袖

アイテムの特徴

Haomaomao 春秋 Tシャツ 長袖は、ロゴの入ったデザインが特徴的で、1枚でもおしゃれに着こなすことができ、素材には綿とポリエステルが使用されているので、肌に触れても柔らかく着用することができます。

厚手になりすぎないちょうど良い素材感なので、ライトアウターや厚手アウターの下にインナーとして着用しても窮屈感を感じにくいです。また、インナーとして着用すると、ロゴのデザインがチラッと見えることからおしゃれ度もアップします。

カラーは、ホワイト、グレー、ブラックと3色あり、サイズは、最小Mから最大3XLまでご自分の体型に合ったサイズを見つけやすく、少しゆったりめを選択してトレンド感をプラスしたりと自分好みに幅広く着こなすことができるのでおすすめです。

口コミと評判

イメージ写真と同じです。そんなに暑くないですが、生地が柔らかく、春に着るのにはちょうど良いです。引用:Amazon

この価格で、このデザイン、買ってよかったです。引用:Amazon

 

気温15度の日の難しいコーデをおしゃれに攻略しよう

気温15度と言っても「最高」「最低」「平均」があり、それぞれの気温で選択するコーデが違うことが分かりました。

最高気温が15度の日は、朝夜で冷え込む可能性があるので出かける際は、「コート」や「ジャケット」などが羽織れるし、インナーで温度調節が可能なので適しています。最低気温15度の日は、日中で暖かくなる可能性があるので、楽に着脱できる「カーディガン」などが、便利で快適です。

平均気温が15度の日は、気温の変化が少ないので、1日通して快適な「長袖Tシャツ」や「スウェットパーカー」などが1枚でも着れるアイテムが活躍します。

それぞれの気温15度をしっかりと見極めて服装を決めることで暑すぎたり寒すぎるといった服装の選択ミスを減らすことができます。出かける日の1日の気温をしっかり把握して、気温15度の難しいコーデをおしゃれに攻略していきましょう!

その他の関連記事はこちらから

チェスターコートは、秋冬の定番アウターとして年齢問わず人気のあるアイテム。一昔前はフォーマルな印象が定着していたものの、今ではビジネスシーンのみ...
おしゃれな着こなしを可能とするミリタリージャケットは、メンズのファッションコーデに欠かせない存在です。そんな「ミリタリージャケット」は、どんなス...
メンズのおしゃれアイテムのひとつとなるサマージャケットは、様々な場面で大活躍してくれる優れもの。1着持っておくと、着回しできて便利なジャケットで...