記事作成日:

「M65フィールドジャケット」の人気アイテムと着こなしコーデをご紹介!

https://www.amazon.co.jp/

ミリタリーアイテムの代表格といえば、M-65フィールドジャケット。立ち襟デザインや細身のシルエットからは紳士的な雰囲気も垣間見え、きれいめスタイルにも程よくマッチします。今回はそんなM-65の歴史や特徴、着こなし術からおすすめアイテムまで一挙にご紹介していきます。

M65フィールドジャケットとは

ミリタリージャケットには戦闘機のパイロット用に開発されたフライトジャケットと、陸地での戦闘で着用されるフィールドジャケットがあります。ここでは野戦用として使用されたM-65フィールドジャケットの歴史やその魅力についてお伝えします。

M65フィールドジャケットにはどんな歴史がある?

M-65とは、1965年に誕生したことからこの名前が付けられています。1951年にアメリカ陸軍の軍用装備品として採用された、M-51フィールドジャケットの後継モデルであり、2008年まで40年以上もの間アメリカ軍の現用戦闘服として活躍しました

名のある名優たちも着用

数々の名俳優たちが映画のシーンで着用していたという背景もあります。例えば「タクシードライバー」のロバート・デ・ニーロ「ランボー」のシルベスター・スタローン「セルピコ」のアル・パチーノなど俳優陣の名前もかなり有名ですが、作品も名作ばかりです。

かつてアメリカ軍が着用していたということもあり、劇中でも「簡単には負けないタフな男性」というイメージの役柄で使用されているため、世の男性の間でさらに人気が高まったと言えるでしょう。

合わせやすいデザインも人気

現在では軍用に使用されていた時のデザインよりも、かなりファッショナブルに改良されており、比較的どのような着こなしにも合わせやすくなっています

細身でスタイリッシュなシルエットと、高い襟元、無地のカーキ色などといった特徴は、大人な男性を演出してくれるファッションアイテムとしても、幅広く人気があります。

M65フィールドジャケットの特徴

ではここで、M-65フィールドジャケットの特徴について詳しく解説していきます。オリジナルにこだわりたい方は、アメリカ軍が使用していた当時の構造が再現されている、以下のようなポイントに着目しながら選ぶと良いでしょう。

特徴①襟にはフードが内蔵

M-65の特徴と言えば、高めの立ち襟です。これはデザインだけでなく機能性も兼ね備えており、中にはフードが内蔵されています。この部分はたいていジップになっていて、開け閉めでフードを出したり収納したりできる仕組みです。

アメリカ軍が着用していた際に急な雨や風に対応できるよう備えられたもので、現在でも同様の役割を果たしてくれるため、屋外にいる時間が長い日でも安心でしょう。

特徴②アクションプリーツ

アクションプリーツとは、袖の後ろ側や背中の中央部などに設けられたヒダのような部分のことです。これを施すことによって、動作を楽にしたり可動域を広げることが可能となるため、戦闘用に作られたM-65にも付けられています。

特徴③収納力

M-65にはポケットが多数付けられています。これはミリタリージャケットの特徴でもあり、より多くのものを収納できるよう、チェスト部分とウエスト部分で左右両方に施されているアイテムがほとんどです。ポケットはフラップ付きのため、かがんだ時などに物を落としにくいという実用性も備えています。

ポケット自体も大きめでスマホやコインケース、タバコなどが全て収納できるため、男性の場合手ぶらで行動することもできるでしょう。

特徴④ドローストリング

ドローコードとも呼ばれるウエスト部分を絞れる紐が装備されています。これは、紐を締めることで体にフィットし、強風の際に服がバタバタしてしまったり、防寒対策としても役立ちます。

ファッションシーンでも、機能面だけでなくウエストにくびれのあるスタイリッシュなシルエットを演出できるため、きれいめなコーディネートで合わせる際などに、よりスマートに見せてくれます。

特徴⑤袖のフラップ

オリジナルを忠実に再現しているモデルに多く見られるのが、袖のフラップです。その多くは調節が片手で楽に行えるよう、マジックテープになっています。このフラップ部分を調整することによって、手の保護や袖口からの風の侵入を防ぐことが可能となるのです。

M65フィールドジャケットの選び方のポイント

続いて、M-65フィールドジャケットを選ぶ際のポイントについてお伝えしましょう。軍用のオリジナルモデルを意識した製品とあくまでもアパレルアイテムとして作られた製品ではデザインやサイズ感も異なるため、着こなしをイメージしながら選ぶことが大切です。

選び方①カラー

定番はやはりカーキ色、もしくはカーキをベースとしたカモフラ柄です。ミリタリーテイストを強く出したい場合はこのどちらかを選んでおけば間違いないでしょう。

しかし、きれいめやカジュアルなコーディネートに合わせたい場合は、ブラックやレザー素材のアイテムなどもおすすめです。いっきに雰囲気が変わりシックな印象となるため、春先や秋口のアウターとしても最適です。

選び方②サイズ感

オリジナルやレプリカモデルの場合、アメリカ軍のサイズを基準にして作られているものがほとんどなので、日本人の体型には大きめだと言えます。そのため、普段のサイズよりも1サイズ程度下げて選んでも良いでしょう。

ただしファッションアイテムとして作られているモデルは、そうではないことも多く、反対にスリムな作りのものもあるため、試着してジャストで着られるものをチョイスすることをおすすめします。

M65フィールドジャケットの着こなしコーデ例

ここで、M-65フィールドジャケットを合わせたおすすめのコーディネートをご紹介します。ミリタリージャケットでありながらも、カジュアルからきれいめ、フォーマルまで合わせられる万能アウターなので、ぜひ参考にしてみてください。

M65の着こなし①ドレススタイルとのコーデ

スーツスタイルとの相性は一見悪いように見えますが、襟元が高めで比較的細身のM-65を合わせることで、程よいワイルド感と抜け感を演出してくれます。デートシーンなどでも、フォーマルなきれいめコーディネートをしたいときにアウターとして合わせると、気張りすぎず好印象となるでしょう。

M65の着こなし②ジーンズと合わせたきれいめコーデ

スキニーデニムと白いロンT、レザーブーツというスタイリッシュなきれいめカジュアルに合わせる、定番コーデです。適度なゆとりを持ちつつもオーバーサイズになりすぎないM-65がアクセントとなり、全体のシルエットもスリムに見せてくれるでしょう。

M65の着こなし③ホワイト系にカーキのM65のコーデ

どうしてもタフで男くさい印象になりがちなミリタリージャケットは、ホワイトのパンツを合わせることによって、色気のあるきれいめ大人コーデへと一気に変化します。

革靴を合わせることで、さらにおしゃれでイタリアンテイストな着こなしになるため、ホワイトデニム=春夏というイメージがありますが、秋冬にもおすすめのコーディネートとなっています。

M65フィールドジャケットのおすすめ人気アイテム5選

ここからは、有名ミリタリーブランドを中心に、M-65フィールドジャケットのおすすめアイテムをご紹介します。シンプルで合わせやすいアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ①ALPHA INDUSTRIES M65

1959年にアメリカ軍に納入するフライトジャケットの製造からスタートしたアルファインダストリーズは、過酷な条件下で使用される軍用ジャケットを総計4千万着以上生産してきたという実績を持ちます。

このM-65もオリジナルを製造しているメーカーだからこそ作れる本格的な構造であり、米国流通モデルとなります。バランスよく配置された4つのフラップポケットは収納力抜群で、防風性だけでなくソリッドなイメージを与える前盾デザインが特徴です。

肩部分にあしらわれたエポレットもミリタリーらしさを感じるポイントとなっており、スタンドカラーにはフードが内蔵されています。カラーも4色展開と豊富なため、合わせるコーディネートに合わせて好みの色を選ぶと良いでしょう。

おすすめポイント

  • オリジナルに近いデザイン
  • 収納力抜群な4つのフラップポケット
  • ソリッドな前盾デザイン
  • スタンドカラーにフード内蔵
  • 4色のカラー展開

 

おすすめ②ROTHCO M65

1953年にアメリカで誕生したミリタリーブランド、ロスコのM-65です。アメリカ陸軍や海軍に製品を供給していることから、オリジナルに近く信頼のおける製品がラインナップされています。

特徴的なスタンドカラーにはフードが内蔵されており、内側は取り外し可能なキルティングライナーが付いているため、防寒・防風性が高く、冬でも活躍するジャケットとなっています。フラップポケットは4つで、大きめなので収納にも困りません。

袖口にはマジックテープが施されており、絞り具合を調整できるため、風の侵入もしっかりと防ぎます。カラーもカーキ・ブラック・カモフラがあるため、コーディネートによって異なる雰囲気を楽しむことができます。

おすすめポイント

  • スタンドカラーにフード内蔵
  • 取り外し可能なキルティングライナー付き
  • 収納力抜群な4つのフラップポケット
  • 袖口はマジックテープで調整可能

 

おすすめ③HOUSTON M65

1972年に誕生したヒューストンは、日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを生み出したことで有名となった、国内製ミリタリーブランドです。素材から全て自社で作るというこだわりがあり、その高品質な製品たちは、非常に高い評価を得ています。

この商品もオリジナルのM-65を忠実に再現した一着となっており、ボタンで着脱可能な実物復刻デザインのキルティングライナーも備えられています。ライナーは単体での着用も可能なため、幅広いシーズンで活躍するでしょう。

アゴ下まで来るスタンドカラーにはフードが内蔵してあり、フードはドローコードで調節可能です。両肩のエポレットや背面のアクションプリーツデザインなどもぬかりなく再現され、大きめのフラップポケットは収納力抜群です。

ウエスト部分にもドローコードが付いているため、きれいめな着こなしでスタイリッシュにまとめたいときは絞るのもおすすめです。カラー展開もシンプルなため、流行に左右されることなく長く愛用できるでしょう。

おすすめポイント

  • 国内製ミリタリージャケット
  • スタンドカラーにフード内蔵
  • 取り外し可能なキルティングライナー付き
  • 収納力抜群な4つのフラップポケット
  • フードとウエストにドローコード付き
  • 背面はアクションプリーツデザイン

 

おすすめ④AVIREX M65

[アヴィレックス] ブルゾン M-65 JACKET 6122081 メンズ

[アヴィレックス] ブルゾン M-65 JACKET 6122081 メンズ

27,280円(07/25 02:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

1975年創業のアメリカ発ミリタリーブランドであるアビレックスは、1987年に復刻版のA-2フライトジャケットをアメリカ空軍に納入したことで一躍有名となりました。ミリタリージャケット全般をラインナップしていますが、どれもオリジナルに近づけたデザインが特徴で、本格的なテイストを楽しむことができます。

このM-65もフード内蔵のスタンドカラー、4つのフラップポケット、袖口の調節可能なマジックテープ、背面のアクションプリーツデザインなど、オリジナルと同様の構造となっています。素材は綿100%で、ストーンウォッシュのユーズド加工が施されているため、ヴィンテージ調の生地感が魅力的です。

比較的細身なシルエットなので、どのようなコーディネートにも合わせやすく、肌寒い季節の羽織としても活躍するでしょう。胸元のブランドロゴは牛革のワッペンであしらわれており、アクセントとなっています。

おすすめポイント

  • スタンドカラーにフード内蔵
  • 収納力抜群な4つのフラップポケット
  • 背面はアクションプリーツデザイン
  • 袖口はマジックテープで調整可能
  • ユーズド加工でヴィンテージ感あり

 

おすすめ⑤ARUGE M-65

ファッションアイテムとしてアレンジされた、M-65ミリタリージャケットです。脇のラインがシェイプされた細身のデザインで、フラップポケットには大ぶりなボタンがあしらわれています。胸ポケットにはジッパーが施されており、ボタンを外さずにジッパー部分から内部にアクセス可能です。

ウエスト部分のポケットは縦・横どちらも使えるため、小物類やスマホ、コインケースなどを分けて収納することもできます。

M-65らしいフード内蔵のスタンドカラーや、肩のエポレットなどはオリジナルをベースにしているため健在であり、それに加えて腕ポケットや内ポケットなども備えられているため、実用性が高くなっているのが大変魅力的です。

スマートなシルエットと滑らかな質感が、きれいめなスタイルにもぴったりなので、幅広く着まわせるアイテムとなるでしょう。

おすすめポイント

  • M-65をベースにアレンジされたデザイン
  • サイドシェイプで細身シルエット
  • 大きめのボタンがアクセントとなったフラップポケット
  • 胸ポケットはジップから内部にアクセス可能
  • 実用性の高い計8つのポケット

今年の冬はM65フィールドジャケットをおしゃれに着こなそう

ゆったりとしたワイルドなデザインが多いミリタリーアイテムの中でも、比較的スタイリッシュなシルエットを特徴とするM-65フィールドジャケットは、ファッションジャンルや着こなしを選ばずに幅広く着まわせるアウターとして非常に人気があります。

暑すぎず寒すぎない生地感は肌寒い時期に最適であり、高い機能性も備えているため、1着持っておくと重宝するでしょう。上手に着こなして、ミリタリーミックスのコーディネートを楽しんでみてください。

その他の関連記事はこちらから