記事作成日:

40代おじさんっぽくない!おしゃれな メンズファッションブランドをご紹介!

広告

40代メンズのファッションとして、選ばれているブランドにはどんなものがイメージされるでしょうか?服装によって印象は大きく変わりますし、40代ともなれば大人の印象をしっかりと出す必要が出てきます。本記事では40代のおじさんぽさが出ないおすすめのファッションブランドとアイテムをご紹介します。

40代メンズにおすすめの人気ファッションブランド20選

若い世代でもそれなりの年齢になった世代でも、どんなファッションブランドを選択するのか、どんなコーディネートでまとめるのかによって印象は変わります。40代に人気のおすすめファッションブランドも様々あります。

40代メンズファッションブランド①ナノ・ユニバース

まず最初にご紹介するのは、ナノ・ユニバースになります。日本のファッションブランドで、主にメンズウェアを展開しています。このブランドは1996年に設立され、シンプルでベーシックなデザインにこだわりながらも洗練されたスタイルや上質な素材を取り入れています。

おすすめのアイテムは、ヘビーモックネックTシャツです。毎シーズンマイナーチェンジでアップデートする人気シリーズで、生地の表面に特別な加工を施すことで汗染みなどの生地の変色が目立ちにくい為、汗染みが目立って着れなかった色も気にせず着ることができます。

裏面に吸水加工を採用し、吸水と発散を促進する効果を施しています。 通常の天然繊維では味わうことが出来ない機能性と天然繊維ならではの風合いが特徴です。1枚でもジャケットのインナーにしてもおすすめのスタンダードで着回しやすいシルエットです。

 

40代メンズファッションブランド②トゥモローランド

続いては、トゥモローランドになります。日本を拠点とするファッションブランドで、1978年に設立されました。トゥモローランドは、シンプルで洗練されたデザインが特徴で、オリジナルアイテムの開発に余念がありません。

ニットメーカーを出自とするトゥモローランドのお家芸、定番のハイゲージ・ニットカーディガンです。繊維長の長いスーパーファイン・メリノウールを使用し、防縮・抗ピリング加工を施すことで上質な素材に毎日でも着られる耐久性をプラスしています。

シーズンを通して、秋の軽い羽織りから冬のインナーとして活躍します。さらにはもちろんスーツの中でも合わせられるオンオフ兼用可能な万能モデルです。ボルドー、グリーン、ネイビー、ブラックの4色展開です。

 

40代メンズファッションブランド③ポール・スミス

ポールスミスと言えば時計で知られているブランドとも言えるかもしれませんが、メンズウェア、ウィメンズウェア、アクセサリー、フットウェアなど、幅広いアイテムを展開しています。

ポール・スミスの人気のアイコン、ゼブラの刺繍をあしらったキャップをお勧めします。 やや浅めなシルエットがトレンド感のあるアイテムとなっています。

シンプルなデザインにポール・スミスらしいカラフルなゼブラがアクセントとなっており、何にでも合うとても使いやすいキャップと評価されているのでストリート感を演出したい40代の方などにもおすすめすることができるアイテムと言えるでしょう。

 

40代メンズファッションブランド④シップス

トレンドを取り入れつつもクラシックで上品なデザインに力を入れており、シンプルでありながらも質の高いアイテムを展開するのがシップスです。ファッション業界ではシップスは他の有名なブランドと一緒に取り扱われ、日本国内外で販売されています。

おすすめのアイテムはラッチパイルスタンドカーディガンです。定番人気アイテムがブラッシュアップして登場しており、大人らしい表情のパイルカーディガンに仕上がっています。

肌触りの良い綿100%のラッチパイル素材を使用したカーディガンは上品な印象の貝ボタンや織りで表現した繊細な柄等、大人らしい表情が演出されるとともにパイルの毛足を短くし、すっきりとしたシルエットにしています。

 

40代メンズファッションブランド⑤ブルックス ブラザーズ

ブルックスブラザーズは、アメリカントラッドを提案する老舗ブランドです。アメリカで最も古い継続しているアパレルメーカーとして知られており、ファッションの変遷や市場の変化に伴い若い世代向けのアイテムやデザインの更新も進められています。

ブルックスブラザーズからは、パフォーマンス加工を施した上質なスーピマコットン素材の半袖ポロシャツをお勧めします。超長綿であるスーピマコットンは、丈夫で、かつしなやかな繊維です。

般的なコットンよりも柔らかい肌触りで毛羽立ちにくく発色の良さが特徴であり、ストレッチ入りなので着心地も抜群、左胸の2トーンカラーのGFマークがアクセントになっておりカラフルなシーズンカラーを展開しています。

 

40代メンズファッションブランド⑥セオリー

セオリーはアメリカ合衆国のファッションブランドで、1997年に設立されました。モダンでミニマルなデザイン、シャープなカッティング、高品質な素材を使用したことで知られています。

スリムフィットパンツは、Theory自慢のアクティブナイロンジャージーを使用したアイテムです。縦、横、斜めに伸びる4WAYストレッチに加え通気性、速乾性、耐久性、UVカット、シワになりにくいなど多くの機能性を兼備しています。

ドローストリングを装備したプルオンタイプでウエストと裾の後ろのみをゴム仕様にしており、前からはスッキリ且つ後ろからはスポーティーな印象に仕上げられています。

 

40代メンズファッションブランド⑦ビームス

[ビームス] L/S TEE サーマルカットソー メンズ OATMEAL S

[ビームス] L/S TEE サーマルカットソー メンズ OATMEAL S

8,800円(02/29 19:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

ビームスも知られているファッションブランドの1つと言えるでしょう。オリジナルブランドも展開しており、アイテムは1つ1つがデザイン性が評価されているものでカジュアルから綺麗めのスタイルまでそろっています。

おすすめはサーマルカットソーTシャツです。飽きのこないベーシックなデザインとコットン100%の優しい肌触り、そして保温性の高さをサーマルカットソーならではの魅力として実現しています。

インナーとしてはもちろんのこと、Tシャツ感覚で一枚で着るのも推奨されており、着回しにピッタリの5色展開です。適度なコシもあって保温性にも優れるため、アウター使いして主役を張ってもインナー使いして脇役に徹することも出来ます。

 

40代メンズファッションブランド⑧ジョンスメドレー

ジョンスメドレーは1784年に創業し、ファッションの先端を行くイギリスならではのシンプルでクールなデザインが特徴のブランドとして展開しています。素材と製作工程にこだわりを持ち、肌触りと質感は英国王室にも認められるほど世界中で高く評価されています。

こちらもおすすめのアイテムはポロシャツです。イージーフィットで袖部分もボディー部もゆったりとしたシルエットが特徴的で、リブ付きポロカラーとクラシックタイプの昔ながらのポロシャツなので着る人を選びません。

シンプルだからこそどのようなコーディネートにも合わせやすいアイテムとなっており、パリッと決めたいビジネスシーンもカジュアルに楽しみたいプライベートシーンでもさらっと着られる一着です。

 

40代メンズファッションブランド⑨アーバンリサーチ

アーバンリサーチは、竹村幸造氏が1974年に創設したジーンズカジュアル店をルーツに持つブランドです。ダイニングやカフェなども展開し、ストリートとハイブランドの融合された魅力が特徴となっています。

アズマ裏毛タートルネックスウェットがおすすめのアイテムです。現存数の少ない希少なアズマ編機で編まれた柔らかく膨らみのある生地感が抜群の着用感のハイクオリティスウェットベストは、ジャパンメイドクオリティが誇る抜群の着心地を発揮します。

ややゆとりのあるシルエットでリラックス感のある1着となっており、同素材でクルーネックプルオーバー、スウェットベスト、スウェットパンツをオーダーしたスウェットパッケージで展開、セットアップスタイルもおすすめです。

 

40代メンズファッションブランド⑩A.P.C.

A.P.C. (アー・ペー・セー)は、1987年にフランスで創業したファッションブランドです。「シンプルでありながら、洗練されたデザイン」をコンセプトに持ち、モダンかつカジュアルなスタイルのアイテムを置く展開しています。

そんなアー・ペー・セーの半袖カットソーTシャツは、1枚でトップスとしても、ジャケットなどを羽織ってインナーとしても自由にコーディネートできるアイテムです。

胸元のワンポイントロゴで上品にまとめたデザインで、スマートな半袖クルーネックシルエットが着回しやすさの秘訣です。初夏から秋の初め辺りまで長い季節使い続けられる1枚と言えます。

 

40代メンズファッションブランド⑪ドゥークラッセ

2007年に国内で発祥したのがドゥークラッセです。大人向けのエレガントさ、上品さをイメージしたアイテムが展開されており、価格帯についても高すぎることなく安すぎる事も無い値段です。

ステッチレス中綿ブルゾンは、風や雨に強くかつ動きやすい設計のアウターとしておすすめできるアイテムです。特殊な二重織りで筒状にした生地を使用しているため、中綿を入れるためのステッチがなくステッチの隙間から風が入りません。

冬場も中は暖かい空気をキープすることができ、撥水性を備えストレッチ性も兼備しています。また、体の動きに合わせた立体的なシルエットと、腕の可動域が広いマチ付きの袖で革新的な動きやすさを実現しています。

 

40代メンズファッションブランド⑫バーバリー

バーバリーと言えば、国内だけではなく世界的にも知られている英国発祥のラグジュアリーブランドです。バーバリー・チェックは一目でブランドと見分けることが出い、派手さはありませんが堅実さのあるスタイリングです。

そんなバーバリーからはプルオーバーパーカーをお勧めします。ゆったりとしたサイズ感故にぴったり着る場合にはワンサイズ下が推奨されていますが、オーバーシルエットスタイルで着たい場合にもマッチすることでしょう。

 

40代メンズファッションブランド⑬green label relaxing

Green Label Relaxingは、ユナイテッドアローズ株式会社が展開する日本のファッションブランドです。ナチュラルで落ち着いた服が多く、40代など大人の男性が休日に着るのに違和感がないアイテムを多数展開しています。

ダブルフェイスイージーカーディガンは、デザイン襟とボタンを省いたミニマルデザインのカーディガンです。ドロップショルダーで、ややゆったりめのシルエットで演出されます。

素材程よいハリ感があるフラットな生地を使用しており、裏側が配色になっているのもポイントです。コーディネートTシャツや襟付きシャツなどの上から、気軽に羽織って使うことのできる汎用性の高いアイテムと言えます。

 

40代メンズファッションブランド⑭コーエン

コーエンは、アメカジをベースにしているファッションブランドの1つです。「気軽におしゃれを楽しもう」をコンセプトに据えており、定番物からトレンドまで幅広くそろえている選択肢の豊富さがあります。

ビッグシルエットシャギーニットカーディガンは、毛足のやや長いシャギーニットを使用したカーディガンです。身幅やアームホールにゆとりをもたせ、リラックス感のあるルーズシルエットです。

洗練されたシンプルな無地デザインに、ライトブルーの配色が目をひくFOXワッペンがアクセントになっています。Tシャツの上から羽織るだけでトレンドスタイルが様になり、カーゴパンツやワイドデニム、ワイドパンツとの合わせがおすすめです。

 

40代メンズファッションブランド⑮Acne Studios

アクネストゥディオズは、1996年にスウェーデンで設立されたブランドです。ウェア以外にもマガジンや家具等も取り扱っており、シンプルさを追求したカジュアルで着回しがしやすいアイテムがそろっています。

2000年、2005年、2008年、2012年と続けてスウェーデンでも権威のあるSWEDISH ELLE AWARDを受賞、2012年には英国のエル・スタイル・アワードでコンテンポラリー・ブランド賞を受賞するなど世界中が注目するブランドへと成長を遂げています。

おすすめの裏起毛プルオーバーパーカーはワンポイントのロゴをあしらったシンプルスタイルのアイテムとなっており、デニムやチノパンなどなんでも合わせやすいデザインです。

 

40代メンズファッションブランド⑯無印良品

生活雑貨全般を取り扱っている無印良品のファッションアイテムもおすすめすることができます。シンプルでありながら着回しがしやすい計算されたデザインであり、どこでも誰でも快適に着られます。

デザイナーを務めているのは尾花大輔氏で、日本を代表する人物でありN. Hollywoodなどを手掛けていることでも知られている辺り、デザインへの信頼性は高いものと言えます。

おすすめは洗えるウールハイゲージVネックカーディガンです。洗濯機で洗えるよう、防縮加工を施されている薄手のカーディガンとして展開されており、軽い着心地でオンオフどちらでも着られるでしょう。

 

40代メンズファッションブランド⑰アヴィレックス

アメリカのミリタリーウェアブランドとして知られているアヴィレックスも40代におすすめのブランドの1つです。ワークやトラッド、ミリタリーなどの要素を織り交ぜたデザインは若者を中心に広く支持されています。

シンプルなTシャツは毎日無造作に着るものであり、だからこそ生半可なものでは役に立たないと考え毎日着ることを考えられて作られたタフなウェアとして展開しています。

AILY WEARの綿はアップランド綿を使用しています。繊維強度に優れているので高級ニットなどに使用されている素材で、繊維の先端が丸みを帯びており柔らかく肌触りが良好なので快適な着心地が得られます。

 

40代メンズファッションブランド⑱ラコステ

ワニのワンポイントロゴが有名なラコステです。プロのテニス選手であるルネ・ラコステが設立者であり、80年もの年月が経った今でも世界中で基本デザインを変えないままに男女問わず使われています

ヘリテージワッペンスウェットフーディーは、トレンド感のあるリラックスフィットシルエットです。吸水性の高い裏毛スウェット生地に、スタジアムブルゾンを彷彿とさせるビッグサイズのシェニールワッペンが特徴的です。

 

40代メンズファッションブランド⑲ポール・スチュアート

アメリカの紳士服専門店を起源に持つ、ポールスチュアートです。「提案するのはトレンドではなく、スタイリング」をコンセプトに掲げており、フォーマルな物からカジュアル寄りのお洒落なアイテムを展開しています。

おすすめするのは衣類ではなくベルトになります。イタリアのファクトリーへ別注したメッシュはストレッチ性がありフィット感抜群に設計されていて、レーヨンの光沢感が綺麗でカジュアルでありながらエレガントなイメージを演出してくれます。

 

40代メンズファッションブランド⑳ラルフローレン

最後は、ラルフローレンをご紹介しましょう。ニューヨークのデザイナーであるラルフ・ローレンが、1967年にネクタイ店として「ポロ」という店舗を出店したことから始まったブランドです。

気軽に着ることができるポロシャツも簡単に着続けられる品質の高さを持っており、高級なイメージこそ先行しがちですが古着も多く、若いせい代からの指示も多く集めています。

おすすめのポロシャツは、胸の大きなビッグポニー刺繍と袖のナンバー刺繍が特徴的なアイテムです。通気・吸水性に優れたコットン素材で快適に着続けられます。

 

40代メンズファッションアイテムの選び方

この様に、世界的に知られているブランドをはじめとして40台におすすめのファッションブランドは多数存在しています。アイテムもその分豊富にある中で、迷ってしまう事の方が多いかと思われます。

カジュアルよりキレイめなアイテム

まず1つ目の選び方のポイントとして、カジュアルさよりも綺麗さを重視したアイテムが推奨されています。綺麗なファッションアイテムは、大人らしさや洗練された雰囲気を引き出すことができます。シャープで整った印象を与えることで、信頼感やリーダーシップをアピールできます。

アイテムの具体的な名前としては、トップスにジャケット、ボトムにテーパードパンツ、靴にはローファーまたは革靴といったように多少フォーマルよりなものが挙げられます。

ラフなパーカーなどのアイテムは着こなしが楽になる分、どうしても子供っぽさが出てしまいます。大人な印象を出したいのであれば堅くなりすぎない程度のアイテムがおすすめです。

落ち着いた色合いを取り入れる

続いては色合いに関する話で、落ち着いたカラーを選択するのが良いとされています。落ち着いた色合いの服は、大人の魅力と落ち着きを演出します。派手な色や過剰なデザインよりも、シンプルで上品な色合いは信頼感を与えます。

無地の他、黒・白・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキなどのベーシックカラーと呼ばれている色をチョイスしておけばまず外すといった事はないと思われます。

逆に色が多い服はカジュアルで子供っぽさが出てしまうので、40代の大人にとっては向いていないといえます。落ち着いた色は一般にトレンドに左右されにくく、長く愛用できるでしょう。

適度なフィット感のあるサイズ

適度なフィット感も忘れないようにしましょう。サイズが大きめなアイテムはだぼっとした印象になり、そうした着こなしが無いわけではないですがだらしない見た目になってしまいやすいのです。

若い世代であるならばまだしも、40代がやるとどうしてもだらしなさの方が前面に出てしまいますので、自分の体形に合ったアイテムを選択するのが重要になってきます。

細身なシルエットをそのまま出すだけでも、スタイリッシュな印象でまとめることができます。若い世代以上に自分の体のサイズに合っているかどうかが、重要になってくるのです。

柄物を使うときはバランスを考える

そしてもう1つ、柄物はあまり推奨されていません。これもだぼっとしたサイズやカラーリングなどと同じで、柄が多いアイテムはどちらかと言えば若者向けで子供っぽく見えるものが多くなっています。

これを40代が着ると、年齢とは不相応な見た目になってしまうのです。また、柄だと主張が強い分見た目やカラーリングのバランスなどが崩れてしまい、見た目にも忙しいものになる可能性が高いです。

もちろん柄物を使ってはいけないという制約はありませんが、もし使う場合にはパンツを無地のものにするなど全体的なカラーリングなどのバランスを考えてチョイスするようにしましょう。

40代メンズのおしゃれなファッションコーデ【季節別】

この様に、40代という大人の年代になっているからこそ、ファッションアイテムもそれなりに選択を気を付ける必要があるわけです。最後に、お洒落なファッションコーデ例を季節別にご紹介します。

春コーデ:セットアップ×ボーダーシャツ

まずは春のコーデ例からで、セットアップにボーダーシャツを合わせたスタイリングになります。手軽にお洒落に見せられるセットアップは1つあると便利ですし、ノーカラージャケットやトップがシャツだとお洒落感をプラスできます。

夏コーデ:ライトグレーポロシャツ×黒テーパードパンツ

暑くなってくる夏場の時期には、ポロシャツにテーパードパンツの組み合わせです。ライトグレーポロシャツは大人の落ち着きを演出するカラーリングとアイテムであり、黒のテーパードによってビジネスでも違和感のないシックなコーデになります。

秋コーデ:ジャケット+黒パンツ

涼しくなってくる秋には、ジャケットと黒のパンツです。気温差がありますので脱ぎ気がしやすいジャケットをアウターとして羽織り、インナーを調整することで寒暖差がある日にも対応できるでしょう。

冬コーデ:チェスターコート×タートルネックニット

寒い冬にはチェスターコートとタートルネックニットを合わせてみましょう。コートは着るだけでもお洒落に見せてくれますので冬の定番ですし、首元まであるタートルネックニットは防寒対策としてもピッタリです。

40代になってもおしゃれを楽しもう!

大人の落ち着きを演出することが必要になってくるのが40代ですが、かといってお洒落を演出することができないわけではありません。アイテムも様々ありますので、是非コーデに気を遣ってみてください。

その他の関連記事はこちらから