記事作成日:

カップルの倦怠期はいつくる?倦怠期がきた時の乗り越え方を徹底解説!

https://www.pinterest.jp/

恋人同士になりたての頃は、彼氏や彼女と会うたびに楽しくて仕方がなかった日々を懐かしく思うことがあるなど、知らず知らずのうちに「倦怠期」を実感しているカップルも少なくありません。倦怠期に陥ってしまいたいなどとはお互い思っていないのに、なぜかそうなってしまうには何か原因があるのかもしれません。今回は、カップルの倦怠期の原因や特徴、乗り越え方まで徹底解説していきます。

カップルの倦怠期の原因

ここからは、仲睦まじい恋人同士だったはずなのに、倦怠期が訪れてしまったというカップルにありがちな倦怠期の原因について詳しくみていきます。いったい何が原因となるのか探ってみましょう。

相手にドキドキ感が薄れてしまう⁈

「倦怠期かも…?」と感じる原因には、彼氏や彼女に対して「飽きてしまった」こと、また「いつも同じで慣れ親しんでしまった」ということが主な原因だと考えられています。つまり、相手に対してお互いがドキドキした「好き」という気持ちが薄れている状態を指します。

これと言って決定的な原因はないとお互い感じているかもしれませんが、やはりいつもと同じ時間、空間で過ごしていると、刺激がないために新鮮さを失い、相手の嫌な部分に過敏になってしまうのです。

このまま倦怠期を乗り越えられずに過ごしてしまうと、いずれ別れがやってきてしまうカップルも少なくありません。

いつも隣にいることに違和感を覚えるなど、共に同じ時間を過ごすことを敬遠してしまうこともあるでしょう。このようなことが原因で倦怠期を迎えてしまうカップルが多いことがわかります。

カップルの倦怠期はいつ訪れる?

では、この「倦怠期」は付き合ってからどれくらいの期間で訪れるものなのでしょうか?現在付き合っている彼氏や彼女がいるというカップルは、自分たちが倦怠期かもしれないと感じる場面があるかもしれません。その時期を以下に詳しくみていきましょう。

恋愛の冷め期や期間

自分と相手の価値観の違いを感じるのが付き合い始めてから3ヵ月を迎える頃だと言われています。この時期は、最も倦怠期を迎える頃だと言われています。これは、お互いの性格や気持ちが自分とは相違することに違和感を覚え、居心地の悪さを実感するためです。

その次は付き合い始めて6ヵ月頃になると些細なことがきっかけてケンカが増え、お互いのウマが合わなくなり、お互い譲り合う気持ちがない場合は別れを迎えることが多くなるでしょう。

そして1年穏便に過ごせたら、このくらいからとても穏やかでお互いを尊重し合える関係性を築くことができるようになっています。そのため、落ち着いて楽しく過ごせる時期だと言えるでしょう。

その後、3~4年と長く付き合っていくと、最も倦怠期を実感しやすくなります。どうしても様々なことがマンネリ化してしまい、相手に対する気持ちが「好き」という恋愛感情であるかもわからなくなってしまうのです。

そして不安感を抱いたり、結婚するのかしないのか、これだけ長い年数が経過すると自分の一生を考えるようになり、「本当にこのままでいいのか」など、自問自答し、倦怠期を迎えることになるでしょう。改めて、お互いの存在価値を考え直す時期だと言えるでしょう。

恋愛の倦怠期の特徴(症状)

それではここからは、恋愛の倦怠期の特徴について以下に5つご紹介します。いったいどのような症状がみられるのか詳しくみていきましょう。

倦怠期の特徴①会話が減る

長く付き合っていくと、過ごし方もワンパターン化してしまい、会話も弾まなくなるのは多くのカップルが経験されていることでしょう。そのため、話題が少なくなり、必然的に会話も減る傾向です。

お互いのことを知り尽くしてしまったためにあえて会話がなくても苦痛に感じなくなってしまっているかもしれません。これも倦怠期の特徴だと言えるでしょう。

倦怠期の特徴②マンネリ化デートに飽きてくる

付き合って数ヵ月、数年と経過していくうちに、デートスポットもあらゆるところへ足を運んだことでしょう。長く付き合えば付き合うほど、デートの距離も近場になり、その後、マンネリ化したデートプランに飽きが生じてしまうでしょう。

これはドキドキ感もなくなり、楽しさを感じられなくなったことで起こると言われています。そして相手に対してあまり興味を示さなくなってしまうでしょう。

倦怠期の特徴③身だしなみに気を遣わなくなり

付き合いたての頃は、デートの度に「今日は何着て行こうかな」など、ワクワクした気持ちでコーディネートを楽しんでいたはずが、年数が経過するうちにおしゃれにも関心がなくなり、自分の身だしなみにあまり気を遣わなくなってしまうのも倦怠期の特徴だと言えます。

さらに、メイクもせずにすっぴんでお出かけしてしまうこともあるでしょう。このような状況はれっきとした倦怠期を迎えている証拠です。

倦怠期の特徴④情で付き合っているのかと思ってしまう

本当はとても大好きな気持ちがあるにも関わらず、長年付き合っていくうちにあらゆることに対して新鮮さを失ってしまっている状況の中では、彼氏や彼女のことを本心で「好き」であるかが自分でもわからなくなってしまうのです。

その結果、単に長く付き合ってきたという「情」だけで付き合っているのかもしれないと思い込んでしまうのです。このような思いを抱いたら、明らかに倦怠期に突入していると言えるでしょう。

倦怠期の特徴⑤相手にイライラする

自分が好きになった人なので、他の男性、女性よりも長けた一面を持っていると信じて付き合ってきたも、やはりお互い人間です。完璧なところは誰も持っていません。そのため、嫌な一面が目に留まることもあるでしょう。

その嫌な部分がどうしても許せなくなるのは倦怠期である証拠です。相手に対してイライラした気持ちが先走り、心の中では「もう別れてもいいかも」などと思っているかもしれません。

恋愛の倦怠期を乗り越える方法とは

倦怠期はできれば穏便に乗り越えていきたいものです。これまで長く付き合って来れたのも、やはりお互いの価値観が合い、好きという気持ちを持っていたからです。

ここで改めて倦怠期を見逃すことなくお互いの気持ちを尊重しながら乗り越えていくための最善の方法を5つご紹介します。自分の気持ちだけではなく、相手の気持ちにも配慮することができるよう、以下の方法を実践し、倦怠期を乗り越えていきましょう。

乗り越える方法①ありがとうとごめんねを伝える

どんな些細なことでも、「ありがとう」「ごめんね」という気持ちを必ず言葉にして伝えていきましょう。こうすることで相手も快く感じ、お互いの大切さを改めて実感することができます。

難しいことではなく、常に日頃から彼氏や彼女にとらわれることなく、どのようなことに対しても感謝の気持ちを持って過ごすことが大切です。

乗り越える方法②お互いの気持ちを確認する

元を正せば、お互いが「好き」という気持ちを持って付き合い始めています。その歯車が少しずれてしまっただけであり、軌道修正を行えば、必ず新たな気持ちを持つことができるようになります。

そのため、彼氏や彼女が感じること、また、お互いがどのようなことを思っているか、その気持ちを大切に、思いを確認し合うことが大切です。

乗り越える方法③愛情を態度に表す

長年付き合っていくと、付き合いたての頃のような愛情表現ができなくなるカップルは多いと言われています。しかし、それをあえて自ら行ってみてください。

本当に相手に「好き」という気持ちを持っていれば、自然な形で愛情を態度に表すことができるはずです。ぜひチャレンジしてみましょう。

乗り越える方法④素直になる

付き合ってからあらゆるシチュエーションを経験してきたからこそ、お互いがずる賢くなってしまっている部分は多々あることでしょう。しかし、ここで改めて相手に対して素直に接する気持ちを持ってみてください。

そうすることでお互いの気持ちを見つめ直すことができ、新しい気持ちで接していくことができるようになります。あえて素直になる自分を思い出し、実践してみてください。

乗り越える方法⑤距離をおく

お互いの気持ちが交錯している状況の中では、なかなか相手の大切さを実感しにくくなっています。この状況が長く続くのはあまり良いとは言えません。いずれ別れが訪れてしまう可能性が高いため、いったん、お互い距離を置いて過ごしてみましょう。

距離を置くことで相手への気持ちを再確認することができるようになります。そうすると改めてうまく付き合っていけるようになるでしょう。

別れてしまわないように倦怠期を乗り越えよう

カップルとして長く付き合っていくと、多くの方が経験する「倦怠期」を迎えることになります。この倦怠期になる原因や、うまく乗り越えていくための最善の方法を詳しくみていきました。

まさに自分たちが倦怠期を迎えているかもしれないというカップルは、ぜひこの記事を参考に、お互いの思いを尊重しながらも、適切な方法で倦怠期を乗り越えていきましょう。

その他の関連記事はこちらから