記事更新日:

頭皮の汗をどうにかしたい!原因から抑える方法まで徹底解説!

キャンペーンバナー

汗をかきやすい体質なのか頭皮がよく汗で濡れている、汗をかいたあとの頭皮のにおいが気になるなど、頭皮の汗に不快感を覚える方も多いはずです。頭皮の汗に悩む方、なぜ汗が出るのか、その原因や頭皮の汗を抑える方法をご紹介します。悩みを軽減させるために参考にしてみてください。

汗の種類と特徴

汗にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在します。この2つの大きな違いは強いにおいがするか、しないかという部分です。エクリン腺は全身に分布しており、ほとんどにおいを感じない汗です。その理由はほぼ水で構成された汗のため、強いにおいを放ちません。

それに加えアポクリン腺は、汗特有のにおいを放ちます。いわゆる「汗くさい」と感じるのはアポクリン腺から出る汗です。たんぱく質やミネラルを含んだ汗が、皮膚の表面にある細菌に分解されることが原因でにおいが強くなります。

【頭皮の悩みに】プレミアムブラックシャンプー

公式HPを詳しく見る

 

こんな人におススメ!

  • 30代になり、髪質や抜け毛が20代の時とは変わってきたと感じている方。
  • 日々仕事とプライベートに忙しく、頭皮ケアに十分な時間を当てられない方。
  • シャンプーを変えた方が良いかな、何をどう選べば良いか分からない方。

香り・匂いの特徴

爽やかなシトラスの香り

販売店

Amazon、楽天、公式サイトなど

価格

参考価格 ¥5184(税込)

プレミアムブラックシャンプーは、髪の成長を促すために、頭皮環境を整えることに注目した商品です。

また、洗髪とヘアトニック、トリートメントが一度にできる為、これ一本でトリートメント・リンスが不要になります。

1日あたり46円という経済的な設計ながら、頭皮の保湿を通じて髪の育成に貢献する為、楽天・アマゾンでは最も売れているメンズシャンプーになっています。

全体を通じて5%程度の悪い口コミはありますが、今特に勢いのあるメンズシャンプーと言える為、一度お試し頂くのも良いかと思われます。

公式サイトを詳しく見る

 

評判・口コミ

まだ1回しか使っていませんがシャンプーすると時はワンプッシュで充分泡だち頭皮かスーとして痒みが少なくなり気持ちいいです、翌朝枕カバーを見ましたがほとんどフケが見られませんでした、暫く続けたいと思います、フケや痒みのある方にはおすすめです!(引用元:Amazon

このプレミアムブラックシャンプーは、泡立ちが良くてやさしい洗い心地ながら、余分なアブラ汚れは落としてくれて、いい感じです!根元からふんわりとして感激しています。(引用元:Amazon

カシカリラボ副編集長 松原
私は毎日利用していますが、値段は安くありません。ですが30代になると安い市販のシャンプーでは心もとなくなってくるのでアミノ酸系シャンプーをいくつか買いました。その上で、費用対効果で言えば一番納得感のあるアイテムでした

プレミアムブラックシャンプーの体験記事はこちら

 

頭皮からなぜ汗が出る?

一般的によく汗をかく箇所はワキですが、人によっては関節や足の裏など体の至る部分で汗をかきます。頭皮の汗に悩む方は、なぜ頭皮から汗が出るのかという仕組みや原因についてまずは知っておきましょう。

頭皮から汗が出る仕組み

頭皮には体と同じように汗腺があるため、汗をかくのも当然のことです。頭皮の汗腺はエクリン腺なので、汗そのものはにおいを感じず、色も透明です。

しかしエクリン腺から出た汗でもそのまま放置してしまうと、雑菌が増えやすい頭皮環境になってしまいます。これによって雑菌が頭皮の皮脂を分解し、嫌なにおいを放ってしまうのです。

頭皮から汗が出る原因

汗が出る原因はさまざまです。まず1つは温熱性発汗と言って、暑い日や日光の下で運動をすると体が体温を下げようとして汗をかきます。人によって汗をかく量は違いますが、激しい運動で1リットル以上の汗をかくこともあり、これは体温の上昇を防ぐ効果があると言われています。

2つ目は味覚性発汗と言い、辛い食べ物を食べたときの味覚の刺激によって出る汗のことです。味覚性発汗は一時的な汗で、食事を終えると引く傾向にあります。辛い食べ物を食べて、鼻や額などに汗をかいた経験はあるのではないでしょうか。

3つ目は精神性発汗です。これは精神的な刺激、いわば緊張して出る汗のことを意味します。上の2つに比べて精神性発汗はにおいが強いです。緊張したとき、手のひらにじわっと汗がにじんだり、額に汗をかいたりしたことがあるでしょう。

基本的にはこの3つが汗が出る原因と言えます。頭皮に限ったことではありませんが、原因を理解しておくと汗をかきやすいタイミングが分かるでしょう。

頭皮から汗を抑える方法

特ににおいの強い汗なら、できるだけ汗をかくのを控えたいでしょう。頭皮の汗はにおいが強くないとは言っても、雑菌の繁殖によって時間が経てば嫌なにおいがしてしまいます。汗を抑える方法として以下の5つを試してみてください。

汗を抑える方法①リンパ節を冷やす

リンパ節を冷やし、体をクールダウンさせる方法です。暑い日に活用できるため、ぜひ覚えておきましょう。主に冷やすリンパ節は首のうしろ、ワキ、鎖骨の下、太ももの付け根、ヒザ裏です。

この部分を冷やすことで、体中を巡っているリンパ液と血液をクールダウンするため、体全体の体温が低下し、それに伴い汗も引いていきます。

冷えたペットボトルの飲み物やタオルを水で濡らすなど、身近なもので簡単にできるのでおすすめです。火照った体に冷たさが気持ちいいだけでなく、全身がすっきりする感覚です。人目が気になる場所で行う場合は、首の後ろだけでも効果が期待できるでしょう。

汗を抑える方法②ツボを押す

緊張で汗が止まらないときにすぐ試せる方法はツボを押すことです。効果には個人差がありますが、覚えておくといざというときに便利です。ツボは3つあります。1つは大包(だいほう)と呼ばれるワキから下に向かって真ん中あたりにあるツボです。

ワキから下に向かい、6番目のろっ骨の下にくぼみがあるため、そこを押します。顔やワキから出る汗に効果的として有名です。2つ目は極泉(きょくせん)と呼ばれる、くぼんでいるワキの真ん中の部分です。3つ目は鎖骨と乳首の真ん中あたりに位置するツボで屋翳(おくえい)と呼ばれています。

汗を抑えたいときのシチュエーションや場の雰囲気に合わせて、試してみてください。大包は周囲にバレることなく試しやすいツボ押しです。

汗を抑える方法③半側発汗を利用する

舞妓さんなどの芸者が実際に使っているという汗を抑える方法です。半側発汗とは上半身を圧迫することで下半身の皮膚の温度が上がるため、上半身から出る汗を抑えることができます。これは体の条件反射を利用した方法です。

今では半側発汗ができる帯やベルトなども販売されています。緊張で汗が出やすい体質の方で、どうしても汗が出るのを抑えたいときは使ってみると良いでしょう。ただ上半身を圧迫するため長時間の利用は注意が必要です。

汗を抑える方法④食事に気をつける

この方法は味覚性発汗に対しての汗を抑える方法です。当たり前のことかもしれませんが、味覚性発汗の原因になる食べ物に気をつけてください。

主に刺激のある食べ物ですが、例えばキムチや唐辛子の効いたラーメン、麻婆豆腐やカレーなどが挙げられます。異性との食事や目上の方との食事において、汗をかきたくないと注意したいときは、これらの食事に気をつけましょう。

汗を抑える方法⑤腹式呼吸する

実は呼吸を意識するだけでも汗を抑えるのには効果的と言われています。腹式呼吸とは、鼻から大きく息を吸い、鼻から息を吐く呼吸法です。お腹がしっかりとふくらむことを意識しながら行います。リラックス効果があるとして有名な呼吸法ですが、このリラックス効果が汗を抑えてくれるのです。

腹式呼吸によって交感神経が整い、ストレスの軽減につながります。さらにゆっくり深い呼吸は副交感神経が優位になり、交感神経の働きを抑えます。これらのことが汗を抑えることにつながり、尚且つ気分もすっきりするのでおすすめです。

汗が原因で頭皮に起こるトラブル

頭皮の汗をそのまま放置しておくと、さまざまなトラブルを引き起こします。頭皮の汗をあまり気にしたことがない方でも、頭皮トラブルの原因は気付かないうちにかいている汗かもしれません。頭皮の不快感はストレスの元です。しっかりトラブルを把握し、対処できるようにしましょう。

汗による頭皮トラブル①かゆみ

頭皮の汗はかゆみを引き起こす元です。塩分を含む汗をそのまま放置しておくと、アルカリ性に傾いてしまいかゆみやかぶれの原因になります。さらに頭皮の汗は蒸発する際に、頭皮の水分を奪いながら蒸発していくので、カサカサと乾燥した状態になってしまいます。

乾燥した頭皮はバリア機能が弱まり、小さな刺激にも敏感な状態です。そこに汗を放置したことで繁殖した雑菌が頭皮に刺激を与え、かゆみやにおいを引き起こしてしまうのです。

汗による頭皮トラブル②抜け毛

まさか頭皮の汗が抜け毛を引き起こすとは思わない方も多いでしょう。これは頭皮の汗を放置することで頭皮の環境が悪くなり、健康な髪の毛が生えづらい、成長がしにくいということが原因です。

抜け毛が進行してしまうと専門の皮膚科やAGAクリニックでの治療が必要になってきます。そうなってしまう前に頭皮の汗の対策は重要です。

汗による頭皮トラブル③臭いやべたつき

頭皮の汗で悩む方のトラブルで一番気にしているのはにおいやべたつきではないでしょうか。生活している中で頭皮の嫌なにおいが自分でも分かるほど漂ってきたり、頭皮はもちろん髪のべたつきに不快感を覚えたりと、ストレスに感じることもあります。

このにおいやべたつきは汗が引き起こす頭皮の乾燥が原因です。乾燥した頭皮の皮膚を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されトラブルになってしまうのです。

シャンプーは髪を洗うのではなく頭皮を洗う

頭皮のにおいやべたつきに悩む方はシャンプーの仕方を変えてみましょう。シャンプーをするときは頭皮を洗うイメージで行ってください。最初は指の腹で頭皮をさするように優しく、その後は揉みだすように洗いましょう

頭皮の皮脂腺は毛穴に汚れが詰まりやすいです。汗や蒸れによって溜まってしまった汚れを揉みだしましょう。爪を立ててガシガシ洗うと頭皮を傷付けてしまうので注意してください。

頭皮の臭いやべたつきには気をつけたい

頭皮の汗の原因や抑える方法を徹底解説しました。頭皮の汗はかゆみや嫌なにおい、べたつきを引き起こします。周囲ににおっていないかな、べたついていると思われないかなと心配になってしまうでしょう。

まずは自分で試せそうな汗を抑える方法を実践してみてください。覚えておくといざというときに役立つはずです。家でのシャンプーのケアも忘れずに行い、快適な頭皮で毎日を過ごせるようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから