記事作成日:

頭皮ニキビの原因は?予防する方法&NG行為を徹底解説!

キャンペーンバナー

https://www.pinterest.jp/

私たちの皮膚でも特に、頭皮は過剰な皮脂分泌が起こりやすく、毛穴詰まりを引き起こしてしまやすい部位としても知られています。そのため、いつも頭皮を清潔な状態に保っておかなければ、頭皮ニキビの原因となってしまうこともあります。今回は、そのような頭皮ニキビができてしまうそもそもの原因をはじめ、頭皮に規模を予防するために行うべき方法、また、行ってはならないNG行為についてそれぞれ徹底解説していきます。

頭皮ニキビとは

普段、あまり頭皮ニキビに関してそこまで高い知識を得ているという方のほうが少ない傾向です。この「頭皮ニキビ」とは、頭皮の毛穴に皮脂詰まりが起こり、それによってニキビの原因菌となるアクネ菌が繁殖するなど、不衛生な状態にあるからこそ頭皮ニキビを誘発してしまうのです。

このアクネ菌はとても厄介で、頭皮環境の皮脂を栄養にして繁殖を続け、毛穴の中に炎症を起こしてしまうことで頭皮ニキビを作ってしまうのです。頭皮ニキビができてしまうと患部が赤くなり、ひどい場合は痛みの発生につながることもあるでしょう。

また、誰もが頭皮の通気性が悪いことでニキビがどんどん悪化してしまうという方も少なくありません。ニキビの悪化は時に痛みを伴うこともあるなど、炎症を引き起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

ひどい場合は膿がにじみ出てくることもあるなど、このようにふとしたバスタイム時に頭皮ニキビを発見するという方も多いと言えるでしょう。

頭皮ニキビの原因は何?

それではここからは、頭皮ニキビを作ってしまう主な原因として挙げられることを以下に4点ご紹介します。私たちの頭皮には、なぜニキビができてしまうのか、その原因を探っていきましょう。

原因①皮脂が過剰に分泌されている

私たちの皮膚にニキビができてしまうのは、そもそもアクネ菌が原因となっています。このアクネ菌は皮脂を栄養素として繁殖しているため、頭皮に過剰な皮脂分泌が起こることで必然的にアクネ菌が増え、頭皮環境を悪化させてしまうでしょう。

そして、この過剰な皮脂分泌は、日常生活における食生活や睡眠など生活習慣をはじめ、ストレスなどによってアクネ菌へ過剰なアプローチをかけています。

このように過剰な皮脂分泌を抑えるためには規則正しくバランスの取れた食生活を心掛けるとともに、飲酒や喫煙を控え、良質な睡眠を確保することが大切です。

原因②ターンオーバーの乱れ

私たちのお肌は常に新しい皮膚を作るために細胞が活性化されるターンオーバーが行われています。このターンオーバーは頭皮にも行われているため、不要な角質を剝がし、新しい皮膚を作り出しているのです。

しかし、生活習慣の乱れによって過剰な皮脂分泌や皮脂詰まりが起こり、正常なターンオーバーが行われなくなってしまうと頭皮ニキビを誘発してしまうことにつながります。

そのようなことを避けるためにも生活習慣を改善するとともに、頭皮を清潔に保つためにも、頭皮や髪にやさしいシャンプーを使用して、頭皮環境を穏やかに保っていくようにしましょう。

原因③汗で蒸れている

頭皮の蒸れは、フケやかゆみにつながり、不衛生な頭皮環境を招いてしまいます。これは汗をかいたりすることで頭皮の通気性が悪くなり、ジットリとした頭皮環境で過ごしてしまうからです。

また、どうしても蒸れからアクネ菌の増殖につながり、結果的に毛穴詰まりなどを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

そのようなことを避けるためにも、必ずシャンプーの後は髪はもちろん、頭皮までしっかりとドライヤーを使用して乾燥させていきましょう。そうすることで頭皮ニキビを予防することができます。

原因④間違った仕方でシャンプーしている

シャンプーを行う際、力任せに洗おうとしても頭皮を傷つけてしまい、また、ゴシゴシとしたこすり洗いは頭皮環境の悪化につながる可能性が高くなります。そのため、正しくシャンプーを行い、毛穴詰まりや皮脂汚れを予防していきましょう。

この時、シャンプーは指の腹を使用し、マッサージするようにやさしく洗い流していきましょう。シャンプーを行う際は、泡の力で皮脂を吸着さるなど、とてもきれいに洗い上げることができるため、ぜひ実践してみてください。

頭皮ニキビができた時の対処法

この後は、頭皮ニキビができてしまった場合に、いったいどのような対処法を取ればよいか、以下にその方法を2点ご紹介します。適切にニキビケアを行うことで、ニキビ跡を作らずにきれいに完治させていくことができるでしょう。

対処法①専用の医薬品を利用する

頭皮にできてしまったニキビの状態に合わせ、身近なドラッグストアなどで販売されている市販薬を使用し、患部に塗るタイプの塗り薬を使用してみましょう。

その際、抗炎症作用のある成分が配合された塗り薬が効果的です。しかし、継続して使用しているにも関わらず、症状が改善しない場合は、皮膚科などかかりつけを受診するようにしましょう。

対処法②早めに皮膚科の治療を受ける

頭皮にできてしまうニキビは、場合によって他の病気が隠れている可能性があります。そのため、症状の改善が見られないまま放置してしまうと、健康を害する恐れがあります。そのため、頭皮ニキビが悪化してしまう前に、早めに皮膚科で治療を受けるようにしましょう。

頭皮ニキビを予防する効果的な方法とは

この後は、頭皮ニキビに悩まされるようなことがないよう、適切に予防していくための効果的な方法を以下に3点ご紹介します。いったいどのような方法を実践すれば、頭皮ニキビのない穏やかな頭皮環境を保つことができるのか、その方法を詳しくみていきましょう。

予防法①十分な睡眠を取る

お肌のターンオーバーを正常化させるためには、良質な睡眠が必要不可欠です。通常22時~2時の間に質の高い眠りについていれば、その間に多くの成長ホルモンが分泌されます。それによってターンオーバーが活性化され、新しい皮膚を作り上げていくことができるでしょう。

そのためにも、質の良い十分な睡眠をとることが大切です。一般的には1日7~8時間の睡眠をとり、心身を休ませてください。そうすることで頭皮ニキビを予防する効果が期待できます。

予防法②シャンプーの仕方を見直す

普段からシャンプーのやり方には注意しているつもりでも、無理なテンションをかけ、頭皮に負担になっている可能性があります。

また、すすぎ残しによって頭皮のフケやかゆみにつながり、乾燥を招くなど、様々な要因が頭皮ニキビを誘発していると言えます。そのため、正しいシャンプーの方法を改めて確認して実践するようにしましょう。

予防法③糖質や脂質の多い食べ物に気を付ける

私たちは身体に疲れを感じることがあると、どうしても糖質が高く、さらに脂質が多い食べ物を食べたいと感じることがあります。だからと言って、脂質を豊富に含む食材を摂取してばかりいると、健康を害する恐れもあります。

これら、糖質や脂質が高い食材を摂取すると、過剰な皮脂分泌を招いてしまい、アクネ菌が繁殖する恐れがあります。そのため、過剰な摂取は避けるよう心掛けていきましょう。

頭皮ニキビ対策でのNG行為

ふと気付いた時、頭皮ニキビができてしまっていた際に、セルフケアとして行うニキビ対策について、絶対に真似るべきではない項目を以下に3点確認していきます。どのような方法がNGであるかみていきましょう。

NG行為①ニキビをつぶさない

多くの方にありがちな対処として、できてしまった頭皮ニキビをできるだけ早く治したいと思うあまり、ニキビをつぶしてしまう方もいるでしょう。しかしこの方法は毛穴に炎症を起こし、さらにニキビ跡になってしまうなど、お肌に凹凸を作ってしまいます。

また一度ニキビを潰してしまうと、完治してもニキビ跡がはっきりと残る傾向であることから、絶対にできてしまった頭皮ニキビを潰すことのないよう注意してください。

NG行為②1日に2回以上のシャンプー

私たちのお肌や頭皮には、適度な皮脂が必要です。この皮脂によってお肌のバリア機能を高め、乾燥からお肌を守る効果を実感することができます。

しかし、1日2回を超えるシャンプーを行ってしまうと、頭皮に必要な皮脂をすべて洗い流してしまい、乾燥や刺激から頭皮を守ろうとして過剰な皮脂分泌が起こります。

さらに、皮脂によって頭皮を守ろうという働きを促すことで、頭皮に過剰な皮脂分泌が起こり、その後、蒸れや通気性が悪くなり、頭皮ニキビにつながることが分かります。このように、清潔にしたいためのシャンプーは1日1回行うに留めておくようにしましょう。

NG行為③長時間帽子をかぶる

長時間帽子をかぶっていると、通気性の悪さから頭皮に蒸れが生じ、より頭皮ニキビを誘発してしまう恐れがあります。そのため、特に暑い夏の日に、長時間に及んで帽子をかぶったままの状態で過ごすことは避けるようにしましょう。

正しい知識を取り入れて頭皮ニキビ予防をしよう

頭皮ニキビができてしまうそもそもの原因、また、正しい予防方法、さらにどのように対処すれば良いか、最善の方法をご紹介しました。

現在頭皮ニキビに悩んでいるという方、これから頭皮ニキビの予防を行っていきたいという方は、ぜひこの記事でご紹介した情報を参考に、頭皮ニキビをしっかりと予防し、清潔で穏やかな頭皮環境を維持していきましょう。

その他の関連記事はこちらから