記事作成日:

初キスのタイミングやベストなシチュエーションは?上手な誘い方をご紹介!

付き合ってからどのくらいで初キスをしたらいいのか、タイミングが難しいと思っている方も多いでしょう。失敗して気まずい雰囲気になりたくないですし、嫌がられたらどうしようと不安を感じることもあります。これから初キスをしようと考えている方必見!この記事では、初キスのタイミングやベストなシチュエーション、上手な誘い方をご紹介します。

初キスの仕方が分からない!

初キスはドキドキしてしまうもの。「どのタイミングでキスをしたらいいのかわからない」「どのような対応をされたらOKのサインなのか」いろいろな不安が尽きないことが多いです。タイミングやシチュエーション、上手な誘い方をマスターしておくと、初キスを最高のものにできるはずです!

みんなの初キスはいつ頃?どっちからする?

友達同士で恋愛について盛り上がることもあるのではないでしょうか。そこで気になるのが初キスの年齢。初めてのキスって、みんないつしたのか聞きたいと思っていても、恥ずかしくてなかなか聞けないことも多いかもしれません。みんなはいつ頃しているのか、どっちからするのかをご紹介していきます。

男女別の初キスの平均年齢

男女とも平均年齢に大差はありませんが、だいたい高校生の時に初キスを済ましている方が多いようです。年齢でいうと、16~17歳くらいになり、初めて付き合ったのが高校生の時であるという方が多く、その時に初キスを経験していると言えるでしょう。

しかしこれは平均的な年齢であるというだけであって個人差があり、人によっては大学生や社会人になってから初めてすることもあるので、焦る必要はありません。やはり初めてのキスは心に残るものなので、本当に大好きな相手ができた時にすることが大事です。

ファーストキスはどっちからする?

ファーストキスをする時、どっちからするのが多いのか気になるでしょう。彼氏の方からするという場合が大半を占めているようです。

女性は男性にリードしてもらいたいという気持ちがあります。恥ずかしさゆえに自分からは積極的にいくことはないようです。男性も同様に、ファーストキスは男らしく自分からいきたいと思っている方が多いと言えるでしょう。

初キスにベストなタイミング

初キスはどのタイミングでしたらいいのか悩んでいる方もいるでしょう。その気がない時にしてしまったら、相手に嫌がられてしまうのではないかと不安になってしまうこともあります。タイミングを間違わないでお互いに思い出になるキスをしたいものです。初キスにベストなタイミングをご紹介します。

タイミング①3回目のデートのとき

キスをしてもいいと思えるタイミングというのは、人それぞれ違います。カップルになってすぐのデートでしてもいいと思う方もいれば、緊張するからもう少し気持ちが整ってからがいいという方もいるでしょう。

自然なキスができるタイミングとしては、3回目のデートのときがおすすめです。恋人として初めて・2回目のデートでは、まだ一緒にいることに慣れていなくてドキドキしてしまい、性のことまでは考えられない可能性が高いです。

性について次第に意識し出すのは、3回目のデートのあたりになり、自然と受け入れることができるタイミングだと言えます。逆にそれ以上遅くなると、積極的にいけなくなってしまい、関係がうまく成り立っていかなくなるケースもあります。勇気を出してベストなタイミングでファーストキスをすることが大切です。

タイミング②告白した直後

告白した直後は、OKをもらって恋人同士の関係になれて、幸せの絶頂に立っている時でもあります。彼女から返事をもらった時に、初キスをするチャンスが訪れることもあるでしょう。

のちに思い出話に浸る時に、「そういえばキスどこでしたっけ?」と月日が経つにつれて忘れてしまいがちになりますが、告白して返事をもらった直後であれば、より思い出にも残るはずです。

タイミング③交際1ヶ月経ったとき

カップルにとって、付き合った記念日は大切なものです。付き合い当初はラブラブな時期なので、1ヶ月・2ヶ月記念日とお祝いすることもあるのではないでしょうか。

恋人同士にとって「特別な日」なので、お互いに気持ちも高揚している時だと言えます。それまでに初キスをしたいと思っていてもタイミングを掴むことができなかった場合は、1ヶ月記念日を目標にしてみてください。ファーストキスをした日を思い出すにも、わかりやすいと言えるでしょう。

初キスにベストなシチュエーションや場所

初キスをするタイミングはわかったけれど、どんなシチュエーションで、場所はどこを選んだらいいのか迷っている方もいるでしょう。タイミング以上に雰囲気や場所は上手くいくかどうかを左右する重要なポイントになります。初キスにベストなシチュエーションや場所をご紹介します。

シチュエーション①デート後の別れ際

デート後の別れ際は寂しい気持ちになって、「まだ帰りたくないな…」と思うものです。初キスするシチュエーションとしては絶好のチャンスだと言えるでしょう。

この時に注意すべきことは、人通りの多い場所ではしないことです。初めてのキスなので、ドキドキして恥ずかしいという気持ちが強くなっています。人の多いところですることにより、嫌な思い出としてインプットされてしまう可能性も考えられます。人通りの少ないところで自然なキスができると良いでしょう。

シチュエーション②夜景スポット

恋人と夜景の見える場所へ行くのは、デートスポットとしても定番になっています。ロマンティックなムードが漂い、初キスするシチュエーションとして最適です。

きれいな夜景を見ながらするのは女性の憧れでもあるでしょう。ムード満点なシチュエーションに「もしかしたらキスされちゃうかもしれない」と思わせることができます。

そのため、断られることなく自然と初キスができる可能性が高いです。相手に嫌がられたらと不安を感じ、勇気が出ないという方はロマンティックで気分も一層高まる夜景スポットへ足を運んでみてください。きっと忘れられないような1日になるでしょう。

シチュエーション③自宅や車の中

自宅や車の中は、密室に2人きりというシチュエーションがドキドキします。自宅デートでいい感じの雰囲気になる時もあるのではないでしょうか。そのような時にさりげなく初キスするのが理想的です。

あくまでも初めてなので、相手の気持ちを考えずにグイグイいくのは避けましょう。逆に引かれてしまい、雰囲気が壊れてしまう可能性があります。相手の様子を見つつ、キスしてもいいかどうかを見極めて自然にいくことを心がけてください。

また車の中も2人きりの空間でドキドキする場面でもあります。ドライブデートをしている時に、ムード高まる場所を見つけてキスするのもステキです。

自宅や車の中は、誰にも邪魔されず2人きりの時間を過ごすことができ、誰かに見られることがないため、人目を気にせずできるのが良いところです。周りの目があるなら相手も躊躇してしまいますが、密室なので雰囲気を作れば初キスもしやすいと言えるでしょう。

シチュエーション④観覧車の中

観覧車の中でのキスに憧れを抱いている女性も多いです。ドラマやマンガでもよく出てくるシチュエーションで、観覧車が頂上に来たらキスをするなどロマンティックな要素が満点です。2人だけの空間を楽しむことができ、ムードも一気にアップします。

日中も雰囲気としてはステキですが、特に夜の観覧車がおすすめです。夜景も綺麗に見えますし、より一層ムードが高まり、気持ちも高揚するでしょう。自然な形でキスしたいと思える場面を作ることができます。

また観覧車といえば、対面で座ることも多いかもしれません。よりよいシチュエーションを作るためにも、隣に座ることをおすすめします。対面よりも距離感が近くなることで、キスできるような状況に持ってくることができるでしょう。

初キスの上手な誘い方

もうそろそろ初キスをしたいけれど、嫌がられたらどうしようと心配になってしまうことも多いでしょう。良いシチュエーションを作らないと、相手もなかなかその気になれなくて難しいです。

一度失敗してしまうと自信がなくなって誘えなくなってしまう可能性もあります。初キスの上手な誘い方をご紹介します。マスターして、思い出に残る特別な日にしてください。

相手の目をしっかりと見つめる

うまく誘うには、相手の目をしっかりと見つめることが大切です。大事な時に目をそらすのは男らしくありません。また自分の自信のなさが相手に伝わってしまう可能性があります。ここは男らしく相手の目をしっかりと見つめて、「好きだよ」「愛してる」と愛情表現をしましょう。

面と向かって恥ずかしいかもしれませんが、相手のどこが好きなのかを伝えたり、「この服かわいいね。似合ってる!」「髪の毛サラサラだね」と髪に手を持って行くなど相手を口説いて、キスしてもいい雰囲気を作ってください。

ほっぺに軽くキスをする

唇にキスをするのは勇気がいるという方もいるのではないでしょうか。その場合はほっぺに軽くしてみてください。相手もキスをするという体制になれますし、「ほっぺから唇へ来るかもしれない」と思うようになります。

その結果、ほっぺからそのまま唇へと流れを作ることができるようになるのです。キスする一歩が踏み出せない場合は、流れから入っていくことで、うまく誘えるようになります。

キスしたいと相手に伝える

言葉にせずとも流れですることが一般的になっていますが、キスするタイミングがうまくつかめないという方は、思い切ってキスしたいと相手に伝えてみるのもありです。

相手がOKだと思っているのか、お互いに積極性に欠けていてなかなか良いムードを作ることができない場合もあるでしょう。失敗して関係がギクシャクしてしまうようなら、直接聞く方が気持ちもわかり安心してキスすることができます。

これはドン引き!初キスするときの注意点

初キスは思い出に残るものにしたいと思っている方も多いはずです。特別なものにしたいからこそ気を付けなくてはいけないこともあります。初キスするときの注意点をご紹介します。相手に引かれないようにするためにも、以下の3つをチェックして成功させましょう。

注意点①唇を保湿しておく

ガサガサしていると、唇を重ねた時の感触も悪く、相手も口には出さないけれど痛いと思ってしまいます。キスする前に唇を保湿しておくことが大切です。いつでも使用できるように、ポケットやバッグの中に入れておくと忘れないですし、タイミングがきそうになったらつけることができます。

気を付けておきたいのは、キスするタイミングに唇が荒れているからといって相手のいる前で堂々とつけないことです。引かれてしまうので、トイレに行った時でもこっそりと塗っておくことがポイントです。

注意点②口臭に気を配る

キスをする時は、口臭に気を配ることが重要です。思い出に残る特別なものにしたいのに、いざ唇を重ねてみたら「口がくさい!」と思われたくありません。実際デリケートな問題なので、口がくさいと思っても本人には直接言えないものです。

デート当日は、しっかり歯を磨いておきましょう。歯の間にカスも口臭の原因になってしまうので、糸ようじや歯間ブラシを使ってキレイにすることをおすすめします。

それでも口臭が気になる場合は、マウスウォッシュをバッグに入れておくといつでも対策ができます。またニオイの強い食べ物は控えるようにしてください。

注意点③鼻毛を処理しておく

鼻毛が出ている男性に対して、不快に思う女性も多いです。キスする時は、鼻毛を処理しておくことが大切です。エチケットでもあるので、唇を重ねた時に出ていたら彼女が気になって集中できなくなってしまいます。

どん引きするとともに笑ってしまってキスどころではなくなる可能性も考えられるのです。彼女と会う前には、鼻毛チェックをしておきましょう。

2人にとって特別な初キスを成功させよう

初キスをしたいけれど、どのタイミングでしたらいいのか、相手に嫌だと思われたらという不安からなかなかできないことも多いでしょう。

1回目・2回目のデートでは緊張感がまだあるため、キスまでは考えられない可能性が高いです。3回目のデートでは性に対する意識も少しずつ高まってくる時期で、自然な形で受け入れられる状態になってきます。

また告白をして返事をもらった後も雰囲気ができあがっているためしやすいです。タイミングだけではなく、シチュエーションや場所も重要です。雰囲気やムードを作ることで、「キスしてもいいかな」と思わせることができます。

人通りのあるところは避けた方が無難なので、2人だけの空間を作れる場所がムードも高まり、ナチュラルに持っていきやすいと言えるでしょう。

上手な誘い方をマスターすることで、相手をその気にさせることができます。目をしっかり見つめたり、ほっぺに軽くキスするなど流れで持っていくことが可能です。注意点にも気を付けて、ドン引きされないようにすることが大事になってきます。2人にとって特別な初キスを成功させましょう!

その他の関連記事はこちらから