記事作成日:

M女の割合はどのくらい?実はモテるM女を徹底解説!

「M女」の割合は実はどのくらい存在しているかご存知ですか?また、もし自分がM女だとしたら、自分でどのような自覚症状があるのか、また、本来のM女が持つ特徴や男性がM女を落とす方法、さらに、付き合った女性をM女にするためにはどのような方法があるのか様々な情報を徹底解説していきます。理解しているようでM女のすべてを把握し切れていないという方へ、実はモテるM女の実態を詳しくみていきましょう。

自分がM女だと思っている女性はいる?割合は?

自分自身で「私ってM女かも?」などと気付いている女性は、実に60%を超えると言われています。その結果を見ると、意外にも高い割合でM女が存在しているのです。しかし、自分がM女だと思っておらず、まったく気付いていないこともあるでしょう。

ここでは、自分がM女であると自覚するのはどのような時であるか詳しくみていきます。今現在の自分と照らし合わせて、M女度合いをチェックしていきましょう。

M女と自覚するのはどんな時?

自分がM女だと自覚している女性は、自身の人生が波乱万丈であるという方が多い傾向です。そのため、自分をM女であると意識していなければ、立ちはだかる辛い試練を乗り越えられないと感じています。

また、恋愛においては彼氏からの愛を感じたいと願っているので、強い束縛を苦に感じることなく、むしろ希望しているという状況です。他にも古き昭和の時代に遡り、亭主関白な男性に心を奪われてしまうなど、これもM女の自覚症状だと言われています。

日常生活では自分を極限まで追い込もうとする傾向があります。しかし、結果を出したことが自信につながるなど、ストイックな性質が見受けられるのもM女だと自覚する時です。

実はモテるM女の特徴

M女は実は異性からモテる存在であると言われているのをご存知ですか?そのようなM女には、いったいどのような性質があるのか気になります。ここでは、M女が持つ特徴を7つご紹介します。

いずれかの特徴が自分に該当する方は、確実に「M女」である可能性が高いと言えるでしょう、どのような特徴を持っているのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

M女の特徴①他人に依存しやすい

M女は一見、自分の芯を強く持ち、何事に対しても前向きで明るく元気な女性のイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?もちろん、そのイメージ通りのM女も存在するかもしれませんが、すべての物事に対してポジティブで独立心を持って生きているのかというと実はそうではありません。

M女は、本当は誰かに頼りたい、依存したいと思っているのです。しかし、容姿や言動がイメージとは異なる部分があるなど、とてもそのように見られないため、M女であるかどうかを判断しにくいと言われています。

M女の特徴②押しに弱い

何かをお願いされたりすると、どうしても断り切れないのがM女の特徴です。そのため、恋愛においても相手の男性からグイグイ来られると、さほど好意を抱いていなくても、つい「YES」な態度をとってしまうなど、相手の押しに弱い一面を持ち合わせています。

そのため、異性から少々無理難題な誘いを受けたり頼まれ事をされた場合も、どうしても断り切れない性格がM女の特徴だと言えるでしょう。

M女の特徴③誰にでも優しい

M女は、基本的に自分を取り巻く環境下にいる人に対して、誰にでも優しい性格の持ち主です。そのため、敵対心を持たれてしまうといった状況にはならず、自分も相手に対して警戒心を抱くことがありません。このように、誰にでもやさしく、包容力のある人こそM女の特徴だと言えるでしょう。

M女の特徴④自虐発言が多い

なぜかM女は自分に対して自信のなさを口にすることがあります。たとえば「私がいても〇〇だし…」「どうせ私なんて…」など、マイナス的な発言をする傾向です。

このような発言が目立つ反面、それによって自分をいじってもらいたい、あるいはからかわれてもそれに対して快感を覚えるのがM女が持つ性質だと言えます。この自虐発言をすることが多い女性こそ、M女である最大の特徴です。

M女の特徴⑤優柔不断

自分には決定的な決断力がなく、いつも迷い迷って優柔不断な一面が見られるのもM女が持つ共通の特徴です。そのため、デートをするとなっても行先に迷う、食べる物を選ぶにもどれにするか決められずにいるなど、結局、相手に合わせようとするのがM女だということが分かります。

M女の特徴⑥彼の好みに合わせる

M女は、付き合う男性によって自分を簡単に変えられすといったような器用さを持ち合わせています。そのため、彼好みの自分を演じるなど、それを技として持ち、得意としているのです。一見、周囲の人から見ると、モラハラ的な状況に見られるなど、少々見分け方に困難を来すこともあるかもしれません。

M女の特徴⑦よく謝る

自分を知る周囲の人と円滑なコミュニケーションを取り、人間関係を穏便にして過ごしていきたいと感じているM女は、口癖のように「ごめんね」と謝る機会が多い状況が見受けられます。

特に何か謝らなければならないような状況ではないにも関わらず、つい謝ってしまうなどという場面に遭遇しやすくなります。これは、自分に自信がないために、セリフと化してしまっている可能性があると言えるでしょう。

M女を落とす方法

ここからは、自分が好きになった人、気になる人がM女だった場合、そのM女を落とすための最善の方法を以下に3点ご紹介します。いったいどのような方法があるのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

落とす方法①いっぱいかまう

M女は男性に依存する傾向が強く、内心、常に自分にかまってほしいと感じています。そのため、日頃から会う頻度を増やしたり、LINEやメールで頻繁にメッセージを送り、適切なコミュニケーションを取ってみましょう。

男性からすると少し面倒に感じるかもしれませんが、自分にM女の気持ちを向けておくためにもぜひ実践してみてください。

落とす方法②主導権を握る

M女とデートする時は、あらかじめデートスポットを決めたり、その日のランチでは、レストランに予約を行っておくなど、1日のデートプランを考えておくと良いでしょう。

M女は自分をリードしてくれる男性にゾッコンになる傾向です。そのため、男性が気付いた時、すでにM女が確立されている可能性もあります。このように、男性が主導権を握ってM女へと導いていくようにするのがおすすめです。

落とす方法③優しくからかう

M女に気に入られる男性になるためにも、まずは自分がM女に対して優しい男性であることをしっかりとアピールしてみてください。それにはM女の悩みや相談事に耳を傾け、M女にとっての一番の理解者であり、必要な存在だという認識を植え付けていきましょう。

その後、男性は自分の意見やわがままをM女に出してみてください。それがM女にとって「嬉しい」と感じることにつながるのです。このように、少しずつ段階を踏んでM女を自分の虜にしていってください。

女性をM女にする方法

自分にとってM女が理想だと確信していても、必ずしも好きになった相手の女性がM女だとは限りません。とは言え、同じ女性であっても、「M要素」を持ち合わせた女性は数多く存在します。そのようなMの気質を持つ女性に、本当のM女としての快感を伝えてみてください。

Mの感覚を快感に思ったなら、気付いた時に自然とM女へと変わっているか可能性があると言えるでしょう。また、男性が女性に対して感じたり思うなどの感情、そして価値観や考え方をあえて押し付けるという手法を用いてみましょう。

当然ながら、女性にとって男性の感覚に戸惑ったり否定的な気持ちになることもあるでしょう。しかし、その環境の中で共に過ごしていると、2人の関係性や価値観が自然と合ってきて、同じ考えを持つようになる可能性があります。

あまりに強く自分の考えを女性に押し付けてしまうのは少々難ありなので、相手の様子を見て少しずつ行っていくのがおすすめです。その中でも、多少の強引さは女性を強く思っている証拠だと捉え、無理があるように感じることがあっても、思い切って実践してみてください。

しかし、ここで注意したいのが、あまりにも強引な駆け引きは避けるようにしましょう。自分の思いを女性に強要することのないよう、女性の気持ちに配慮しながら優しさや思いやりを持って接するよう心掛けることが大切です。

M女は意外に多く、男性からもモテる!

M女は、「本当は自分はM女かもしれない」と内心気付いていないこともあれば、決定的な特徴が自分で理解できていないと感じている可能性もあります。

そのようなM女と付き合うには、少々強引な一面をアピールしていくことが大切です。また、M女は男性にリードしてほしいと感じています。付き合った彼氏に合わせることを得意としているM女のため、男性にとってとても付き合いやすい女性だと言えるでしょう。

ぜひこの記事でご紹介したM女の魅力を参考に、好きになった女性をM女へと導く方法を実践し、恋人同士の良い関係性を築き上げてみてください。

その他の関連記事はこちらから