人気再燃!米ダウンブランド「ファーストダウン」の特徴と魅力を徹底分析!

画像引用:www.pinterest.jp

社会現象ともなっている90年代ファッション・リバイバル。懐かしいアイテムやブランドが再登場するなかで、ダウンジャケットも90年代の人気ブランドが再燃中。

なかでも、おしゃれ好きからアツい注目を集めているのが、今回ご紹介する「FISRT DOWN(ファーストダウン)」。響きに懐かしさを感じる人も初めてこのブランドに触れる人も、ぜひチェックをどうぞ。

ファーストダウンとはどんなブランド?

画像引用:www.freaksstore.com

ファーストダウンの概要

画像引用:www.fashionsnap.com

ファーストダウンは、1980年代にアメリカで誕生したダウンジャケットブランド。90年代のニューヨークにおいてストリートを中心に人気を博し、同市のファッションカルチャーを象徴するアイテムとして君臨しました。

現在は、日本のアパレルメーカー「水甚」が製造販売を行っています。90年代の雰囲気を残しつつもモダンにアップデートしたファーストダウンは、2018年以降、最も注目すべきブランドのひとつです。

ファーストダウンの歴史

画像引用:pixabay.com

前述の通り、1980年代にアメリカで登場したファーストダウン。次第に音楽やファッションに精通した人々からの人気を集め、ストリートカルチャーになくてはならない存在に。ひいてはThe Notorious B.I.G.といった著名なヒップホッパーやテフォン・マーブリーといったNBA選手の着用もあり、ニューヨークの顔ともいうべきブランドへと成長しました。

一方の日本でも、90年代に人気雑誌でファーストダウンが取り上げられ、おしゃれに興味を持つ人々がこぞって買い求めました。

1997年には、岐阜のアパレルメーカー「水甚」がファーストダウンのライセンス契約を締結。2006年には商標権を取得。2018年より、これまでの量販店向けとは異なるファーストダウンの新ラインを発表。高級百貨店やセレクトショップ向けの展開で、ブランドの再浸透を図ります。

ファーストダウン最大の特徴と魅力

画像引用:insta-stalker.com

何と言っても、90年代のニューヨークカルチャーのテイストをたっぷり含んだ圧倒的な存在感がファーストダウンの魅力です。ダウンを贅沢に詰め込んだボリュームあるシルエット。すこし野暮ったさのあるカラーリング。それらが、当時を知る40代以上には懐かしさを、初めて触れる世代には新鮮さを与えてくれます。

もちろん機能性の高さも折り紙つきです。時には最低気温がマイナス20℃にもなる極寒のニューヨークでも、Tシャツのうえに羽織るだけで過ごせると言われたファーストダウン。そこへ、現在生産を担う水甚の技術が加わり、完全無欠のダウンジャケットへと進化しました。

ちなみに、水甚が作るダウンウエアに使われるのは、世界各国から集められた高フィルパワーの最高級ダウン。そのふっくらと暖かなダウンは人々に選ばれ、実に日本で販売されたダウンウエアの2%、100着に約2着を占めるほど。

さて、そんな水甚が作るファーストダウン。最後の魅力は手頃な価格です。モンクレールやカナダグースといった海外ブランドのダウンが軒並み10万円を超えるなか、ファーストダウンは3万円前後と大健闘。デザインや機能性の高さを考えても破格と言って良いでしょう。

ファーストダウンの人気が再熱したキッカケ・理由とは?

画像引用:girl.houyhnhnm.jp

人気の続く90年代ファッションのリバイバル。そこでは、オーバーサイズのボリューム感、レトロなカラーリング、ブランドロゴ使いなどがキーワードとなっていますが、これに引っかかったのがファーストダウンです。90年代に実際に流行したことに加え、ファーストダウンが持つロフト感、カラー使い、ロゴテーピングなどは今の気分にどストライク。

こうして一世を風靡(ふうび)したファーストダウンは再び、懐かしさや新しさを織り交ぜながら、様々な世代に受け入れられています。

ファーストダウンのアイテムラインアップ

ダウンジャケット

・メンズでは、定番のダウンパーカー、バブルダウン、リバーシブルダウンのほか、FREAK’S STORE別注ショートダウン、ロングダウンなどを展開しています。

・レディースでは、別注ファー付き2WAYダウン、ロングダウン、ショートダウン、リバーシブルバブルダウンなどを展開しています。

ダウンベスト

メンズ向けに、リバーシブルダウンベスト、プリントクルーネックパーカーなどを展開しています。

ブルゾン

メンズ、レディースともに、別注ボアフリースブルゾンなどを販売しています。

パーカー、スウェット

メンズ向けに、プリントクルーネックスウェット、プリントクルーネックパーカーなどを展開しています。

ファーストダウンを代表する人気商品

FIRST DOWN(ファーストダウン)/別注ショートダウン

画像引用:www.freaksstore.com

予算:3万2,184円前後(税込)

こちらは、人気のセレクトショップ、フリークスストアが別注をかけた限定のショートダウン。ベースは90年代のファーストダウンの人気モデルです。ダサかっこよく使えるバイカラーのデザインは、2018年のストリートコーデにも十分映えます。撥水機能も持ち合わせているのでアウトドアシーンにもおすすめです。

気になるファーストダウンのダウンジャケットの暖かさは?ノースフェイスとどっちが暖かい?

画像引用:www.mizujin.co.jp

ファーストダウンVSノースフェイスのダウンジャケットの暖かさ対決。最初に結論を書くと、今回は判断をするのは難しいという結果に。

ダウンジャケットの暖かさを決める一番の要素は中綿のダウンです。その品質を突き詰めると、グースかダックか、生産地はどこか、洗浄する工場はどこか、洗浄工程はどんなか、などとキリがありません。

そこでまず、羽毛の質を便宜的に示すフィルパワー(FP:羽毛のかさ高性)を比較します。良質ダウンとされるのが600~700FP。高品質ダウンが700FP以上です。ファーストダウンの主な商品は700FP。一方のノースフェイスは600~900FPです。

さらにノースフェイスの場合は、保温性を強化した遠赤外線を放射する光電子ダウンモデルもあります。こうした数値や機能性を見る限りでは、ノースフェイスが軍配が挙げられそうです。

しかし、暖かさはジャケットに詰め込まれたダウンの量でも変わります。ファーストダウンのバブルダウンが誇る圧倒的なかさ高は、絶対的なアドバンテージになるはずです。

とはいえ、モデルごとの比較検証データがないために、ひとまず結論はおあずけです。

ダサい!?気になるファーストダウンの口コミ・評価

温かいと評判のファーストダウンのダウンジャケット。実際に購入した方の声からも、その保温性能の高さを感じ取れます。

やはり性能は確かですね。

ですが、知らないブランド、新しいブランドというものは誰でも導入をためらうものです。加えて、アメリカ発のブランドなのに今は日本製といったところに、コアなファッション通が拒否反応を起こしているのも仕方のないところ。さらに、いっとき量販店でファーストダウンが流通していた経緯からも、一部で「ダサい」といった評価が下されているようです。

とはいえ、柔軟でトレンドに敏感な層からは、ボリューミーながらもクールに決まるシルエットの良さやコスパの高さで好評です。

View this post on Instagram

💫💫 . ディズニーカウントダウンの時のコーデ👕 . . このダウンめっちゃシルエット良い🤤 安いのに700fillであったかいしコスパ最高😍👍 . . ———————————————————————— ▽Downjacket:#firstdown ▽Crewneck:#yeezyseason5 ▽Pants:#champion ▽Kicks:#yeezy700 —————————————————- @hypedstreets @homelessfits @outfitsociety @outfit_boy @outfitoffuture @outfitbrlg @outfitfromabove @outfit4real @outfitfromback @outfitexhibit @headlessfits @trillestoutfit @backtominimal @menwithstreetstyle @all.streetwear @beststreetoutfit @backyard.fits @hypestfit @dailystreetwearinspiration @overdoseofstreetwear @bestofstreetwear @menfashiondistrict @freshstreetfits @antisocialhyped @fitsonthegram @fitsforkings @thestreetwearcompany———————————————————————— #calabasas#kanyewest#adidas#adidasoriginals#yeezyseason#yeezywaverunner#waverunner700#yeezyboost#streetfashion#streetwear#outfit#street#streetsnap#streetphotography#yeezyseason#kanyeweststyle#ootdmen#simplefits#hypebeast#hypebeaststyle#yeezy500#outfitsociety#yeezytalkworldwide#yeezyboostoffical#backtominimal#ストリートファッション#ストリート————————————————————————

A post shared by ryo (@ryochamixx) on

ファーストダウンの人気アウターおすすめ10選

ファーストダウンの人気&おすすめのショートダウン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/別注ショートダウン


画像引用:www.freaksstore.com

予算:3万2,184円前後(税込)

こちらは、フリークスストア別注のショート丈のダウンジャケット。90年代のファーストダウンらしいボックスシルエットは残しつつ、ブラックでシックにまとめることでアーバンでも使える一着に。ネオンイエローのアイテムやダッドスニーカーと合わせた旬なコーデも面白そうですね。

商品のコーディネート画像

画像引用:zozo.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのロングダウン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/別注ロングダウン


画像引用:www.freaksstore.com

予算:3万4,560円前後(税込)

米軍が使うECWCSのLEVEL7ジャケットをベースにした、別注のロングジャケット。ファーストダウンの得意な横乗り系の雰囲気は適度に抑えられ、誰でも使いやすいモデルに仕上がっています。コーデにはロングコート感覚で取り入れるのがおすすめ。スウェットとスニーカーでゆるく合わせてもいいですね。

商品のコーディネート画像

画像引用:zozo.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのダウンパーカー

FIRST DOWN(ファーストダウン)/テープ付ダウンパーカー


予算:3万7,584円前後(税込)

「ファーストダウン」ロゴを配したテーピング使いが特徴的な、同ブランドの代名詞ともいうべきダウンパーカー。ロゴブームの続くモードコーデやストリートコーデにも十分に対応できるため、非常におすすめの一品です。ダウンは暖かさをしっかりと感じる700FP。バルキーな量感や生地の光沢感も存在感抜群です。

商品のコーディネート画像

画像引用:zozo.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのバブルダウン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/別注リバーシブル バブルダウン

画像引用:www.freaksstore.com

予算:3万2,184円前後(税込)

ファーストダウンのもうひとつの代名詞バブルダウンジャケットを現代に蘇らせたのが、こちらのアイテム。モコモコとした特徴的なスタイルはそのままに、別注でリバーシブル仕様にアップデート。ロゴテーピングスタイル&シンプルスタイルで着用の幅がぐんと広がります。ラグジュアリーストリートなコーデにもどうぞ。

商品のコーディネート画像

画像引用:zozo.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのリバーシブルダウン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/リバーシブルダウン


予算:3万2,184円前後

ホワイト×ブラックのリバーシブルに仕立てられたモダンなダウンジャケット。テーピングや切り替えといったファーストダウンらしいデザインの遊びはありませんが、ゆえにオン・オフ問わずオールマイティに使えるアイテムです。シンプルさを活かして、サイジングや素材感でメリハリを効かせるコーデがおすすめです。

商品のコーディネート画像

画像引用:www.canaljean.co.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのブルゾン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/ブルゾン


予算:3,996円前後(税込)

中綿キルト×フリース裏地を採用したファーストダウン渾身のブルゾン。加えて、撥水・透湿・防風機能を持つロフトエアーを表地に使用することで、確かな保温性能を提供します。薄手なので真冬はインナーとしての使用もOK。秋から春まで3シーズン使える、おすすめの一枚です。

評判・口コミ

リピートです。

この前、同じようなデザインでベージュ色のものを購入したんですが、軽くて着やすく生地、縫製もしっかりしていたので、もう一着欲しくなりワイン色を購入しました。コスパも良く、いいと思います。

引用:review.rakuten.co.jp

ファーストダウンのレディースにおすすめのダウン

FIRST DOWN(ファーストダウン)/別注ファー付き2WAYダウン

画像引用:www.freaksstore.com

予算:3万9,960円前後(税込)

レディース向けに仕立てられた、ファーストダウン×フリークスストアのダウンジャケット。適度に絞られたウエストがスタイルを美しく演出します。ファーは取り外し可能な2WAY。2018-2019年はボリュームのあるダウンが流行中ですが、長く使えるのはこういったアイテム。一着手元に置くことをおすすめします。

商品のコーディネート画像

画像引用:zozo.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのフリースジャケット

FIRST DOWN(ファーストダウン)/フリースジャケット


予算:3,780円前後(税込)

ファーストダウンのブランドロゴすらない、潔いスタイルのフリース製ジップアップブルゾン。生地はベロア風な光沢があり、ちょっとした高級感をも漂わせています。シルエットはベーシックなので、アウターでもインナーでも活躍できます。リーズナブルな価格もおすすめポイントです。

評判・口コミ

軽くて温かい

凄く軽くてポカポカします。生地の手触りも本当に良いです。

引用:www.amazon.co.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのウインドブレーカー

FIRST DOWN(ファーストダウン)/ポケッタブル ウインドブレーカー


予算:2,916円前後(税込)

ファーストダウンが提案するポケッタブルのウインドブレーカー。撥水・防風・透湿といったベーシックな機能に防花粉・UV対策をも加えた高性能な一枚は、春や初夏のアウトドアシーンでも大活躍。いつでもバッグの中に忍ばせておきたい一着ですね。好みの色が絶対に見つかる、全9色ものカラバリも必見です。

評判・口コミ

機能性が高いアウター

本品購入動機は、下記商品説明にあるように、その充実した機能性ですね。
178cm、74kg(細身メタボ体型)で、サイズ:L、カラー:チャコールを選びました。
まず着心地は、非常に軽く、ゆったりめです。ピシッと着たいなら、Mサイズがいいかな。
機能的には、下記記載の特徴に期待ですが、他には
・フード裏、左右の前身ごろはサラッとしたメッシュになっていて、着用感がよく、通気性も良さそうです。
・左右の裾部分にドローコードが付いているので、腰回りの調節は可能です。
・フードの左右端にもドローコードが付いていて、小雨の時などにしっかり閉められます。
・前立てはフルジップなので、首元までしっかりファスナーで閉められます。
季節の変わり目、ちょっと出掛ける時に羽織るのにいいですね。
なお、今現在、本品Sサイズがほぼ売切れ状態。女性や子供さんに人気のようですね。

引用:review.rakuten.co.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのマウンテンパーカー

FIRST DOWN(ファーストダウン)/マウンテンパーカー


予算:3,132円前後(税込)

高い防風・防水機能が特徴のマウンテンパーカー。そんな登山用のアイテムを、ファーストダウンのフィルターを通して生み出したのがこちらのアイテム。肝心の機能はもちろん、ファスナーテープによるバイカラーがさり気なくもおしゃれです。それでいてお値打ちの価格とお得感もある一枚。おすすめです。

ファーストダウンのその他の人気アイテムおすすめ3選

ファーストダウンの人気&おすすめトレーナー

FIRST DOWN(ファーストダウン)/裏起毛トレーナー


予算:1,9440円前後(税込)

パーカーとともに秋冬に大活躍するトレーナー(スウェットシャツ)。今回ファーストダウンが提案するのは、シンプルな裏起毛タイプ。左胸のロゴがさり気なくも力強くブランドを主張します。重ね着風のダブルクルーネックや伸縮性を高めた素材使いなど、この値段でもこだわりが随所に光ります。

ファーストダウンの人気&おすすめのスウェット セットアップ

FIRST DOWN(ファーストダウン)/スウェット セットアップ


予算:2,9800円前後(税込)

上下セットながら超格安なスウェット。トップスもボトムスにも、しっかりとファーストダウンのロゴをプリントしています。ルームウエアにはもちろん、ストリートコーデなどにハズシとして取り入れるのも面白そう。カラーは全4色です。

評判・口コミ

良い商品です

値段相応の覚悟で購入致しましたが、大変しっかりした良い商品です。ナイキなど上下で8000円以上する事を考えると、お得感あると思う。

引用:www.amazon.co.jp

ファーストダウンの人気&おすすめのイージーパンツ

FIRST DOWN(ファーストダウン)/イージーパンツ


予算:2,380円前後(税込)

気負わず履けるイージーパンツを毛足の長いポリエステル素材で仕立てた一着。ファーストダウンらしい横乗りを感じさせるオーバサイズが魅力です。Tシャツを合わせてダウンを着込んだら、気分はもう90年代。ぜひ、積極的におしゃれコーデに取り入れてみて。

評判・口コミ

部屋着にサイコー

部屋着として購入。
肌触りが超気持ちいい。
軽いしあったかいし値段も安い。
凄く気持ちいい\(^o^)/

引用:www.amazon.co.jp

ファーストダウンのアイテムを手に入れられるお店

画像引用:www.freaksstore.com

Amazon

Amazonにてファーストダウンの取扱いがあります。多くの商品がファーストダウンを製造している「水甚(MIZUJIN ONLINE)」による販売なので、安心してお求めいただけます。

フリークスストア

株式会社デイトナ・インターナショナルが経営する「FREAK’S STORE(フリークスストア)」でもファーストダウンの取扱いがあります。特に別注のファーストダウンはぜひチェックしたいところ。アメリカカルチャーに強いショップですので、ALPHA INDUSTRYやLEE、VANSなどとの合わせ買いを楽しむのもおすすめです。

zozo

zozoでもファーストダウンの取扱いがあります。年会費はかかりますが、メンバーシップサービスなどを使えばお安くお求めいただけます。

まとめ

画像引用:girl.houyhnhnm.jp

メディアでの特集や青山でのポップアップストアのオープンなど、注目度急上昇中のファーストダウン。トレンド化必死のアイテムは、今すぐにでも入手しておきたいところですね。ぜひこの機会に一着いかがですか。

関連のおすすめ記事はこちら

▼こだわる方におすすめのダウンブランド厳選3選

画像引用:www.pinterest.jp 2018-19年秋冬は、様々なブランドからダウンがリリースされたシーズン。老舗から新興まで選り取り...
画像引用:www.wildthings.jp ミルスペック(MIL規格 )といえば、常にメンズの心をつかんで離さないアイテム。ことに、単なるM...
画像引用:www.pinterest.jp 氷点下を記録する寒冷地すらも物ともしない服といえば、やはりダウン。特に本格的に使うとなると、アウト...

▼要チェック!定番のダウンブランド

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/766949011512117252/ メンズのダウンを語る上で絶対...
画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/158963061828157418/ 寒い冬には欠かせないダウンな...

▼ダウン選びの前に目を通したい参考になる記事はこちら

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/731975745655714716/ 冬の必須アイテムと言えるダウ...
https://www.aliexpress.com/item-img/2016-new-long-down-jacket-men-s-busi...