記事作成日:

指輪を着ける指の位置で変わる意味とは?男性向けの指輪の選び方は?

ファッションをおしゃれに決めるなら、アクセサリーにもこだわりたいという男性は多いのではないでしょうか。特に指輪は、手元がキラッと光り着けている自分のモチベーションも上がります。

ですが、指輪を着ける位置に意味があり、それを意識して着けている方は少ないはずです。この記事では指輪を着ける指の位置で変わる意味や男性の指輪の選び方をご紹介します。

指輪はメンズアクセサリーのマストアイテム

指輪は着ける位置や形によって様々な意味があります。なぜ意味が変わってくるのか、また歴史的に見ていつから指輪が存在するのか、などを説明していきます。

歴史的に指輪は男性が着けるものだった?

歴史的に指輪は古代ローマから始まったと言われていたり、古代ギリシャから始まったと言われたり、諸説あります。

いまではアクセサリーとして着けられていますが、昔は指輪を装着することで身分を表し、神秘的な力を持つために使用されていました。そのため身分の高い男性だけが指輪を着けてよいと許される国もあったようです。

身分や職種を表す指輪の代表格「聖職者の指輪」

昔は指輪を着けていることで身分や職種、地位がわかるようになっていました。その代表格として「聖職者の指輪」が挙げられます。聖職者は神さまと永遠の契約を示した証として着けていました。

紳士の指輪「シグネットリング」

シグネットリングの歴史は古代エジプトまで遡ると言われています。英国では紳士のファッションはシンプルなものが基本的で、華やかなアクセサリーや装飾などは以ての外でした。

ただシグネットリングは自分の地位を表す貴族の証として、紳士たちの間で広まっていきます。当時はシグネットリングで手紙にサインしたり、公文書に印を押したりと、重要なアクサセリーだったのです。

卒業記念の「カレッジリング」

カレッジリングは学校の卒業記念の指輪です。標準的なデザインには学校名や卒業年度、自分の名前などが刻み込まれます。カレッジリングの原型はシグネットリングとも言われていて、イギリスのオックスフォード大学では秀才の証として卒業生が記念に作っています。

男性をおしゃれに見せるメンズ指輪

指輪は意外と人目につくので、周囲から「おしゃれな男性」というイメージがアップします。メンズの指輪は多くのブランドからも販売されていて、豪快なデザインは男性らしい力強さを、シックなデザインは落ち着いた大人を演出するなど、デザインによって印象が変わります。

自分がどのような印象を抱かれたいか、またはファッションと合わせたメンズ指輪を着けることで、さらに一歩先を行くおしゃれな男性を目指せるでしょう。

男性向けの指輪の選び方

ファッションの一部として指輪を取り入れたいけど、どのような指輪を選べば良いかわからない方のために、指輪の選び方をご紹介します。素材やデザイン、着け心地などを加味して、お気に入りの指輪をゲットしましょう。

選び方①素材で選ぶ

まずは素材です。指輪に限らずアクセサリーは、使っていくうちに変色してしまったり変形してしまったりする印象はありませんか。特に男性の場合、柔らかい素材の指輪を選ぶと重い物を持った衝撃で指輪が変形してしまいます。

そのため、できるだけプラチナやゴールドの素材を選ぶことがおすすめです。ファッションと統一するために、スタイリッシュなシルバーの素材を選ぶ場合は、変色してしまう可能性が高いので手入れを忘れないようにしてください。

選び方②デザインで選ぶ

おそらくほとんどの方はデザインで選ぶのではないでしょうか。デザインで選ぶなら、いつ使いたいかを考えて選ぶことがおすすめです。常に身につけていたいのであればシンプルなデザインを、休日のアクセサリーとして楽しみたいのであればアームの幅が太いタイプでも良いでしょう。

アームが緩やかな波打つデザインのS字タイプは、男らしい男性の指を細く見せ、手に馴染みやすい特徴があります。また、アームがVの形になったV字タイプは、クールな印象が特徴的です。

選び方③着け心地で選ぶ

1日中着けていたい、毎日使用したいと思っていて購入するなら、着け心地も重要です。気に入ったデザインの指輪を買っても着け心地が悪ければ、使用頻度は減ってしまいます。プラチナ素材の指輪はしっとりとした着け心地が魅力なのでおすすめです。

男女に共通する指輪を着ける指の位置で変わる意味

指輪は着ける位置で意味合いが変わってきます。結婚指輪は左手の薬指に着けるということは誰もが知っていることです。しかし、他の指に着ける意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。指輪を着ける位置で変わる意味を知っておくと、より指輪というアクセサリーを楽しめるはずです。

親指「サムリング」の意味

親指は英語でサムと言います。古代ローマの時代では、親指に指輪を着けるとどんな願いでも叶うという言い伝えがありました。親指に指輪を着けるのは、昔の戦いにおいて弓を使うときに親指を保護する目的があったようです。

右手の親指

右手の親指は指導者の指と言われています。そのため、指導力が増す、勇気が湧くという意味があります。周囲をまとめあげ、先頭に立ち引っ張っていくリーダー力が向上します。行動力や自分の意志を持続させるので、困難に立ち向かいたいときにはおすすめです。

左手の親指

左手の親指には目的の実現、自分の信念を貫くという意味があります。何か成し遂げたい目標がある方は、左手の親指に指輪を着けると良いでしょう。

人差し指「インデックスリング」の意味

人差し指は行動力や自立を象徴しています。人差し指に指輪を着けると、自分の発言に説得力が生まれたり、それによって自分に自信を持つことができたりするでしょう。

右手の人差し指

集中力がない、自信がないというときは右手の人差し指に指輪を着けましょう。集中力を高め、強い意思が持てるようになり、消極的な自分とおさらばできます。

左手の人差し指

勇気の指と言われている左手の人差し指は、その名の通り勇気がほしいときや積極的になりたいときに指輪を着けてみましょう。勇気が溢れ、積極的な行動ができるはずです。

中指「ミドルフィンガーリング」の意味

中指はひらめきや直感を表す指です。様々な行動に臆病になっているとき、中指に指輪を着けるとインスピレーションを高めてくれます。

右手の中指

結果を求められている勝負に挑むときは右手の中指に指輪を着けましょう。直感を高め、力を発揮できるかもしれません。それだけでなく、恋人を募集しているという意味もあるようです。

左手の中指

円満な人間関係を築く力が左手の中指にはあります。コミュニケーション能力がアップし、その場でいまどのようなことが求められているのか分かるでしょう。今の環境に満足していない方や新しい環境に飛び込んでいく方へおすすめです。

薬指「アニバーサリーリング」の意味

薬指は創造性を象徴しています。結婚したら左手の薬指に指輪を着けることは誰しも知っているはずです。なぜ左手薬指なのかというと、心臓に直接つながっている場所で、神さまへの誓いの指とされていたからです。

右手の薬指

右手の薬指は心が安定する力をもたらします。不安や悩みで心が不安定な方は右手の薬指に指輪を着けて落ち着きましょう。また、インスピレーションを高める効果も期待できます。

左手の薬指

誰もがご存じの通り、左手の薬指は愛、絆を深めるという意味があります。片思い中の方でも、指輪を着けると恋が実り願いが叶うとも言われています。

小指「ピンキーリング」の意味

ピンキーリングはファッションとして取り入れやすいかもしれません。小ぶりなピンキーリングはさりげなくおしゃれさを演出します。小指はチャンスを呼び込んでくれる指です。さらに自分らしさを発揮できるパワーも兼ね備えています。

右手の小指

自分の魅力をアピールしたいときにおすすめです。表現力アップや好感度上昇の効果が期待できます。またお守りの意味もあり、自分の身を守り事故を回避できるかもしれません。

左手の小指

左手の小指は恋愛においてのチャンスを引き寄せたいときにおすすめです。片思い中の方だけでなく、恋人との仲を深めたい方にとっても力を発揮します。さらに、変化をもたらす力もあり、現状を変えたいと思っている方は装着してみましょう。

男性でも簡単にできる指輪のサイズの測り方

指輪を購入するときに悩むのはサイズです。最近ではネットで買い物を済ませてしまう方も多いので、そういうときには自分で指のサイズを測ってみましょう。

上記の動画は家にあるもので簡単に指輪のサイズが分かる方法です。指輪の内側の円周がリングサイズなので、純粋に指の周りを測ればサイズが分かります。ただ時間帯や体調によっては指がむくんでいる場合もあるので注意してください。

指輪を着ける位置の意味を踏まえておしゃれを楽しもう

指輪の着ける位置で変わる指輪の意味をご紹介しました。自分の環境や心境によって指輪を着ける位置も変えてみましょう。ファッションの一部として楽しむのはもちろんですが、意味を知っていると心強い味方にも感じてきます。

指輪の選び方もご紹介したので、できるだけ長く使える相棒を見つけるための参考にしてみてください。指輪を着けて、指輪のパワーにあやかりましょう。

その他の関連記事はこちらから