記事更新日:

男のダンディズムを体現する「ダンヒル」の時計特集

ダンヒルの時計の定番モデル紹介

ミレニアム デイト

今となってはダンヒルの腕時計を象徴する存在となった「ミレニアム」。小ぶりなラウンドケースと、独創的な形状のブレスレットが特徴です。

時分針とベゼル、ローマンインデックスとリューズは高級感溢れるゴールド仕様。6時位置にはデイトカレンダーを搭載しています。

非常に薄型のケースで、袖口からさりげない色気を演出。小さいながらも女性っぽさがないのは、ダンヒルならではのダンディズムによるものです。

評判・口コミ

個人的には好きです。
デザイン的にも悪くはないんだけどサイズがどうしても小さいので
当時のメンズサイズで今の一般的なレディースサイズと同等です。

引用元:Yahoo!知恵袋

エリート ダイヤベゼル ダイヤインデックス

ラグジュアリーな18Kイエローゴールドに加え、ベゼルやインデックスにダイヤモンドを配した贅沢な1本。12時、3時、6時、9時位置にローマンインデックスが配置され、その全てにダイヤが敷き詰められています。

ブレスレットの形状も腕時計の雰囲気にぴったり。つけ入るスキのない高級仕様ながら、嫌味な印象を感じさせないのも流石のひと言です。

 

UH018 ファセット

ファセットは、1936年にダンヒルが初めて発表した時計。ダンヒルがかつて製造していた自動車のヘッドライトをインスピレーションにデザインされており、時代を感じさせるレクタングラーケースが特徴です。

文字盤にはさり気なくストライプが描かれており、アラビアインデックスを整然と配置、6時位置にはスクエア型のスモールセコンドも備えられています。

一般的なラウンドケースの腕時計と異なり、レクタングラーケースに合わえてムーブメントを製造するには高い技術力が必要。裏蓋はスケルトン仕様となっており、美しい手巻きムーブメントの動きを堪能できます。

評判・口コミ

ダンヒルならファセットダンヒリオンの方が
デザインも洗練されていて良いと思います

引用元:Yahoo!知恵袋

Xセントリック DUV211AL

ダンヒルの中では比較的モダンな雰囲気を醸し出すモデル。ラウンドケースの上部にくり抜かれたように文字盤が配置されており、まるで三日月のような幻想的なデザインが魅力を放ちます。

独創的ながらも決して奇抜ではなく、スーツスタイルにも合うエレガントな1本です。クロコダイルのレザーブレスレットも高級感があり、大人の男性に相応しい仕上がりとなっています。

 

CH079

複雑機構の一つであるムーンフェイズを備えたトリプルカレンダーモデルです。

6時位置にスモールセコンドを兼ね備えたムーンフェイズを配置。3時位置の表示窓では「月」を、9時位置の表示窓は「曜日」を示します。スケルトンバックの裏蓋からは自動巻ムーブメントも鑑賞できる、本格仕様の腕時計です。

 

まとめ

https://global.rakuten.com/en/store/watch-bank/item/8499-sh/

ダンヒルの腕時計は、派手なデカ厚時計とは対極に位置する存在。若々しいヤンチャっぽさではなく、大人の男性としての渋みで周囲を魅了します。

また、どのモデルもトレンドに流されないクラシックなデザインなので、長年愛用できるのも大きなメリット。普段、スーツやジャケットなどのきれい目なスタイルを身にまとう機会が多い人には、うってつけのブランドだと言えるでしょう。

オススメの関連記事はコチラ