2019/04/15

期待を裏切らない「ルイ・ヴィトンの時計」はスマートな大人の男性が選ぶ時計の代名詞

ルイ・ヴィトンと言えばバッグをはじめ、服やアクセサリー、小物など多くのアイテムを展開しています。またご存知のように世界中に多くのファンを持つブランドです。

デザイン性がより注目されがちな時計というイメージが強いブランドですが、近年、マニュファクチュール化を目指しており、ムーブメントの開発にも力を入れているのをご存知でしょうか?ルイ・ヴィトンはどんどん本格的な高級時計メーカーへと進化しています。

あなたもルイ・ヴィトンの時計の本格的な美しさを楽しんでみませんか?

ルイ・ヴィトンの時計の解説

https://www.pinterest.jp/pin/594404850790508827/

ルイ・ヴィトンの時計の歴史

ルイ・ヴィトンは1854年に世界最初の旅行鞄店ルイ・ヴィトンを創業したところからブランドの歴史が始まります。

それまで旅行鞄の定番と言えば蓋の丸いトランクでしたが、ルイ・ヴィトンは積み上げやすい平らなトランクを考え出します。そしてまずこれが最初のヒット商品となりました。

また革が旅行鞄の材料の主流だった当時、ルイ・ヴィトンは材料をグリ・トリアノン・キャンバスという防水加工が施され軽量なうえに丈夫なグレーの無地コットンに変えました。これが大評判となり、実用性の高さからも有名なブランドになったのです。

https://www.pinterest.jp/pin/637048309762017241/

偽物の登場からオリジナルデザインが生まれる

しかしルイ・ヴィトンの鞄の実用性や機能性は群を抜いていたので、すぐに粗悪な偽物が出回ることとなります。そのため、ルイ・ヴィトンは正規品であることを証明するためオリジナルデザインを作り出しました。まず考えられたのがみなさんご存知のダミエ柄です。しかし、シンプルなデザインだったのですぐに偽物が出回りました。

そのため次に考えられたのがモノグラム柄です。現在でもダミエとモノグラムはルイ・ヴィトンの代名詞となっています。

https://www.pinterest.jp/pin/228205906092631171/

時計界への参入

そんなルイ・ヴィトンが腕時計を本格的に売り出したのは2002年です。初の時計コレクションとして発表されたタンブールは現在でもルイ・ヴィトンの人気定番アイテムとなっています。丸みを帯びたデザインや機構は旅を知り尽くしたルイ・ヴィトンらしい時計と評され時計界に一大旋風を巻き起こしました。

その後タンブールはルイ・ヴィトンだけでなく時計界を代表する名作と呼ばれるようになります。そのタイムレスなデザインから世界中に熱烈なファンを獲得していきました。

タンブール オートマティックGMT Q1157

https://www.pinterest.jp/pin/738590407612290073/

自社製ムーブメントの開発製造

2009年、スイスのヌーシャテル州にある自社工房、アトリエ オルロジェ ルイ・ヴィトン で自社製ムーブメントの開発に成功しました。

その2年後になる2011年、ルイ・ヴィトンは自社製ムーブメントを搭載したタンブール ミニッツリピーターを発表しました。この時計はルイ・ヴィトンから発表された機械式時計の中で、最も複雑な機構を採用しています。

タンブール ミニッツリピーター

https://www.pinterest.jp/pin/30117891233356600/

特徴・こだわり

特徴

ルイ・ヴィトンの時計と言えば代表作のタンブールを連想する方が多いと思います。
タンブールが発表される以前の時計は、文字盤を正面から見たデザインのみを考えて作られることが多かったのですが、ルイ・ヴィトンは初めてケースの横側から見たデザインにも注目しました。

複雑機構を搭載したムーブメントは厚くなります。その厚いムーブメントを収めるにはケースは2倍の厚みが必要です。そのため、ケースの厚みを解消するよりも、ケースの厚みを生かしたデザインを生み出すことが急務とされたのです。

タンブールはケースの側面にLouis Vuittonのロゴを刻んだり、台形のフォルムにすることで厚いケースを目立たなくすることに成功しました。またベゼルレスなど、ルイ・ヴィトンらしいデザインを確立するため新しい試みへの挑戦を続けています。

このようにルイ・ヴィトンは、他の有名時計メーカーや高級時計メーカーのデザインを模倣することなく、ルイ・ヴィトンらしさへのこだわりを貫いたのです。

タンブール ホライゾン

https://www.pinterest.jp/pin/225320787590745943/

こだわり

ルイ・ヴィトンのステンレスのストラップの作りは宝飾を施したジュエラーの腕時計に引けをとらないほど美しいと言われることが多いです。

またルイ・ヴィトンの腕時計の特徴の1つにブラウンカラーの文字盤が挙げられます。淡いカラーを文字盤に採用すると視認性が悪くなるという時計界の常識もあり、淡色の文字盤は高級機械式時計では敬遠されがちです。そのためブラウンカラーの文字盤を採用した腕時計は他ではあまり見ることがありません。

元々ブラウンやイエローはルイ・ヴィトンにとってモノグラム柄に使用されているカラーです。また裏蓋にもしっかりとモノグラムモチーフやルイ・ヴィトンのロゴをエングレービングしています。

普段見えない部分にも手抜きなしでしっかりと装飾を施すルイ・ヴィトン。細部にわたるデザインへのこだわりを感じることができます。

タンブールGMT Ref. Q1132

 

https://www.pinterest.jp/pin/399413060682820700/

旅に最適な腕時計

ルイ・ヴィトンは多くの時計にGMT機能を搭載しています。海外旅行や出張が多い人は、毎回行き先の時刻を設定する必要があります。しかしGMT機能を搭載した時計なら、出発前から渡航先の時刻を表示しておく事が可能です。

旅を愛し、旅と共に成長してきたルイ・ヴィトンらしい心配りと言える機能ですね。