記事作成日:

夫以外に恋してしまう既婚女性の特徴や理由は?恋愛するリスクと対処法を解説!

結婚しているのに別の男性を好きになってしまったという方はいませんか?ダメだとわかっているのに止められない恋心に悩んでしまうこともあるでしょう。既婚女性が他の男性と恋愛をするのはリスクも大きいです。この記事では、夫以外に恋してしまう既婚女性の特徴や理由、恋愛するリスクと対処法について解説していきます!

夫以外に恋をしてしまう既婚女性の特徴

例え既婚であったとしても、素敵な男性が現れたら「良いな」と思うことも多いのではないでしょうか。しかし、そこでストップをかけて思いとどまることができるか、そのまま恋愛に突っ走ってしまうかは人それぞれです。夫以外に恋をしてしまう既婚女性にはどのような特徴があるのかをご紹介していきます。

特徴①好奇心が旺盛

結婚をすると毎日が同じ繰り返しでマンネリしてしまうこともあるでしょう。安定しているとも言えますが、それが物足りなく感じる女性もいます。恋愛と結婚は別物で、恋愛をせずにはいられないこともあるのです。

何事にも好奇心旺盛な方は、人と違うことをしたいと思ったり、安定した生活を築いていきたいと思いながらも、刺激が欲しくて夫以外の男性との恋愛を楽しむ場合もあると言えるでしょう。不倫することでバレてしまうのではないかというスリルがたまらないという女性もいるのです。

特徴②寂しがり屋

寂しがり屋の女性は、常に誰かにかまってもらいたいと思っています。結婚生活でうまくいかないことがあったり、毎日遅くまで仕事をしていてなかなかコミュニケーションを取ることができない状況に不満を覚えて、心を満たしてくれる男性との恋愛にハマってしまうこともあるのです。

それは生涯のパートナーを得てからではなく、結婚前にどのような環境にあったかも影響している可能性があります。例えば、幼いころから親に愛されずに育った、モテてちやほやされてばかりいたという女性は、夫以外の男性との恋愛に走ってしまうこともあるでしょう。

特徴③不倫への抵抗がない

不倫というのは一般的にはマイナスイメージになり、裏切り行為にあたります。相手も既婚者の場合はW不倫になるので、相手の家庭も壊してしまい、世間からは冷たい目で見られることも多いです。

別の男性との恋愛に走ってしまう女性は、周りにどう思われようと気にしない、不倫への抵抗がないことから、反省してるように見せかけて心の中では悪いとは思っていなく、反省していないこともあるのです。自分が悪いと思っていない場合は、また同じことを繰り返してしまう可能性があります。

特徴④優柔不断

優柔不断で何に対しても一人で決められないという女性は、夫以外の男性との恋愛に走ってしまう傾向にあります。積極的にどんどんアピールしていく男性の場合、強引さに押し切られて、誘いに乗ってしまう可能性もあるのです。

誘われたら嫌だとは言えず、そのまま不倫してしまうこともあるでしょう。頭の中では悪いことだとわかっているのに、相手の感情につい流されてしまい、男女の関係に発展してしまうこともあるのです。

特徴⑤若い時に結婚した

若い時に結婚すると、周りはまだ結婚していない人も多く、友達が羨ましいと思ってしまうこともあるでしょう。自分は家事に子育てにと忙しい日々を送っているけれど、周りの様子を聞いたら、「もっと結婚を遅くすればよかった」「私だって遊びたい」という気持ちになってしまうのです。

若くして結婚すると、いろいろと犠牲になるものは多くなりますが、それ以上に好きな人とずっと一緒にいられる幸せ、子供がいたら成長が楽しみになり、生きがいも増えていくものです。

結婚したくてもできないという女性もいるので、比較せずに自分の幸せを一番に考えることで、不倫に走る気持ちも抑えられるようになってくるでしょう。

既婚女性が夫以外に恋をしてしまう理由

妻であっても一人の女性なので、恋愛したいという気持ちはあるかもしれません。しかし、行動には起こさないで自分の心の中にそっとしまっておくのが自然な流れだと言えるでしょう。既婚女性が夫以外に恋をしてしまう理由についてご紹介します。

理由①自分のタイプの男性に出会ってしまった

結婚生活がうまくいっていても、自分のタイプの男性に出会ってしまったら、好きな気持ちを抑えられなくなり、恋愛に走ってしまうこともあります。夫の魅力よりも別の男性の方が勝っていたら、その恋を諦めきれないといった状況になってしまうこともあるのです。

妥協してした結婚なら、比較してしまい、「どうして今の夫を選んだんだろう」と疑問を感じることもあるのではないでしょうか。

理由②夫とはセックスレス

夫とセックスレスになってしまい、もう何年も関係を持っていないという方もいるのではないでしょうか。相手には背を向けられる、誘っても「明日、朝早いから」などと理由をつけて断られることが多いと、例え会話が多くてもスキンシップを取ることができなくて、寂しくなってしまうでしょう。

そんな心の隙間を埋めてくれる、女性として扱ってくれる男性を好きになってしまう傾向にあるのです。相手とはセックスを楽しむだけの関係と割り切っているところもあるでしょう。

理由③夫から女性として扱われていない

夫婦生活を続けていくことにより、お互いの関係の立ち位置が変わってしまうことも多くなります。例えば、付き合っている時はラブラブだったのに、結婚して子供ができると「母親」になり、女性というよりも子供のママという印象が強くなります。

呼び方も名前で呼ばれていたのが、「ママ」と言われるようになるなど、家族になると女性として扱われていないと女性が感じるようになるのです。

別の男性に恋心が芽生えてくると、キレイに見せるためにオシャレをしたり、「どんなのを着て行こうかな」と相手にかわいいと言ってもらえるように努力をしたりするのが楽しくなってきます。女性的な部分を復活させるチャンスでもあるのです。

理由④独身気分を忘れられない

恋愛と結婚は別物と考え、独身気分が忘れられないという女性もいます。安定している家庭はそのままにしておいて、好きな人と過ごせるドキドキ感を味わいたいのかもしれません。女性はいくつになっても乙女心は健在です。女性としてまだまだイケることを見せつけたいのです。

理由⑤年下男性の若さに惹かれる

自分よりも年下の男性だと当然若さがあり、女性は年齢がいくにしたがって顔のたるみやシワなどが隠せなくなってきます。自分にも若かりし日はあったのに今の現状に嘆いてしまうこともあるでしょう。

年下の若い男性と一緒にいることで、自分も若返るような気がするのです。若さが魅力的に映り惹かれるようになり、既婚者でありながらも恋愛に走ってしまう場合もあります。

既婚女性が恋心を抱くきっかけの場は?

既婚女性が夫以外の男性と知り合うのはなかなか難しいことではないでしょうか。結婚していることを周りに知られているため、紹介してほしいというのは受け入れてもらえません。既婚女性が恋心を抱くきっかけの場をご紹介します。

出会いのきっかけ①同窓会

中学や高校などの同窓会では、久しぶりに会うことになり、当時付き合っていた元カレや好きだった相手も来るでしょう。どのようになっているのかドキドキしながら参加することになるのではないでしょうか。

もちろん数十年経っていることも多いため、見た目もガラッと変わっているはずです。大人っぽくなって魅力的な男性になっていたら、恋心も再燃する可能性があります。その場の雰囲気で不倫関係にもなりやすいと言えるでしょう。

出会いのきっかけ②職場

同じ職場の人なら、お互いに悩みや愚痴を共有しあったり、毎日一緒に過ごすので距離を縮めることができます。出会いのきっかけとしては、職場が多いと言えるでしょう。

既婚女性だとしても関係ないと積極的にアプローチしてくる男性もいます。初めのうちはうまくあしらっていても、口説かれ続けたら「ちょっとぐらい付き合っても大丈夫かな」と気持ちが変わってくる可能性もあります。

次第に相手の良いところに目を向けるようになり、魅力的に映るようになるのです。夫に見つからないようにして不倫をし続ける女性もいるでしょう。

出会いのきっかけ③趣味の場

同じ趣味を持っている同士の集まりに参加することで、男性と出会うことができます。趣味が一緒なら、共通点があることで話も盛り上がるでしょう。

一緒の時間を過ごすことで、夫以外の男性にも目を向けるようになり、恋をしてしまうこともあるのです。趣味仲間として出かけているうちに、不倫の関係になってしまうこともあると言えます。

既婚女性が夫以外の男性と恋するリスク

夫以外の男性と恋をするということは不倫になってしまいます。相手を傷つけてしまうことになり、さまざまなリスクを負うことにもなります。自分にとってもマイナスとなってしまうため、覚悟をしておく必要があると言えるでしょう。既婚女性が夫以外の男性と恋するリスクについてご紹介していきます。

リスク①社会的信用を失う

不倫していることが周りにバレてしまったら、社会的信用を失うことになります。結婚のように認められているものではないため、世間からは冷たい目で見られてしまうことが多いです。やはり相手がいるからこそ裏切って傷つけて罪悪感に苛まれることもあるでしょう。

お互いに独身同士の場合なら、恋愛感情を持っていても咎められることはありません。恋愛は自由なので、職場恋愛禁止じゃなかったら堂々と胸を張って恋愛できます。不倫する場合は、社会的信用を失うという覚悟を持って、行うことが重要です。

リスク②夫との離婚

不倫していることが夫にバレたら、離婚を言い渡される可能性も高いです。たとえ1度であったとしても、不貞行為をしたのは紛れもなく事実です。親権争いにまで発展したり、泥沼離婚となる可能性も考えられるでしょう。

別れることにより全てを失ってしまう場合もあるので注意が必要です。離婚した翌日から生活していくだけのお金があれば良いですが、働いていない場合は生活が困窮してしまう場合もあり、苦悩を強いられることになるのです。

リスク③慰謝料の請求

一緒に暮らしている中での不倫は、バレてしまうことで夫から慰謝料を請求される場合があります。離婚してもしなくても慰謝料の対象になることもあるのです。

また、W不倫をした場合は、相手の奥さんからも慰謝料を請求される可能性も高いです。一時の過ちで経済的に苦しくなって、辛い思いをすることが多くなるでしょう。

リスク④子供への影響

親が離婚となると、傷つくのは子供です。母親についていきたいと思っていても、親権を取ることができなかったら一緒に暮らすことはできなくなってしまいます。自分の身勝手な行動で一番とばっちりを食うのは子供なので、リスクをよく考えて行動にも責任を持つようにすることが大切です。

リスク⑤妊娠の可能性

不倫相手の子供を妊娠してしまうといったケースもあるでしょう。お腹はどんどん大きくなるので、隠しておくわけにはいきません。当たり前ですが、夫にもバレてしまい、離婚と慰謝料を請求される可能性が高くなります。社会的信用もなくし、自分には何もなくなってしまうのです。

既婚女性が夫以外を好きになってしまった時の対処法

夫以外の男性を好きになってしまったことに悩んでいる方もいるでしょう。リスクも考えると、一時の感情で行動を起こすのは危険です。既婚女性が夫以外を好きになってしまった時の対処法をご紹介します。

対処法①きっぱり諦める

不倫相手のことが好きだとしても、それは一時の感情に過ぎないかもしれません。やはり夫が一番で自分の目に狂いはなかったと思うことでしょう。

不倫をズルズル続けていっても、幸せになれることはないです。今からでも遅くはないので、バレてしまう前にきっぱり諦めることが必要です。

対処法②リスクを考えて思い留まる

既婚者なのに夫よりも好きになりそうだったら、不倫をしたらどのようなことが起こるかを考えてみてください。リスクは大きいため、おのずと答えは見えてくるはずです。リスクを考えることにより、思いとどまることができるでしょう。

対処法③夫婦仲を改善する

夫以外の男性を好きになってしまった時は、夫婦仲を改善するように努めてください。夫に対する不満から別の男性へと行ってしまう場合、夫婦仲を改善することで元通りに戻ることができます。関係がうまくいくことより、今後の生活もよりよいものとなっていくでしょう。

具体的にどのように改善していけばいいかというと、常日頃から「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることが大切です。何かしてもらって当たり前という考え方は捨てましょう。

また、ラブラブな時期を思い出して2人きりでデートをするのも効果的です。結婚生活でマンネリ化している状態を打破することができます。

さらに、スキンシップは愛情表現の1つなので、ハグやキスなどスキンシップを心がけることが大事です。愛情を感じることができないと悩んでいる女性は、幸せな気分になれるでしょう。

既婚女性が夫以外に恋するにはリスクがいっぱいで危険

既婚女性と言えども1人の女性であることには変わりありません。夫以外にも恋心が芽生えてしまう可能性もあるのです。しかし、気持ちにストップをかけないと不倫となり、さまざまなリスクを生じることになります。

既婚女性が夫以外に恋するにはリスクがいっぱいで危険です。好きになってしまった対処法を覚えて、夫との今ある幸せを大切にしていきましょう!

その他の関連記事はこちらから