記事作成日:

マッチングアプリでの身バレが怖い!身バレする原因や対策を徹底解説!

広告

誰もが気軽に利用できる、新しい出会いの場であるマッチングアプリ。気軽に利用できる事がメリットなのは間違いありませんが、身バレをしてしまうのではないかという理由で使っていない方も居るでしょう。そこで今回は、マッチングアプリで身バレする可能性、そして対策などを解説します。

マッチングアプリでの身バレの可能性とは

マッチングアプリには、様々な情報を登録することになります。それはプロフィールであり、写真をはじめとして、電話番号にメールアドレス、大まかな居住地、自分の職業、趣味などを記載するわけですが、これは自分に興味を持ってもらうためにも必要な情報です。

しかし、電話番号やメールアドレスを登録に使った時、そこから自分の個人情報が身バレしてしまうのではないか、と不安に思う方も居ます。結論を申しますと、SNSのようにメルアドや電話番号から「知り合いかも?」と通知される事は無いので、可能性は低いでしょう。

基本的に、異性を対象としたマッチングアプリであれば、同性の友人などを検索しても出てはこないでしょう。ただし、異性の知り合いがいるとなると、何の対策もしていなければ身バレの可能性も無いとは言えません。

マッチングアプリで身バレしてしまう原因とは

出来る事なら、マッチングアプリでは真剣に出会いを求めていますので、身バレの可能性などは極力控えて使いたいところでしょう。自分が知らず知らずのうちにバレないためにも、身バレの元になる原因をいくつか挙げていきます。

バレる原因①SNSと同じ写真やニックネームを使っている

1つ目は、SNSと同じ写真、もしくはニックネームを使用している事です。Twitter、インスタグラムなどをはじめとして、SNSといっても様々ありますが、そこで使っている写真、およびニックネームをそのままマッチングアプリで使っているのならば、当然ながら身バレの可能性が出てきます。

SNSをフォローしている相手であれば、写真やニックネームをそのまま使っていれば個人の特定など簡単にできます。特に交友がそれなりにある友達の場合には、それらを見られただけですぐに感づかれる確率が高いのです。

バレる原因②職業や年齢などの情報の一致

2つ目は、職業や年齢といった情報の一致です。もしも東京などの首都圏であれば、まだ可能性は低いかもしれませんが、そうではない地方などの限られている地域でマッチングアプリを利用しようとすると、どうしても人口の関係でバレる可能性が高くなります。

リアルに仲が良い友人であれば、例え居住地などが分からなくとも、職業や年齢、そして使っている写真がSNSとは違うものであっても、雰囲気が似通っていれば気付かれやすいです。

こういったパターンというのは、全体で見ても稀な部類ではあります。それでも、周りの友人や元カレなどにバレるのは避けたいと考えている場合、プロフィールの入力内容についても配慮をした方が良いでしょう。

バレる原因③登録期間が長い

3つ目は、アプリへの登録期間が長い事です。マッチングアプリへの登録機関が長いという事は、それに比例して会員の目に留まる機会も多いという事になります。もし同じマッチングアプリに友人などが登録していると、そういった方にも発見しやすいのです。

特に利用期間の長い人というのは、おすすめとして表示されやすくもなります。さらに、同じ地域での相手を探しているとなると、繰り返して表示されたり、マッチングの候補にまで挙げられかねません。

「この人は何回もお勧めで上がってくる」としてプロフィールをチェックしたら、もしかして、という流れでバレる可能性があります。同じアプリにずっと登録するのは、こうしたリスクも孕んでいるのです。

バレる原因④位置情報の利用

位置情報の利用というのも、バレる原因として数えられます。マッチングアプリの中には、アプリを利用している時に位置情報を必ず利用しなければならない、というものもあります。その理由は、活用する事で近い地域の相手を見つけやすくする為です。

これはアプリを活用する上でのメリットになる反面、同じ地域に学生時代からずっと住んでいる、というような知り合いの多い場所では、特定されてしまう可能性も高くなります。

実際、住んでいる地域の近くでマッチング相手を探したところ、同級生を発見した、という実例もあるほどです。ただ、プロフィールや写真などに詳細な事を記載していない限りは、家の場所まで判明するといった事までは流石にありません。

マッチングアプリで身バレしないための対策

この様に、自分が気付かないうちに身元をバラしてしまう要素があったり、少しの工夫で避ける事ができそうな原因もあるのです。最大限身バレを防ぐためにも、続いては対策の仕方をご紹介していきます。

身バレ対策①シークレットモードでプロフィールを非公開設定

まず1つ目の対策となるのは、シークレットモードを使ってプロフィールを非公開設定にする事です。マッチングアプリによっては、プロフィールの公開される情報がどの程度までにするかを設定できるものもあります。

例えば、有名なマッチングアプリであるペアーズでは「プライベートモード」があり、これを活用するとプロフィールを閲覧した時の足跡が付かなくなったり、検索結果で非表示にできるといった機能が活用できます。

こうしたシークレットモード、プライベートーモードなどは、徹底的な身バレ防止策となるので一番にお勧めしています。アプリ上に自分の存在は無いのと同義とすら言えるので、探されるよりも探す事を主軸にしてアプリを利用できるでしょう。

絶対に身バレだけは防ぎたい、それでもマッチングアプリから出会いを見つけたいというのであれば、最初から身バレ防止の機能があるものを選んでみてください。

身バレ対策②写真の工夫

2つ目の対策は、写真の工夫です。マッチングアプリの中の身バレ対策として最もこだわるべきと言われており、原因の中でも述べた通り、プロフィールに載せる写真は身バレにつながりやすいものなのです。

プロフィールの写真は、相手に自分がどんな人間かを視覚的に分かってもらうためにも大切ですし、出会いの確率を高めるので掲載は推奨されています。しかし身バレにもつながりやすいので、ハッキリと顔が映っている写真は避けるべきです。

特に大きくピックアップされるメイン写真には注意しましょう。心配な場合には、顔写真以外を登録するというのも手段の1つです。

身バレ対策③詳細な個人情報を記載しない

3つ目は、個人情報を詳細に記載しない事です。ある種当然のことかもしれませんが、プロフィールには任意で様々な情報を載せる事ができます。職業や年齢はもちろんの事、卒業した学校名なども記載可能です。

趣味や好きなこと程度などの、まだ個人が特定できなさそうな情報であれば、詳しく掘り下げて記載したところで可能性は低いですし、マッチングの為のネタにもなります。しかし、出自などについて詳しく書くのはお勧めできません。

その為、職業を記載するのであれば会社員やエンジニア、学校を記載したい場合には、A大学などのように大雑把で一目見ただけではわかりにくい形で書くようにしてみましょう。

身バレ対策④登録名の工夫

登録する名前にも工夫が必要です。アプリへの登録を行った後、設定が初期のままではプロフィールに登録した名前が本名のままであったり、イニシャルがそのままになっている事もあります。

そのままでは身バレの可能性は非常に高いですから、登録名の変更もマストといえるでしょう。大抵ニックネームを使う訳ですが、ここで使うのは別のSNSで使っているものではなく、マッチングアプリオリジナルのものにするべきです。

SNSをフォローしている知り合いが、ニックネームから同一人物なのではないかと疑うのを避けるためです。もしアプリを複数遣っているのなら、それぞれのアプリで違う名前に設定するのを推奨します。

身バレ対策⑤知り合いがいたらブロックする

自分の身バレが発覚したのではなく、自分の方が先に知り合いが同じマッチングアプリを使っている事が分かったのであれば、すぐにブロックしましょう。ブロックすれば、その相手は自分のプロフィールなどを見る事が出来なくなるからです。

タップルやwithなどに代表される、ユーザー数の多いマッチングアプリだと、検索機能を使っていたら偶然知り合いを見つけた、というケースは考えにくいです。ですが、それでも可能性がゼロという訳ではありません。

もし心配ならば、マッチングアプリへの登録後に居住地などの条件を絞り込んで、知り合いが使っていないかどうかを確認してみましょう。プロフィール写真などでそれと思わしき人がいるならば、すぐにブロックすると安心です。

身バレ対策⑥利用期間を決めておく

6つ目は、利用期間をあらかじめ定めておく事です。長くマッチングアプリを使っていると、当然その分人の目に付く確率も高くなります。知人や友人が同じアプリを使っている場合、偶然自分を発見する可能性もそれに比例して高まります。

特に利用期間の長い会員は、他のユーザーにおすすめとして表示される事も多くなるので、リスクは加速度的に高くなるのです。どうしても身バレを防ぎたい、というのであれば、期間を最初から定めて使うのが効果的です。

目安としては、3か月程度など短期間に定めてみましょう。そのうちに理想的な相手を見つける事が出来なかったのであれば、一度退会し、また新しいアプリを利用するという流れも方法の1つです。

身バレ対策⑦Facebookとの連携

身バレの対策として有名な方法ですが、Facebookとの連携も挙げられます。すべてではないものの、アプリの中にはFacebookとの連携を登録時に行えるものがあります。実際の情報が必要なFacebookとの連携は、かえってバレやすいのではと思うでしょう。

ですが、これは他の人から連携しているFacebookの情報が見られるわけではありません。むしろ、連携しているFacebook側でつながっている相手は、マッチングアプリに表示されないようにしてくれるのです。

自分が何かをしなくとも、Facebookとの連携で自動的にブロックをしてくれているのと同じ事です。使っているのであれば、是非連携をしてこの便利な身バレ防止機能を活用してみましょう。

万が一身バレしてしまった時のための心構え

様々な機能を活用する事によって、最大限身近な人にアプリの利用をバレないようにできます。しかし、それでも絶対という訳ではなく、発覚してしまう可能性もあります。もしもバレてしまったのなら、開き直りましょう。

この開き直るというのが最も効果的で、そもそもマッチングアプリを利用している事自体、罪でも何でもありません。普通に生活をしていると中々出会いが無い、手軽に使えるからといった様々な理由で、多くの人が使っているのです。

ただ、人によっては恥ずかしさ故か、そう簡単に開き直れないという方も居るでしょう。ですが、マッチングアプリの数自体も現時点で相当多く、これからさらに普及してユーザー数も増えていく事と思われます。

つまり、アプリを利用している事が、LINEや他のSNSと同じように普通の事だと認知されていくでしょう。むしろ、積極的にチャンスの場を活用している訳ですから、好意的に受け取ってもらえるようになるかもしれません。

マッチングアプリで身バレしてしまった時の対処法

この様に、開き直る事が出来るのであれば、マッチングアプリの使用そのものも胸を張って言えるでしょう。しかし、それでもバレる事に不安を覚える方も少なくない筈。身バレした場合には、いくつかの対処法があります。

身バレした時の対処法①他人の空似だと言い張る

まず、他人の空似なのではないかと言い張りましょう。仮にマッチングアプリ内で、知り合いと思わしき人から本人確認をされるようなメッセージが送られてきたとき、誰の事なのか分からないと、分からないふりをしても良いのです。

アプリ内ではなく、LINEやリアルで言及されたときには、変に動揺したりすると益々怪しくなってしまいます。その場合、自分ではない事をきっぱりと伝えましょう。「確かによく似ているけど使っていない」「勝手に写真が使われてる!」のように、それらしい言い回しで避けます。

身バレした時の対処法②友人に勧められたと言う

2つ目は、友人から勧められたと言う事です。マッチングアプリを使い始めた理由は人ぞれぞれではありますが、とあるアンケートによると20代から40代までの女性では56%、男性で57%がマッチングアプリを使った事があると回答しているのです。

これは、大抵マッチングアプリを利用している方の2人に1人以上が、アプリを利用しての恋活、婚活などをしている事の証左になります。この数字を見ると、思っている以上に多いと感じる人も居るでしょう。

このユーザーの多さを踏まえてみると、例え周りの人にバレても「ほかの友人に進められて、不安だから使い始めた」という風に言えば、疑問に思われる事はあまりないと考えられます。

身バレした時の対処法③相手もやっているので開き直る

3つ目は、相手もやっている事を持ち出して開き直る事です。自分がマッチングアプリを使っているのを相手が認知したという事は、当然ながらその人もアプリを使っている事も意味しており、自分から使っているのを言いに来たとも言い換えられます。

先に述べている通り、マッチングアプリの身バレが発覚しても、最もダメージが少ない効果的な方法は、この開き直りなのです。若い世代から中年まで、半数以上が使っているというデータもあるくらいなのですから、自分が使っていておかしい事は無いでしょう。

相手もやっている事を知ったうえで、自分も使い始めたばかり、といったような事を言えば、精神的なダメージも最小限に済みます。

身バレした時の対処法④付き合える人を真剣に探していると伝える

付き合える相手を真剣に探している事を伝えるのも、対処法の1つになります。歳を重ねれば重ねるほど、出会いの機会というのは減少していくものです。友人が既婚者になるなどの変化も、その要因の1つと言えるでしょう。

若い世代であっても、社会人になると中々出会いの機会が無いという方は決して少なくありません。マッチングアプリは、そういった方が気軽に活用できる出会いの場なのですから、誰が使ってもおかしい事では無いのです。

バレたとしても、真剣に付き合える相手を探していると、自分の本気度を打ち明ければ、相手も親切に応対してくれるでしょうし、もしかしたらその人から良い知り合いを紹介してくれるかもしれません。

身バレした時の対処法⑤他のアプリに切り替える

発覚してからも婚活、もしくは恋活を続けたいというのであれば、別のアプリに切り替えるのも手段となります。今使っているものに友人がいてバレたとしても、別のアプリに切り替えれば、同一の相手が使っていない可能性が高くなりますので、以降心配は無くなります。

実際にアプリを切り替えたとして、利用料金については半年分をまとめて支払う、といった形ではなく、一か月ごとの支払いにする方がお勧めです。その方が、もしまた途中でバレた時にもすぐに止められ、不要なコストを払わずに済むからです。

また、別のアプリを使い始める時には、プロフィール写真を使いまわさないように注意しましょう。相手も別のアプリを使っていないとは限りませんので、安全のためにもこれまでとは別人のようなプロフにすると良いかもしれません。

身バレ防止機能付きのおすすめマッチングアプリ

マッチングアプリといっても様々なものが登場していますし、身近な人にバレたくないのであれば、身バレ防止の機能が最初からあるアプリを選ぶのを進めていました。最後に、身バレ防止機能付きのマッチングアプリをご紹介します。

おすすめマッチングアプリ①オミアイ

まず1つ目は、オミアイ(Omiai)になります。これまでの累計登録会員数は700万組以上という、ユーザー数も人気も高い婚活、恋活アプリであり、女性の場合には登録料が無料ですので、気軽に使い始める事が出来ます。

アプリ独自のアルゴリズムでお勧めの相手を選出してくれ、プロフィールの公開設定を「非公開」にする事で、マッチングした相手、および「いいね」をもらえた相手のみに表示されます。

オミアイの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ②ペアーズ

2つ目は、ペアーズです。こちらは累計の会員登録数が1,500万人を超えているという、Omiaiの倍以上のユーザーを有する所謂大手のアプリになっていて、会員数の多さからマッチングのチャンスも多く、理想的な相手と巡り合える確率も高くなっています。

こちらでは、月額2,600円でプライベートモードが活用できます。プロフィールを公開する範囲が限定されるようになり、自分が見た時の足跡についても残らず、検索等にも表示されない、まさに安心のためのモードなのです。

ペアーズの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ③ウィズ

3つ目は、ウィズ(with)です。主に恋愛を真剣にやりたがっている20代がユーザーの中心となっているアプリであり、有名なメンタリストが監修した心理テスト、性格診断イベントを利用して、価値観の合う相手を見つけられます。

女性なら2,900円、男性なら3,500円で「VIPオプション」を利用できます。このオプションでプライベートモードが活用でき「いいね」をしない限り相手にプロフィールが表示されず、自分も相手の足跡も残りません。

ウィズの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ④マッチドットコム

マッチドットコムは、婚活を積極的に行っていきたい男女にお勧めできるアプリになります。本アプリでは、稼働しているAIが自分に合う理想の相手を探して紹介してくれる、という機能があり、大変先進的と言えます。

身バレ対策としては、月額2,800円で利用可能になる「プライベートモード」があります。ウェブからログインしての購入と設定が必要ですが、選んだ相手のみへのプロフィール表示、足跡を無くすといった機能が使えます。

マッチドットコムの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ⑤タップル

タップルも、オミアイやペアーズなどと同じく有名な大手マッチングアプリです。利用満足度ナンバーワンは伊達ではなく、趣味でつながるという事をコンセプトとして、気軽に若い世代が利用できる出会いの場となっています。

こちらは100ポイントで購入できる「とうめいマント」という有料アイテムを活用する事で、身バレの対策が出来ます。もし特定の相手にのみプロフを見られたくないのなら「相手に表示しない」という設定をするだけでも効果があります。

タップルの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ⑥ユーブライド

ユーブライドは、累計登録会員数が220万人以上のアプリです。タップルなどと比べると人数が低く見えるかもしれませんが、こちらは「婚活」アプリであり、そのくくりで見てみると最大級のユーザー数となっています。

30代前半から40代後半の、真剣に相手を求めている方が多く、有料のスタンダードプランで「プロフィールの公開範囲設定」を利用するのが身バレ防止になります。見せたい人だけに見せられ、非公開にすれば検索をしても出てこないようにできます。

ユーブライドの公式HPを詳しく見る

 

おすすめマッチングアプリ⑦ゼクシィ縁結び

最後の7つ目は、ゼクシィ縁結びです。こちらもユーブライドと同じく婚活のマッチングアプリになっていて、男性も女性も両方有料の形を取っていますから、必然的にユーザーも出会いに真剣な方たちばかりとなっています。

月額4,900円のプレミアムプランを利用すると「いいね」を押した相手、およびマッチング相手以外にプロフの表示がされない「シークレットモード」が使えます。

ゼクシィ縁結びの公式HPを詳しく見る

 

身バレ防止対策をしっかり行って素敵な出会いを見つけよう

しっかりと出会いを求めるにしても、気軽に求めるにしても、身バレというのは少なからず不安要素になります。出会いに集中するためにも、是非とも身バレ防止策を自分でも徹底してみてください。

その他の関連記事はこちらから