記事作成日:

浮気調査を自分でする方法は?おすすめグッズや法律に触れないための注意点を解説!

既婚者や現在交際中だという相手が、自分とは別の人と浮気していたとしたら…。自分の力で現場を抑えてみようと思う方も少なくありません。今はとても便利な浮気調査グッズを活用することで、自力で証拠を掴むことができるようになっています。とは言え法律に触れることのないよう一線を引いておくことが大切です。今回は、浮気調査を自分で行う方法や便利なアイテムをご紹介するとともに、調査の注意点を徹底解説していきます。

浮気調査は素人の自分でもできる?

自分の夫や妻が他の誰かと浮気しているかもしれないという疑いがある場合、どうしても気分が落ち着かず、夫婦関係の悪化の一途を辿ってしまいます。とは言え、明らかな証拠がないために相手に問うことはできず、話し合いを設けることも難しくなってしまうでしょう。

それなら探偵事務所へ依頼するなど方法はありますが、そこまで費用をかけることができないという方は、自分の力で浮気調査を行う方も少なくありません。実際は自分で夫や妻が浮気していることを調査することができます。この後は、自力で浮気調査を行う方法を詳しくご紹介していきます。

浮気調査を自分でする方法

ここからは、自分の力で相手の浮気調査を行うための効果的な方法を以下に5点確認していきます。日常生活の中で相手の行動や言動に変化が見られたり、普段と違う様子を見せた場合は浮気の可能性があるため要注意です。ぜひ以下の調査方法を参考に、相手の浮気の実態を掴んでみてください。

浮気調査方法①スマホをチェックする

今はとても便利な時代となり、1人1台のスマホを持つ時代と言われています。それほど便利に活用することができるアイテムだからこそ、機械を匠に操り、対応できる方であれば、どんなスマホも簡単に操作することができるでしょう。

そのため、浮気調査で最も多いと言われる、相手のスマホのチェックを行う人が増えています。その中でも、電話帳のデータやLINE、メールなどの通信・通話履歴、ショートメール送受信、さらに写真などから様々な情報を得ることができます。

とは言え、これらの項目をすべてチェックしているうちに、メールやLINEなどが勝手に開かれ、既読がついていると不審に感じられてしまうため、メールやLINE上のメッセージは既読後に削除しておくのが良いでしょう。

浮気調査方法②車の走行距離や車内を確認

本当に夫や妻が自分以外の他の人と浮気をしていたら、車の中の様子が異なる点に気付く方も多いようです。実際、浮気をしていた場合、移動手段は車であることが多いです。そのため、車でどれほどの距離を移動したか、走行距離をチェックしておくようにしましょう。

また、助手席のシートの角度や座る位置が変わっていることもあるでしょう。極端に香水の香りが車内に充満しているのも浮気の可能性が高いと言えます。

その他、知らない人のアクセサリーや髪の毛、また、ホテルの割引チケットなどが出てくるかもしれません。車にこのような変化が見られた場合、確信できるような出来事が起こっている可能性があるということが分かります。

浮気調査方法③お金の流れを把握する

浮気をしていたら、特に男性の場合は浮気女性の相手に対して羽振りが良くなる傾向です。そのため、普段行くことがないような高級レストランを利用していたり、また、ブランド品を購入しているなど、明らかに記念日などに何かをプレゼントしたであろうクレジットの明細を確認することもできます。

その他、残業だと嘘をついて浮気相手と会っていた可能性もあるでしょう。このように、いつもと異なるお金の流れがある場合は要注意です。普段からどのようなお金の使い方をし、クレジットカードの請求でどこへ支払っているかをチェックしておくようにしましょう。

浮気調査方法④浮気調査アプリを仕込む

スマホが普及し、あらゆるアプリを活用することで簡単に浮気調査を行うことができることをご存知ですか?この浮気調査アプリを利用することで、パートナーの浮気を調べることができます。

しかし、パートナーが持つスマホに勝手にアプリのダウンロードを行う、あるいは、パスワードでログインを行うなどの行為は違法となる可能性が高く、注意が必要です。違法だと認められた場合は懲役や罰金などの罰則を受けることになるため十分注意しましょう。

浮気調査方法⑤尾行する

浮気調査は自分で夫や妻を鼻腔する方法があります。とは言え、あからさまな尾行はさすがに相手にすぐにバレてしまうため、浮気調査としては少々難しい点もあるでしょう。

特に普段と異なる行動をしている場合は逆に怪しまれたり気付かれる可能性があるため、動かぬ証拠を捕らえにくくなることもあります。このように、自分で浮気調査を行う時は、夫や妻にバレることのないよう注意して行ってください。

自分で浮気調査するときのおすすめグッズ

それではここからは、自分で夫や妻の浮気調査を行う時に使用をおすすめする便利なグッズを3選ご紹介します。どれも素人の私たちであっても浮気調査を簡単に行うことができます。難しい操作もない上、安全に使用することができるため、使用の際はぜひ参考にしてみてください。

浮気調査グッズ①GPS発信機

制度の高いGPS追跡機能を搭載した「GPS発信機」は、位置情報を一目で確認することができる色分けされたアイコンが表示されるため、画面上で確認しやすいおすすめのグッズです。

細かいデータを掴むことができる上、リアルタイムな追跡を可能としています。また、小型に設計されたデザインのため、邪魔になりません。

 

浮気調査グッズ②ICレコーダー

高音質でクリアなトークを録音することができる「ICレコーダー」は、最大16GBの大容量メモリーが内蔵されているため、1100時間ものデータ保存が可能な製品です。420mAh大容量バッテリーを搭載しているため、長時間の録音にも最適です。

軽量かつコンパクトサイズで携帯にもとても便利に活用できるでしょう。メニュー表示が見やすい画面に設計されているため、ファイルの管理も簡単に行えるおすすめの製品です。

 

浮気調査グッズ③ペン型隠しカメラ

普段使いのペンが隠しカメラ型に設計された「ペン型隠しカメラ」は、誰が見ても普通のペンにしか見えない高精度なカメラです。ボタンを押すだけで録画をはじめ録音やカメラ機能に早変わりします。

そのため、使用したい時にすぐに利用することができるでしょう。操作性も簡単なので、機械操作が苦手という方でも安心して使用することができます。ペン型のため持ち運びにも便利です。いざという時に活用の幅が広い製品としておすすめです。

 

自分で浮気調査する際の注意点

自分の力で浮気調査を行うことができるものの、法に触れることのないよう、いくつかの注意点を守って慎重に行うことが大切です。

ここからは、自分の行動が法に触れないよう注意すべきポイントを3点確認していきます。もしも自分で調査を行うことを検討されている場合は、以下の点をしっかりとチェックしておいてください。

注意点①法律に違反しないようにする

すでに夫や妻の浮気を疑っている場合、相手の洋服やバッグの中を確認するケースは多いようですがこれはプライバシー侵害にあたるため注意が必要です。また、スマホのパスコードロックナンバーで勝手にスマホへアクセスすると、不正アクセス禁止法にかかるなど、取扱には十分注意しなければなりません。

さらに、別居状態であった場合でも、相手宅へ立ち入ることは住居侵入罪となる恐れがあり、こちらも懲役や罰金の対象となるため注意しましょう。

夫や妻の浮気の決定的な証拠を掴みたいあまり、法に触れる行為にエスカレートすることもあるため、まずはひとつずつクリアになるよう行動していくことが大切なことだと言えます。

注意点②バレないように気をつける

自分で浮気調査を行う場合、相手に気付かれる可能性も高く、特に敏感な人である場合はすぐに自分の身の回りの変化に気付き、警戒心を抱かれてしまい、その後、浮気調査を継続することが困難となることもあるでしょう。

その場合、現場を抑えられなくなるかもしれません。時にプライバシーの侵害に該当することで逆に訴えられることになるなど、リスクがつきまとうという点を理解しておきましょう。

注意点③すぐに証拠を突きつけない

もしも自力で相手の浮気の証拠を掴んでも、相手を問い詰めることは避けてくださいこれは、相手が言い逃れをする可能性があるからです。あまりの腹立たしさから自分を見失ってしまうことのないよう注意しましょう。

自分で浮気調査することに限界を感じたら?

実際、あらゆるアイテムを活用することで、自分の力で夫や妻の浮気調査を行うことは可能ですが、法に触れる恐れもあるためある程度のリスクがあると言えます。その場合は探偵事務所やプロの力を借りる方法がおすすめです。

探偵事務所などは国家公安委員会より探偵業届出証明書を得て営業を行っているため、信頼性が高く、自分に負担なく浮気調査を行うことができます。

自分で浮気調査する時は慎重に行おう

夫や妻に浮気の疑いがある時は、自分の力で浮気調査を行うことができることが分かりました。その際、便利に活用できるアイテムがあるなど、法律に触れずに行う方法を解説しました。

この記事でご紹介したアイテムを使用して自分で浮気調査を行う時は慎重な行動で行うようにしてください。とは言え、浮気調査を自力で行うには限界を感じることもあるでしょう。そのような時はプロの力を借りることも視野に入れ、検討するようにしてください。

その他の関連記事はこちらから