記事更新日:

マッチングアプリでOKがもらえるデートの誘い方は?NGな誘い方も解説!

近年の若い世代を中心として、出会いの場として普及しているマッチングアプリ。やり取りをある程度交わしたら、デートに持ち込みたいところですが、相手をその気にさせるのなら上手い誘い方というものがあります。今回は、マッチングアプリでOKをもらえるデートの誘い方などについて解説します。

マッチングアプリで初めてのデートに誘うタイミング

気軽に使える出会いの場として、若い世代をはじめ活用されているマッチングアプリ。マッチングが成功し、相手が良さそうだと感じれば、デートに誘いたいところですが、そのタイミングは慣れていないと難しいものです。

初デートに誘うタイミング①メッセージを始めて4日目あたり

まずタイミングとしてお勧めするのは、メッセージのやり取りをし始めてから4日経過したあたりです。デートに誘うのは、マッチングアプリでマッチングが成功し、メッセージを4日ほどやり取りしてから行ってみましょう。

相手の女性の性格、一日ごとにやり取りしているメッセージの量によって前後するところはありますが、ここで言う4日目というのは、1通当たり50文字前後、文数にして3行から4行程度のやり取りを続けた場合と仮定します。

一通のメッセージにかける文量がこれ以上に長かったり、逆に短い場合には、誘うタイミングは遅くしたり早くしたりと調整が必要です。只、どちらにしても早すぎる段階で誘うのは禁物です。

初デートに誘うタイミング②行きたい場所の話が出た時

2つ目のタイミングとしてお勧めするのは、行きたい場所の話が出た時です。この行きたい場所というのは、どちらか一方が行きたい場所ではなく、出来れば共通で行きたい場所という時が一番理想的です。

このタイミングであれば、今度一緒に行かないか、という形で自然にデートに誘う事が出来ますので、唐突にはなりません。もし共通の趣味がある事が分かっており、かつ共通の行きたい場所であった場合には非常に有効です。

初デートに誘うタイミング③休日の話題が出た時

3つ目は、休日の話題が出たタイミングになります。マッチングアプリのメッセージでは、お互いの事を知るために色々とやり取りをしているでしょう。その中で、休日に何をしているのか、と聞き合うのは特段不思議なものではありません。

例えば、明日が休日というような話をしていた時には、その流れに乗って次の休日にどこかへ出かける誘いをするのが自然な流れになります。ただし、ここでは飲みに行ったりではなく、ランチに誘うようにしましょう。

飲みに行く、となると必然的に夕方以降で、相手に警戒される可能性があるからです。どこか雰囲気のよさそうで入りやすいレストランかカフェを見つけておいて、誘ってみましょう。

初デートに誘うタイミング④マッチングから2週間以内

もう1つ、タイミングというよりも期限的なものにはなりますが、マッチングが成功してから2週間以内に誘ってみましょう。なぜ2週間以内なのかというと、相手の気持ちが離れないうちにデートの約束を取り付けたいからです。

2週間以上メッセージのみのやり取りだけでは物足りなくなってしまいますし、アプリでは複数の相手と同時進行で連絡が取れます。時間が経過すればするほど、相手の興味関心が薄れていってしまいやすいのです。実際、マッチングアプリから初デートまでには、大体2週間前後というのが最も多いと言われています。

マッチングアプリでOKがもらえるデートの誘い方

この様に、誘い文句よりも前に、タイミングをしっかりと見計らう事も大切になっています。では次は、そんなタイミングをしっかりと見極められたとして、実際に誘う時の相手に受け入れてもらいやすい誘い方についてです。

OKがもらえるデートの誘い方①気軽に行ける場所

まず、デートで行く先は気軽に行ける場所を選択し提案しましょう。最初のデートでお勧めできるのは、カフェ、公園、そして飲食店の3つになります。

これらの場所は一人でも気軽に行く事が出来ますので、実際に会うのが初めての相手とでも敷居を高く感じる事もなく、無駄な緊張感を省いて楽しむ事が出来るのです。

カフェも公園も飲食店も、どんな場所にだってあるものです。つまりは、お互いのアクセスが良好という事になります。万が一どちらかが乗り気でなかったとしても、スムーズにデートを終了させられるという保険付きです。

OKがもらえるデートの誘い方②誘った日から2週間以内

2つ目は、デートに誘った日から2週間以内に日にちを決める事です。軽めに行けそうな場所をチョイスして、上手い事デートの誘いに乗ってもらえたら、次はいつ行くかという話しになりますから、2週間以内にするのです。

互いに気を遣って、相手の都合のいい日に自分が合わせようとするのも珍しくは無いでしょう。しかし、それではお互いが合わせようとして一向に決まりませんので、互いが土日休みと分かっているなら、次の金曜夜、または土日のどちらかというように、目安をある程度提示します。

誘うタイミングでもそうでしたが、デートの日程も遠くなればなるほど相手への興味が薄れる可能性が高くなり、最悪ドタキャンされる恐れもあります。

OKがもらえるデートの誘い方③デートまでは毎日メッセージのやり取りをする

もう1つ、デートの場所や日程が決定出来たら、それまではできる限り毎日メッセージでやり取りをするようにしましょう。日程を決めたら近くなってから連絡する、といいたくなるところですが、それはNGです。

なぜならば、相手が不審に思う可能性もありますし、デートまでなんのやり取りもないと、相手が自分に本当に興味を持ってくれているのか不安に感じてしまう事もあるからです。

折角デートの約束を取り付けられたのですから、そのチャンスを逃さないためにも、メッセージは毎日送って相手のテンションを維持するよう努めてみましょう。日にちが近くなってきたら、楽しみにしている旨も伝えてみると良いです。

マッチングアプリでデートに誘う時の例文

やはりデートを受け入れてもらえるかどうかは、相手にとってストレスにならない内容、問題なく行けるか、モチベーションなどが大切になるので、前述した努力が必要なのです。そして、実際に誘う時には、受け入れてもらいやすいいくつかの例文があります。

デートに誘う例文①共通の趣味

まず、共通の趣味を持っている事がマッチングアプリでのやり取りですでに判明している場合の例文です。共通の趣味を利用したデートの誘い方の例は、以下のようなものになります。

  • 自分「僕も映画が好きなんですけど、最近気になってる映画とかありますか?」
  • 相手「そうですね、昨日公開された~が気になっています!」
  • 自分「そうなんですね!僕もちょうど気になっていたんですが一緒に行く人がいなくて…良かったら観に行きませんか?」

この様に、相手のプロフィールで映画を鑑賞するのが好き、趣味というように分かっている場合、相手の観たい映画を口実に誘う方法があります。そのほか、カフェ巡りや古本巡りなどが趣味なら、カフェに誘うのも本屋に誘うのもOKです。

デートに誘う例文②好きな食べ物

2つ目は、相手の好きな食べ物の話題からデートに繋げる誘い方になります。相手のプロフィールの画像に設定されていたり、好きな食べ物が分かっているのであれば、そこからデートの話題にできます。

  • 自分「プロフィールの○枚目の焼肉、美味しそうですね!」
  • 相手「美味しかったです!焼肉好きなんですよ」
  • 自分「本当ですか!オススメの焼肉屋があるんですけど、良かったら一緒に行きませんか?」

この様に、相手も間違いなく興味を持ってくれそうな内容で自然にデートに誘えます。ただし、この時明確にデートと言わず、あくまでも一緒に食べに行く事だけを伝えるようにしましょう。

デートに誘う例文③よく行く場所

趣味、食べ物の話題以外でも、仕事場や学校、また相手がよく行く場所を聞いてみましょう。相手からすれば自分でもよく出向いている場所なのですから、行くとしても気軽に行く事が出来ます。

  • 自分「普段はどういった場所で遊んだりしますか?」
  • 相手「渋谷や新宿が多いですよ!」
  • 自分「そうなんですね!渋谷によく行くカフェがあるんですけど、良かったらお茶でもしませんか?」

例文としては、このような流れになります。自分も相手も行き慣れている場所であれば短時間であっても会いやすいですし、カフェなどでなくとも、遊べる場所であればそちらに誘ってみても流れとしては自然でしょう。

【恋愛相談なら!】エキサイト運営の恋ラボ

『恋ラボ』は、予約不要でカウンセラーにいつでも相談できる、完全匿名の恋愛相談サービスです。恋愛相談専門でプロのカウンセラーが100名以上在籍!相談内容は多岐に渡り、24時間365日、電話・チャット・メールで相談できます。

公式HPを詳しく見る

恋ラボはこんな人におすすめ!

  • 男性心理・女性心理が分からない
  • 復縁のベストな方法を知りたい
  • 失恋から立ち直れない
  • 不倫・浮気・苦しい恋愛から抜け出したい
  • 婚活必勝法が知りたい
  • 既読スルー・音信普通の対処法
  • 片想いの人と仲良くなりたい
  • 相手が喜ぶ褒め方が分からない

『恋ラボ』では、恋愛に関係することなら何でも相談できます。復縁・浮気or不倫・婚活・片想い・失恋・性の悩みなど、人には言えない悩みをプロのカウンセラーに相談、状況に応じた具体的なアドバイス受けながら、一緒に解決法を考えてくれます。

恋ラボの特徴

  • プロのカウンセラーが多数在籍
  • 24時間365日予約不要で受付
  • 相談料は1分単位
  • 匿名・非対面のカウンセリング
  • チャット・メールでの相談も可能

『恋ラボ』は、24時間365日受付可能・予約不要のため、いつでもどこでも気軽に恋愛相談が可能です。利用者は、話がしたいカウンセラーを選んで、「電話」「チャット」「メール」の3種類から自分に合った方法で相談ができます。

匿名で非対面でのカウンセリングになるので、家族や友人などに知られる心配もありません。1分単位の相談料金制なのでお財布にも優しく、悩みの大小に関わらず自分のペースで相談できます。初回は1,000円分の相談料が無料となっているので、悩みをお持ちの方は是非利用してみてください。

恋ラボの利用価格

電話相談料 1分単位 ※最低相談時間6分 110円(税込)~/1分
※カウンセラーによって異なる
支払方法 クレジットカード
銀行振込
コンビニ払い
各種電子マネー
Pay-easy

料金は1分単位になっており、カウンセラーによって違います。電話相談・チャット相談・メール相談の料金は、公式HPの各カウンセラープロフィールページに明記されているので、ご確認下さい。

恋ラボの評判・口コミ

どんな自分でも愛していいんだと強く言ってもらえたことが、まるで母親が自分のためにしっかり注意してくれているかのようで自然に涙が出てきていました。引用:恋ラボ

先生はこれまでのいきさつなど、うんうん、と聞いてくれ、私の話を踏まえて的確に答えて頂きました。ゴールが見えない不安で辛かったのですが先生のアドバイスを受け目標が決まり精神的にも楽になりました。引用:恋ラボ

ほぼ愚痴の内容の私の話を聞いてくださりありがとうございました。彼の言動に振り回されてずっと悩んでいましたが、先生が丁寧に分析してくださったことで彼のことを少し理解できたような気がします。引用:恋ラボ

恋ラボの公式HPを詳しく見る

 

マッチングアプリで2回目デートの誘い方

無事にマッチングアプリからの初めてのデートを終える事が出来、相手も悪くなさそうだと思えたのであれば、そこで終わるなどという事はできません。次は、2回目のデートに誘う必要があります。

LINE交換はしておくこと

まず、初めてのデートの時、もしくはその後に相手とのLINEの交換は済ませておきましょう。マッチングアプリのメッセージ機能でもやり取り自体はできますが、やはりLINEの方が気軽に連絡が取りやすくなります。

これは2回目以降だけではなく、初めてのデート前にやっておいても損ではありません。やはりLINEであれば連絡が気軽に取りやすいので、どんなタイミングでも交換をしておくのに越したことはありません。

中には、LINEの交換に抵抗を感じる相手もいます。その場合には、無理に交換を迫ったりせず、相手の意見を尊重した方が吉です。

2回目デートは解散後すぐに

2回目のデートに誘うタイミングについてですが、初めてのデートで解散してからすぐに誘うようにしましょう。一度目のデートで相手に特に悪い印象を持たなかったのであれば、解散後すぐに行動に移すべきです。

初デートに誘う時もそうですが、時間が経つにつれて相手の自分に対する興味関心は薄れていってしまいますし、デートをした後であればどれだけ楽しかったとしても時間が経てば経つほど気持ちは離れやすいものです。

その為、デートで実際に会い、その日別れてからすぐに行動を起こす事で、デートが楽しかったと主張できます。相手もそれだけ興味を持ってくれている事を感じ取ってもらえますので、お礼とまた会いたい旨を伝えましょう。

マッチングアプリでデートのNGな誘い方

この様に、相手の気持ちを離れさせず、モチベーションをいかに維持させるか、興味を持たせ続けられるかがマッチングアプリのデートにおいて大切になります。逆に、マイナスな印象を持たれやすいNGな誘い方も覚えておきましょう。

NGな誘い方①不謹慎な誘い方はNG

まず、不謹慎な誘い方、真剣さの見えない誘い方はNGです。相手が真剣に出会いを求めてマッチングアプリを利用しているのであれば、折角会うのならできる限り良い人間性の相手とデートをしたいと思う事でしょう。

だというのに、誘い方の中で「(笑)」「w」などを付けると、真剣さを感じにくくなってしまいます。こちらとしてはそこまで馬鹿にした意図はなく、照れ隠しのつもりかもしれませんが、相手の受け取り方としては、何を面白がっているのかと思われます

そうなると、真剣さが感じられずにデートにも繋げられなくなってしまいます。相手が真面目に出会いを求めている以上は、こちらも相応に誠意のある対応を心がけるようにして下さい。

NGな誘い方②ネガティブな話題は出さない

2つ目は、ネガティブめな話題を積極的に出さない事です。仮にデートが決まったとしても、その間のメッセージのやり取り、および実際に会ってからの会話の中でネガティブな話はNGになります。

よくあるのが、職場や上司に対する愚痴などです。誰でも抱える事であり他人に聞いてほしいことかもしれませんが、聞いている相手としてはあまり心地の良いものではないのです。

特に初めてのデート、つまり初対面の相手からそんな話を聞かされたところで、良い気持ちにはなりません。同様に、相手に気を遣って過度に謙遜する事も、卑屈に感じられてしまいやすいので避けましょう。

NGな誘い方③返事の催促はご法度

もう1つ、返事の催促はしないでください。相手にも仕事やプライベートがあるのですから、いつ何時でもマッチングアプリが利用できたり、LINEに対応できるわけではありません。

特に女性からすれば、返事の催促というのはどう反応して良いかもわからず、非常に面倒に思われてしまいます。もしどうしても返信が欲しい相手だった場合、3日ほど日を置いて、とても興味があるので返信がほしい旨を言いましょう。

デートに誘ってから中々返事が来なかったとしても、返事を催促するようなメッセージは相手にとって迷惑になる可能性が高いので、避けるようにして下さい。

 

気になる彼女の脈ありサイン

実際にデートをしてから、女性が脈ありなのかは極めて重要かつ知りたいところですが、例えば実際のデートで解散後、振り返ってこちらを確認するような動作があった場合、意識されている可能性が高いです。

その他、解散して帰宅している最中に相手側から連絡が届くことも分かりやすいサインですし、次のデートのスパンが短いといった場合には、相手が本命として自分を見てくれていると考えられます。

マッチングアプリで素敵な出会いを見つけよう

マッチングアプリで顔の見えない女性をデートに誘うためには、如何に相手が興味を持っており、かつ負担にならないデートを計画できるかがとても大切になります。是非マッチングアプリで素敵な出会いを見つけてみてください。

その他の関連記事はこちらから