記事作成日:

マッチングアプリは2回目のデートが重要!上手な誘い方や場所をご紹介!

現代では、マッチングアプリから出会い、デートをするというスタイルも珍しくなくなりました。そんな中で、実際に出会って2回目のデートというのが、恋人関係になる為には特に重要と言われています。今回は、そんなマッチングアプリから2回目のデートの重要性、誘い方などを解説します。

マッチングアプリ2回目のデートは脈あり?

まず気になるのは、マッチングアプリから2回目のデートが出来るというのは、脈ありなのかどうかという事です。結論から言いますと、脈ありである可能性が非常に高いといえます。

そもそも、2回目という事は当然ながら既に1回目のデートを終えている筈です。もしもそこで自分と合わなさそうな相手であった場合、早々に切り上げて2回目のデートなど応じない事でしょう。

にもかかわらず、わざわざ2度目のデートに応じてくれているという事は、それ相応の好感度を得ている証左なのです。

マッチングアプリで2回目のデートの誘い方

一度目のデートがどうにか成功して、2回目のデートに誘う場合には、タイミングや期間の空け方などが大切になります。気になっている相手なわけですから気持ちもはやるかもしれませんが、しっかりした順序を立てて予定を決めましょう。

誘い方①初デート後

まず1つ目は、初デート後に誘うというものです。初めてのデートで上手く運べたのであれば、終わってからの別れ際あたりでもう一度会ってほしい、というような旨を相手に伝える誘い方が自然でしょう。

デートの誘いというのは男性からのイメージが比較的強めなものの、別段決まりがあるわけではないのですから、女性の側から誘っても一向に問題はありませんし、男性も悪く思っていないのなら応じてくれるはずです。

誘い方②初デートから3週間以内

2つ目は、初回のデートから3週間以内に誘う事です。何回目のデートであっても、期間が空きすぎてしまうと相手への気持ちも覚めてしまいやすいです。特に3週間以上の期間を置くと、気持ちを忘れられてしまうかもしれません。

特に、マッチングアプリでは自分だけではなく、他の人とのやり取りも出来るのですから、間を空けすぎては他の人のところへ行ってしまう可能性も十分に考えられます。

3週間以内、出来れば2週間のうちに誘う事が出来ると、相手も対応してくれやすいでしょう。勿論、無理にこの期間に合わせる必要は無く、相手が望むなら明日でも構いません。

誘い方③日程や場所を決めてから誘う

3つ目は、日程や行く場所を決めてから誘う事です。自分からデートに誘おうとしているのですから、肝心の日程を相手に全部任せきりというのは男女どちらにも印象の良いものではありません。

日程については、候補日をいくつか挙げると相手に親切です。また、自分が行きたいからと言って趣味嗜好に偏った場所にするというのも推奨できません。例えば「イタリア料理が好きと言っていたので、いいお店を見つけたから行ってみないか」というような誘い方だと理想的です。

できれば、相手の趣味嗜好について1回目のデートの中である程度把握しておけると良いでしょう。2回目のデート内容を決める参考になります。

誘い方④素直に

そして大切なのが、素直に誘うという事です。折角一度デートをする事が出来た相手なのですから、変に取り繕ったり悩んだりするのは不要です。純粋に「あなたともう一度出かけたい」という気持ちを素直に伝えるのが、やはり一番相手に伝わりやすいのです。

往々にして素直な気持ちを伝えるのは恥ずかしさを感じるものですから、2度目のデートに誘おうとしている以上、意識しているのは明らかです。告白前の予行演習のようなものと思って、正直な気持ちを伝えてください。

マッチングアプリの2回目デートのおすすめの場所

1回目のデートでは、お互いがどんな雰囲気なのかをつかむための手探りのようなものでしたが、それが終わった2回目のデートは、お互いをより深く知るためのものです。当然、行く場所も重要になります。

おすすめの場所①1回目のデートより長居できる場所

1つ目にお勧めするのは、1回目のデートよりも長居できそうな場所です。先に述べた通り、お互いをさらに深く知って親密度を高めるためのデートという意味合いが強いですから、長い時間を過ごせるところを推奨します。

ただし、朝早くから始まって終電ギリギリまで、というような極端な長居をする必要はありません。それでは相手も自分も疲れてしまいます。

例としては、1度目のデートでカフェやレストランなどでランチを2時間程度したという場合、2回目は半日ほど過ごせる場所が良いでしょう。ランチと映画、水族館とカフェのような組み合わせが適しています。

おすすめの場所②少し高めのレストラン

2か所目は、少し高めのレストランになります。ある程度のムードが欲しいという場合には、少し敷居と金額の高めなレストランを選んでみましょう。1度目ならカジュアルな場所でも良いですが、2度目は本気度を伝えるためにも高いレストランという選択肢が出てきます。

しかし、いくら相手に良く見せたいと思っているからと言って、自分が慣れていない高級なお店を選ぶと、不甲斐ないところを見せてしまいます。これでは頼りないという印象が強く残るので、出来る限り行った経験のある店舗をお勧めします。

おすすめの場所③1回目のデートとは違う場所

注意してほしいのが、1回目のデートと同じような場所を選ぶことです。確かに二人で言った経験もあるので足を運びやすいかもしれませんが、同じ場所が続くとなると、相手にやる気のなさを感じさせ不快に思われかねません

特に相手からの希望が無い限りは、同じ場所に連続でデートの中で行くというのは避けてください。只、例えばお互いの趣味がカフェ巡りで共通していて、別のカフェ店に行くというように、合意の上で行くのなら問題ないでしょう。

おすすめの場所④相手の行きたいところ

最もお勧めできるのは、相手が行きたいと思っているところです。やはり行きたかった所に行けるとなれば、相手もデートに乗り気になってくれる可能性がとても高くなりますから、デートそのものの成功率も相応に高くなるでしょう。

勿論、その為には相手がどこへ行きたいと思っているかを事前に把握する必要があります。なので、1回目のデートの中、もしくはマッチングアプリやLINEを交換しているのならLINEの中のやり取りの中で、相手の好きな物、行きたいと思っている場所を把握しましょう。

おすすめの場所⑤思い出に残る場所

折角お互いの都合を合わせていくデートなのですから、二人の思い出に残る場所だとより良いです。同じ場所で同じ体験をしたという事を共有して、後になってから楽しかったことを振り返られる所をお勧めします。

お互いの共通している趣味に関するスポットであったり、有名なレジャースポットなどを事前にリサーチできると、スムーズに場所も絞る事が出来ます。候補をいくつか用意して、相手と一緒に考えるのも良いでしょう。

例を挙げれば、動物園や水族館は定番どころです。動物好きであればデート中の会話も盛り上がりやすいので、お互いにとって楽しい時間となる筈です。

マッチングアプリの2回目デートで気をつけること

この様に、お互いを掘り下げてより深く知るための2回目のデートは、1回目よりもなお思い出に残るようにする必要があります。より良いデートを実現するためにも、気を付けておくべきポイントもそれぞれご紹介しましょう。

気をつけること①1回目のデートを覚えておく

まず1つ目は、1度目のデートの内容をしっかり覚えておくことです。行った場所、した会話の内容は、出来る限り頭の中に入れておいてください。もし2回目も趣味や休日何をしているのかなど、1度目と同じ質問をしては、まず相手に良い印象を与えられません

また、反対に1回目に自分がした話の内容も覚えておくようにしてください。相手の側に立ってみれば、2回目だというのに1回目と同じ話をまたしても聞かされるという状況なのですから、面白くは無いでしょう。

これではデートそのものが失敗に終わる可能性が高いです。なので、十分に1回目の事を覚えておいて、話のネタとして使ってみましょう。

気をつけること②話す内容が大事

2つ目は、話をする割合と内容です。初めてのデートではありませんので、何となくでもお互いの雰囲気や簡単な情報を得られている筈です。であれば、相手をより深く知るためにも、恋愛の話をするべきです。

どのような人が好みなのか、付き合うとしたらどんな条件が欲しいのか、これからのデートでどんなところに行きたいかなど、恋愛関係の話はできる限りポジティブにしてください。

また、お互いの会話量の割合も大切です。片方が話しすぎていては、聞く側も疲れてしまいます。もし話しすぎていると感じたら、相手に質問を投げかけるなど、割合を上手く調整してみましょう。

気をつけること③服装

どれだけデートを重ねても、やはり服装、見た目というのは大切です。デートをするのにふさわしい服装と、清潔感を感じられるような衣服をチョイスしましょう。

この時、特に悪い印象は持たれなかったから、相手に覚えてもらえている筈だからと言って、1回目と同じ服装で行くのは避けましょう。折角のデートなのにこだわりが無いと思われてはマイナスだからです。

とは言っても、無駄にオシャレを意識しすぎる必要もありません。それで空回りしてしまうよりは、自分に似合っていて、かつ清潔感を感じさせるものが無難です。

気をつけること④距離感

いくら2回目のデートだからとは言っても、まだまだ距離感を適切に保つのは大切です。すでに一度デートをしているのから大丈夫だろうと、馴れ馴れしくしすぎてもNGなのです。

2回目のデートの主な目的は、相手の事をより深く知って、交際を真剣に考えるか否かを考える事です。告白も何もしていないのですから、当然まだ恋人同士の間柄になったわけではありません。

2回もデートに応じてくれているのだから、脈ありの可能性が高いとはいえ、距離が近すぎては相手に引かれてしまうでしょう。あくまでもまだ自分は相手にとって、顔と名前を覚えてもらっている他人であると心得ましょう。

気をつけること⑤嘘をつかない

当然かもしれませんが、嘘をつく事もしないようにしましょう。過去の恋愛に関してはあまり引き合いに出すのも勧められませんが、もしそこで嘘をついた場合、後々でつじつまが合わない事が相手にバレて嘘が発覚する可能性も考えられます。

また、嘘というよりは冗談にも気を付けましょう。ある程度親密になれたとは言っても、自分が冗談のつもりで言った事を、相手は真に受ける事くらい普通にあります。これでは、デートの雰囲気も悪くなります。

それどころか、相手からの信頼を失う事だって十分にあり得るのです。まだお互いに他人であることを自覚し、情報は統一する事、誠実に話をする事を心がけてください。

マッチングアプリの2回目デートの脈ありサイン

1回目のデートを終えて、無事に2回目のデートにも誘う事が出来た場合、相手は自分の事をある程度信頼してくれている、興味を持ってくれているという事くらいは分かるでしょう。そこで気になるのが、実際にどんな気持ちなのか、についてでしょう。

男性の脈ありサイン

まず、男性の脈ありサインについてです。2回目のデートで男性に見られる主な脈ありのサインは、以下のようなものが考えられます。

  • お店に行くときにドアを自然に開けて入れさせてくれる
  • 1回目のデートよりも外見や中身を褒める言葉が多くなる
  • 手を繋ごうとしてきたり、肩に触れるなどの軽いボディタッチが増える
  • 1回目のデートで話した自分の好きなもののあるお店を予約してくれる

この後に解説する女性の脈ありサインよりも、男性の方がボディタッチや言葉にして褒める事が多くなるなど、気持ちが明確に言動に現れやすいです。それを1つでも察知できれば、自分に気持ちが向いていると捉えても良いでしょう。

女性の脈ありサイン

  • 物理的に距離を近づけたり、ボディタッチをしても嫌がられない
  • 目を何度も見つめてくる、何回も目が合う
  • 質問をしてくる回数が多くなる
  • 歩くスピードが遅くなっている
  • 声のトーンが高めになる

続いて、女性の脈ありサインです。男性と比べると若干分かりにくい部分は多いものの、態度や行動に現れますので、それなりに注意深く反応を見ていれば、気持ちがある事も察知できると思われます。

マッチングアプリの2回目デートで告白しても良い?

この2回目のデートで、もしも相手から悪くない感触をつかめた場合、告白までしても良いのかというのは、悩みどころかもしれません。しかしこれについては、まだ堪えた方が良いです。

というのも、やはり2回目のデートは互いを深く知る事が目的であり、多くの場合は3度目のデートで告白をするからです。少しでも可能性を高めたい場合には、この次の3回目のデートの終わりごろあたりに仕掛けてみましょう。

マッチングアプリでは2回目のデートに繋がるよう頑張ろう!

2回目のデートは、対応をしてくれている以上は十分に脈ありの可能性があると考えても良いでしょう。しかし、不甲斐ないところを見せてはもちろんマイナスですので、良い印象を与えられるような努力は怠らないようにしてください。

その他の関連記事はこちらから