記事作成日:

彼女が喜ぶデートプラン&デートスポットをご紹介!上手な誘い方は?

彼女と付き合い始めた時には、デートスポットをどこにするべきか、どんなプランを立てるべきか迷った経験が少なからずあるかと思われます。せっかく約束を取り付けられたのですから、満足のいくデートにしたいところでしょう。本記事では、彼女に喜んでもらえるデートスポットなどを紹介します。

彼女とのデートの頻度はどれくらいがいいの?

そもそも、男女のデートはどの程度の頻度で行うのが良いのでしょうか。今まで経験のない方にとっては、よく分からない点でしょう。一般的には、女性側からすると、理想的なデートの頻度は週に一度、もしくは2週間に一度程度と言われています。

もちろん、これはあくまで平均的な頻度であって、必ず毎週会わなければ不機嫌になるというわけではありません。無理にスケジュールを合わせたり空けようとせず、互いの予定を尊重しつつ日程を決められると理想的です。

先に述べた通り、デートの時間というのはお互いにとって非常に幸せなひと時となるでしょうが、会いたいからといって無理やりスケジュールを合わせても、その後のプライベートに差し支えるかもしれません。ゆえに、互いの時間も尊重すべきなのです。

彼女とのデート場所の決め方

女性の思う平均としては、デートの頻度は一週間か二週間に一度ですが、人によって差がありますので、その点も話をしてはっきりさせておけるとよいでしょう。続いては、気になるデートの場所の決め方についてです。

デート場所の決め方①彼女と相談する

まず1つ目は、やはり彼女本人と相談をして決めることです。事前に何も決めることなく、当日行き当たりばったりで楽しむ、というやり方ももちろん間違いではありませんが、行きたい場所などがあるのであれば、前もって相談しスポットを決めておきましょう。

当日どこへ行くか迷ってしまっても、時間を無駄に使ってしまうだけになります。そのため、完璧にとは言いませんが、ある程度はどこに行きたいか、食事はするのかなど一緒に行きたい場所をピックアップするのです。

直接会って相談ができるのであればそれが一番理想的ですが、LINEや電話でやり取りをしてもよいでしょう。相談の方法はなんにしても、デートの場所やプランを計画している時間を作れば、当日が楽しみになるはずです。

デート場所の決め方②雑誌やネットで調べる

2つ目は、雑誌やネットを活用して調べる方法です。今の時代、情報を入手しようと思えばどこからでも可能になっています。特にインターネットはどこでも利用できますから、ネットを使った情報収集はやっておいて損はないでしょう。

もしも事前に彼女を相談をしていて、ある程度行く場所が決まっているのであれば、その施設などについてより詳しい情報を集めてもよいです。細かい情報が事前に頭に入っているのであれば、当日スムーズに段取りを進められるようになります。

デート場所の決め方③定番スポットに行く

3つ目は、定番のデートスポットをチョイスしてみることです。もし週に一度レベルの頻度の高さでデートができているとしても、毎回近場を回るだけであったり、定番の食事を一緒にするばかりではマンネリ化してしまいかねません。

そこで、定番スポットをデート場所に選ぶのです。遊園地や水族館、動物園などが有名どころでしょう。こうした場所というのは、定番のスポットであるとは言っても、毎度来れる場所ではない非日常的空間であるはずです。

彼女と行きたいおすすめデートプラン&スポット7選

以上、デートの頻度はどの程度が良いのか、デート場所を決めるのに迷った場合の決め方について、それぞれ解説してきました。ここからは、定番スポットを抑えたお勧めのデートスポットなどを紹介していきます。

デートスポット①テーマパーク

まず1か所目のおすすめスポットは、遊園地やテーマパークです。こちらは、両社とも丸一日デートに時間を使える場合に推奨します。定番のデート場所といえば、まず真っ先に上がってくるであろうスポットになります。

大きな施設ですから様々なアトラクションに乗って楽しむことができ、飽きることなく一日楽しめるはずです。非日常的空間ですから、お互いにテンションが上がって思い出に残る時間になることは間違いありません。

また、中高生などの金銭的にあまり余裕がなく、選択肢があまり多くない方にもお勧めできます。敷居は全く高くありませんし、初めてのデートであったとしてもさほど緊張しすぎることなく楽しめるでしょう。

デートスポット②動物園

続いて2か所目は、動物園です。こちらも遊園地やテーマパークと同じく、定番のデートスポットに数えられます。お互いに動物が好きであれば選択肢として非常に有力になりますし、餌やりなどで直接動物と触れ合ったりもできます。

最近では、昼間だけではなく夕方以降に夜行性の動物を見られる企画を催している動物園もあります。夏季限定の企画ではあるようですが、通常とは一味違った雰囲気の中で楽しむのも思い出に残す方法としては良いでしょう。

ただし、ずっと歩き回ることになりますので、彼女が履いている靴などによっては少々厳しいかもしれません。休憩を入れたりする必要がありますし、当日雨では行くことすら難しいため、気象情報にも十分気を配っておきましょう。

デートスポット③自宅

自宅をチョイスして「おうちデート」というのも定番です。特段どこかに足を運ぶ必要がないため、二人の時間を多く取ることはできますが、定番であり費用もかかりませんので頻繁に行われがちで、マンネリ化してしまいがちともいわれます。

ですが、探してみれば夢中になれることはいろいろとあるものです。何よりも時間がありますので、二人で本格的な料理作りにチャレンジしてみたり、部屋のインテリアをDIYで作成してみたりと、やりようは様々です。

ですので、毎度同じようなことばかりしてしまってマンネリ化の傾向がある場合には、今まで思いつかなかったプランを取り入れてみましょう。もちろん、この時間に次のデートでどこへ行きたいかを二人で吟味しても良いです。

デートスポット④温泉

4つ目は、温泉です。宿泊する予定はなくとも、日帰りで気楽に温泉を楽しみたいというときには、スパ施設が最も適しています。単に温泉に入るだけではなく、アミューズメント施設も充実している場所が多いため、家族連れやカップルで来る方が多いです。

規模が大きめな施設になれば、水着では入れる混浴温泉などもありますので、一緒に温泉を楽しむことも可能です。夕方からでも当然入れますし、ライトアップがされればより良い雰囲気の中で楽しめることでしょう。

また、サウナ、岩盤浴、マッサージといった体を癒すことができる設備も取りそろえられていたりしますので、ここ最近疲れがたまっている、というような話があるのであれば、疲れをいやしてリフレッシュをするという意味も込めて選択肢に入れてみましょう。

デートスポット⑤おしゃれなバー

雰囲気を大事にしたいのであれば、洒落ているバーがおすすめです。居酒屋などだと、気楽には入れる反面周りが騒いでいるので落ち着かないでしょうが、バーであれば真逆の雰囲気の中で二人でゆっくりと話せます。

お酒を飲みつつの話だと会話が進んで、より踏み込んだ話がしやすくなります。互いにお酒を飲むのが嫌いでないのであれば、大人な時間を楽しむのも良いでしょう。時間が短かったとしても、普段とは違う空間ですのでお勧めです。

もちろん、一日中バーにいるわけにもいきませんので、仕事終わりや何かしらの用事を済ませた後のデートの時などに適しています。また、慣れない場所では失敗してしまいかねませんから、行くのならば事前に情報を集めておきましょう。

デートスポット⑥映画館

割と気楽に行けるデートスポットといえば、映画館は定番でしょう。時間的に余裕があれば、見る作品を変えて何度でも楽しむことが可能ですから、事前に見たいものがあればそれで良いですし、当日興味があるものがあればそちらも見てみましょう。

毎月一日は映画の日ということで割安で映画を見られますし、各会社ごとに割引がされたりすることもありますから、デート当日がそれと重なっているのであれば、口実にできます。屋内ですから、気候や天候に左右されたりもしません。

仕事がある平日で会っても、数時間程度余裕があるのなら、レイトショーを楽しむのも推奨できます。相手が良いのであれば、終了する時間に合わせて近くのレストランを予約したりと、その後の時間も取りやすいでしょう。

デートスポット⑦夜景

最後は、夜景を楽しむデートです。夜まで時間が取れる、もしくは夜から待ち合わせをしているデートならば、ロマンチックな時間を過ごすためにも、夜景を楽しめる場所をチョイスすると時間帯を最大限活用できるでしょう。

普段行かない展望台などの高所へ行って楽しんでも良いですし、夜景が見れるのが売りのレストランが予約できたりすれば、相手にとっても非常に満足度の高い時間になるはずです。一口に夜景といっても、見る場所によってバリエーションが違いますから、色々と巡ってみましょう。

彼女とデートするときの上手な誘い方

定番のデートスポットを多くご紹介しました。決め方の中でも述べた通り、迷って決められないよりは、場所を決めて事前に調査し、思い切り楽しむ方がプラスになるでしょう。場所を決められても、誘わなければデートは始まりません。

誘い方①はっきりと伝える

決め方同様、誘うときのアプローチの仕方もいろいろとあり、まずはやはり、ストレートにデートに誘っている旨を伝えてみましょう。誘うのにあれこれ悩みたくない方は、正面から言う方が最も無難ですし、まどろっこしくもありません。

行きたい場所を探しておいて、この場所に一緒に行ってみないか、一緒に行きたい場所がある、という旨をはっきりと伝えます。彼女もそれを嫌に思うことはないでしょうから、相手の予定を考えつつできるだけ早めに話を持ち掛ける方が良いです。

誘い方②口実を作る

ストレートに真正面から伝えるのがなんとなくむず痒いという方は、何かしらの口実を作ってみましょう。特に付き合い始めの時などは誘うのにもそれなりの勇気がいるでしょうし、特段理由がない中だとデートに持っていく方法で悩んでしまうでしょう。

そこで、外的要因からの口実を考えるのです。例えば、友達がもうすぐ誕生日でプレゼントを一緒に選んでもらいたい、知人が働いている店舗があって、食事に誘われている、といった具合です。こうした理由付けがあれば、割と誘いやすくなるはずです。

誘い方③LINEを利用する

もう1つ、LINEアプリで誘う方法もあります。直接伝えるか、そういった時間が中々無いときにはLINEを利用することが多いでしょうが、LINEの場合、行く予定の施設のURLなどを相手に送ってあげると良いです。

言葉だけで「~に行かないか」と誘うよりも、URLやSNSのリンクを送ってあげるだけで、相手も安心感を持ってくれますし、細かい気遣いができるとデートに行く前から好感を持ってくれるかもしれません。

彼女とデートするときの注意点

場所を決め、誘って相手が受けてくれれば、あとは当日デート本番を迎えるのみです。勿論目一杯楽しみたいところでしょうし、失敗など考えたくもないでしょうから、良いデートにするための注意点も最後に解説しましょう。

注意点①デート代は全額負担しない

まず1つ、デート代を全額自分が負担しようとは思わないことです。食事などに行って自分が全部負担してあげ、相手に良いところを見せたいという気持ちは分かります。ですが、毎度全額負担では、彼女が引け目を感じてしまいかねません。

最悪、毎度出してくれるからとATMのような扱いになってしまうかもしれません。多少多く出す程度にしておきましょう

注意点②清潔感のある服装をする

当たり前かもしれませんが、当日の服装は清潔感が大切です。彼女は、できるだけ自分を可愛く見せるためにコーディネートを考えてくるはずです。お洒落に決めたいのは山々ですが、自信がないのなら最大限清潔感を感じさせるコーディネートにしてください。

注意点③食事マナーに気をつける

音を立てて食べる、店員に横柄な態度をとるなどの食事マナーがなっていない人は、ほぼ100%女性からマイナス評価を受けることになります。相手のペースに合わせたり、分けて食べさせてあげるなど、彼女を気にかけてあげられると良い時間になります。

注意点④スマホを触りすぎない

スマホに目を落としすぎないのも注意点です。せっかくのデートの時間の中、スマホばかりを見ていては、自分といてもつまらないのではと思われてしまいかねません。なるべく会話などに努め、どうしても触らなければならないときは、断りを入れてから使えると良いです。

注意点⑤長時間の拘束はしない

最後に、あまり長時間の拘束も厳禁です。終わりがけに別れるのは切り出しにくいですが、ずるずると時間を延ばしていても帰りが遅くなってしまいます。時間をチェックして、スマートに見送りまでできると好印象でしょう。

彼女とのデートを成功させよう

初めてのデートはとても緊張するものですが、そこまでプランを固く考えすぎる必要もありません。とにかくお互いが楽しくなるのが最も大切ですから、ぜひとも無理のない範囲で、思い出に残せるデートを楽しんでください。

その他の関連記事はこちら