記事作成日:

目が合うは勘違い?脈あり行動?徹底解説!

何気ない時、ふとよく目が合うような男性がいたら、それが自分の知っている人であってもそうでなくとも、とても恥ずかしい思いをしたり、緊張が走るなど、そのような経験をされた方はいませんか?今回は、目が合う時の男性の心理状態を探るとともに、その男性の脈あり行動ともとれる言動について、また、脈ありと脈なしの判断方法、さらによく目が合う男性と仲良くなるための最善の方法まで徹底解説していきます。

勘違いの可能性もある?よく目が合う男性の心理とは

よく目が合う男性がいたら、その男性は自分に対して何か好意を抱いているのか、それとも特に理由がないものなのか、女性にとって見分けるのが難しいと感じることもあるでしょう。

ここからは、よく目が合う男性のその時の心理状態を探っていきます。女性にとって勘違いの可能性もあるため、以下に男性の心理を詳しくみていきましょう。

目が合う男性の心理①あなたのことが気になっている

男性は女性とは異なり、とても単純な性質を持っています。そのため自分が好意を寄せる女性に対して視線を送ることが多々あると言われています。

もしも自分の身近なところで何度も目が合う男性がいたら、それはその男性が自分に対して好意を抱いていることの表れだと捉えることができるでしょう。

目が合う男性の心理②視線を感じたから見返しただけ

同じ男性とよく目が合うのは、完全に男性が好意を寄せている証拠でもあります。特に男性は自分が好きな女性を目で追ってしまうことがあるため、相手に自分の気持ちをアピールすることが多い傾向です。そのため、女性と視線が合うというケースが多々見受けられます。

しかし、考え方を変えると、単に視線を感じたことで「なんだろう?」といったように、単に見返しただけの場合があります。この場合、好意とは異なり、無意識に条件反射で行動していることになるため、相手の女性に脈ありサインではないことがうかがえるでしょう。

目が合う男性の心理③あなたが目立つから

どうしても自分よりも派手な一面を見せていたり、とても個性的な相手であれば、自分と異なる存在であると感じ、ついその女性に視線を送ってしまうことがあります。

この時、自分に対して好意を抱いているのではなく、自分自身がとても個性派で目立つ存在であることの方が可能性として高いということが分かるでしょう。

目が合う男性の心理④用事があっただけ

男性が女性に対してビジネスやプライベートにおいて、その人に何か用事があった時、じっと視線を送ることがあります。つい話しかけるタイミングを逃してしまい、それを視線で気付いてもらおうとする行動を取ることがあります。

そのため、この場合は「じっと見つめられていること」は「用事を頼みたい」「用があって話がしたい」という解釈になるということが分かります。女性側が大きく勘違いしてしまいがちな男性の行動ともとれるため、しっかりと見極めていくことが大切です。

職場で目が合う男性の心理とは?

次は、職場で男性とよく目が合うという場合、同じ男性と繰り返し何度も目が合うのなら、それは男性にとって何らかの感情が芽生えている可能性もゼロではありません。ここでは、職場でよく目が合う男性はどのような心理状態であるかを詳しくみていきましょう。

職場で目が合う男性の心理①仕事ぶりが気になる

仕事をしている時に男性と目が合うのは、業務上のコミュニケーションの一種である可能性が高いと言えます。しかし、その人がどのような仕事を行っているのか、また、困ったことはないかなど、やさしい気持ちが働き、配慮していることがうかがえます。

この時、異性としての好意とは異なり、業務を円滑に行うためのものであることから、好意がある、ないを考慮した男性の心理ではないことが分かるでしょう。

職場で目が合う男性の心理②あなたの周りに必要なものがある

ちょうど女性の周囲に、自分が利用したい文房具や書類、必要アイテムがある場合、そちらへ視線を送る男性がいるでしょう。女性からすると、自分の方をじっと見つめられているという勘違いを起こしてしまいそうになります。

しかし、実はこれは男性にとって必要なものが女性のそばにあるというだけで、それを使用したい、今から活用していきたいために取りたいと思っているだけなのです。

つい女性は自分にとってプラスに考えてしまう一面を持っているため、視線の先にあるものが自分かもしれないという誤った解釈をしがちです。このように、業務を行う上で必要なアイテムが女性の周囲にあるためにじっと視線を送ったり、頻繁に目が合ったりするのかもしれません。

職場で目が合う男性の心理③異性として意識している

たとえ職場であっても、男女の恋愛は自由です。もちろん、会社によっては社内恋愛を禁止しているところもあるかもしれません。それでも自分が好きになった相手がそばにいれば、当然目で追ってしまうこともあるでしょう。

この時、同じ男性と頻繁に何度も目が合うという場合、それはれっきとした好意の表れだと捉えることができます。また、目が合ったとたんにわざと目を反らすという行為は、完全に女性に夢中になっている男性の心理状態がうかがえます。

このようにじっと視線を送る中で頻繁に目が合う場合、男性が女性のことを異性として認識し、好意を持っていると言えるでしょう。

職場で目が合う男性の心理④話すタイミングをうかがっている

女性が多忙に業務をこなしていた場合、なかなか話を切り出すタイミングが掴めずにいる時は、男性はじっとその時の女性の様子を観察しています。どこか手が空いた瞬間に話せるタイミングをうかがってくるのです。

その話せるタイミングがなかなか掴めないためにじっと女性を見つめる仕草が見られるのです。このように、話すタイミングを見計らっているという状態は、自分にとってその男性が必要だと感じている可能性があることが分かるでしょう。

職場で目が合う男性の心理⑤同僚としてあなたのことを知りたい

職場で仕事をしている中で、同じ男性とよく目が合う、頻繁にコミュニケーションを取っているという場合、男性が女性のことをもっと知りたいと感じている可能性があります。

それは恋人としての関係性に留まらず、仕事を行う上で同僚としても理解を深めたい、また、お互い相乗効果を持って成長したいと感じているのです。

だからこそ、頻繁に目が合い、良いコミュニケーションが取れている証拠となるでしょう。ここで目を反らすような仕草が見られた時、それは男性が女性に好意を抱いている証拠だということが分かります。

よく目が合う男性の本音は?脈ありと勘違いを見分ける方法

頻繁に目が合う男性は、いったいその時にどのようなことを考えているのでしょうか?実際の考えはもちろん、目が合ったことについて脈ありであるのか、あるいは脈なしであるかを判断すべきだと言えます。

ここからは、よく目が合う男性が感じている本音と、女性対して脈なしか脈ありかを見分けるための方法をご紹介します。ひとつずつ詳しくみていきましょう。

勘違いを見分ける方法①目をそらしたあとに再び見てくるか

男性が女性に対して好意を抱いていない場合、目が合った時に目を反らし、再度相手を見つめるようなことはありません。しかし、自分が少しでも好意を抱く女性と目があった後、なかなか自分から目を反らすことはありません。

やっと自分の意中の人と視線を合わせることができたことで胸の高鳴りを抑えることができない状態になっている可能性もあります。そのままアプローチをかけてくる男性もいるかもしれません。

また、目が合って恥ずかしさのあまり目を反らしたにも関わらず、再びじっと見つめるという行動は、完全に女性に対して脈ありサインだと捉えることができます。男性のこのような行動をしっかりと見極めてみてください。

勘違いを見分ける方法②目が合っている時間が長いか

じっと見つめる時間が長ければ長いほど、女性は自分に対して脈ありであることが分かります。そのため、目が合ったままの時間がとても長く感じる場合、それは女性の自分への好意を寄せるサインだと受取り、その後の恋愛への発展を期待しても良いと言えるでしょう。

勘違いを見分ける方法③目が合ったときに険しい顔をしているか

自分が大好きな相手を見ている時、とても幸せな気持ちになり、必然的に笑顔がこぼれるものです。しかし、相手が自分に笑顔を見せず、目が合ってもにっこりと笑うような仕草がなく険しい顔つきをしていたら、それは脈なしだと捉えることができます。

目が合ったことをプラスに捉えるには少々難しく、この場合、大きく勘違いを起こすことのないよう注意してください。

勘違いを見分ける方法④目が合ったときに反応があるか

しっかりと目が合ったと感じた瞬間、相手が無表情で何のリアクションもしなかった場合、それは単に偶然目が合ったというシチュエーションにすぎません。もしも目が合った時に嬉しいという感情が湧いたなら、自然と笑みが浮かぶものです。

また、恥ずかしさの中で視線を合わせることを躊躇するような態度を取ることもあるでしょう。このような行動が見られない場合、偶然にすぎない、あるいは特に意味なく目が合っただけということになるなど、勘違いのないようにしましょう。

よく目が合う男性と仲良くなりたい!ベストな対処法とは?

では、本当によく目が合う男性がいて、自分がその男性に好意を抱いている場合、目が合う頻度が多いなら、仲良くなるチャンスの到来かもしれません。

その男性と仲良くなるためのベストな方法を以下に3点ご紹介します。自分にとって気になる男性がいるという方は、ぜひご紹介する方法を実践してみてください。

対処法①目が合ったら笑顔を見せる

自分が意中の男性と目が合ったら、とてもドキドキするものです。それはきっと男性も同じ気持ちです。男性の気持ちをドキドキさせ、自分が思いを寄せていることをアピールしたい時は、目が合った瞬間に笑顔を見せてみてください。

笑顔を見せることで男性の気持ちが一瞬緩んだ時こそ話しかけるチャンスです。自ら進んでアプローチしていくことで二人の距離を縮め、男性に自分の気持ちを知ってもらえるよう接してみてください。

対処法②自分から話しかけてみる

積極的な女性ほど恋愛をスムーズに、そして素敵な恋愛へと発展するケースが多いと言われています。そのため、男性と目が合った時、それをチャンスと捉え、自分からどんどん話しかけていきましょう。

しっかりとコミュニケーションを取ることができれば、自分の気持ちをダイレクトにアピールしていくことができます。ぜひ実践してみてください。

対処法③相手のことを見つめ返す

せっかく目が合ったことで相手をずっと見つめていたいという気持ちはあっても、どうしても恥ずかしくてつい視線を反らしてしまうという方、あるいは笑顔になることが恥ずかしいと感じることもあるでしょう。そのような時は、相手をじっと見つめ返してみてください。

そうすることで自分の存在を相手の男性にアピールしていくことができます。そして、自分の思いを相手へ伝えることができるようになります。瞬時に察知してくれる男性なら、自分の気持ちにすぐに気付いてくれるでしょう。

目が合う以外の男性の脈アリ行動

最後は、目が合うという行為以外に男性がとる脈ありな行動を以下に4点ご紹介します。男性が好意を抱く女性に対してとる行動をひとつずつ詳しくみていきましょう。

脈あり行動①連絡がマメ

自分が好意を寄せる女性に対しては、男性は頻繁に電話やLINEでメッセージを送ってきます。これは完全に女性に対して「好き」という気持ちが強くなっている証拠です。また、男性は自分が好意を抱く女性にしかアプローチすることはありません。

どこにいてもその女性のことが気になって、頻繁に連絡を取ろうとします。このように同じ男性から何度も連絡がある時、それは自分に対して脈ありな行動だと捉えることができるため、付き合っても良い相手であるかを見極めながら接していくようにしましょう。

脈あり行動②距離が違くなる

男性は自分の意中の女性にアプローチする時、その女性との距離を縮めようとします。そのため、他の女性には一人挟んで話しをする反面、好きな人と話をする時は隣に位置する、また、ボディタッチでコミュニケーションを取ろうとするのも男性の脈ありな行動だと言えます。

このように、自分との距離が近い関係性だと気付いた時、それは男性の脈あり行動だと捉えることができるでしょう。

脈あり行動③共感してくれる

いつも自分と会話をする中で、自分の意見に同調したり共感してくれる態度をとるのも男性の脈あり行動だと捉えることができます。

そのため、自分を否定することなく、いつも話を聞く役に徹してくれる存在です。そのような男性の行動が見られた場合、自分に心が向いている証拠だと言えるため、今後、その男性との恋愛に発展するかもしれません。

脈あり行動④過去の恋愛について知りたがる

自分に興味がある、あるいは好意を抱いている男性は、必ずと言ってよいほど、過去にどのような恋愛を経験してきたかを知りたがる傾向です。それほど女性のことが気になって仕方がないということが分かります。

男性は過去の彼氏の存在に嫉妬する人も多く、その時の恋愛よりも自分と一緒にいる恋愛をもっと楽しいものだと感じてほしいとさえ思っているのです。このように、過去にどのような恋愛経験があるかを探ってくる男性は、自分に好意を抱く脈ありな男性だということが分かるでしょう。

目が合う男性の心理はさまざま!状況を見て見極めよう

目が合う男性が感じている心理状態を探るとともに、目が合うことでどのような意味があるのか、また、男性の目が合った時の脈あり、脈なしの行動について、さらに目が合う男性と仲良くなりたいと思う女性が実践すべき方法についてそれぞれ詳しくご紹介しました。

目が合う男性の心理は様々な理由が挙げられることが分かりました。自分の周りによく目が合う男性がいるという方は、ぜひこの記事でご紹介した情報を参考に、その状況を見極めてみてください。

その他の関連記事はこちらから