【スタイル別】ツーブロックのおすすめヘアスタイル・ヘアセットを徹底解説!

ツーブロックと言ったら、メンズの鉄板ヘアスタイル。今や流行りではなく、定番ともなっています。カットの仕方で自由自在に好みのスタイルに変えられることが魅力。女性から見ても、清潔感があり爽やかな印象を受けるので、評判はとても良いです。

おもにサイドや襟足、もみあげなどを短くカットすることが特徴のスタイルです。それによりスタイリングが簡単になり、朝の時間にも余裕が生まれます。さらに、今までよりもおしゃれな印象を与えることができるので、一石二鳥です。普段のファッションも、より楽しめるようになるでしょう。

今回は、そんなツーブロックの中でも特に人気のスタイルや、スタイリングをするときに必須のワックスを、タイプ別にご紹介していきます。こなれ感のあるパーマスタイルや、ワイルドなアップバングスタイルなど、自分にぴったりのツーブロックを見つけて下さい。

ツーブロックはどんなヘアスタイル?

ツーブロックとは、ヘアスタイルを表す名称のひとつです。「ツー=2」「ブロック=塊」といった意味なので、長さの異なる部分が2つあることからツーブロックと呼ばれています。つまり「長さの繋がりがない」ということになります。

ツーブロックでは、耳上の部分を刈り上げることが一般的です。今ではスタイルが多様化してきたので、トップから襟足部分はつなげて、他は刈り上げることもあります。刈り上げることですっきりとした印象になり、就活や髪型の厳しい職場でも対応できるスタイルもあります。

片側だけ刈り上げたとしても、それはツーブロックと呼びます。長さの差があればある程、奇抜な印象を与えるので、ナチュラルなスタイルにしたい人はあまり差を出さないようにカットするのがおすすめです。ツーブロックと聞くと挑戦しにくいと思って、なかなかできなかったという人も、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ツーブロックのスタイルは多種多様です。サイドのみを短くして襟足は長めに残したり、長い部分にパーマをかけたり、オールバックにしてアレンジを楽しむこともできます。それぞれのファッションやシーンに合わせて、バリエーション豊かなツーブロックを楽しみましょう。

ツーブロックのメリット

ツーブロックにしたい人の中には「自分も挑戦してみたいけど、実際のところセットするのが難しそうだし、困ることはないの?」と不安に思う人もいると思います。しかし、ツーブロックには意外と嬉しいメリットがたくさんあります。

  • シャンプーやヘアスタイルのセットの時間が短縮できる

短くカットした部分の毛量が少なくなっているので、その分シャンプーが楽になり、ドライの時間も短縮されます。長く残した髪の長さにもよりますが、ツーブロックにしたほとんどの方がシャンプー&ドライが楽になったと感じるようです。

また、ヘアスタイリングも長く残した部分だけで済みます。より長めに残した人は、ヘアゴムで結んであげるだけでおしゃれな印象に仕上がるでしょう。くせ毛・うねりで悩んでいる人も、それを生かしたアレンジを楽しむことができるようになります。

  • 夏の暑さがやわらぐ

夏の暑い日は、髪の毛の中が汗で蒸れたり、髪を乾かすときにドライヤーを使うのが億劫になってしまいます。ツーブロックにしたら、髪の短い部分は自然乾燥で十分ですし、髪を乾かすのも長い部分だけで良くなります。熱帯夜など、むしむしする時に快適さを実感することでしょう。春か夏の前にツーブロックにしてみることをおすすめします。

  • 小顔効果が期待できる

とくにサイドを短く刈り込んだツーブロックの場合、縦のラインが強調されタイトな印象になるので、フェイスラインをシャープに見せることができます。これは男性にも嬉しいメリットではないでしょうか。

またサイドやもみあげはクセが出やすいので、気になる人はカットするともたつきがすっきりするでしょう。人によって頭・顔の形はそれぞれなので、信頼できる美容師さんに自分の髪のどこを短くしたら小顔に見せることができるのか、相談することをおすすめします。その上で、なりたいツーブロックを決めていきましょう。

  • 爽やかさと清潔感がプラスされる

ツーブロックは見た目がとてもすっきりとしていて、清潔感を出せるスタイルです。サイドやもみあげを短くカットすることで、顔周りの無駄なボリュームを抑えられるので、爽やかさにも繋がります。清潔感や爽やかさは、女性が最も重要視するポイントのひとつ。また、ビジネスシーンでも相手に好印象を与えられ、良い結果につながるツールになるかもしれません。

  • スタイルのアレンジが豊富

ツーブロックのヘアアレンジとしては「長く残した髪を耳にかける」「前髪を七三分けで流す」「前髪をおろす」など、バリーションが豊富です。男らしく気合を入れたいときや、休日のリラックスしたいときなど、その時の気分や場所に合わせてスタイリングができるので、アレンジが楽しくなるでしょう。普通の髪型より、ツーブロックの方がより簡単にスタイリングでき、おしゃれ度がアップします。

ツーブロックはこんな人におすすめ

サイドを短くカットし、トップの長さを残すスタイルなので、頭全体をシャープに見せてくれる効果があります。とくに髪のサイドのボリュームが出過ぎてしまう人や、横に広がってしまうという人におすすめです。サイドやもみあげのクセが強いという人は、短くカットするとすっきりして悩みが解消できます。

また、サイドの毛が伸びてくると直毛の人は毛が立ってきてしまったり、メガネをかける人は毛が巻かれてしまうという悩みもあると思います。ツーブロックなら、そんな心配はしなくて大丈夫です。

顔型は、丸顔や四角顔の人はすっきりと見せてくれるので、より効果が期待できます。面長の人は注意が必要で、前髪を長めに残して下ろすなどして、横のラインを出してあげるとバランスが良くなるでしょう。

夏場など汗をかきやすい人、暑がりの人にもおすすめです。ツーブロックは、普通の髪型に比べると通気性が圧倒的に良いです。寝苦しい夜を過ごしている人も、その快適さに驚くはずです。

【男女別】フワッと香りが漂う!市販のいい匂いがするシャンプーランキング【2020】
ニオイの悩みは、センシティブな問題でなかなか人にも相談しにくいですよね。また、個人差もあり自分はクサイと感じなくても、別の人にとっては悪臭と感じ...

ツーブロックのおすすめヘアスタイル

ツーブロックには様々なスタイルがあります。無造作ヘアやおしゃれ七三分けなどの定番スタイルでも、ツーブロックと組み合わせることでメリハリがつきます。ほかにも、トップにパーマをかけてこなれ感を出すなどヘアスタイルの楽しみ方の幅が広がること間違いなしです。

自分の顔型・髪質・なりたいイメージなどを理解した上で、ぴったりのスタイルを探してみましょう。ツーブロックの中でも特におすすめしたい、代表的なスタイルをご紹介していきたいと思います。

ツーブロック×ベリーショート

清潔感にあふれ、爽やかに見せたいという人におすすめのスタイルです。どんな顔型でも対応できますが、髪質は硬めでくせがあまりない人に向いています。黒髪にすると、ビジネスシーンでも相手に好印象を与えることができるでしょう。黒髪・短髪は清潔感の代表のようなスタイルで、女性受けも抜群です。

明るいトーンのカラーは、肌が白い人によく似合います。若々しくやんちゃなイメージになるので、年配の方は実年齢より若く見られます。

耳上と襟足を短く刈り上げ、トップのヘアも短めにカットすることで、すっきりした印象になります。ドライした後に、ハードタイプのワックスをまんべんなくなじませ、ねじるように毛束を作って整えるだけなので、朝は時間がないという人でも大丈夫です。

ツーブロック×ショート

スーツにも似合う、大人の男性にピッタリのショートスタイルです。骨格を選ばないスタイルなので、どんな顔型でも「できる男」風に仕上がります。あえてカラーはせず、自然な髪色でナチュラルな雰囲気を出すのがおすすめです。こなれ感が漂う大人っぽい男性は、女性の憧れの的になるでしょう。

根元までしっかりと濡らしてから、ドライヤーを使って流したい方向にクセつけしておくとスタイリングが決まりやすくなります。くせ毛の人でも、ワックスをつけて横に流すだけで完成。パーマをかけると、よりスタイリングしやすくなります。前髪を下ろすと優しい印象になるので、気分や服装によってイメージチェンジも出来るスタイルです。

ツーブロック×ソフトモヒカン

おでこを出して爽やかに見せたい人におすすめの、ソフトモヒカンスタイル。どんな顔型でも、立ち上げた前髪と動きのあるモヒカンスタイルで、ワイルドかつシャープな印象を与えられます。ポイントは黒髪や落ち着いた髪色にして、モヒカンスタイルとバランスをとることです。

特に髪が直毛で硬めの人、毛量が多めの人におすすめです。全体的に髪を濡らし、ドライヤーで水分を飛ばすように乾かした後、ハードタイプのワックスをトップになじませ、つまむように毛流れを整えたら完成です。

ツーブロック×無造作

外ハネ内巻きミックスの無造作パーマスタイルです。顔型を選ばないスタイルで、トップと襟足は長めに残してありますが、サイドを短く刈り上げることで横への広がりを抑えてくれます。無造作に毛先を整えて動きを出せば、小顔効果も期待できるでしょう。

カラーは黒髪かダークブラウンにすると、風に吹かれたような爽やかさを演出することができます。

スタイリングは、全体的に濡らした髪をドライヤーで水分を飛ばすように乾かした後に、ハードタイプのワックスを全体的に揉み込みます。束感を出しながら毛流れを整えていき、仕上げにハードスプレーでキープします。前髪は、おでこが見えるように流しながら上げると、すっきりした印象になります。

ツーブロック×アシメ

ツーブロックにアシメフォルムで、遊び心満載のスタイル。どんな顔型でも似合いますが、面長の人は前髪を下ろしてあげると全体のバランスが良くなります。流行りのアッシュグレーやグラデーションカラーで立体感を出してあげると束感と動きが目立ち、おしゃれな男子力がアップします。

クシュっとした毛束がポイントなので、ミックスパーマをかけてあげるとスタイリングが楽になります。髪をしっかり濡らした後に、アシメがはっきり分かるように乾かしていきます。全体的にハードタイプのワックスをなじませたら、かきあげるようにして細い束を作って整えましょう。最後にスーパーハードスプレーでキープしたら完成です。

ツーブロック×パーマ

カジュアルかつ優しい印象を与えたい人におすすめのスタイル。大きめのロッドで動きを出すようにパーマをかけると、どんな顔型でもおしゃれで柔らかい男性を演出してくれます。少し明るめのカラーリングにすると、さらに周りと差がついて、ファッションもより楽しめるでしょう。

トップは長めに残してパーマがかかっているので、サイドと襟足は短くカットしてコンパクトにするのがポイント。長い部分がさらに伸びてきたら、ヘアゴムで結ぶアレンジも楽しめます。ソフトなタイプのワックスや、ジェルタイプを軽くなじませるだけで、簡単にスタイルが完成します。

ツーブロック×七三

ワイルドな男らしさやセクシーさを演出したい人におすすめのスタイル。とくに丸顔や逆三角形型の人に似合います。カラーは黒髪や、自然な自毛の色を生かしてあげるとワイルドさに清潔感がプラスされ、大人の男性の貫禄が漂うでしょう。

サイドとバックを短く刈り込み、トップを長めに残して横に流します。直毛の人はトップにパーマをかけてあげると毛先に動きが出てペタッとなりません。ポイントは、髪を根元までしっかり濡らした後、ドライヤーをかけるときに分け目を決めておくこと。ジェルタイプのワックスを全体になじませ、ツヤ感を出しましょう。フォーマルな場面にもピッタリのツーブロックが完成します。

ツーブロック×マッシュ

韓流スタイルに挑戦してみたい人におすすめのツーブロックです。どんな顔型の人でも、クールな印象と可愛らしさの両方を手に入れることができます。カラーは黒髪か、スモーキーアッシュが爽やかに見せてくれるので相性抜群です。

直毛からクセが強めの人まで、マッシュカットならオイルやシアバターをなじませるだけでスタイルが完成します。ワックスいらずで、朝の時間が短縮できるのが嬉しいポイント。清潔感たっぷりで、女性の視線を集めること間違いなしです。

ツーブロック×アップバング

爽やかさ抜群で女性受けも抜群のスタイル。前髪を上げておでこを出すことで、清涼感あふれる印象を与えることができます。面長の人は、前髪を少しだけ垂らしてバランスを取ると良いでしょう。カラーは明るめのブラウンや、思い切ってミルクティーベージュにして透明感を出すのがおすすめです。

ハードタイプのワックスを手のひらに伸ばし、全体に揉み込み細い毛束を作ります。スタイルを整えたら、スーパーハードスプレーでキープします。縦のラインが強調されて、全身のスタイルアップも期待出来るツーブロックです。

ツーブロックのヘアセットにおすすめのワックス8選

美容院で自分にぴったりのツーブロックにしてもらったら、毎日のスタイリングを自分でできるようにしましょう。そこで必須なのがヘアワックスです。

ヘアワックス選びは、男性なら一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?各メーカーから、ファイバー・クレイ・クリーム・ジェルなど様々なタイプのワックスが販売されています。あまりの種類の多さに、どれを買ったら良いのか迷ってしまう人も多いと思います。

髪が柔らかい人から硬い人、くせ毛やパーマのかかっている人など、それぞれの特徴に合ったワックスを選ぶことが大切です。そこで、人気のおすすめワックスを4タイプ別にご紹介していきたいと思います。ぜひ、自分の髪質・スタイルに合ったヘアワックスを見つけて下さい。

ワックス【ファイバータイプ】

ファイバータイプは、繊維(ファイバー)が糸を引くように伸びる性質を持ったワックスです。その扱いやすさは、数多くあるワックスの中でも抜群です。

毛束をまとめて、毛先に動きを出したいスタイルをするときにおすすめです。手ぐしで簡単にスタイリングでき、髪によくなじんでくれてキープ力も高いです。外出先で髪型が崩れてしまったときも、手軽に再調整できるのが、ファイバーワックスならではの特徴です。

油分が多く、付けすぎると髪がペタンと寝てしまいがちなので、少しずつ手に取りながら程よいツヤ感が出るくらいに調整するようにしましょう。髪質は、柔らかめの人より普通から硬めの人の方が向いています。バーバースタイルのようなかっちりとしたスタイルではなく、軽さを出す無造作なスタイルに向いています。

ファイバータイプ①ジェレイド ファイバーインワックスN

アレンジメントファイバー配合で、激しい無造作ヘアでも長時間キープさせてくれるファイバーインワックスです。毛先のねじりや毛先の動きを自在に創り出してくれて、髪を固めるわけではないので再調整も簡単にできます。天然トリートメント成分が配合されているので、痛んだ髪も補修してくれる優れもの。

雨には若干弱いですが、通常なら一日中スタイルをキープしてくれます。嫌なベタつき感もなく、柔らかい髪でもコシを与えてくれるのが特徴。

スモーキーカット香料といって、タバコなどの嫌な臭いを寄せ付けない成分も配合されています。香料自体は、若干の香りだけでほとんど気になりません。きつい香りが苦手な人にもおすすめです。

ファイバータイプ②スパイスネオ ファイバーワックス

ファイバーを含んだハードなセット力で、ねらい通りの表現を実現できるワックス。細かい動きのある束感や、パーマスタイルなどのアレンジをするのに適したマットな質感です。髪にからみやすいファイバーの粘度で、スタイルをキープしてくれます。

フレッシュペアーの香りは、朝つけたら昼頃まで持続します。好みが分かれますが、香りが好きな人にはおすすめです。2種類の植物エキスと、フルーツエキスが融合した天然フルーツバターが湿気や乾燥を防いでくれます。スーパージェルコートが髪の表面にやわらかい膜を作り、軽くスプレーをかけたような仕上がりに。

 

ワックス【クレイタイプ】

クレイタイプのワックスの特徴として、一番に挙げられるのが「スタイリングをキープしてくれること」です。使いやすさという点では他のワックスに比べ劣りますが、クレイタイプのセットの持続力はダントツです。扱いにくい猫毛・細毛・軟毛も、しっかりセットしてくれます。

クレイタイプはファイバータイプとは違い、伸びが悪く、ワックス自体が非常に硬いです。はじめの慣れないうちは、つけすぎてしまったり加減が難しいと感じるかもしれません。しかし、手のひらにしっかりと伸ばして、全体的になじませていくことをマスターすれば、ファイバーワックスのように使いこなすことができます。

ポイントは、一旦濡らしてタオルドライした後の髪に使うことです。伸びが悪いので、乾いた髪に使うとダマになりやすくなってしまいます。クレイワックスでスタイリングした日は、しっかりとシャンプーで洗い流すことも大切で、中には2回洗うという人もいるようです。

別名「ドライワックス」「マットワックス」なとと呼ばれることもあります。油分が少なくてツヤ感よりもマットな仕上がりがほしい人、短髪だが動きを出したいという人にぴったりです。

クレイタイプ①オーシャントリコ ヘアワックス

原宿発・メンズ人気No.1サロン OCEAN TOKYOから登場したヘアワックス。ツヤ感はなくし、束感を重視しているので、ワックスをつけている感じを出したくない人におすすめです。ベタつかないドライな仕上がりで、ボリュームのある立体感を演出してくれます。

もみあげや襟足にムラが出ないように、全体に均等に揉み込んだ後、トップをつまむように引き出します。毛束を裂くようにほぐすとフワッとし、洗練されたマットな仕上がりが1日中キープされます。なじませ方や散らし方によって、雰囲気を変えることも可能です。

自宅でもサロンの仕上がりを再現してほしいと、トップスタイリスト達が制作したサンプルは数百個にも及んだというストーリーも。彼らが繰り返すメッセージ、は「髪が変われば人生が変わる」。かっこよくして、君の人生を必ず変えるという強い想いが込められています。

クレイタイプ②ミルボン ニゼル テクスチュア クレイ

有名なサロン専売ヘアケアブランドでもあるMILBON(ミルボン)。ヘアケアだけでなくスタイリングシリーズも豊富で、使いやすいものが盛りだくさんです。美容師さんもおすすめの、ベタベタしない軽い質感で人気のクレイワックス。重さがなくコンパクトなので、携帯にも便利です。

テクスチュアクレイの特徴は「軽い質感で根元からでも毛先だけでも使える」「まとまりやすいながら、ウェーブスタイルのような空気感のある動きも表現できる」ことです。

少量を手のひらに伸ばし、毛先や立ち上がりのほしい根元に塗布してスタイリングすると、自然な毛流れや毛束っぽさを作ってくれます。くせが強く、髪がちりちりしてしまう人もこのワックスなら収まると評判です。

 

ワックス【クリームタイプ】

ファイバータイプとクレイタイプの中間の性質を持っているのが、クリームタイプのワックスです。質感はドライな感じが良いが、フワッとしたボリューム感を出したり軽い毛流れがほしいという人におすすめです。

ファイバータイプなどと比べると、スタイルのキープ力や束感は劣りますが、柔らかいヘアを生かしたい人やポイントになる毛流れを作りたいという人にはピッタリです。無造作ヘアや、パーマがかかっているスタイルにもおすすめです。

クリームタイプは髪になじませやすく、短髪からロングまで使えるので、ワックス初心者でも扱いやすくなっています。髪をいたわる成分が多く含まれているのが、人気の理由のひとつです。

クリームタイプ①ミルボン ニゼル スモーキードライクリーム

スモーキードライクリームは、ワックスをつけた時のベタつきなどが苦手な人にぴったりのワックスです。その名の通り、くすんだような質感の動き・フワッとした雰囲気を表現してくれます。

チューブタイプなので、量の調節がしやすいのが特徴。タオルドライした後の髪に、パール一粒ほどのワックスを手のひらに伸ばし、毛先から空気を入れるように全体的になじませます。最後にトップをつまんであげると、エアリーなふんわりした印象に仕上がります。

つや感やまとまりはあえて出さないワックスですが、透明感が出て自然なスタイルに決まります。とくに無造作ヘアやパーマがかかったヘアにおすすめです。

クリームタイプ②ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインクリーム5

6種類あるシリーズの中で、こちらはエアリーな雰囲気を作ってくれるライトタイプです。ウイウイはハイブリッド処方を採用しており、思い通りのスタイリングと高い持続力を実現するためにワックスとジェルなど異なる基剤を組み合わせています。

緩やかにうねる束感を作り、ふんわりとしたフォルムを表現することができます。ハードジェル成分のフィルムが髪の毛をコーティングし、崩れやすいふんわりフォルムも長時間キープしてくれてツヤ感も与えてくれます。

フルーティバニラの香りが髪全体を包み込んでくれます。水になじみやすい設計なので、シャンプーでスムーズに洗い流すことが出来ます。

 

ワックス【ジェルタイプ】

ファイバー・クレイ・クリームタイプとご紹介してきましたが、また違った魅力を持つのがジェルタイプワックス。その名の通り、ジェルとワックスの特性を併せ持ったスタイリング剤です。

髪を固めてくれるジェルのキープ力と、自然な動きをつけてくれるワックスの働きでツヤのあるスタイルを実現してくれます。ツヤ感を出すことにおいては、他のタイプより優れていると言えるでしょう。

ジェルは、樹脂と水などの水溶成分で構成されているので、伸ばしやすく髪になじみやすいという特徴を持ちます。またシャンプーで洗い流しやすいのも、重宝されているポイント。比較的扱いやすいため、ヘアスタイリング剤をあまり使ったことがない人でも、難なく使いこなせるでしょう。

ツーブロックの中だと、七三スタイルやアップバングスタイルと非常に相性が良く、スタイリングも簡単です。とくにパーマスタイルと組み合わせると、パーマが強調されて程よいツヤ感も出ておしゃれに仕上がります。

ジェルタイプ①ロレッタ デビル ジェルワックス

原宿の美容室「Unami」「GARDEN」の開発協力により誕生したメンズ向けヘアケアブランド「ロレッタデヴィル」。遊び心あふれるパッケージデザイン・天然素材・使用感で、おしゃれ男子から女性まで幅広く人気のワックスです。

ジェルタイプの魅力であるツヤ感とキープ力、ワックスの魅力である無造作感・再現力。この両方の良いとこ取りをした、新感覚の使用感です。デビルパウダー(シリカ)のおかげで、ハードなセット力でかっちりスタイルを決めてくれるので、時間が経っても重たくなりません。

天然の保湿成分が配合されているので、スタイリングしながら健やかな髪に導いてくれます。

ジェルタイプ②デューサー アクアジェルワックス

「デューサー」の一番の特徴は、スタイリングしたての完成度を一日中キープしてくれること。夕方になってもペタンと崩れず、スタイルが持続されます。9種類あるシリーズの中で、ツヤ感と高いキープ力の両方を兼ね備えた優れものです。

ウェットな束感で、ヘアをしっかりホールドしてくれるのも嬉しいポイント。髪が乾いていても濡れていても、どちらでも使えます。ポイント使いにも活躍してくれて、他のワックスと混ぜて使うことも可能。髪の細胞間脂質と似た構造を持つマカダミアナッツバターがなめらかに髪になじみ、毛先までうるおいを与えながらスタイリングできます。

ファイバーが入っているのがポイントで、束感を簡単に出せるので剛毛や硬毛の人にもおすすめです。一度にたくさんつけると重たくなってしまうので、少量ずつつけて質感を調整して下さい。

 

無香料・臭いがキツくないおすすめヘアトニック3厳選【口コミ付】
仕事やお出かけ前のスタイルングに欠かせないヘアワックス。 髪型や髪質、シーンによって上手に使い分けたいところですが、メンズ向けのヘアワック...

メンズの髪型の定番「ツーブロック」も色々なスタイルがある

ツーブロックを取り入れたいけど、あと一歩を踏み出せないという人もいると思います。しかし、そのスタイルの多さは、私たちの想像を超える程たくさんあります。きっとあなたにも、かっこよく決まるスタイルがあるはずです。実際、現在半数以上の男性がツーブロックだという統計も出ています。

ツーブロックは、男性・女性問わず大人気で、年代の幅も広いスタイルです。実際にやってみると、アレンジが意外と簡単だったり、そのバリエーションの豊富さにハマってしまう人も多いようです。機能性も高く、普段の生活も快適になるなら、試してみる価値はあるでしょう。

自分の髪質や顔型を把握した上で、美容師さんに相談して自分にぴったりのツーブロックに挑戦してみて下さい。そして、さらにおしゃれやアレンジを楽しんで、より魅力的な自分を目指しましょう。

無香料・臭いがキツくないおすすめヘアトニック3厳選【口コミ付】
毎朝のヘアセットに欠かせないスタイリング剤、皆さんはどのようなアイテムをお使いですか? スタイリング剤にはワックスやスプレーなどさまざまな...
引用:quora 近年、人気を集めているスカルプケア。健康な髪を育てるためには、頭皮環境を整えることが大切だという考えが浸透していますよね。 ...
【男女別】市販でおすすめの頭皮クレンジングアイテム【口コミ付】
頭皮は、汗をかくとすぐに臭ってきたり、枕に近づいたらむわっと臭かったりと自分の臭いに気づきやすいパーツのひとつ。 自分で気づくのだから、他...