記事作成日:

フィリピン留学のメリット・デメリットとは?リアルな評判もご紹介!

ビジネスにおいて英語力が求められる時代の中、フィリピンに語学留学する方が増えています。今回はフィリピン留学の特徴をはじめ、メリットやデメリット、また、気になる費用についてご紹介します。さらに、実際にフィリピンへ語学留学を行った方の口コミまで徹底解説していきます。これからフィリピン留学を検討されている方は情報を参考にしてみてください。

フィリピン留学の特徴

フィリピンでは、日常生活においてレストランやショッピングモールを利用する際に英語が通じる国です。また、映画館で上映される映画も字幕なしのため、現地に住んでいる人は自然と英語力が身についていると言えるでしょう。

フィリピンは母国語のタガル語があります。それにも関わらず、なぜ英語力を持っているのか不思議に感じる方も多いのではないでしょうか?

フィリピンでは、小学校から英語の授業を行い、公立小学校や中学校では、学校の授業の一部が英語で実施されています。また、私立の学校では国語と社会以外の科目はすべて英語で授業が行われていようです。

このような環境で育つ子供であるからこそ、普段の生活の中で英語が自然と浸透しているのでしょう。アメリカをはじめ、イギリスなど、本格的なネイティブ英語に携わっていないにも関わらず、私たち日本人と比べても各段と英語力を持持っていると言えます。

フィリピン留学のメリット

ここからは、フィリピン留学を行うことのメリットを以下に6点ご紹介します。それぞれどのようなメリットがあるか詳しくみていきましょう。

フィリピン留学のメリット①日本から近い

フィリピンは日本からとても近い距離にある英語圏の国のため、手軽に語学留学を行えることがメリットです。時差が1時間のため、すぐにその国の時間に体を合わせやすく、翌日から充実の留学ライフをスタートさせることが可能です。

フィリピン留学のメリット②費用が安い

フィリピン留学の最大のメリットは、低価格であることです。フィリピンの物価はとても安価で、日本と比べてもおよそ3分の1で物を手に入れることができます。その分、語学留学の費用も安価に抑えられると言えるでしょう。

一般的にフィリピン留学を行った際の1ヵ月に必要な費用は、授業料をはじめ、生活費や滞在費を合計すると15~20万円が目安となります。

これがアメリカやイギリスへの留学の場合、1か月30~40万円とフィリピンと比べても2倍の費用が必要となってしまうのです。このようにフィリピン留学はとてもリーズナブルに行えるという魅力を持ち合わせていると言えるでしょう。

フィリピン留学のメリット③ビザ手続き不要

フィリピン留学を行う際、30日間の観光ビザを付与してもらえるので、事前にビザを申請する必要性がないのも嬉しいポイントです。

その後、1ヵ月経過したら、留学期間に応じたビザの延長を行う必要があります。これらはすべて学校側がバックアップしてくれるので安心して留学を行うことができるでしょう。

フィリピン留学のメリット④短期留学向き

低価格で語学留学ができるフィリピン留学は、事前に様々な手続きを行わなくても学校のサポートを受けながら、留学の準備を行うことができます。

マンツーマンレッスンで本格的な英語に触れ、語学力を高めていくために勉強がスタートするので、短期留学に最適な国なのです。

限られた時間の中で英語力を向上させたいと希望している方にとって、短期間で英語を学べるフィリピンはとても手軽な留学先と言えるでしょう。

一般的に1~2週間の短期留学を行う方が多く、中には1~3ヵ月の期間、集中的に英語を身に付けるために留学を行う方もいます。このように短期間で英語を学ぶ留学先としてフィリピンに人気が集まっているのです。

フィリピン留学のメリット⑤マンツーマンレッスン

フィリピンへ留学では語学学校に通うことになりますが、そこで受講する授業については、基本マンツーマンレッスンが主流です。一般的にアメリカ圏において語学留学を行う際、クラスルームには10~15人が集まってレッスンが行われています。

しかし、英語力のない人が授業についていくには少々難しく、そのような場合でも、フィリピンならマンツーマンで一人一人の理解度に合わせながら授業が受けられるので、分からないところをすぐに質問できるという点が魅力です。

理解しながら英語力を身に付けていくことができるので、自分のモチベーションを維持しながら取り組めるというメリットを実感できるでしょう。

このように、マンツーマンレッスンで丁寧に指導してもらえる分、しっかりと理解しながら授業を進めていくことができます。

フィリピン留学のメリット⑥南国リゾートを満喫

フィリピンは南国リゾートの国です。特にセブのマクタン島は有名な観光スポットで、多くの日本人観光客が訪れる人気のエリアです。

平日はしっかりと授業を受け、英語力を高めるために勉学に励んでいても、週末は自分のリフレッシュを兼ねた楽しみ方でリゾートを満喫するのも良いでしょう。

マクタン空港から国内線でボラカイ島やパラワン島などのリゾートエリアへショートトリップを行ってみるのもおすすめです。フィリピン留学では、南国リゾート気分を満喫しながら英語力を身に付けることが可能です。

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学を行うことについて、メリットと感じることもあれば、逆にデメリットだと捉えることもあります。ここでは、フィリピン留学のデメリットを以下に6点ご紹介します。いったいどのようなことをデメリットに感じているのか詳しくみていきましょう。

フィリピン留学のデメリット①安全に配慮が必要

フィリピンへ留学を行った際、英語を学ぶ語学学校は24時間セキュリティ体制が整っているので安全に学校生活を送ることができます。しかし、フィリピンの治安はエリアによって悪いところもあるので、夜に出歩くのは危険を伴うため避けるのが賢明です。

普段から華美な服装や露出の多い服装をしないよう注意し、派手な貴金属を身に付けることは避けた方が良いでしょう。

現地に詳しい人から得た情報で治安が良くない場所があれば、そこには近づかないこと、そして知らない人から声をかけられても付いて行かないよう注意しましょう。路上でひったくりに遭う可能性もあるため、持ち物の管理を徹底するなど安全面において配慮が必要です。

フィリピン留学のデメリット②インフラが未整備

フィリピンは発展途上国である以上、日本とは快適性が異なる国です。そのため、ネット環境が日本と比べて使い勝手に少々難があるのはもちろん、日常生活においてシャワーが壊れている、水漏れしているなど、あらゆる不便を感じる可能性があります。

普段から快適な生活を送っている日本人ですから、もしもそのような生活環境を苦手としている方は、別の国への留学を検討した方が良いでしょう。

フィリピン留学のデメリット③マンネリ感

フィリピン留学で語学学校に通う際、1日10時間を軽く超えるほどの勉強時間をクリアしていかなければなりません。また、平日は外出する時間が取れず、英語のテストは毎週実施されます。そんな毎日同じことの繰り返しで勉強漬けの日々に、マンネリ感やストレスを抱いてしまう方も多いようです。

フィリピン留学のデメリット④非ネイティブ

フィリピン留学で英語の指導をしてくれるのは、現地にいるフィリピン人講師です。アメリカ人などのネイティブ講師ではないため、英語力や知識についても大きな差があるでしょう。

たとえば、フィリピンに住む現地人が使用するのはアメリカ英語です。しかし、本場のアメリカ英語の発音とは異なる音で発する他、話すスピードにも違いがあります。

どちらかと言うと、フィリピン英語はゆっくりで聞き取りやすい傾向にあります。とは言え、ネイティブ英語で話をする際、フィリピン英語では会話が通じない場合も多々あるなど、同じ英語でも難易度の違いを感じる時もあるでしょう。

発音や話すスピードだけではなく、ネイティブ英語の言い回しやスラングをフィリピン英語で学ぶのが困難であり、同じ英語を話していても、意味が通じないこともあります。

フィリピン留学のデメリット⑤講師や学校施設の差

フィリピンには複数の語学学校があり、施設によって授業や設備に差があるのが現状です。また、指導を行う講師についても難しい試験をクリアしている場合もあれば、単にアルバイト講師が授業を行っていることもあります。

後者の場合、英語の本質まで学べず、せっかく留学を行った意味をなさないこともあり得ます。語学学校を選ぶ際は、採用している講師の質や設備などのクオリティについて事前にリサーチしておくようにしましょう。

フィリピン留学のデメリット⑥寮生活

フィリピン留学を行う際は、大半が寮生活を送ることになります。学生寮は1部屋4~5人で利用し、集団生活で毎日を過ごします。

一般的に留学となればホームステイを利用する場面が多いですが、フィリピンにはそのような受入体制を整えている家庭は少なく、本場のフィリピンの生活に触れ、体験することが難しい点がデメリットだと言えるでしょう。

フィリピンへの語学留学にかかる費用相場

ここからは、フィリピン留学を行う際に必要となる費用の相場をご紹介します。実際留学を行うとなれば、どのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。留学期間別に、目安となる費用について確認していきましょう。

【フィリピン留学にかかる費用】

期間 費用
1ヵ月 15~30万円
3ヵ月 35~70万円
6ヵ月 65~130万円
1年 125~250万円

これらの費用には、学費や現地滞在費用、また、生活費や飛行機など渡航費が含まれています。その他、海外留学保険やビザ申請費用、交通費や現地で必要な費用など実費負担の必要があります。

フィリピンへ渡航する際の往復渡航費は50,000~70,000円だと言われています。また、学費や現在滞在費用、寮費は100,000~200,000円となります。留学する際は、事前に必要費用がどれくらいかかるのか、その内訳をある程度リサーチしておくことをおすすめします。

フィリピンへの語学留学の口コミ評判

続いては、実際にフィリピンへ語学留学を行った方の口コミをご紹介します。留学したことでどのようなことを感じたのか、フィリピン留学全般に対する口コミ、そして学校生活における口コミをそれぞれみていきましょう。

フィリピン留学全般に対する口コミ評判

フィリピン留学を行う際、全体的な総評として、留学を経験された方がどのような評価をしているのか確認していきます。

フィリピンの国民性は日本とはまた少し異なり、人柄が良く、とてもフレンドリーな方が多い傾向です。そのため、英語の授業をマンツーマンレッスンしてもいつもやさしく指導してもらえるという魅力があります。少人数制で英語に触れていける上、分かりやすい指導もフィリピン留学の素晴らしいところです。

フィリピン留学は、安い費用でしっかりとした英語力を身に付けることができるとして人気を集めています。安価でありながらマンツーマン指導をしてもらえるので、コスパが高く、効率よく英語力を身に付けていくことができるでしょう。

学校生活に対する口コミ評判

続いては、フィリピンに語学留学を行った際の学校生活における口コミや評判をご紹介します。実際に留学先にフィリピンを選んだ方はどのような学校生活を送っていたのか、その人が感じたリアルな気持ちをチェックしてみましょう。

フィリピンの語学学校では母国語を話すことを禁止とする学校も多く、英語オンリーとしているところが大半です。不慣れな状態ても早く語学が身に付き、楽しく英語に触れていくことができます。

フィリピン留学は毎日勉強浸け日々で、辛く楽しめない可能性もあります。そんな方は必要最低限の英語の勉強を行い、そこに必要なレッスンをあとから追加していくのがおすすめです。そうすることで、ストレスを抑えながら英語力を習得することができるでしょう。

フィリピン留学で評判のよい人気の語学学校

フィリピンで評判が良く人気の語学学校と言われている「CPI」は、セブ島にあります。平日は英語の勉強を朝から晩まで行う生活ですが、週末はプールやジム、カフェなど様々な施設で自分の自由な時間を満喫することができます。

日々の勉強疲れをリフレッシュさせることができる施設が併設されているため、ぜひ上手に活用し、フィリピンの語学留学を楽しんでみてください。

フィリピン留学が人気

フィリピン留学の特徴やメリット、デメリットをはじめ、気になる留学の必要費用や実際に語学留学を行った方の口コミまで、様々な情報をご紹介しました。

これからフィリピンへの留学を検討されている方は、ぜひご紹介した情報を参考に、現地での楽しい日々を満喫してください。

その他の関連記事はこちらから