寝る前に大さじ1杯のはちみつを飲むだけでダイエットできる⁈効果とやり方は?

最近お腹周りの脂肪が気になってきた…、体重がどんどん増えてきて危機感は感じているのになかなか行動に移せない…そんな悩みを抱いている方にぜひ試していただきたいのが、はちみつを飲むだけのダイエット法です。誰でも気軽にすぐに始めることができるこの簡単なダイエット法、その効果と正しいやり方についてご紹介します。

寝る前にはちみつを飲むとダイエットに効果があるの?

このダイエット方法は、寝る前にはちみつを大さじ1杯だけ飲むというものですが、実際にそれだけでダイエットになるのだろうかと疑問に思われる方も多いと思います。もちろんただ単にはちみつを飲めばそれだけで良いというわけではありませんが、正しい方法を理解して辛抱強く続けていけば徐々に効果は表れてきます。

また、はちみつはダイエットに使えるだけでなく正しく摂取していくなら体の健康にも良い影響を及ぼしてくれます。コストもほとんどかからず、健康的にダイエットができるこの方法を試してみない手はないでしょう。

はちみつのダイエット効果とは?

では、はちみつダイエットを行った時の具体的な効果について見ていきましょう。はちみつを使用することで様々なメリットを期待することができるのですが、ここでは主に2つの効果に焦点を当てて説明していきます。

効果①脂肪が燃焼しやすくなる

はちみつを寝る前に摂取することの一つの大きな効果は、脂肪を燃焼しやすくなるというものです。睡眠中に必要とする栄養やエネルギーをはちみつで補うことによって、寝ている間に脂肪を燃焼しやすい状況を作り出すことができるようになります。

寝ている最中には体の回復やメンテナンスが行われていますが、この時に脂肪が燃料として使われることになります。安定した睡眠を取るために、はちみつは大きな役目を果たし、それによって体のメンテナンスが順調に行われ、脂肪が効率よく燃焼されていくというわけです。

効果②腸内環境の正常化

はちみつは健康面でも様々な良い影響を体にもたらしてくれます。動脈硬化や高血圧の予防にもはちみつは効果を発揮してくれますが、体の健康を保つために欠かせない腸内環境も正常に整えてくれる役割も果たします。

歴史的に見ても、ヨーロッパでは下痢や便秘の改善のために使用されていたり、アーユルヴェーダというインドの伝統的な医学においてもはちみつの成分は広く使用されています。健康に良い食品を使ってダイエットを実践していけるというのは、非常に大きなメリットと言えます。

はちみつダイエットの正しいやり方

ではここからは、はちみつを使ったダイエットの正しいやり方について見ていきましょう。やり方を間違えてしまうと効果が十分に発揮されなかったり、ダイエットに逆効果となる場合もあるので正しい方法をしっかりと習得しましょう。

やり方①夕食を低糖質にする

はちみつダイエットのやり方の重要なポイントとして、夕食をできるだけ低糖質なものにするということを覚えておきましょう。可能であれば、1、2週間ほど炭水化物を減らした夕食を続けた後にはちみつダイエットを始めると効果的です。

はちみつダイエットを成功させるためには、血液中のインスリン濃度をある程度下げておくことが望ましいと言えます。インスリンが高い状態ではちみつを摂取してしまうと、摂取した糖分を体が蓄積しようとする働きが活発に行われるようになるからです。

糖質を減らした食事をしばらく続けていくことによって、体は糖の代わりに脂肪を燃焼するような仕組みに変わっていきます。この状態を作ってからはちみつを摂取していくことで、ダイエットにおいての効果を期待することができるというわけです。

やり方②寝る前に大さじ1杯のはちみつを飲む

はちみつを摂取するタイミングと量を覚えておくことも大切です。量は大さじ1杯程度を目安に摂取しましょう。食べ過ぎてしまうと糖分の取り過ぎになってしまいますので注意が必要です。

摂取のタイミングとして最適なのは、寝る30分前を目安にするのが良いでしょう。1時間以上前に摂取してしまうと、体のエネルギーとしてはちみつの糖分が使われてしまい、あまり意味がなくなってしまいますので気を付けてください。

やり方③質の良い睡眠をとる

はちみつダイエットの効果性を上げていくために、睡眠の質を高めることも大切な分野となります。早寝早起きをして規則正しい睡眠を取ることが重要ですが、特に睡眠のゴールデンタイムともいわれている22時から2時までの4時間に、高い脂肪燃焼効果を得ることができると言われています。

寝る前にスマホやタブレットを使用していると、脳が覚醒してしまい睡眠障害にもつながりかねませんし、夜更かしをしてしまうと、グレリンという食欲を増進させる成分が分泌されやすくなりますので気をつけましょう。

ダイエット中の食事は何を食べたら良いのだろうと気になる方も多いと思いはずです。その中でも朝ごはんはダイエット中、しっかり食べた方が良いと言われて...

はちみつダイエットをする際の注意点

はちみつダイエットを実施していくにあたって、いくつか覚えておきたい注意点があります。ダイエットを始める前にこれらの点をしっかりと確認しておきましょう。

加工されていないはちみつを飲む

はちみつと言っても、様々な種類のものが店頭に並べられてるため、どれを選ぼうか迷われる方も多いようです。はちみつの中には、純粋なものだけでなく、糖が加えられていたり加熱処理が行われて加工されているものも多数存在しています。

加熱処理が加えられてしまうと、はちみつに含まれている栄養素の大半が失われることがあります。そうなってしまうのを防ぐためにも、できる限り純粋で何も加工が施されていない製品を選ぶようにしてください。

糖尿病や高血糖の場合は要注意

はちみつダイエットは非常に健康的で効果的なダイエット法ですが、高血糖や糖尿病の疾患を持っている方は注意が必要です。絶対に行ってはいけないというわけではありませんが、しっかりと食事制限を行いつつ持病を悪化させることのないように管理を徹底する必要があるでしょう。

また、これはダイエットに直接関係する点ではありませんが、赤ちゃんには決してはちみつを食べさせないように気を付けてください。1歳に満たない赤ちゃんには、はちみつに含まれているボツリヌス菌に対する免疫力が備わっていません。健康に良いからと言って食べさせる事のないよう、家族としても正しい理解を持っておくことが大切です。

カフェインと同時摂取しない

寝る前にはちみつを摂取することになりますが、この時にカフェインを同時摂取しないように注意しましょう。カフェインは一種の興奮作用や利尿作用を引き起こしますので、良質な睡眠を取る点で妨げとなってしまいます。

コーヒーや紅茶にカフェインが含まれていることは誰もが知っていることですが、緑茶等にもカフェインが含まれていることが多々あります。就寝前に水分を取ることは健康的にも良いことですが、カフェインの有無もきちんと確認しましょう。

40代になるとダイエットをしても痩せにくくなるので、どうしたら良いのか悩んでいませんか。40代からのダイエットで痩せないと悩んでいる方は、まずは...

はちみつダイエットにおすすめのアレンジレシピ

はちみつダイエットで、はっきりとした効果を得ていくためには長期的に続ける必要があります。単にはちみつをなめるだけでもはちみつダイエットは成立はしますが、少し工夫してはちみつを取り入れる習慣を身につければ、楽しく続けていくことができます。2つの簡単なアレンジレシピをご紹介します。

レシピ①はちみつレモン

はちみつだけでなくはちみつレモンを作って飲むようにすれば、はちみつからは摂取できないビタミンCも補うことができます。そして何よりも、酸味を少しブレンドすることによって毎日飽きずに美味しく飲む習慣を身につけられます。

熱湯にならない程度の白湯に大さじ1杯のはちみつを溶かしてそこにレモンのスライスを入れるだけです。さほど手間をかけることなくすぐに作ることができますし、寝る前のリラックス効果も期待できます。

レシピ②はちみつ湯

こちらは、お湯に大さじ1杯のはちみつを混ぜるだけの簡単レシピです。お好みでショウガを少し入れるとアクセントにもなりますし、体を温める効果があるので良質な睡眠を取る点でも助けてくれます。

就寝前のはちみつでダイエットを成功させよう

寝る前に大さじ1杯のはちみつを飲む、たったそれだけでダイエットに取り組むことができるというのはまさに画期的ではないでしょうか。多くのお金をかけてダイエットに挑戦したにもかかわらず結局ダメだったという方にも、コスト的にも体力的にも無理のない、このはちみつダイエットは本当におすすめの方法です。

非常に簡単なダイエット法ではありますが、これを成功させるためにはいくつか覚えておくべき点があるため、ここで紹介してきた方法をしっかりマスターして取り組んでいきましょう。楽しみながらずっと継続していけば、必ずダイエットに成功することができるはずです。

その他の関連記事はこちらから

ゆで卵と言えば、高タンパク質な食材としても注目を集めていますが、最近ではダイエットにも効果的と話題になっています。なぜゆで卵がダイエットに効果が...
ダイエット茶というワードは、減量をしている方や各国のお茶に興味のある方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。実際のところ、お茶を飲むだけで本当に...
短期間でダイエットの成果を出したいあまり、無理な減食事制限して結局はダイエットを途中で断念してしまう方も多いのでは無いでしょうか?無理なダイエッ...