記事作成日:

ランタンスタンドおすすめ15選!キャンプサイトのおしゃれ度をワンランクアップ!

キャンプやアウトドアに欠かせないランタン。地面やテーブルにそのまま置くのも良いですが、スタンドを使うことで夜が格段に過ごしやすくなるだけでなく、キャンプサイトのおしゃれ度をワンランクアップさせてくれます。ここではキャンプ気分を更に盛り上げてくれる、おすすめランタンスタンドを厳選してご紹介します。1つ持っておくと必ず重宝するアイテムなので、是非チェックしてください!

ランタンスタンドを利用するメリット

ランタンスタンドとは、その名の通りランタンを吊るすために使うスタンドのことです。キャンプギアの中でも地味や存在のランタンスタンドですが、そもそも必要なのでしょうか。

ランタンを地面やテーブルに置くと、その周囲は照らせてもサイト全体を照らすことはできません。ソロキャンプではそれで十分かもしれませんが、ファミリーキャンプやグループキャンプの夜は少し過ごしにくく感じてしまうでしょう。

ランタンスタンドがあれば、高い位置にランタンを設置できるのでサイト内を広く照らすことができます。キャンプサイトで皆で過ごすのであれば、ランタンスタンドはあった方が便利です。

また、サイトから少し離れた場所に設置すれば、そこに蚊や蛾などが集まるのでサイト内の虫よけとしても活用できます。これによって得られる効果は大きく、虫刺されや不快な虫から逃れることができ快適性がグンっとUPするでしょう。

ランタンは邪魔にならないようで、意外と地面やテーブルにあると場所をとってしまうものです。スタンドがあればランタンの置き場所にも困らないので、効率的にキャンプが楽しめるでしょう。

またランタンスタンドを使うことで、夜が過ごしやすくなるだけでなく、キャンプサイトのセンスをお洒落にランクアップできます。一層キャンプ気分を盛り上げてくれること間違いなしです!

ランタンスタンドの選び方

ランタンスタンドと言っても、素材や脚のタイプの違うものなど様々な商品がラインナップされています。おすすめアイテムをご紹介する前に、ランタンスタンドの上手な選び方を見ていきましょう。購入する際は、以下のポイントに着目して選んでみてください。

選び方①素材

ランタンスタンドは、主にアルミ・ステンレス・スチールの素材が多くラインナップされています。ランタンスタンドは屋外で使用するものなので汚れは避けられません。耐久性があって、お手入れしやすいものが◎ですが、価格や使用頻度も考慮して選びましょう。

アルミは高耐久性&軽量、アウトドアでは特に活躍してくれるでしょう。ステンレスは防錆性・耐久性に優れていてお手入れもしやすですが、少々重いのがデメリットになります。スチールは剛性が高く、頑丈で価格の安さが魅力ですが、サビやすいため耐久性の面ではステンレスやアルミに比べて劣ります。

選び方②脚のタイプ

ランタンスタンドには、打ち込み式の1本脚タイプ・広げて直ぐに設置できる3本脚タイプ・テーブルに設置できるクランプタイプがあります。

1本脚タイプは地面に突き刺して使用するもので、コンパクトで持ち運びもしやすく、省スペースで使いやすいのが特徴です。脚元がスリムなので引っかかっての転倒も防げ、傾斜や凹凸がある場所でも使えます。

3本脚タイプは脚部を開いて簡単に設置できるので、女性や初心者におすすめです。平面での使用に向いており、付属のペグを使用すれば安定感もあります。

クランクタイプは、テーブルにはめ込んで使用するものです。場所を取らないので卓上を有効活用できます。サイト全体を照らす高さはありませんが、ポイント使いに便利でしょう。広範囲を照らしたいのであれば、1本脚タイプ・3本脚タイプがおすすめです。

選び方③安全性

ランタンスタンドは安全性も考慮して、耐荷重のチェックも重要です。耐荷重が小さいとスタンドが倒れて火事の危険もあります。使用するランタンがガソリン式やガス式の場合は耐荷重2kg以上、電池式ランタンは1kg以上を目安にしてください。

ランタンだけでなく、日中洗濯物を干したり、荷物をかけたりしたいのであれば、より耐荷重のあるランタンスタンドがおすすめです。

選び方④長さや調節方法

様々なシーンで使えるよう、用途やランタンの重量によって長さを調整できるものが◎。調整方法は、ネジやスライド、ポールの継ぎ足しなど商品によって様々です。ほとんどのランタンスタンドが長さを調整できるようになっていますが、選ぶ際はできるだけ伸縮範囲が大きいものがおすすめです。

2m以上伸びるものであれば、サイトをより広く照らすことができます。短いものはソロキャンプでも重宝するでしょう。可動域が大きいものほど、使用シーンの幅が広がり便利です。

おしゃれキャンプにおすすめのランタンスタンド15選

ここからはキャンプ・アウトドアシーンおすすめのランタンスタンドを厳選してご紹介します。使い勝手が良いだけでなく、キャンプをお洒落に演出してくれるアイテムをピックアップしました。人気のランタンスタンドを活用して、ワンランク上のキャンプを楽しみましょう!

おすすめ①カメヤマキャンドルハウス ランタンスタンド

サイズ 幅13.4cm 奥行13.4cm 高さ33cm
重量 124g
素材 金属

パティオランタンが丁度ピッタリサイズのランタンスタンドです。 持ち手部分を含めて24㎝以下くらいまでの高さのランタンに対応しています。シンプルなデザインで、程よい重さで、安定感もあります。テーブルランプにおすすめです。

口コミ

小型のLEDランタンをテーブルに直置きすると、広く照らさないため、少し持ち上げられるスタンドを探していましたが、本商品がちょうど良かったです。テーブルの真ん中に置いても、邪魔にならないデザインで軽く嵩張らず、気に入りました。引用:Amazon

私はキャプテンスタッグオイルランタン(小)のために購入しましたが、ナトゥーラのシェードを付けたので”く”の字に曲げて使っています、いい雰囲気です。引用:Amazon

 

おすすめ②SPICE OF LIFE フックスタンド

サイズ 幅13.2cm 奥行13cm 高さ35cm
重量 108g
素材 アイアン

ランタンだけでなく、様々な吊るしものをディスプレイできる便利なスタンドです。黒に近いダークブラウンカラーでアイアン素材ながら重さを感じない絶妙な色合いが魅力です。高さの調節はできませんが、サイズ感が合えば使い勝手は良いでしょう。インテリアとして見せる収納にもおすすめです。

口コミ

手持ちのオイルランタンをテーブル上で使うのに丁度良かったです。おしゃれで場所を取らず、とても使いやすいです。引用:Amazon

土台が思ったより大きいですが、反面安定性はあります。色合いは良く、耐久性もありそうです。本来の用途とはと違いますが、鍵の収納に使ってます。おしゃれに収納できて良いです。引用:Amazon

 

おすすめ③KALUGII 卓上ランタンスタンド

サイズ 台座 : 約12.5cm×約12.5cm
真鍮 : 11cm×29cm
組立時の高さ : 約30cm
重量 100g~140g
素材 台座 : 天然木アカシア
丸棒 : 真鍮

軽量コンパクトなLEDランタンのスタンドです。セパレートタイプの為、軽量・コンパクトに持ち運べます。キャンプだけでなく家のインテリアとして、キースタンド・マスクスタンド・マスクスタンド・腕時計スタンド・メガネ置きとしてお洒落に使えます。

口コミ

このランタンスタンドは、軽くてかさばらないうえに、素材を生かしたデザインもすてきだったので即決。充電式のランタンをかければ、電源コードを引っ張ってくるストレスもなく、手元を照らせます。引用:Amazon

とてもシンプルなデザインに惹かれて購入。アウトドアでランタンをテーブル直置きにすると食材の火の通り具合が見にくく困っていたので(特に肉)、適度に浮かせて照らすことによってバッチリ解消できて満足!引用:Amazon

 

おすすめ④CHENGMAY ランタンスタンド 収納式ダブルハンガー

サイズ 組立サイズ : 高さ最小約40cm~最大約167cm
重量 550g
素材 ‎アルミ
耐荷重 約3kg

4段階変更可能な連結式のランタンスタンドです。付属のペグの全長は25cmで、二重ペグ構造の設計により、地面に打ち込まれた後の不安定さを軽減します。ポールの直径が約16mmあるため、使用がより安定し、最大3kgの重量を支えることができます。

収納サイズ45×7×8cm、重さ550グラムで、バックパックに入れることができ、ソロキャンプでの持ち運びにとても便利です。トップのランタンフックはポール内に収納されるので嵩張らず、2箇所にフックがあるので、ランタン2つやその他の使い道があります。

口コミ

一番下の打ち込み式の部分をきっちり打ち込めば、ほとんどグラつきはありませんでした。接続部分もしっかりしているようで、その部分のグラつきもありません。この値段でちゃんとしている商品で良かったです。引用:Amazon

軽量でコンパクトに収納出来るランタンポールです。高さはバーの本数を繋ぐことににより調整可能ですので色んな場面において使えると思います。ランタンを引っ掛けるフックは使わないときはバー内に収納できるのでコンパクトにしまえます。触り心地も良く、造りもしっかりしています。引用:Amazon

 

おすすめ⑤LOFTREK ランタンスタンド

サイズ 組立サイズ : 高さ最小約31cm~最大約124cm
重量 702g
素材 アルミ
耐荷重 1kg

ペグとクランブの2形態使用可能で、テーブル~地面まで必要な場所に設置可能なスタンドです。4本のポールを接続組み立て式で必要な長さに対応、高い位置なら360度の灯りが得られ、机上なら低めに設置したりと必要に応じて調節できます。

素材はアルミで強度抜群!更にポールは差し込み式ではなくネジ式を採用することで、より強度が増し安定性が得られます。テーブル固定クランプ付属で、木製のテーブルだけでなく金属のテーブルなど幅広く使用できます。

口コミ

似たような他社製品に比べると少し重たいですが、その分しっかりしています。クランプ部分も金属製で安定感がある作りになっていました。1キロ程度のランプを吊るしていますが、特に不安はありません。ペグも2本付いていて、地面に打ち込んでの利用もできそうです。引用:Amazon

地面に打ち込んで使用することも、テーブルに挟み込んで使用することも出来るし、ネジ部分などの加工もしっかりしていて安っぽさも感じませんでした。ポールは1本~4本全てを使用しても問題なく使用できます。引用:Amazon

 

おすすめ⑥LYIYI ランタンスタンド

サイズ 組立サイズ(約) : 高さ100cm+81cm
重量 約3.1kg
素材 スチール
耐荷重 10kg

堅牢さながらもスマートなデザインのスタンドです。高品質のスチール棒を採用、しっかりした作りで程よい重量感を持っており、長時間物を掛けても変形しにくく長持ちします。ポールの表地はおしゃれな黒メッキの仕上げで、錆びに強いのも特徴です。

最大耐荷重は10kgに達しており、市販の大きいサイズ燃料式キャンプランタンでも対応できます。組み立てタイプなので、分解するとコンパクトサイズになって持ち運びに便利です。

口コミ

丈夫なのでガンガン地面に打ち込めます。ヴェイパラックスとデイツをぶら下げてもビクともしません。安心して利用できます。引用:Amazon

重さはありますが、逆にそれが安定性につながっているのかなと思います。地面に差す部分が左右共に1本のタイプで、グラグラするか不安でしたが、全然グラグラすることは無く安定感もありました。上の高い方のフックにコールマンのガスランタンを引っ掛けましたが、問題ありませんでした。引用:Amazon

 

おすすめ⑦キャプテンスタッグ ランタンスタンド

サイズ 組立サイズ(約) : 幅70×奥行60×高さ107~190cm
重量 約1.2kg
素材 アルミ・鉄
耐荷重 約2kg

ランタンを吊り下げてキャンプサイトを明るく照らす、自立式三脚スタンドです。場所を選ばず、ポールを回すだけで好みの高さに調節可能、アルミ素材のポールなので軽量で、折りたたんでコンパクト収納し楽に持ち運べます。

ポールの先が尖っているので地面に突き刺すこともでき、脚もペグダウンできるようになっているので安定感があります。狭い場所で有効な1本脚と安定性の高い3本脚のメリットを兼ね備えた商品です。

口コミ

本体付属の説明にも記載がありますが、フックの方向と三脚のいずれか一本の方向を揃えておけばしっかり安定して使用できます。重量も重くなく、そこそこ小さくなり嵩張りません。試しに欲しい方にもお勧めです。引用:Amazon

キャンプで使用。フラットな場所では三脚。凸凹が多いところでは一脚として。汎用性は高いと思います。コンパクトになるかどうかの感じ方は、人それぞれだと思います。普通のキャンプ場での使用しかしてませんが、私は不便さを感じませんでした。引用:Amazon

 

おすすめ⑧YaeiWorkers ランタンスタンド

サイズ 組立サイズ : 高さ最大146cm
重量 550g
素材 アルミ・ステンレス・スチール
耐荷重 1kg

テントサイトをより快適な空間に演出できるYaeiWorkersのマルチツールスタンドです。キャンプサイトの状況によって、ペグジョイントを利用したグランドスタンド、テーブルアジャスターを利用したテーブルスタンドの2WAYで使用できます。

全てのポールのつなぎ目はネジ式となっているので、くるくると回すだけで接続でき、最大146cmまで高さを出すことが可能です。カラーは落ち着いたアーミーグリーンと、つなぎ目にゴールドが使用されており、スタンド上部に印刷された『YAEIWORKERS』のロゴがとてもお洒落です。

口コミ

めちゃくちゃ良いですこれ。まずはなんといっても見た目。少し艶感のあるミリタリーグリーンに、ワンポイントのゴールドの差し色、高級感があります。極めつけがクランプ、存在感と重厚感が半端なくいいです。性能もしっかり安定しており、軽すぎず重すぎずなバランスもGOOD!引用:Amazon

一番のお気に入りは塗装の仕上げのよさ。接続部もガタつき、隙間もなく正確な仕上げになっています。コストパフォーマンスに優れています。引用:Amazon

おすすめ⑨SPOFINE ランタンスタンド

サイズ 組立サイズ : 高さ57~117cm
重量 390g
素材 アルミ・ステンレス
耐荷重 約1.5kg

打ち込み式とクランプ式両用のランタンスタンドです。クランプでテーブルに挟む可能で、付属するペグを使用して地面に打ち込むこともできます。

4段式で3種類の高さ(57cm/87cm/117cm)から選択でき、組立簡単&軽量&コンパクトで持ち運びも便利です。綺麗なオレンジカラーで、キャンプサイトを引き立ててくれるでしょう。

口コミ

自分のキャンプテーブルにセットしてみましたが安定性もあり軽いランタンなら力を発揮してくれそうです。コンパクトでソロキャンプにピッタリ、今から使うのが楽しみです。デザインもおしゃれで気に入りました。引用:Amazon

卓上にランタンを置くとどうしても照明の範囲が狭くなるので、テーブル横で上から照らしたかった私にはぴったりの商品です!到着後自宅のテーブルに固定してみましたが、安定した装着具合でした!重たいランタンでもペグで固定すれば安心して使えそうです!引用:Amazon

 

おすすめ⑩KOMCLUB ランタンスタンド

サイズ 組み立てサイズ(約) :高さ75.5~190cm
重量 約470g
素材 ステンレス
耐荷重 2kg

防錆に優れるステンレス素材でつくられた、海辺キャンプ、海辺夜釣りに最適なランタンスタンドです。組立は各ポールを差し込んで時計回りに回して連結部を固定させ、75.5~190cmの4段階に高さ調整できます。組立も分解もしやすく、力を入れることなく女性でも1人でできるでしょう。

口コミ

テーブルランタンポールは持っていたため、全体的にランタンで照らす用に購入しました。ポールを繋げてみるとぐらぐらせず、かっちりはまって高さもあるので良さそうです。引用:Amazon

 

おすすめ⑪OUTDOOR MAN ランタンスタンド

サイズ 組立時 : 高さ31~155cm
重量 700g
素材 アルミ
耐荷重 1kg(両側2kg)

テーブルスタンド&ペグスタンド2WAY仕様のランタンスタンドです。高い位置からキャンプサイト全体を明るく照らすのはもちろん、テーブルに設置することで手元を明るく照らすこともできます。

ペグを地面に打ち込んで1本脚で固定させるので、設置スペースが狭くても安心です。フックは2つ付いており、左右にランタンを吊してより明るくしたり、片方に小物などを吊すこともできます。5段階で高さ調整が可能、様々なシーンで大活躍すること間違いなしです。

口コミ

ランタンなど色々固定できるフックや留め具がついたスタンド。先端が尖っていて、思いきり叩き込めば、かなり深く入って、耐荷重も十分にあります。長さを伸長することができ、テントやタープのポールとしても使えます。コンパクトにバラすことができるので持ち運びもしやすいです。引用:Amazon

2通りの使用スタイルでの使い分けがし易く使い勝手が良い。4本のポールを接続して組み立てて長さを調整して設定出来るのも便利。アルミ素材なので軽量で強度もあり、2kgまでの重さに対応しています。釣りでの竿置きに使っても良い。引用:Amazon

 

おすすめ⑫Kanaebiz ランタンスタンド

サイズ 組立時 : 高さ31.5cm~152cm
重量 329g
素材 アルミ
耐荷重 2kg

テーブルに挟んだり、付属のペグで地面に立てれるクランプ式ランタンスタンドです。より高強度の鍛造ペグを採用、ペグのトップとポールの連結ところは余分な隙間がないため、揺れなくスムーズに装着できます。

ポールの高さ調節は4段式になっており、31.5~152cmでお好きな高さで使用可能です。2WAY仕様クランプ式なので、サブライトで手元を明るくしたり、あらゆるアウトドアシーンで活躍してくれるでしょう。

口コミ

安定性は最初から期待していなかったものの、十分でした。小さく収納できて軽量なので、運搬時に邪魔になりません。期待以上の商品で満足しています。引用:Amazon

コンパクトで軽いので持ち運びが楽です。2wayで地面に立てるのはもちろん、テーブル等にも取り付けられるから実用的。45mm厚まで取付けられ、私のテーブルは43mmでギリギリ取り付けられました。テントと焚き火の間に配置しましたが、明かりの範囲を拡げられて安心感があります。引用:Amazon

 

おすすめ⑬FIELDOOR クランプ式 コンパクトランタンスタンド

サイズ 使用時(最大) :  91.5cm×13.5cm×3cm
重量 約250g
素材 アルミ
耐荷重 約1kg

軽量&コンパクトサイズのクランプ式ランタンスタンドです。設置はクランプ式で様々なテーブルに対応、高さを調節することができるので、用途やランタンの重量に合わせて調節できます。 折りたたんで収納するとザックにも入るサイズになり、ソロキャンプやツーリングキャンプに最適です。

口コミ

バイクでのソロキャンプ用に購入しました。道具の積載があまり出来ないのでコンパクトのものを探して購入を決断しました。かなり使い心地が良いです。引用:Amazon

スノーピークのアイアングリルテーブルにジャストサイズです。クランプのネジの先端が平面になっており、挟み込んだ対象物にキズが付きにくくしっかり固定できました。黒色を購入しましたが、各部の仕上げや質感も問題ありません。引用:Amazon

 

おすすめ⑭Moon Lence ランタンスタンド

サイズ 組立時 : 高さ最大117cm
重量 400g
素材 アルミ
耐荷重 1.5kg

打ち込みとテーブル固定の2WAY構造の軽量コンパクトなランタンスタンドです。収納サイズはわずか33cm、ソロキャプ・ツーリングキャンプにも適しています。ポールはA6061航空アルミ製を採用、丈夫で耐久性があり、曲がったり変形しにくいです。高さは3段階に調節でき、様々なシーンで活躍します。

口コミ

連結する部分のネジが滑らかに締まる。テーブルに接続する部分の作りも安っぽくなく、ちゃんとした製品。実はこれより400円ほど安いランタンポールを使っていたが、不良品でネジ部分が酷く安っぽく閉めづらかったのでこれ買い替えた。最初からこれにすれば良かった。引用:Amazon

あまり重量があるものは厳しいと思いますがランタン程度なら十分。打ち込み式・クランプ式の両用なので用途に応じて使用できる。軽量かつコンパクトに収納でき長さもジョイントの連結数で変えれるので使いやすい。引用:Amazon

 

おすすめ⑮キャンピングムーン ハンマーランタンスタンド

サイズ 組立時 : 高さ115cm~246cm
重量 2250g
素材 スタンレス
耐荷重 不明

杭打ちしやすい加重型・ロングタイプのランタンスタンドです。高硬度なオールステンレス製でキャンプや屋外での耐候性に優れており、またサビにくく、一般的な鉄・アルミ製のランタンスタンドと比較しても圧倒的に強度が高いです。

その分重量が約2.2kgと重めですが、地面に打ち込みしやすいでしょう。また三脚スタンドが付属されているので、地面が柔らかい場合や固い地面でポールを挿せない場合に役立ちます。高さはMax246cm、調整可能な幅が広いのも魅力的です。

口コミ

オールステンレスなので錆びにくい!夜露に濡れても大丈夫!高さや方向が自由自在!専用の袋付き!地面にガンガン打ち込んでも平気でした!引用:Amazon

何度か使用しましたが周りを照らしてくれるし風が吹いても倒れないし、最高でした。少々重たいですが、安定性を考慮すると許容範囲です。引用:Amazon

 

ランタンスタンドがあれば暗い夜も快適に過ごせる

置き場所に困るランタンも、ランタンスタンドにひっかけて使うことで広範囲を効率よく照らせ、暗い夜でも安心して過ごせるでしょう。

また、キャンプサイトのお洒落度が上がるのはもちろん、日中は洗濯物や荷物などを掛けておくのにも活用でき、様々な使い方がでます。ランタンスタンドを使った明るくて温もりのあるキャンプサイトで、より過ごしやすく楽しい夜を過ごしみませんか?

その他の関連記事はこちらから