記事作成日:

最新焚火台おすすめ人気10選!選び方のポイントをご紹介!

キャンプの醍醐味といえば、焚火ではないでしょうか。焚火台があれば、直火禁止の場所でも焚火を楽しんだり料理したりできます。しかし焚火台といってもさまざまなブランドから販売されており、形状やデザインの種類も多くあります。今回は人気のおすすめ焚火台や選び方のポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

焚火台の特徴

焚火台とはどのようなものなのか、よくわからないという方もいるでしょう。焚火台とはその名の通り、焚火を支える台のことです。焚火はキャンプの醍醐味の一つで、焚火を囲んでコミュニケーションを取る他、暖を取る、明かりとして利用する、料理に利用する、虫や動物除けなどさまざまな使い方があります。

焚火には地面に直接焚火を置く直火と、焚火台を使用する方法の2つがありますが、環境保全や火事のリスク回避のため直火での焚火を禁止しているキャンプ場が多くなっています。

そのため、直火禁止の場所で焚火を楽しむためには焚火台が必要です。焚火台の上で焚火をすれば環境へのダメージが少なく、料理を楽しんだり後片付けが簡単などメリットが多くあります。

人気!焚火台の選び方

キャンプの必須アイテムとして人気の焚火台ですが、さまざまなブランドから販売されており、商品の種類も多くあります。せっかくなら、お気に入りの焚火台で快適にキャンプを楽しみたいものです。ここでは、焚火台を選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

選び方①大きさ

薪の長さや使用人数に合わせて大きさを選びましょう。市販されている薪の長さは一般的に30~40cmなので、薪を置く部分の大きさが45㎝程度あると薪を切る必要がなく、使いやすいです。

大きさは小さすぎると十分な暖を取れず、料理にも使いにくくなります。一方大きすぎても火を付けたり後片付けをするのが大変になってしまうので、人数に合わせた最適なサイズを選ぶこともポイントです。

選び方②形状

形状の種類は、逆ピラミッド型、直方体型、皿型の大きく3つがあります。底が狭く上に向かって広がる形状の逆ピラミッド型はシンプルながらも洗練された印象で、直方体型はコンパクトに収納できるためソロキャンプ用に多く、男らしい印象です。

皿型は土台と薪を乗せる皿というシンプルな作りで、焚火を楽しむのにもってこいです。深さに関しては、炎を眺めたり火いじりを楽しみたい場合は浅型、火の粉が気になる、料理に使いやすいものが良い場合は深型が良いでしょう。

選び方③付属品

焚火台は付属品によって使用用途の幅が広がるので、目的に合った付属品がついているものを選びましょう。バーベキューをする場合は焼き網がついたもの、大きな鍋で煮炊きをするならゴトクが付いたものがおすすめです。付属していない場合も、別売りで購入できることもあるので確認しておくと良いでしょう。

本体下部に穴が開いた板材(ロストル)がついていると、空気の通り道ができるため燃焼効率が高くなる上、安定して燃え続けます。また灰受けがあると地面に灰が落ちにくく、使用後に灰の処理が手軽にできます。

 

最新焚火台おすすめ【グループ・ファミリー】

では、最新のおすすめ焚火台を見ていきいましょう。まずは、グループやファミリーでのキャンプに人気の焚火台をご紹介していきます。

おすすめ焚火台①コールマン ファイアーディスク

コールマンはアメリカのアウトドアブランドで、ドーム型テントやキャンプアイテムが日本でも高い人気を誇ります。ファイアーディスクは初心者でも簡単に焚火ができるよう設計されたモデルで、安心のオールステンレス製です。

通気性に優れており、簡単に設営・撤収できるため慣れていなくてもスムーズに使うことができるでしょう。バーベキュー用の炭を入れやすい焼き網がついており、ダッチオーブンにも対応しています。収納ケース付きで、脚部分を折り畳むとコンパクトに収納できるため持ち運びにも便利です。

口コミ評判

網も炭が入れやすくサイズもそこそこでかいので、2~3人分同時に焼いても余裕あります!分厚いステーキを豪快に焼くのがおすすめ!バーベキューやってるぜ!って感じになります。専用のカバーに入れれば網も一緒に収納でき、組み立てもすごい簡単だし、片付けも楽!最高です!引用:Amazon

BBQシートを敷いて使用する事で、一瞬で片付けができます、!!洗う必要もありません。メンテで洗うときも洗いにくい部分が少なく、掃除が簡単。4人でのBBQ、これで十分かと思います。足を畳むとかなり小さくなるので、車への積み込みや、家での保管場所も小さくて助かります。引用:Amazon

今まで大きめのグリルを使っていましたが、片づけが面倒。これに飛びつきました。素材がステンレスなので、金属たわしでガシガシいけます。引用:Amazon

大きめサイズなのでグループやファミリー分の食材も余裕で焼けると人気で、お手入れや組み立てのしやすさも口コミで好評です。小さく畳めるため保管場所に困らず、専用ケースに網やちょっとした小物も一緒に収納できるのが便利です。

 

おすすめ焚火台②スノーピーク 3-4人用

焚火台はスノーピークの代表的アイテムのひとつで、逆四角錐形状のシルエットが特徴的です。開いて置くだけと簡単に設営でき、シンプルな作りとコンパクトに持ち運べるのが魅力ですが、タフなステンレス素材で剛健なスペックを備えているので安心して使えるでしょう。

3サイズ展開とサイズバリエーションがあるためシーンや人数に合わせて対応でき、3~4人用はグループやファミリーにおすすめです。オプションでグリルブリッジが用意されているので、さまざまな焚火調理を楽しむこともできます。

口コミ評判

着火剤など不要。新聞紙を丸めて小枝などに火をつける。すぐ火が付く。そして廃材を載せる。どんどん燃える。もう庭で3回使った。楽しい。引用:Amazon

ちょっと高額ですが使いやすさ耐久性申し分なし!生涯使えるでしょうね。製品の完成度、品質の良さ、さすがjapanmadeです。使いこむほど味わいが増してくる。引用:Amazon

重いです…が、最高です。購入してガンガン使ってますが全く問題無し、キャンプブームで色んな焚火台が販売されて周りの友達が別メーカーのをいろいろ購入しましたが、現在はみんなこの商品を使ってますね。コレは死ぬまで使えます。引用:Amazon

しっかりした作りで耐久性が高く、長年愛用している方も多い人気商品です。完成度の高さや品質の良さから一生ものだという口コミが多くあり、使うほど味わいが増します。着火剤なしでも火をつけやすく、燃焼効率も高いので、手軽に焚火を楽しめるでしょう。

 

 

おすすめ焚火台③キャプテンスタッグ ファイアピット

風合いのあるブロンズカラーが特徴的な焚火台で、ヨーロッパスタイルのファイアピットを手軽に楽しむことができます。脚を広げるだけで簡単に設営できるため初心者でも使いやすく、火の粉の飛び散りを抑えるメッシュフードが付いているのが魅力です。

また三脚と組み合わせることでダッチオーブンなども楽しむことができ、網が付いているためグリルとしても使えます。ポータブルタイプで持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。

口コミ評判

大きくて安定性しています。脚など意外に頑丈でした。五徳を使ってケトル、鉄板をおいてみましたが、安定感はばつぐんです。火もガンガン燃えます!ロストルが有り空気が入って来やすいためでしょうね。大きい焚き火台が欲しかったので、満足です。引用:Amazon

庭で焚火するのに購入しました。芝生が焼けることもなく、大きな薪もそのままいけるので非常に良いです。デザインも重さも満足です。確かに大きいので持ち運びは少しじゃまかもしれませんが、網もついているので焚火+コンロと思えばよいと思います。引用:Amazon

想像よりも大きく、焚き火を最高に楽しめます。ホイホイ放り込めます。車移動方ファミキャン向けですかね。焚き火を楽しむには最高です。1分後には火おこしできる!使用後のお手入れも簡単!引用:Amazon

大きいサイズで薪を入れやすく、デザインや丈夫な作りも口コミで人気です。安定感もあり、ケトルや鉄板を置きやすいので調理もしやすいでしょう。火おこししやすく、使用後のお手入れもしやすいので、キャンプだけではなく庭で使用する方も多くいます。

 

おすすめ焚火台④コールマン ステンレスファイアープレイス3

ステンレスファイアープレイス3は空気の流れを作りやすく燃焼効率の高い井げた式ボディを採用しており、焚火を楽しむのに最適なデザインになっています。

ハンドルを内側に倒すと鍋やフライパンを置くゴトクとして使うことができ、焼き網も付属しているので、料理やバーベキューにも利用可能です。収納ケース付きで、折り畳むとコンパクトに収納できるため、持ち運びに便利なのも魅力でしょう。

口コミ評判

抜群の高火力!派手な焚火を楽しめます!他の焚火台との比較して、暖かさ・見栄えはダントツでこの商品が1番でした。特に横がメッシュになっているので、他と比べ断然足元が暖かくなります。火力もかなり高く、燃焼効率が良い。下の受け皿も取り外しが可能で灰を捨てるのも楽です。引用:Amazon

井の形や、トライポット使用せずダッチオーブン使用など出来る事はかなりポイント高いです。ずっと使ってますが耐久性良いですし、調理にも焚火にも使え市販の薪などもぶち込んで使えるので焚き火の準備が楽で、夜は大きい火に癒されます。引用:Amazon

意匠に惚れこみました。オールステンレスで、組み立ても簡単で気に入りました。商品の重さ自体は、オートキャンプで、車移動なので、気になりません。灰受け皿の強度ですが、見た目にはしっかりと作られてる感じがします。引用:Amazon

火力が高く豪快な焚火を楽しめる、暖かいという口コミが多く、デザイン性や形状も好評です。準備や片付けが楽で、お手入れしやすいステンレス製のため手軽に使えるのも人気のポイントでしょう。

 

おすすめ焚火台⑤ロゴス LOGOS the ピラミッドTAKIBI

薪を立てて燃やす発想から生まれた、カスタマイズできるピラミッドスタイルの焚火台です。炭を置くロストル構造が空気の通り道を確保することで燃焼効率をアップさせており、少ない炭でも火力を保つ台形デザインの火床を採用しているのが特徴です。

またダッチオープンなど重い調理器具も直置きできるゴトク、丸串と平串の両方に対応した串焼きプレート付きで、幅広い調理に対応できるのも魅力でしょう。手入れしやすい灰受け構造や、約10秒で簡単に設置でき、収納バッグが付属しているのも人気のポイントです。

口コミ評判

少々大きな薪を重ねてもはみ出さず、こぼれ落ちる木片も無くなり落ち着いてチェアーに座ってマグを傾ける時間が出来て嬉しい限りです。組立も簡単で手提げ袋も付いてくるので持ち運びも楽。買って良かった。引用:Amazon

使用した感じ、組み立てはとても簡単です。灰受けに、BBQ用のホイルのせておけば、後片付けはとても楽です。炭火も一度着けてしまえば、燃え尽きるまできちんと燃えます。一番のポイントは、使用した後、自宅の台所で洗えちゃいます。引用:Amazon

そこそこ軽くてペッタンコに収納できる。そして良く燃える!重量はユニフレームの製品より若干重いけど、収納時はペッタンコになるのが決め手でした。燃え方は友人のユニフレームの焚き火台と比較して良く燃える。薪を1束燃やしても驚くほど灰が少なかったです。引用:Amazon

大きめの薪でも置きやすく、良く燃えるので、ゆったり過ごしながら焚火を楽しめると人気です。灰が少なく後片付けが楽で、組み立てもしやすいので初心者にもおすすめです。重すぎずコンパクトに収納できるので、持ち運びや保管にも便利でしょう。

 

おすすめ焚火台⑥ユニフレーム 薪グリル

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル 682906

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル 682906

13,000円(12/01 20:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

ユニフレームの薪グリルは、ダッチオーブングリルにも対応するステンレスグリルです。頑丈なゴトクは火加減や調理に合わせて高さを調節でき、余裕のある奥行きで大きな鍋も置けるので、さまざまな料理を楽しみたい方にもおすすめです。

優れた風防性とストーブ機能、薪を置きやすいサイズ、丈夫なボディで初心者でも安心して使えるでしょう。別売りのユニセラサイドトレーを取り付けると、トングや調味料置きとして使えます。

口コミ評判

重さ故の丈夫さではないでしょうか。鍋を2つ置いて調理出来るので重宝しています。これがあれば100均の網を使ってピザ等もやけますよ!薪にも良し、高さを変えて炭火も良しで、大変便利です。ただ、一度に載る薪の量はやや少なめで、ロストルウォールは必須だと思います。引用:Amazon

重たい難点はあるもののこのグリルの最大の特徴は、焚き火の熱が全て反射してこちらだけを暖めてくれることにあります。グリルとしてもやかんを2つ同時に火にかけることができるので、ソロキャンプからファミリーキャンプまで使える優れものだと思います。引用:Amazon

とにかく暖かい。暖を取るのには最適です。炭火でも良く使っていますが、暖かいです。焚き火、調理、暖房と、大活躍です。造りしっかり、重い物にもびくともせず、そこそこ薄く畳めますし、良い買い物しました。引用:Amazon

重さはあるものの丈夫で、重い鍋でも安定しておけたり、2つ鍋を置けるなど調理にも適しています。暖房効果の高さも口コミで好評で、とにかく暖かいという声が多くあります。

 

おすすめ焚火台⑦ソロストーブ ボンファイヤー キット

ボンファイヤー キットは、中型サイズのファイヤーピット本体と専用スタンドがついたセットです。ソロストーブの特許構造はそのままに、高品質のステンレスを使用した直径約50㎝のユニークなデザインが特徴です。

中に薪を入れて火を付けると、底の通気口から取り込んだ空気が一次燃焼し、さらに暖められた空気が二重壁の間を通り上部の通気口から出て二次燃焼するという作りになっており、非常に燃焼効率が良いので焚火を楽しむのに最適なモデルでしょう。

口コミ評判

着火すぐから容易に火が拡大し、噂通り薪を入れるだけで完全燃焼し続け、大量の巻を燃やしても僅かな灰しか残りません。耐風性も高いです。また耐火グローブで下部を持ち移動可能な点も他のソロストーブと同様の利点で、急な雨でも便利です。引用:Amazon

サイズが大きため重量は重いです。しかしそんなことは気にならない。豪快な焚き火が楽しめます。薪の消費量がハンパないですが、家族や友人と楽しく使っています。少々お高いですが、間違いなくおすすめです。引用:Amazon

最高気温:-2、晴れの北海道、朝の9時半頃〜17時頃まで使用しました。積もった雪にも冷たい風にも負けず、暖かいです。タープテントの壁は一面だけ取り付けました。炎が美しく、大人5人囲んで暖を取りながら食事を愉しみ、その後も楽しいひと時を演出してくれました。引用:Amazon

火を付けてすぐに焚火を楽しめて、しっかり燃焼して灰も少ないと人気の商品です。豪快で美しい炎が魅力で、キャンプの醍醐味を味わえるでしょう。温かさも抜群なので、寒い時期・地域での使用もおすすめです。

 

 

最新焚火台おすすめ【ソロ】

次にご紹介するのは、ソロキャンプにおすすめ焚火台です。ソロの場合は、コンパクトで持ち運びしやすいもの、一人でも取り扱いやすいものが良いでしょう。

おすすめ焚火台⑧ディーオーディー めちゃもえファイヤー

ディーオーディのめちゃもえファイヤーは、特殊構造により二次燃焼の炎を楽しめるのが特徴です。一次燃焼で燃えきらず煙として排出される可燃性ガスに、高温に熱した空気を吹き付けて二次燃焼として燃焼させるので、通常より煙の少ない焚火を楽しむことができます。

また燃焼効率が高いため、少しの薪でも大きい炎を満喫できるでしょう。付属のテーブルもきれいに重なりコンパクトに収納可能できるので、持ち運びしやすくソロにおすすめです。

トレイ状の灰受けにより片付けがスムーズで、環境に優しいスチールテーブル、灰受けが熱くなりにくい遮熱板、出し入れしやすいキャリーバッグが付いているのも魅力でしょう。

口コミ評判

雨風に対する強さ(重さも含めて)、切らずに市販薪をぶっ込めるラクさ、燃焼効率の良さ、使用後の灰の少なさなどの良い点が重さのハンディを補って余りある!ケトルや鍋も置きやすいです。引用:Amazon

めちゃもえファイヤーは魅力的でしたが、重量が重くて断念。ふとした時に、ぷちもえを教えてもらい即購入しました。燃焼効率も良く、薪はほぼ炭に変わります。焚き火の火をただただ眺めているのが好きなので、このくらいが丁度いいのかなと思います。引用:Amazon

めちゃ燃えの名に恥じない燃えっぷり。薪が丸ごと入るのが嬉しい。地面に灰が落ちないのも良い。引用:Amazon

人気のめちゃもえファイヤーの小さいバージョンはソロキャンプにおすすめで、燃焼効率の高さや灰の少なさがポイントです。地面に灰が落ちず、豪快な燃えっぷりを楽しめるので、焚火を眺めるのが好きという方にもおすすめです。

 

おすすめ焚火台⑨ピコグリル ピコグリル398

ピコグリル 398 Picogrill398 PG398 正規販売店商品

ピコグリル 398 Picogrill398 PG398 正規販売店商品

14,000円(12/01 20:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

ピコグリル398はシンプルな構造が特徴の焚火台で、優れたデザイン性、重量、収納性が魅力です。初心者や女性、お子様でも簡単に設置でき、薄く軽量な素材ですが堅牢な作りになっているので安心して使えるでしょう。

薪を横にくべると中央に空気の通り道ができ、効率よく燃焼するため焚火の炎を楽しむのにおすすめです。

口コミ評判

ヒロシさんのキャンプ動画で良く目にし、価格も落ち着いた頃に買いました。軽さ、扱い良さは群を抜いています。パーツごと買い換えられるのもgood。焚き火に料理に大変万能です!引用:Amazon

軽くて薄いので、持ち運びに便利。噂通りの商品でした。燃焼性が高く、焚き火を堪能させて頂きました。ピコグリルを買ってからはこれしか持ち出さなくなった。燃焼効率がすばらしい。他の人にもオススメできる一品です。引用:Amazon

軽い。とにかく軽い。軽いのに丈夫で多少の重さのものも十分スピッツに載せることができます。何より優れているのは、組み立てやすさと片付けやすさです。特に片付けがしやすい。本当に扱いやすい焚き火台です。最高です。引用:Amazon

軽くて薄い上、燃焼効率が良く扱いやすいため、ソロキャンプに最適という口コミが多くあります。軽量ですがしっかりした作りで多少重いものも乗せることができ、片付けしやすいのも人気のポイントです。

 

おすすめ焚火台⑩モノラル ワイヤフレーム ライト

モノラル MONORAL 焚き火台 ワイヤフレーム ライト MT-0016

モノラル MONORAL 焚き火台 ワイヤフレーム ライト MT-0016

13,148円(12/01 20:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

特殊耐熱クロスを用いた折り畳み焚き火台「ワイヤフレーム」から拡張性を廃し、重量・収納サイズ共に65%に縮小したライトバージョンです。ジャケットのポケットに入る収納サイズと焚火を楽しめる火床形状を実現しているため、ソロキャンプに最適なモデルでしょう。

火床はワイヤフレームと共通で、交換クロスや焚き火メッシュを共用できます。 独自のアーム設計によるシンプルかつ機能的な構造が特徴で、安定して薪やコッフェルを置くことができ、組み立ても簡単です。

口コミ評判

実用的でデザインが最高。キャンプで一度使用しましたが見た目のかっこよさは最高です。非常にコンパクトに収納でき、軽いし、使い勝手すごくいいです。2回使いましたが布的な部分も全然消耗してる感じはしない。非常に満足してます。引用:楽天市場

収納はコンパクト。雰囲気抜群で大変満足です。初代ワイヤーフレームも持っていますが、ライトは更にコンパクトになり持ち運びに場所を取らないのでとても良いと思います。組み立ても簡単に出来きます。他のメーカーの五徳を使えば普通に調理も出来ます。引用:楽天市場

デザインの良さが好評で、カッコいい見た目で最高の雰囲気を演出できるという声が多くあります。軽量性や組み立てのしやすさなど使い勝手が良く、コンパクトに収納できるので、実用性も見た目にもこだわりたい方におすすめです。

 

アウトドアは焚火台で楽しみ方倍増!

今回は、最新の人気おすすめ焚火台や選び方のポイントをご紹介しました。焚火台はキャンプの醍醐味である焚火を楽しむのに欠かせないアイテムで、付属品を活用すればさまざまな料理やバーベキューも楽しむことができます。

ブランドや商品によってデザインや機能性が異なるので、用途や好みに合わせて選びましょう。ぜひお気に入りの焚火台を手に入れて、アウトドアを楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから