チョコレートダイエットの効果とは?やり方と注意点を徹底解説!

チョコレートダイエットをご存知でしょうか。実は、チョコレートを食べてダイエットをするという夢のようなダイエット方法があります。そんなチョコレートダイエットとはどのようにしたら良いのか、気になる方もいるでしょう。この記事では、具体的な効果や正しいやり方についてご紹介します。

チョコレートダイエットとは?

チョコレートを食べながらダイエットをすることを言います。チョコレートは高カロリーな食べ物なのでダイエット中は我慢しなければならないことで知られていますが、実はチョコレートを食べて痩せることはできます。

しかし、普段おやつの時間に食べている甘いチョコレートを食べるのではありません。ダイエット向きの種類があるので、選ぶ種類を間違えてしまうと失敗してしまうので注意しましょう。ダイエットにはカカオが多く含まれたチョコを選ぶ必要があります。

カカオ豆から作られていますが、このカカオに含まれる成分に注目です。カカオポリフェノールをはじめ、食物繊維やビタミン、ミネラル類などが含まれています。中でも注目したい成分が「カカオポリフェノール」で、抗酸化作用の効果も期待できるため、美肌効果も得られます。

抗酸化作用と言えば、シミやシワを改善したり、美肌効果も期待でます。甘いものを食べるとニキビが増えたり肌荒れが進むことが多いのですが、美肌を目指すにはやはり「高カカオ」を選ぶことが鍵となっています。

チョコレートのダイエット効果とは?

では、具体的にどのような効果が得られるでしょうか。この記事では、チョコレートダイエットの効果についてまとめているので参考にしてください。

効果①満腹中枢への刺激

食べ過ぎを抑制することができます。主原料であるカカオマスカカオバターは、主に脂肪と糖分で出来ており、摂取すると一気に血糖値が上がります。これだけ聞くと「太ってしまうのでは?」と思われがちですが、実は空腹時に摂取し、血糖値を上げておくことで食べ過ぎを防ぐことができるのです。

血糖値が上がると満腹中枢が刺激されるので、結果として摂取カロリーを大幅カットすることができ、食べ過ぎを防いで体重増加を防ぐことが可能というわけです。人はお腹が空くと血糖値が下がり、食べたい欲求で頭の中がいっぱいになってしまいます。

食べることを我慢するのはとても辛く、ダイエットが長続きしない理由の一つにもなっています。そのため、無理なくダイエットをするためには、食事前にチョコレートを摂取して満腹中枢を刺激した方がダイエットも成功しやすいのです。

効果②脂肪を蓄えにくくなる

カカオには「テオブロミン」と呼ばれる成分やポリフェノールなどが含まれています。これらの成分により脂肪の吸収が抑制され、さらには脂肪を分解する働きを促すことができます。それぞれの成分が同時に作用することで脂肪を蓄えにくい体質にすることが可能で、単体よりも2つの成分が合わさることで効果が期待できます。

また、カカオマスにはカフェインも含まれており、脂肪吸収を抑制し、太らない体質を目指すことが可能です。こうした有効成分が豊富に含まれているので、脂肪を蓄えにくくし、さらには脂肪を分解することでダイエットを目指すことができます。

効果③腸内環境の正常化

カカオプロテインで腸内環境を整えることも可能です。このカカオプロテインとは、タンパク質の一種で、人の体を構成するのに欠かせない栄養素でもあります。特に筋肉を作るのに必要不可欠な栄養で、カカオプロテインは吸収されることなく腸内まで届くので、乱れがちな腸内環境を正常化させることが可能です。

腸内に届いたカカオプロテインは、食物繊維として働き、体内の不要物を排出することができます。高カカオチョコレートを上手に取り入れることで、痩せやすい体作りや便秘解消をすることも可能になり、これまでに失敗していた方でも痩せることができるでしょう。

効果④むくみの解消

カカオポリフェノールは、血行を促進する働きがあるため、むくみを解消する効果も期待できます。むくみと言えば女性の大敵で、デスクワークなど長時間同じ体勢をする人は全身の血流が悪くむくみやすくなります。むくみは血流が悪かったり余分な水分が体内に蓄積されることが原因です。むくみを放置してしまうと、セルライトの原因にもなるため、できる限り阻止したいものです。

セルライトになると、自力で改善することは難しいので注意が必要です。普段から足や体のむくみが気になる方は、チョコレートを摂取し、血流を良くしてむくみを予防すると良いでしょう。血の巡りが良くなることで、冷えを改善をすることもできます。冷え性の方は体の巡りが滞っていることが多く、むくみやすいのでしっかりと予防することが大切です。

効果⑤疲労の回復

テオプロミンと呼ばれる成分が配合されているのですが、この成分には疲労回復効果や集中力を高める効果があり、試験前日など勉強を頑張りたい時にチョコを食べると良いと言われているのはこれが理由です。

日頃の疲れを回復させることはもちろん、ダイエット中に運動した時の疲れを回復させることもできます。特に仕事で疲れている方は、運動をするとさらに疲労が蓄積されてしまいますが、甘い物を食べることで食事制限によるストレスを解消し、疲労回復も期待できます。

チョコレートダイエットの正しいやり方

では、実際にどのようにダイエットをしたら良いのでしょうか。ただ食べるだけではダイエット効果が期待できません。ここでは、チョコレートダイエットの正しいやり方をご紹介します。

やり方①高カカオチョコレートを食べる

まずは食べる種類を把握することが大切です。有効なのは、カカオが入ったチョコなので、選ぶ時には高カカオかどうかを確認するようにしましょう。体重が減少するという報告もあり、効果が期待できます。

やり方②食べる量は1日50g

食べる量にも注目です。ダイエットに有効と言われていますが、食べ過ぎると脂肪増加につながるので注意しましょう。理想は、70%以上の高カカオチョコレートを1日50g食べることです。50gと言うと市販で売られている板チョコ1枚分です。また、一度に50g食べるのではなく、数回に分けて食べた方が効果もアップします。

やり方③食べるタイミングは食前

朝昼晩の食前に食べた方が効果が期待できるので、食べるタイミングも気にしてみましょう。食前に食べることで、過剰摂取を抑えることができます。摂取カロリーを抑制することで、効果も期待できるでしょう。

チョコレートダイエットを行うときの注意点

続いてご紹介するのは、チョコレートダイエットを行う時の注意点です。甘いお菓子を食べながらダイエットをすると言う夢のような話ですが、注意すべきことがいくつかあります。ここでは注意点についてまとめました。

注意点①食べすぎない

過剰摂取には要注意です。過剰に食べると脂肪が増えるため、食べ過ぎると結果的に太ってしまうこともあります。チョコレートダイエットは全く太らないという訳ではないので、1日に食べる量を超えない範囲内で食べるようにし、成功させましょう。

抗酸化作用のある成分が含まれていますが、食べ過ぎてしまうと脂肪分を大量に摂取することになります。そうなると美肌ではなくニキビができやすい肌になってしまうので注意が必要です。抗酸化作用を活用し、美肌をキープしたい方は適量を食べることを守りましょう。

注意点②運動もする

同時に運動をすることも大切です。脂肪を分解する成分と運動の相乗効果で痩せやすくなります。体重を落とすには摂取したカロリーよりも消費カロリーが上回る必要があるので、運動を取り入れてカロリーを消費するのがおすすめです。運動をすることは基礎代謝アップにもなるため、効果もアップします。

辛い運動をする必要はありません。適度に体を動かし、カロリーを消費できれば痩せることができます。例えば、毎日電車や自転車で通勤している方は、徒歩に変えるだけでも十分な運動量になります。少しずつ運動量を増やしてカロリー消費を心がけてください。

注意点③夜遅くには食べない

ダイエット中は夜遅くに食べないようにしましょう。寝る前に食べてしまうとカロリーを消費できずに体内に蓄積されてしまいます。それでは逆に太ってしまうので、食べる時はなるべく早い時間帯を意識してください。また、眠気を冷ますカフェインも含まれているので注意してください。

カロリーに気をつけながらチョコレートでダイエットしよう

高カカオチョコレートには、ダイエットに有効な成分が含まれています。チョコレートダイエットは、正しいやり方や注意点を覚えておくことで、無理なく痩せることができるでしょう。甘い物を我慢できない方は、高カカオチョコレートを食べてダイエットをはじめてみてはいかがですか。

その他の関連記事はこちらから