記事作成日:

青汁が苦手な方にもおすすめ!おいしい飲み方とアレンジレシピをご紹介!

野菜の栄養がたっぷりと摂れる青汁は、健康に良い栄養補助食品として人気です。最近の青汁は昔と比べて飲みやすくはなっていますが、それでもまだ風味やクセを苦手とし、敬遠される方も少なくありません。今回は、そんな方の為に青汁が苦手な方にもおすすめの、おいしい飲み方とアレンジレシピをご紹介します。青汁はアレンジひとつでもっと美味しく味わうことができます。是非この機会に試してみて下さい!

そもそも青汁とは?

青汁とは緑黄色野菜を絞った汁のことで、野菜不足や栄養バランスが気になる方におすすめの栄養補助食品です。「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「桑の葉」などを主要原料とし、手軽に野菜の栄養を摂取できることで人気を集めています。

ひと昔前までは、「ケール」を中心に作られていた為、その苦味とクセの強さで「まずい」ことで有名になりましたが、最近は食味改良により様々なメーカーから飲みやすい青汁が続々と販売され、一般的にも多く消費されるようになりました。

青汁の効果

青汁は、メーカーによってブレンドされている野菜の種類が異なりますが、一般的にメイン原料として使われている野菜が、先にも挙げた「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「桑の葉」になります。

他の野菜よりもミネラル・ビタミン・βカロチン・食物繊維などの栄養素が多く含まれており、毎日でも摂りたい野菜ですが、葉野菜は硬い細胞壁で覆われている為そのまま食べると消化しにくく、また、一度にたくさんの量を食べるのは難しいでしょう。

これらの野菜をすり潰して粉末状にし、摂取しやすくしたものが青汁です。野菜の栄養素が凝縮されており、豊富な野菜の栄養素を手軽に摂ることができます。青汁を習慣化することで、健康維持をはじめ、ダイエットや便秘改善、美容にも効果が期待できます。また、小食・野菜嫌いなお子様の成長サポートにも役立ちます。

青汁の効果的な飲み方

効果を発揮する為にも、青汁は毎日継続することが大切です。1日コップ1~2杯、青汁のメーカーに合わせて適量を飲みましょう。飲むタイミングは基本的にいつ飲んでもOKです。しかし、自分の中で朝食時・就寝前など、飲む時間帯を決めておけば、青汁が習慣化しやすくなるでしょう。

飲み続けるには、好みの飲み方を見つけることがポイントになります。水と混ぜて飲むのが一般的ですが、どうしても青汁が苦手な方もいるでしょう。そんな方は、これからご紹介するおすすめの飲み方やアレンジメニューを是非参考にしてみて下さい!

青汁が苦くてまずい?おいしい飲み方7選

青汁も昔と比べると飲みやすくはなっていますが、それでもまだ青汁の苦味やクセを苦手とする方も少なくありません。ここからは、青汁を「苦くてまずい!」と感じている方に向けて、おすすめのおいしい飲み方をご紹介します。お好みの飲み方を見つけて、是非青汁習慣を身に付けて下さい。

青汁のおいしい飲み方①冷水割り

青汁の基本的で最もシンプルな飲み方が、水で割って飲む方法です。水にサッと溶ける仕様になってはいますが、シェーカーを使用するとダマになりにくく、よりキレイに溶かすことができます。冷たい水で割ればスッキリと喉ごし良く飲むことができ、暑い夏や乾燥しがちな冬にもおすすめです。

青汁のおいしい飲み方②牛乳割り

青汁の苦味が気になる方や、初めて青汁を飲まれる方は、牛乳割りがおすすめです。牛乳と混ぜれば、ほんのりと甘い「抹茶ミルク風」になり、さらに飲みやすくなります。また、野菜の栄養素だけでなく牛乳のカルシウムも一緒に摂取でき、育ち盛りのお子様にも最適です。

青汁のおいしい飲み方③はちみつ割り

「青汁+はちみつ」で、ゴクゴク飲める甘くておいしい青汁に早変わりします。牛乳で割った青汁にはちみつをプラスすれば、さらにまろやかになり、お子様でも嫌がらず飲めるようになるでしょう。ハチミツは溶けやすく、少量でも甘みをしっかり引き出すことができるので、お砂糖よりも健康的でおすすめです。

青汁のおいしい飲み方④フルーツジュース割り

昨今「フルーツ青汁」がブームとなりましたが、青汁とフルーツの相性は抜群です。リンゴジュースやオレンジジュースなど、お好みのジュースと割ることで、野菜ジュースのような飲みやすくておいしい青汁になります。リンゴやバナナと牛乳を一緒にジューサーで混ぜて、スムージー青汁として頂いてもgoodです!

青汁のおいしい飲み方⑤豆乳割り

「青汁+豆乳」のヘルシーな2つの素材は、安心して美味しく頂けるおすすめの飲み方です。豆乳の豊かな甘みとコクが、まろやかでクリーミーに仕上がり、さらに飲みやすい青汁になります。植物性タンパク質を多く含み、カラダに嬉しい成分がたっぷりな豆乳で栄養バランスもバッチリです!

青汁のおいしい飲み方⑥ヨーグルト割り

「青汁+ヨーグルト」は、牛乳に比べて低カロリーでコレストロールも低く、女性やダイエットされている方に最適です。飲むヨーグルトと青汁を混ぜるだけでも良いですが、ミキサーにちぎったバナナ、飲むヨーグルト、青汁を入れ攪拌すれば、腹持ちも良く置き換えダイエットにもおすすめです。

青汁のおいしい飲み方⑦甘酒割り

意外な美味しさを味わえるのが「青汁+甘酒」です。飲む点滴といわれる甘酒と栄養豊富な青汁は、ダイエットや美肌サポートに大きな効果があります。見た目こそ緑になりますが、甘汁の風味はほとんど変わらないので、甘汁好きの方にもおすすめです。カラダに良いもの同士の組み合わせ、是非試してみて下さい。

青汁を料理に!人気のアレンジレシピ5選

青汁は粉末状になっているものが多く、水やお好みのジュースに溶かして飲むのはもちろん、料理に活用したり、お菓子の生地に混ぜたりと使いやすいのもポイントです。ここからは、青汁を使ったアレンジレシピをご紹介します。飲料とプラスして、毎日の健康に是非お役立て下さい。

青汁のアレンジレシピ①ホットケーキ

青汁入りの栄養満点なホットケーキです。青汁臭さは全く感じられず、野菜嫌いなお子様にもおすすめです。バターやジャム、クリームチーズ等と一緒にお召し上がり下さい。

材料 2~3人分

ホットケーキミックス 200g
青汁 20g
牛乳 150ml
1個
ハチミツ 少々
サラダ油 少々

作り方

  1. 卵と牛乳を混ぜ、ハチミツもよく混ぜる
  2. 1.にホットケーキミックス・青汁を加えてなめらかな形状になるまで混ぜる
  3. 弱火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2.を円形になるように流しいれる
  4. 両面を焼いたら出来上がり!

青汁のアレンジレシピ②シチュー

青汁で野菜の栄養素をプラスした淡いグリーン色のシチューです。青汁の風味やコクがプラスされて、いつものシチューが深い味わいになります。季節の野菜など、お好みの具材でたっぷりと栄養を摂りましょう!

材料 3~4人分

青汁 大さじ3
シチューの素 2~3片
鶏肉 100g
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/4個
季節の野菜(キノコ・サツマイモ等) 適量
塩コショウ 少々
サラダ油 少々

作り方

  1. 鍋に鶏肉・玉ねぎ・人参・その他野菜を入れて炒め、シチューの分量の水を加えて煮る
  2. 野菜に火が通ったら、牛乳・シチューの素を加えて、塩コショウで味つけする
  3. トロミが出らた、最後に青汁を入れてひと混ぜして出来上がり!

青汁のアレンジレシピ③スープ

青汁と卵のスープレシピです。簡単調理で一品添えることができる卵スープですが、青汁をプラスすることで、野菜の栄養もしっかりと補うことができます。黄色と緑の色合いも良く、食卓をおしゃれに彩ります。

材料 1人分

青汁 3g
200ml
1個
ほうれん草 1/2株
顆粒コンソメ 小さじ2

作り方

  1. ほうれん草を小さく刻み、卵は器に入れ溶いておく
  2. 鍋に水を入れて沸騰させる
  3. 顆粒コンソメを加え、ほうれん草をひと煮立ちさせる
  4. 卵を流し入れ、火を強めてふんわりとかき混ぜる
  5. 火を止めて、青汁を加えひと混ぜして出来上がり!

青汁のアレンジレシピ④パスタ

青汁を使った「フレッシュトマト&ガーリックのツナパスタ」です。パスタは血糖値が上がりやすい料理ですが、一緒に食物繊維を含む青汁をとることで、血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できます。

作り方 1人分

青汁 3g
パスタ 100g
にんにく 1片
トマト(小) 1個
ツナ缶 1缶
オリーブオイル 少々
1L
小さじ2
粉チーズ ※お好みで 適量

作り方

  1. お湯に塩を加え、パスタを茹でる
  2. フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて火にかける
  3. 香りがしたらザク切りのトマト、ツナ缶をくずしながら炒める
  4. 茹で上げたパスタを温かいうちに3.へ加える
  5. 火を止めて青汁を入れ、フライパンの中ですばやく和える
  6. 器に盛り、お好みで粉チーズをかけて出来上がり!

青汁のアレンジレシピ⑤揚げ物や天ぷら

天ぷらやから揚げ等の揚げ物に、普通の塩では物足りない!と言う方は、青汁塩はいかがでしょうか?サラサラした粉末状の青汁は塩と混ざりやすく、素材の旨味を引き立てます。

材料 1人分

青汁 1.5g
小さじ1/2

作り方

作り方は、お好みの量の青汁と塩を混ぜるだけです。あっという間に抹茶塩ならぬ「青汁塩」の完成です。付けるだけでなく、卵焼きや野菜炒めに混ぜたりと、調味料としても重宝するので、多めに作ってキッチンに置いておくのもおすすめです。

おいしいと話題!おすすめの青汁を紹介

最後は、飲みやすくて美味しい!と話題の青汁をご紹介します。青汁と言っても様々なメーカーから数多くの商品が販売されています。青汁選びに悩んだ時は、まず人気の青汁から試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ①ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁

ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁 360g(4gx90袋)

ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁 360g(4gx90袋)

2,174円(10/18 14:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヤクルトヘルスフーズの『私の青汁』は、自社工場のある大分県国東半島とその周辺地域の契約農家で、農薬・化学肥料を使用せず栽培した、高品質な大麦若葉を使用しています。

βカロテンやミネラルの一種であるカリウム、鉄を含み、さらっとしたクセのない味わいが特徴で、青汁特有の味や香りが苦手な方にもおすすめです。

 

おすすめ②アサヒ フルーツ酵素青汁

フルーツ酵素青汁 30袋

フルーツ酵素青汁 30袋

1,181円(10/18 20:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

アサヒの『フルーツ酵素青汁』は、九州産の大麦若葉・ケールに植物発酵エキス、乳酸菌、活性型酵素、ヒアルロン酸、プラセンタエキスを配合した、すっきりとした甘さのフルーツミックス味の青汁です。フルーツの香りが強く甘みもあり、青汁が苦手な方やお子様におすすめです。

 

栄養豊富な青汁をおいしく摂取しよう

青汁の様々な飲み方、アレンジレシピいかがでしたか?手軽にたっぷりと野菜の栄養素を摂れる青汁は、カラダの健康と美容に大いに役立ってくれるでしょう。青汁を飲む上で大切なのは、毎日継続して飲むことです。是非本記事を参考に、自分なりの美味しく飲める飲み方を見つけて、青汁習慣を身に付けて下さい!

その他の関連記事はこちらから