2018/10/27

『男性必見!』結婚式のスーツには7つのマナーがある!

意外と見落としやすい結婚式での男性のおしゃれのマナーをご存知ですか?実はカジュアルな着こなしは得意でも、フォーマルな着こなしには無頓着というのでは困ります。そこで見落としがちなマナーを7つに絞ってまとめました。

●ジャケットをブレザーにするのはNG!

スクリーンショット 2015-09-30 17.12.29

出典:メンズフォーマル専門店 J-GROWS

どんなに高級なブランドのものであっても、ブレザーとパンツは結婚式向けではありません。またおしゃれを楽しみたいと思っても、結婚式とはフォーマルな場だという認識を持ってください。そのため基本としてのスタイルはフォーマルなスーツになります。

ですからブレザーではカジュアルすぎるというわけです。フォーマルな場ではフォーマルな装いが求められることを知っておいて損はありません。
持っている服の中でもっとも値が張ったものを選んで祝福を表したいというお気持ちも理解できますが、それは祝福の方向が違います。あくまでもスタンダードな結婚式でれば、ベーシックなスーツでの出席が祝福を表すというわけです。

そのためカジュアルなものであるブレザーは結婚式というフォーマルな場にはふさわしくないので、高級ブランドであっても失礼にあたると考えてください。

小粋なフォーマルスタイル「スーツ×ローファー」コーディネートのノウハウ→

●面倒でもダークスーツを用意せよ!

スクリーンショット 2015-09-30 17.07.32

出典:メンズフォーマル専門店 J-GROWS

現在は確かに結婚式をカジュアルに執り行うカップルも増えています。でも出席者のドレスコードがカジュアルな装いで、あるいは平服で、と記載されていない場合はダークスーツを用意しなければなりません。

つまりフォーマルな場であるから、ブラックスーツが必需品だというわけです。もしもクローゼットの中に用意されていない場合は速やかに揃えましょう。いくら気取った結婚式ではないとしても、フォーマルな場であることには変わりありません。急いで用意するなら、量販店のダークスーツでもいいのです。

礼服という名目で多くの量販店ではダークスーツを用意しています。手頃な価格でもいいのです。フォーマルな場にふさわしい装いの要がダークスーツだからです。平服で出席してください、とされる場合以外はビジネス用のスーツはNGだと心得ましょう。

最初の結婚式では間に合わないので量販店のダークスーツでもマナーとしてはOKです。しかしダークスーツは用意しておいて困るものではありません。いつかのために用意しておくことも大人の礼儀であり、たしなみなのです。

男性は結婚式にどんな服装で出席すればいいのか?→

【編集部イチ押し】結婚式に活躍するオススメダークスーツ

 

●ワイシャツとネクタイは必ず白!

19nt3-01

出典:メンズフォーマル専門店 J-GROWS

結婚式はフォーマルな場です。フォーマルな場にふさわしいおしゃれはもちろんありますが、結婚式の場合はあまり派手なおしゃれをすることは失礼にあたります。ですから柄物のしゃれたシャツやネクタイはふさわしくありません。

結婚式のようなお祝いでのフォーマルなおしゃれはダークスーツに白いワイシャツとネクタイです。つまり色味はないと考えておけば間違いはありません。もちろん基本と言える白はダークスーツ同様に無地です。
おめでたい席ではあっても、厳粛なものであるという考え方をすることも結婚式の出席者のマナーだといえます。その厳粛さを守るためにも白いワイシャツとネクタイは必需品に加えておきましょう。

白いワイシャツもネクタイも用意しておいて損になることはなく、むしろフォーマルな場では活躍するアイテムです。

【編集部イチ押し】結婚式にオススメのネクタイ3選

▼結婚式にオススメのネクタイその1:クリスチャン・ディオール
クリスチャン・ディオールネクタイ

クリスチャン・ディオール

→月額ネクタイレンタル&通販サイト「KASHI KARI」で詳細を見る

▼結婚式にオススメのネクタイその2:バーニーズ ニューヨーク
バーニーズ ニューヨーク

バーニーズ ニューヨーク

→月額ネクタイレンタル&通販サイト「KASHI KARI」で詳細を見る

 

▼結婚式にオススメのネクタイその3:エルメネジルド ゼニア
エルメネジルド ゼニア

エルメネジルド ゼニア

→月額ネクタイレンタル&通販サイト「KASHI KARI」で詳細を見る

 

●暑くても必ずネクタイ着用!

gf01a201503180800

6月の花嫁は幸せになれるという理由で「ジューンブランド」になるため、暑いシーズンに結婚式を行うカップルもいます。このときネクタイも暑く感じられるものです。でもクールビズは結婚式というフォーマルな場では無用です。

暑くてもネクタイ着用はマナーですから、きちんと締めて、崩さないようにします。たとえば結婚式のドレスコードが「トロピカルな装いで」とでも決まっていない限り、ネクタイをきちんと締めた装いが望まれます。

ネクタイを崩すのは二次会が始まってからでも遅くはありません。それに今は結婚式を行う会場もエアコンを利かせてくれているところが増えています。むしろダークスーツに白いワイシャツ、ネクタイをきちんとしているほうが快適かもしれません!

ネクタイの結び方(簡単でおしゃれな締め方)結婚式・就活にも。→