記事更新日:

ネクタイピンの正しい取り付け位置から付け方まで解説!おしゃれな付け方とは?

当サイトの記事には広告、アフィリエイトが含まれています。

ネクタイピンを、ビジネスなどのシーンでどの程度使用しているでしょうか?使っている人もそうでない人もいるでしょうが、実際に使用する場合には正しい位置での取り付け方というものがあります。今回は、ネクタイピンの正しい取り付け位置や付け方などについて解説します。

ネクタイピンの必要性

ビジネスの場において、ネクタイ自体にこだわりを持っている方は多いものの、ネクタイピンまでこだわっている方は少数派でしょう。これは、夏場などには特にクールビズでネクタイを使用しなくなっているといった背景も関係しています。

また、ネクタイが無かったとしてもネクタイ自体を締める事は可能ですので、絶対必要不可欠という訳ではないといった立ち位置になっています。

ですが、一般的にビジネスマナーとしてジャケットを着用しない場面においては、ネクタイをピンで留める事が常識です。ジャケットが無ければネクタイが宙を泳いでしまいますので、不格好に見えます。その為、ジャケットが無い場合にはピンの必要性が出てきます。

ネクタイピンの種類

一般的にネクタイピンと言えば、ネクタイが不用意に動いたりしないように固定するものですので種類など気にしないかもしれません。しかし実際には、様々な種類のピンがあるのです。

種類①タイクリップ

まず1つ目は、タイクリップです。ワニ口式とも呼ばれており、ネクタイピンの中では最も主流となっていますのでよく見られます。バネが仕込まれており、これによってネクタイを挟み込んで固定するという方式になります。

取り付け方も非常に簡単ですので、初心者の方であっても扱いやすい等間口が広いネクタイピンであると言えます。ただ、長時間使用し続けているとばねの力が弱まりますので、定期的な買い替え、およびメンテナンスが必要です。

種類②タイパ―

続いては、タイバーです。先にご紹介したタイクリップはスタンダードでしっかりとネクタイを留められるような形状をしていましたが、こちらはよりスマートかつシンプルな構造をしているのが特徴的になります。

タイクリップ同様、様々なシーンでの着用が可能となっていますが、構造がシンプルになっている分ニットタイやウールネクタイなどに代表される厚みがあるネクタイとの相性はあまり良くないとされます。

種類③スティックピン

スティックピンは、細長い針によってネクタイを固定するタイプのピンになります。タイクリップやタイバーは挟み込む事によってネクタイを固定する方式で下が、ハリを刺すという方式ですので根本的に違いがあります。

留め具に装飾が施されていますので、ビジネスシーンでの使用には向いていません。逆にパーティーやカジュアルな装いで出席できるような式典の場などであれば、装飾の一種として使用できます。

種類④タイチェーン

タイチェーンは、ネクタイにチェーンのような金具をひっかけて固定するタイプのピンになります。華やかさを演出するアイテムの1つとして、元は昭和の中頃辺りから流行し始めたとされています。

タイクリップなどとは違って固定の仕方も少々特殊ですので、気を遣っていなければ落ちてしまうこともありますが、スーツを上品な印象に仕上げてくれるアイテムになります。

種類⑤タイタックピン

もう1つ、タイタックピンというものもあります。こちらは針と留め具の2つを使用してネクタイを固定するもので、方式としてはスティックピンのそれに近いものがあると言えるでしょう。

ネクタイを薄く結んだだけでは綺麗に形にできていなかった時代によく使用されていたタイピンであるとされていて、現在においてもビジネスというよりはフォーマルな場面で使う人もいます。

ネクタイピンを付ける時の位置

タイピンの役割はネクタイを動かないように固定するものである、というのは間違いありませんので、それさえできれば付け方はあまり問題ではないと思うかもしれません。ですが、正しい付ける位置というものももちろんあります。

付ける位置①ジャケットを着用した時

まず、ジャケットを着用している際のタイピンの付ける位置についてです。基本的にジャケットがあればネクタイが宙ぶらりんになるような事はありませんので必要性は薄いですが、ワイシャツの第3から第4ボタンの間が正しい位置となります。

ジャケットを脱いでいる時よりも着ている時の方がネクタイピンの位置が上がります。すなわちジャケットとピンの組み合わせは、ネクタイの立体感アップやその維持を狙っていると言えます。

付ける位置②ワイシャツだけの時

続いて、ジャケットを着用せずワイシャツの身になった際の付ける位置です。ノーマルジャケットのみの場合にはタイピンはほぼ必須と言え、位置はシャツボタンの第4ボタンから第5ボタン辺りが適切となります。

これは、シャツスタイルの際のネクタイピンの付ける位置はジャケットを羽織った時に丁度隠れる辺りが適切になる為です。シャツスタイルにおけるタイピンは、ネクタイが宙に浮くことの防止を目的にしているのです。

付ける位置③ベスト・ジレを着用した時

ビジネスの場においてはあまりありませんが、ベストやジレなどお洒落な着こなしをする場面もあるでしょう。特に式典やパーティーに出る場合には想定しやすいですが、この場合にはタイピンの必要性は薄いと言えます。

そもそもタイピンが無くとも、ベストやジレがネクタイを押さえてくれるからです。それでももしそれらを脱ぐことが想定されるのならば、見えない部分に仕込んでおくのも良いでしょう。

付ける位置④お祝い事の時

結婚式やパーティーなど、お祝い事へ参加する際にはネクタイピンを主張するのが推奨されています。しっかりとお洒落な着こなしで出席していて、華やかな場にマッチしているからです。

こうした場へ出席するなら、上着のVゾーンよりも高い位置につけると良いでしょう。華やかな場面ではタイピンを付けているのをアピールすることで魅力が高まりますから、トータルバランスを意識しつつタイピンも使いこなしましょう。

ネクタイピンのおしゃれな付け方

ジャケットを着る場合やシャツのみの場合、そしてベストを付ける時等スタイルによってピンを付ける位置が変わりますので、しっかり覚えておきましょう。これら付ける位置を押さえたうえで、お洒落な付け方を解説します。

おしゃれな付け方①斜めに付ける

例えば、斜めに付けるという方法があります。基本的にネクタイピンは地面と平行、すなわち横一直線にして付けるのが正しいのですが、その上であえて斜めにして付けるのがトレンドになっています。

堅めのビジネスの場では向いていませんが、結婚式やパーティー、外部の人と顔を合わせないオフィスでの仕事といったようにある程度のカジュアルさが許されている場面であれば、こうしたお洒落も良いでしょう。

おしゃれな付け方②ネクタイを引き上げた位置に付ける

続いては、ネクタイを引き上げた位置に付けるというものです。あえてネクタイを引き上げ、多少浮かせた状態でタイピンを付けることによってVゾーンの立体感を演出できます。

スーツやジャケットパンツスタイルのVゾーンに簡単にこなれた感触をプラスでき、メンズファッション界のインフルエンサーであるニックウースター氏もこのテクニックを取り入れている模様です。

おしゃれな付け方③カジュアルデザインのタイピンを選ぶ

付ける位置などではなく、使用するタイピンをカジュアルなデザインにするというのももちろんお洒落度がアップします。種類の中でもご紹介したタイクリップやタイバーなどは、スタンダードなデザインになっているのでどんな場面でも使えます。

ただ、よりお洒落さを演出したいのならばスティックピンやタイチェーンのようなカジュアルなデザインのものを選択するのも手です。勿論、タイクリップなどでも有名なブランドのものを選択して上品に演出する方法もあります。

おしゃれな付け方④ネクタイの幅より短めのタイピンを選ぶ

もう1つ、ネクタイ幅より短いピンを選択するという方法もあります。適正な長さはネクタイの4分の3程度なのですが、あえて短めにする事によって現代風な印象をプラスできるのです。

おすすめのネクタイピン5選

思っている以上にネクタイピンの種類も豊富にあることから、どんなタイピンを使えばよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。そこで最後に、お勧めのネクタイピンをご紹介します。

おすすめ①ミラショーン タイバー

[ミラショーン] タイバー MST5303

[ミラショーン] タイバー MST5303

2,885円(05/22 12:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずは、ミラショーンのタイバーになります。ミラショーンのデザインを元に日本で生産されたタイバーで、年齢層を問わないシンプルなデザインがアクセントです。

 

おすすめ②DAKS ネクタイピン トラディショナルブランドエポキシ

続いては、DAKSのトラディショナルブランドエポキシピンです。100余年の歴史を有する英国を代表するトラディショナルブランドの一つであり、トップブランドとしての徹底したこだわりと伝統を尊重しながら現代のトレンドエッセンスを取り入れています。

 

おすすめ③Paul Smith シルバー タイピン

ポールスミスのシルバータイピンもお勧めです。凸凹でストライプを表現したタイバーであり、レーザーで表面を削り、効果的な溝を打ち込んで仕上げています。掘り込まれたパターンが光沢の変化で高級感をプラスしてくれます。

 

おすすめ④DUNHILL タイピン

英国紳士の代名詞であり幅広い年代からの支持を集める永遠の定番商品である、ダンヒルのタイピンです。カットアウト装飾と「AD」のダイヤモンドロゴを配したメダル型エンブレムが特徴的です。

 

おすすめ⑤オロビアンコ ネクタイピン

[オロビアンコ] ネクタイピン メンズ 50 ORT169

[オロビアンコ] ネクタイピン メンズ 50 ORT169

5,347円(05/22 12:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後は、オロビアンコのネクタイピンです。シンプルながらも、個性が引き立つオロビアンコの文字を印字し、メタリック調でシャープな印象のタイピンはシンプルな形でビジネスにも使いやすいデザインです。

 

ネクタイピンを付ける正しい位置を覚えておこう

ジャケットを普段から来ているとタイピンは馴染みが無いかもしれませんが、様々な場面で使う事ができます。是非とも正しい位置やお洒落な付け方を覚えて、着こなしに取り入れてみてください。

その他の関連記事はこちらから