記事作成日:

スーツの流行りを押さえるために意識するポイントとは?

広告

スーツには流行りがあり、トレンドを押さえることでおしゃれなスーツスタイルが実現します。スーツを購入する際はサイズや価格、色柄や素材など注目すべきポイントがいくつかありますが、流行りを押さえることも大切です。

今回はメンズスーツの流行りを押さえるために意識すべきポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

メンズスーツには流行り廃りがある

スーツというとフォーマルな服でありトレンドはさほど関係ないと思われがちですが、実は流行り廃りがあります。せっかくスーツを着るのであれば、かっこよく着こなしたいという方は多いのではないでしょうか。

スーツはビジネスシーンやフォーマルシーンで着用するため清潔感やマナーは意識するべきですが、流行りも意識することでおしゃれに着こなすことができます。一方で、時代遅れなスーツを着ていてはダサく見えてしまうこともあるのです。スーツを購入する際は、ぜひ流行りも意識してみましょう。

メンズスーツの基本の形

スーツの形はデザインや構成などによって数種類に分けることができ、種類が違えば雰囲気も変わってきます。スーツの流行りを押さえるためにも、まずはメンズスーツの基本の形をチェックしておきましょう。

ジャケットはシングルとダブル

ジャケットのデザインは、ボタンの並び方によってシングルとダブルの2種類に分けることができます。シングルは前ボタンが縦一列に並んでいるスタンダードなデザインで、ビジネスシーンをはじめ幅広いシーンで広く着用されます。

一方ダブルはボタンが二列に並んでおり、ボタンの数は4個だったり6個だったりとさまざまです。ダブルは前身頃が重なる部分が多いため重厚感があり、フォーマルな雰囲気が特徴です。

全体のスタイルはツーピースとスリーピース

全体のスタイルは、構成によってツーピースとスリーピースに分けられます。ツーピースはジャケットとスラックスの2点セットで、ビジネスシーンで定番となっているシンプルなタイプです。

一方スリーピースはジャケットとスラックスにベストを加えた3点セットで、クラシックな印象になります。またジャケットを脱いでも、大人の男性らしい上品さやきちんと感、威厳を演出できるのが魅力でしょう。

メンズスーツの最近の流行りはクラッシックスタイル

メンズスーツのトレンドは時代とともに移り変わっていきますが、最近の流行りはクラシックスタイルです。クラシックスタイルは英国調のトラディショナルな形で、スーツの原型ともいえる基本形となっています。

伝統的デザインというと古臭いイメージを持ってしまいがちですが、クラシックスタイルは昔から人気のある機能的かつ美しいスタイルであり、伝統的スタイルを守りつつ現代のアレンジも取り入れられたものが多いので、違和感なく着用することができるでしょう。

意識するポイント①タイトなデザイン

クラシカルスタイルの中にはゆったりしたシルエットのものもあり、かつてのバブル期にはオーバーサイズのスーツが流行りましたが、現在は体型を美しく見せてくれるタイトなデザインがトレンドです。

体型に程よくフィットしたタイトなデザインは、シャープかつスタイリッシュな雰囲気で、全体をすっきり見せてくれます。またフォーマルすぎないため、リュックなどカジュアルなアイテムとの相性も良いのが魅力でしょう。きちんと感がありつつトレンド感も演出するなら、タイトなデザインがおすすめです。

意識するポイント②襟幅

少し前まではモードな雰囲気の細身スーツが流行りで、襟幅も細いものがトレンドでした。しかしクラシック回帰に伴い襟幅が広いタイプが増えており、おしゃれなビジネスマンにも浸透しつつあります。

トレンドアイテムが揃うセレクトショップでも襟幅の広いスーツが多く並んでいるので、流行りを取り入れたスーツを選ぶのであれば襟幅も意識すると良いでしょう。

意識するポイント③パンツはタック(プリーツ)仕様

スーツのパンツにはタック(プリーツ)が入ったタイプと無いタイプがありますが、現在の主流はタック(プリーツ)仕様です。少し前まではタックの入っていないタイトなパンツが主流でしたが、近年はクラシカルで上品な雰囲気があるタック仕様のパンツが増えています。

昨年のセレクトショップの品揃えを見るとタック無しとタック仕様の割合は半分ずつ程度でしたが、現在はタック仕様の方が多くなっています。タック仕様のパンツはタックが1本入ったワンタック、2本入ったツータックがあり、腰周りに少しゆとりが出るのが特徴です。

意識するポイント④スリーピース

クラシックスタイルの波に乗り、スリーピースのスーツが人気となっています。スーツの定番はシンプルなツーピースですが、クラシックなスリーピースが注目を集めており、ビジネスシーンで着用する方も増えているのです。

スリーピースはベストが付いていることで大人の男性のたくましさや上品さを演出でき、ジャケットを脱いでもフォーマルな印象になります。またダークカラーのベストならすっきりと見せることができ、スタイルアップ効果も期待できるでしょう。

スリーピースはフォーマルさとおしゃれさを兼ね備えているため、ビジネスから結婚式、プライベートまで幅広いシーンで活躍します。スリーピーススーツが好きという女性も少なくないため、新しくスーツを購入するのであればスリーピースに挑戦してみるのもおすすめです。

若者の間では現在ダブルスーツも流行り

ダブルスーツは1980年代のバブル期に流行したため古いイメージを持たれがちですが、若者の間では現在ダブルスーツも流行りとなっています。若者の間でダブルスーツが注目されているのは、クラシック回帰の流れでクラシックスタイルが復活したためです。

現在流行っているのは、丈が長すぎないスマートできれいなシルエット、上品で質の良い生地、ネイビーやブラウンといった清潔感のある色のダブルスーツです。ダブルスーツは存在感があり、大人っぽさや男らしさを演出でき差別化にもなるので、他の人とは違うものを着たいという若者に受けているのでしょう。

メンズスーツの流行りのカラーと着こなし方

メンズスーツにはさまざまなカラーがありますが、流行りは定番のネイビーやグレーといったカラーです。ここでは、メンズスーツの流行りのカラーの特徴や着こなし方について解説していきます。

流行りのカラーは定番のネイビー・グレー

ネイビーやグレーはメンズスーツの定番カラーですが、人気のカラーとして現在も選ばれています。中でも周りを差をつけたい、かっこよく着こなしたいという方に好まれているのが、ライトブルーやライトグレーといった明るめのカラーです。

明るめカラーは爽やかな印象があり、ビジネスシーンからフォーマルシーンまで幅広く活躍します。ビジネスシーンではオフィスカジュアルが浸透してきているので明るめカラーも問題ないことが多いですが、気になる方は少しトーンを下げた落ち着いた色味を選ぶと着やすいでしょう。

流行りのネイビースーツの着こなし方

ネイビーはメンズスーツの定番カラーなので、初心者でも着こなしやすいのが魅力です。スーツの色に合わせ、同色系の無地のネクタイやドットなどの柄ネクタイと合わせるとすっきりした印象になります。

大きいドット柄はカジュアルな雰囲気ですが、小さめのドットであればビジネスシーンでも着用可能です。シャツも薄いブルーにし、同色系でまとめるのもおすすめです。

上品かつやる気を感じさせるには、無地ネイビーのスリーピーススーツに爽やかなブルー系シャツ、あえてえんじ色の無地ネクタイを合わせるのも良いでしょう。

流行りのグレースーツの着こなし方

グレースーツは気品があり、誠実な印象が特徴です。グレーは無彩色のため黒との相性が良いので、黒色のシャツやネクタイと合わせると上品な着こなしになります。またネイビーの無地ネクタイや青系のドット柄ネクタイ、深みのある赤系ネクタイとコーディネートするのもおすすめです。

柄ネクタイは、ジオメトリックやストライプ柄も合わせやすく、正統派の落ち着いた雰囲気ながらおしゃれ感も演出できるでしょう。シャツの色はシンプルな白を選ぶことで、まとまりよくかっこいい着こなしになります。

メンズスーツは流行りを意識して選ぼう

今回は、メンズスーツの流行りを押さえるために意識したいポイントをご紹介しました。メンズスーツには流行り廃りがあり、トレンドを押さえたスーツを選ぶことでかっこよくおしゃれなスーツスタイルが叶います。

最近はクラシックスタイルが流行となっており、広めの襟幅やタック(プリーツ)仕様のパンツ、スリーピーススーツ、ダブルスーツが注目されています。程よく体型にフィットするタイトなデザインを選ぶなど現代風アレンジも上手に取り入れることで、よりトレンド感のある着こなしが実現するでしょう。

スーツの流行を押さえることは、おしゃれに着こなすだけではなく相手に好印象を与えるためにも重要です。ぜひメンズスーツを購入する際は、流行りを意識して選びましょう。

その他の関連記事はこちらから