入手困難!?Supreme(シュプリーム)のサンダルを使った最新コーデ9選!!

wear

赤ベースに白い文字で「Supreme」と入ったロゴを見たことをある人は多いのではないでしょうか。

芸能人や有名アーティストが着用したことにより人気に火が付き、ストリートカルチャーの中で高いカリスマ性を誇るブランドです。

今回は、爆発的人気で入手困難となっているSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデをご紹介します。


 

「Supreme(シュプリーム)」のサンダルでストリートコーデのアクセントに!

https://wear.jp/hideki9/10272389/

シュプリームのサンダルは、存在感があり抜け感も兼ね備えているため、ストリートコーデのアクセントにぴったりのアイテムです。

ビッグTシャツ×ハーフパンツや、パーカー×スウェットパンツ、と合わせると一気にストリート感が増してぐっとお洒落になります。

素足のまま履いてもよし、スポーツソックスやスニーカーソックスを合わせて周りの人とひと味違う履きこなしを楽しんでもよし、今最高にアツイアイテムです。

 

「Supreme(シュプリーム))」ってどんなブランド?

pinterest

Supreme(シュプリーム)の概要・歴史

Supreme(シュプリーム)は、1994年にニューヨークでジェームズ・ジェビアが創立したブランドです。

ブランド設立当初は、スケーター向けのセレクトショップとしてオープンしました。

その後、洋服をはじめシューズや小物など、シンプルでラフ過ぎず綺麗すぎない、クールなスタイルを提案し続けています。

スケーターカルチャーだけでなく、ヒップホップミュージシャンやアーティスト、フォトグラファーなど幅広いジャンルの人から支持を受けています。

 

Supreme(シュプリーム)の魅力と特徴

シュプリームの代表的な特徴であるデザインは、赤ベースに白抜きで「Supreme」と印字されたボックスロゴです。

洗練されたクリーンなイメージのあるボックスロゴは、シュプリームのアイコンとなっており、一目でシュプリームのアイテムと分かります。

また、これまでに100以上のブランドとのコラボレーションアイテムを展開しているのもシュプリームの魅力です。

ナイキ、ザ・ノースフェイス、ルイヴィトン、コムデギャルソン、ヴァンズなど名だたるブランドとのコラボレーションアイテムを発表し、そのたびに注目を集めています。

 

Supreme(シュプリーム))の定番アイテムラインナップ

Supreme(シュプリーム))の定番アイテム①Tシャツ

シュプリームの中でも、一番人気アイテムであるボックスロゴTシャツは毎回争奪戦になっています。

このTシャツ1枚あれば、デニムやハーフパンツなどシンプルなボトムスでも、ハイセンスなストリートスタイルがキマります。

 

見出し3:Supreme(シュプリーム)の定番アイテム②キャップ

シュプリームのキャップは、ロゴ入りのものが多く展開されており、人気アイテムとなっています。

浅めのフォルムで5枚のパネルから作られているジェットキャップと呼ばれる形は、シュプリームのキャップの特徴です。

ツバは少し上げ気味で被るのが、お洒落に着こなすポイントです。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルの特徴と魅力を徹底解説

https://wear.jp/sho91/4527762/

Supreme(シュプリーム)のサンダルの特徴と魅力

シュプリームのサンダルは、「Supreme」のロゴがインパクトのあるデザインが特徴です。

飽きの来ないシンプルなデザインながらも、一度見ると印象に残るシュプリームのサンダルは、コーディネートのアクセントやハズシアイテムとして大活躍します。

厚めのソールでクッション性にも優れており、長時間履いても疲れにくいのも魅力的です。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルを使ったメンズコーデ6選

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったメンズコーデ3選

https://sneakermania.wordpress.com

 

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ①

https://wear.jp/recruit9/7715402/

白のポロシャツ×ダメージデニムというシンプルな色遣いのスタイルには、赤のシュプリームのサンダルでアクセントをオン。

身に着けるアイテムがシンプルだからこそ、足元の「Supreme」のロゴが際立ち、こなれ感のあるスタイルへと導いてくれます。マンネリしがちなベーシックなスタイルも、シュプリームのサンダルがあれば、周りの人と差の付くコーディネートになります。

 

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ②

https://wear.jp/daichichi/14737671/

ゆるっとしたラインのオーバーサイズTシャツを太目のスラックスにインした、モードな雰囲気のスタイルに赤のシュプリームのサンダルを合わせたコーディネートです。

足元に合わせて、腰元から覗くベルトを赤にすることで、統一感を出しています。

リラックス感の漂うスタイルの中に、シュプリームのサンダルがアクセントとなり、ロゴが際立っているのがポイントです。

 

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ③

https://wear.jp/ynz059/7021519/

柄物のシャツ×デニムハーフパンツに赤のシュプリームのサンダルを履いたスタイルです。

全体を爽やかなブルーでまとめあげて、差し色として赤を使ったコーディネートです。

シャツのアクセントカラーとサンダルがリンクして、統一感が出ています。

ラフでリゾート感のあるスタイルに、シュプリームのサンダルをプラスすることで、引き締まった印象になりクールでかっこいい装いになります。

 

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったメンズコーデ3選

sneakermania

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ①

https://wear.jp/hideki9/12786156/

全体をモノトーンカラーでまとめたコーディネートです。かっちりした印象のセットアップに、あえて足元をシュプリームのサンダルを合わせることで、ハズシの効いたスタイルに。カットソーに合わせて白の靴下を履くのも、お洒落上級者テクニックです。モードな印象になりがちなモノトーンコーディネートは、シュプリームのサンダルで個性的でラグジュアリーな雰囲気になります。

 

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ②

https://wear.jp/tomosoma/7496480/

ビッグサイズのプリントTシャツ×スウェットハーフパンツのスタイルに、黒のシュプリームのサンダルを履いたコーディネートです。全体的にダークトーンで揃えることで、足元の「Supreme」のロゴが際立ち洗練された印象を与えてくれます。ラフな雰囲気の中にも、ストリート感溢れるスタイルです。シュプリームの原点であるスケーターコーデの基本形と言えるでしょう。

 

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ③

https://wear.jp/hipster14/11844744/

デニムオンデニムスタイルには、黒のシュプリームのサンダルで抜け感をプラス。カジュアルな雰囲気になりがちなデニムコーデに、足元をサンダルにすることでスポーティーさとストリート感がプラスされます。サンダルの「supreme」のロゴが映えるように、デニムはロールアップして着こなすのがポイントです。

 

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルを使ったレディースコーデ3選

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったレディースコーデ

赤のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ

https://wear.jp/todaysoutfit/10910285/

シュプリームのユニフォームセットアップに、足元もシュプリームの赤のサンダルを合わせたコーディネートです。全身シュプリームで、スポーティーさがミックスされたストリートスタイルの完成です。あえてオーバーサイズで着こなしたセットアップのアクセントとして、サンダルの赤が効いて元気で活発な印象に。

 

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったレディースコーデ2選

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ①

https://wear.jp/minmidesu/3870626/

ミニ丈のワンピースに、スポーツソックスと黒のシュプリームのサンダルを合わせたコーディネートです。潔く足を出したことで、足元が主役となり「Supreme」のロゴが映えています。セクシーで可愛らしい印象の中にも、足元のスポーティー感が絶妙なバランスのスタイルです。シュプリームのサンダルに合わせて、ヘアアクセやバッグなどの小物を黒でまとめることで、統一感が出ています。

 

黒のSupreme(シュプリーム)のサンダルを使ったコーデ②

https://wear.jp/mana1114/15066558/

白Tシャツ×ダメージデニムというベーシックなスタイルに、黒のシュプリームのサンダルをプラス。シンプルなスタイルだからこそ「Supreme」のロゴが際立ち、サンダル主役のコーディネートになっています。サンダルと同じ黒のボディーバッグを肩から斜め掛けすることでアクセントとなり、小物が効いたお洒落なスタイルが完成します。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルをコーディネートに取り入れるポイント

https://wear.jp/rix3rix3/4635329/

シュプリームのサンダルをコーディネートに取り入れる際には、シンプルな服を選ぶことです。

まず第一に、ダークトーンやモノトーンにすることでサンダルの「Supreme」のロゴが目立ち、コーディネートのアクセントとなります。

次に、無地やワンポイントなどあまり柄がない服に合わせることです。シュプリームのサンダルは、存在感があるので、ベーシックなスタイルにでも主役として活躍してくれること間違いありません。

全体のバランスを見ながら靴下を履いたり、ボトムスの丈を変えてみるのも良いでしょう。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルが購入できる場所

https://www.pinterest.jp/pin/157696424438479135/

Supreme(シュプリーム)のサンダルが買える店舗

新品のシュプリームのサンダルを購入するには、国内では6店舗(東京3店舗、名古屋、大阪、福岡)展開されている直営店へ行って並んで購入するか、公式オンラインストアで購入するのが確実です。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルはAmazonや楽天では買えない!?

シュプリームのサンダルが、数は多くないですがAmazonや楽天で販売されていることがあります。ところが、その多くが中古品もしくはコピー品です。新品を購入するのは、難しいと言えるでしょう。

中古品である場合には、他の人がそのショップに持ち込んで販売しているのでマージンが発生していたり、希少価値が付いて価格がかなり高値になってしまっていることがあります。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルは中古品をメルカリやヤフオクで購入

シュプリームのサンダルを購入する際には、中古品をメルカリやヤフオクで購入するのがおすすめです。

出品者に納得のいくまで質問ができることと、比較的良心的な価格で手に入れることができるからです。ただし、メルカリやヤフオクで購入する際には本物かどうか見分けるのは自己責任になってしまいますので、事前に偽物についての特徴などの情報を集めておくことが大切になってくるでしょう。

 

Supreme(シュプリーム)のサンダルは偽物やコピー品に注意!本物の正規品を見分けるポイント

https://www.pinterest.jp/pin/10344274132314285/

Supreme(シュプリーム)の偽物と正規品を見分けるポイント

シュプリームの商品は、人気であるため非常に多く偽物が出回っています。しかも、シンプルなデザインであることが多いため、外見だけでは見分けにくく精巧な作りになっているので、注意が必要です。

正規品と見分けるポイントとしては、明らかに値段が安すぎるもの、製造元や販売元が中国や韓国であるものは、疑ったほうが良いでしょう。

また、発売直後にフリマアプリなどで売られている場合には本物の可能性が高いですが、時間が経ってから出品されている場合は、偽物かどうかじっくり見極めなければなりません。

 

コピー品を専門に扱う韓国サイトなどにも注意!

近年では、堂々と「スーパーコピー品」、「激安フェイク品」などと掲げて販売しているサイトもあります。

これらのサイトはもちろん違法であるため、取引途中にも関わらず突然連絡が付かなくなったり、サイト自体が数日で消えてしまっていることも少なくありません。

コピー品でもよいからほしいと考える人がいるため、このようなサイトが成り立っているのかもしれませんが、コピー品は購入した側も犯罪を助長していることになるので十分に注意してください。

 

まとめ

シュプリームのサンダルは、ストリートコーデのアクセントとして欠かせないアイテムです。

組み合わせるアイテムによっては、スポーティーなコーディネートやモードなスタイルにもマッチするので、幅広いジャンルの人から支持を受けています。

非常に人気のアイテムであるため、なかなか手に入りにくいですが、しっかりと本物を見極めてあなたのワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

 

オススメの関連記事はこちら

https://www.fashionsnap.com/article/ichibansan-lvsupreme-04/ 話題性がある財布が欲...
https://www.buyma.com/ 春〜夏にかけておしゃれなサンダルが欲しいと思っても、どこのブランドのものがいいのか分かりませ...
ドイツ発。神器×3メルセデス・BMW・ビルケンシュトック。この3つに共通するもの、それはいい意味で足回りの「硬さ」だと思っています。メルセデスも...