2018/07/24

実は奥深い「サンダル」の魅力。大人顔の一足を手に入れる。厳選アイテムをご紹介。

https://balance-style.jp/times/tokushuu/fashion/180426-6.html

2018年はサンダルに関するニュースが多いように感じませんか。目立つのが『シャワーサンダル』と『グルカサンダル』という2つのキーワードです。どちらも決して新しいカテゴリィではありませんが、様々なブランドが、それぞれの解釈で楽しい商品をリリースしています。

https://www.instagram.com/p/BkJlYyMnFHN/?hl=ja&tagged=%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

スポーツサンダルは持っているけど、ショッピングや外食には少しくだけすぎかなぁ。そう感じたらサンダル選びのタイミングかも知れません。大人顔のサンダルをハイブランドだけでなく、カジュアルブランドからも選りすぐり紹介します。

 

【考察】サンダルの種類について

『グルカサンダル』については、後述に詳しいので譲るとして、何かと話題の『シャワーサンダル』や、他のタイプについても知っておきましょう。そもそもサンダルは気軽なアイテムです。しかしうまく使う事で、ヌケ感・いい意味での脱力感を出すことが出来ます。頑張りすぎない、それこそ大人の余裕という境地なのです。

シャワーサンダル

https://www.instagram.com/p/BYdcWLDjTQM/?hl=ja&tagged=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

日本的にいうと『つっかけ』です。少々乱暴な言い方だと『トイレサンダル』。至ってシンプルな構造のサンダルを指します。チープと言ってもいいでしょう。

シャワーサンダルと呼ばれる所以は、海水浴などで砂まみれの状態でサンダルを履き、そのままシャワーで流すためです。脱ぎ履きがカンタンで、炎天下の砂浜やプールサイドでの使用に耐えれる丈夫さが求められます。スポーツブランドのモノが主流ですが、これをそのまま街で使うコーディネイトが若い世代を中心に広がったようです。これも一種のヌケ感狙いなのでしょう。

https://www.instagram.com/p/BkfLus_n8Iv/?hl=ja&tagged=%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

大人の場合スポーツブランドという訳にもいかないため、ビーチやプールサイドそして街使いにもハイブランドのものを求めるようになったようです。ですが敢えてスポーツブランドを取り入れてこそ、大人ならではのヌケ感につながるという提案もあります。

スポーツサンダル

https://www.instagram.com/p/BkAYAhSDKWd/?hl=ja&tagged=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

ベルクロベルトで着用感を調整でき、主にアウトドアで使うことが多い『歩くため』に適したサンダルです。アウトドアブランドやコンフォートシューズメーカーのものが多く流通していますが、このスポーティな魅力をハイブランドならではの解釈でリリースしたサンダルも評価が高いようです。以下はジョルジオオ・アルマーニのモノですが、所謂スポーツミックス、まんま使わずハズシといて用いるのが肝心でしょう。

https://www.instagram.com/p/BXB7g9bA74H/?hl=ja&tagged=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

ハイブランドも魅力ですが、最近人気の日本ブランドのスイコック(SUICOKE)を紹介します。日本人の足に馴染むことや、ビブラム社との提携などとにかく高品質のモノ作りが評価されています。人気ファッションブランドとのコラボレーシも積極的です。こちらはナイジェル・ケイボーンとの共作。

https://twitter.com/search?q=%23%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF

トングサンダル

https://www.instagram.com/p/BkkDTIElcX9/?hl=ja&tagged=ugg

トングはもともと紐の意味で、日本語では鼻緒にあたります。もっとも開放的なデザインですが、選択しだいで高級リゾートにも似合うサンダルです。ほかにも様々なサンダルがありますが、履きこなすには気持ちを大きく開いくことかも知れませんね。