記事更新日:

通だけが知っている!玄人好みの技術と品質が魅力のEDWIN(エドウィン)の財布8選

https://www.pinterest.jp/pin/630504016555926043/

日本人にとっても馴染み深いものとなったジーンズ。そのジーンズメーカーとして日本を代表するのが、かの有名なEDWIN(エドウィン)です。ですが、EDWINのジーンズの実力は知られていても、財布や小物の魅力はあまり知られていないのも事実。

今回はEDWINの財布に焦点を当てて、その知られざる真価について見ていきたいと思います。

EDWIN(エドウィン)の概要

http://www.standbuyclub.com/edwin-wallet.html

EDWIN(エドウィン)について

EDWIN(エドウィン)の歴史は1947年に常見米八商店から派生した株式会社、TUNEMIによる中古ジーンズの輸入から始まります。

圧倒的知名度とともに、現在はBIG JOHNやBOBSONと並び、日本三大ジーンズメーカーとも呼ばれている実力を有するブランドとなっています。また、他の多くの日本ジーンズメーカーが岡山県というジーンズの名産地に本社や生産地を置くなかで、現在も秋田と青森に自社工場を置き生産を続けているという、大変に稀有なブランドでもあります。

 

EDWINの財布の特徴・こだわり

何よりもEDWINの財布の特徴は、そのジーンズの魅力にも現れる徹底した理念の体現です。ジーンズにおけるパターン、生地、糸、縫製の各工程にみられる妥協のない徹底したこだわりは、EDWINの財布でもそこかしこに現れています。

また、ジーンズといえば特徴的であるのがブランドのロゴやモデル名を表記した革パッチ。多分に漏れず、この皮革とジーンズの関係性の点から、EDWINも間違いなく皮革に精通した知識を持っています。多くの皮革メーカーともコネクションを持つ、皮革を知り尽くしたメーカーだからこそできる技術が、広くその財布製作に活かされています。

 

EDWIN(エドウィン)の財布の評判


https://item.rakuten.co.jp/grand-sp/edwin-0510428/

やはり、ジーンズに似合うカジュアルスタイルに多くの評判が集中していることは否めません。

ですが、実はカジュアルに振らている印象を受けるEDWINの財布のなかからも、上手く適切な商品を選ぶことによって、日々のビジネスのスタイリングに活かしている方も多いのも事実。

そのコストパフォーマンスの高さと耐久性、いわゆる丈夫さはビジネスマンにも広く高く評価されています。

 

EDWIN(エドウィン)の財布がオススメな年齢層

https://global.rakuten.com/en/store/ookawabag/item/0510429/

知名度と作りに反し、その手に入れやすい値段設定から高校生や大学生によくおすすめされる傾向が多いために、ビジネスマンは使うことへの評価が気になるのも事実。

ですが、基本的には年齢は関係なく、社会人としてきちんと狙うべきアイテムを選定することができれば、新卒からベテラン社員まで、ビジネスで使用できる優良なアイテムが揃っているのが事実です。基本としてはブラックやブラウンのレザーを中心に、落ち着きつつも重厚感のあるイメージのアイテムを選んでみてください。

 

EDWIN(エドウィン)の財布の最大の魅力

https://item.rakuten.co.jp/auc-tokutoku/0510484/

EDWINの完璧を追い求める徹底した「技術力」と「品質管理」。それに反比例する圧倒的な「コストパフォーマンス」。そのコスパのよさは、むしろ「分かる人だけが分かる」おしゃれなアイテムであると言い切ってもいいと思います。

子供に使わせておくだけではもったいないブランド。万人受けやトレンドは気にせず、本当に質のいいものを使いたい。そんな玄人感を演出したい大人にはうってつけな、たいへん魅力的なアイテムです。

 

おすすめのEDWIN(エドウィン)のメンズ財布紹介8個

エドウィン:長財布タイプ

■EDWIN 長財布


ジーンズメーカーらしい、非常に無骨な印象を感じさせる長財布。しかし、その見た目に反して、実はソフトレザーが使用された非常に使い勝手が良いシンプルな財布に仕上がっています。こういったタイプの財布が、実は一番重宝するモデルであったりします。

評判・口コミ

エドウィンの商品は価格の割りに作りがしっかりしていて品質が良いのは、前の財布でわかっているので、これも末永く使っていけそうです。

引用先 : www.amazon.co.jp