記事作成日:

夏用スーツってどんなもの?夏の就活スタイルを徹底調査!

https://dankan.co.jp/

夏の汗ばむ日に就職活動を行う際は、スーツ選びをしっかりと行うことが大切です。とは言っても、夏用のスーツとは具体的にどのようなものを指すのか、また、夏の就活を快適に行っていくにはどのようなポイントを押さえておけばよいか知りたいという方も多いのではないでしょうか?今回は、夏用のスーツをご紹介するとともに、夏に就活を行う際でも快適に進めていくことができる就活スタイルについて徹底解説していきます。

基本的な就活スーツとは?

私たちが就職活動を行う際、必ず着用するのが「リクルートスーツ」です。このリクルートスーツは、面接の際や企業に対してふさわしく見える服装のことを指します。

そのため、派手すぎることもなく、また個性を強く出すことのない、無地で黒や濃紺のスーツに長袖の白シャツを合わせ、ネクタイ、革靴、ビジネスバッグをコーディネートしたスタイルとなります。

この就活スタイルも、春夏秋冬、それぞれの季節で異なるスタイルを取りますが、その中でも特に夏の暑い日の就活は、軽装を可能とする企業もあります。しかし、それでも長袖の白シャツとネクタイ、そしてジャケットという基本のスタイルは崩してはいけません。

面接会場への移動中はジャケットを脱いだ状態でも良いですが、実際社内へ足を踏み入れる際は、しっかりとしたスーツスタイルを作り上げ、面接に臨んでください。

中には面接中に「今日はとても暑いので良ければジャケットはお脱ぎいただいても構いません」などと声をかけてもらえることもあります。その時は遠慮なくジャケットを脱いで面接を行ってください。

夏はクールビズでもいい?

近年、気温の上昇によって、様々な企業が取り入れている「クールビズ」は、暑さ対策の他、冷房が効いた社内の設定温度をエコとするため、様々な対策が取られています。そのため、就活の面接時も、企業側がクールビズを可能とするアナウンスを行っていることがあります。

もちろん各企業によって異なるため、自分が面接を受ける企業がどのような範囲までを可能としているかを事前に調べておくと良いでしょう。

もしもクールビズを可能としている企業であっても、ジャケットとネクタイのスタイルは崩すことのないようにしてください。体温調節はジャケットの着脱で行うようにしましょう。

夏の就活スーツに関するマナー

それではここからは、夏の就活スーツを着用する際の基本マナーについてみていきます。夏の暑さの中でも快適にスーツを着用することができるよう、社会人としてのマナーとして以下に5点確認していきます。きちんとマナーを守り、節度ある就活を行っていきましょう。

スーツマナー①夏用スーツを着用する

夏用として着用するスーツは、使用する素材が薄く、また、軽量なため、とても動きやすく快適に過ごせるものが豊富に展開されています。

また、ポリエステル素材のスーツを選べば、ジャケットを脱いで手持ちした際もシワになりにくく扱いやすいことから人気を集めています。このように、素材に着目して夏用のスーツを着用するようにしましょう。

スーツマナー②ジャケットは必要

どれだけ企業側がクールビズを可能としていても、やはり就活ともなれば、ジャケットは必ず着用するのが基本マナーです。そのため、マナーを守れる人であるかを判断されることになるため、面接時はスーツのジャケットは必ず持参しておくようにしましょう。

スーツマナー③長袖シャツを着る

実際、スーツ専門店へ足を運んだ際、半袖シャツが販売されています。しかし、就活時の面接の際は、必ず長袖の白シャツが基本スタイルとなります。

そのため、ジャケットを脱いだ際に半袖シャツを着用していたというような不格好かつマナー違反となるようなこととのないよう、必ず長袖シャツを着用しておくようにしましょう。

スーツマナー④シャツの下にインナーを着る

スーツ着用時は、汗をしっかりと吸収してくれるインナーを着用しましょう。白シャツを地肌に直接触れるように着用するのはNGです。それをすると汗を吸収することなく、シャツに黄ばみが生じ、見た目にも清潔感のない人に見られてしまいます。

また、汗のニオイなどエチケットを守ることが大切です。このようなことから、白シャツの下には必ずインナーを着用するようにしましょう。

スーツマナー⑤ネクタイは必須

ネクタイは、スーツを着用した際にさらにきちんと感を演出する効果があるため、必ず着用するようにしてください。ネクタイをきちんと着用していないだけでだらしなさが目立ち、面接官に対してマイナス要素を与えてしまい、印象が悪くなってしまいます。

そのようなことがないよう、グレーや紺色など、落ち着いたオーソドックスな色味のネクタイを着用するようにしましょう。

夏に欠かせない就活スーツの暑さ対策

夏はとても暑く、スーツスタイルを不快に感じるメンズも少なくありません。とは言え、就活のスーツスタイルを崩す訳にはいきません。そのような時こそ、夏の暑さを乗り切るための就活スーツの暑さ対策を以下に3点みていきます。

快適にスーツを着用することができれば、暑い日の面接も難なくクリアすることができるでしょう。どのような対策を講じれば良いのか、ひとつずつ確認していきます。

対策①下着は通気性の良い素材を選ぶ

メンズのスーツの下に着用するインナーは、吸水速乾性の高い素材を使用し、また、通気性に優れたものを着用するのがおすすめです。夏の汗をしっかりと吸収し、乾きが早ければそれだけ快適な気心地を実感できます。

また、スーツを着用しながらも、身体の動きを制限されることのない、伸縮性に富んだ素材を使用したインナーを着用するのがおすすめです。特にストレッチ素材であれば、身体のラインにフィットしやすく、汗を吸いやすいという特徴もありとても便利に利用できるでしょう。

さらに、防臭効果の高い素材のインナーが最適です。ぜひ夏のスーツスタイルの快適性を保つためにも、防臭加工が施され、また吸水速乾性に優れた製品を選ぶことをおすすめします。

対策②移動中はジャケットを脱ぐ

夏の猛烈な暑さの中で行う就活は、体力的にも堪えるものとなるでしょう。そのため、企業の面接会場への移動中は、ジャケットは脱いで手持ちとし、移送するようにしてください。

ずっとジャケットを着用したままだと熱中症の恐れもあり危険なため、安全性を考慮して、我慢せずに脱いで移動するよう心掛けていきましょう。

対策③涼しい場所で休憩する

面接時、時間ギリギリでの到着は避け、余裕を持って到着する様にして下さい。この時、面接会場の近隣にあるカフェなどを利用して、汗ばんだ身体をいったんクールダウンさせておいてください。

そして、汗も引いて落ち着いたら面接会場まで向かいましょう。そうすれば、慌ただしい様子なく、落ち着いて面接に臨むことができます。

夏の就活スタイルに欠かせない必須アイテム3選

それではここからは、夏の暑い日の就活を快適に行うためにも、ぜひおすすめしたい必須アイテムを3種類ご紹介します。常に携帯しておけるアイテムもあるため、就活時に活用してみてください。それではひとつずつみていきましょう。

就活の必須アイテム①グンゼ インナーシャツ 抗菌防臭加工

柔らかい綿100%素材に抗菌防臭加工が施された「グンゼインナーシャツ」は、メンズのお肌をやさしく労りながら、夏の暑い日でも通気性良く、快適に着用できるおすすめのアイテムです。

速乾性に優れているため、就活中の汗ばむ日でも蒸れることもなく1日過ごすことができます。ぜひスーツのインナーに活用してみてください。

 

就活の必須アイテム②ZELMA わきあせパット

男性特有の汗に対する蒸れや臭いを消臭し、いつも快適なスーツスタイルを維持していくことができる「ZELMA わきあせパット」は、就活時の必須アイテムとして人気を集めています。

また、BIGサイズ仕様となっているため、汗ばむ暑い日でも、しっかりと汗を吸収してくれ、常にサラっとしたお肌を保つことができるでしょう。自然な付け心地で違和感なく使用していくことができます。ぜひ夏の活動時に利用してみましょう。

 

就活の必須アイテム③エージーデオ24 デオドラントスティックDX

汗を抑え、臭いを予防する効果の高い「エージーデオ24 デオドラントスティックDX」は、汗を吸着し、吸収するパウダーを配合しているため、いつもサラサラのお肌を保つことができます。

また、手を汚さずに使用することができるロールオンタイプのため、外出先でも手軽に使用することができるでしょう。

汗の嫌なニオイを元から消臭していくことができるため、就活時の不快感を感じることなく快適に使用していくことができます。ぜひ就活時のアイテムに役立ててみてください。

 

夏の就活を快適に乗り切ろう

夏の暑い日こそ、クールビズスタイルを行いながらも、きちんと感を演出した就活を行う際に、ぜひ参考にしてほしいスーツスタイルや、おすすめのアイテムをご紹介しました。

夏の暑さの中、快適に就活を進めていくことができるよう、ぜひこの記事でご紹介したスーツスタイルの情報を参考に、暑い夏を乗り切って就活を成功させていきましょう。

その他の関連記事はこちらから