記事作成日:

シングルファザー(父子家庭)ならではの悩みやメリットをご紹介!

広告

女手だけで育てるのは大変なことですが、逆に男手だけで育てるのはそれ以上にいろいろな悩みを抱えているかもしれません。さまざまな理由からシングルファザーとしての道を生きていかなくてはいけなくなったという方も中にはいるでしょう。今回は、シングルファザー父子家庭ならではの悩みやメリットをご紹介していきます!共感できる部分も多々あると思うので、読み進めていってみてください!

シングルファザー(父子家庭)とは

シングルマザーという言葉があるように、シングルファザーもあります。これは、父子家庭においての父親のことを指し、子供はいるけれど母親がいなくて男手1つで育てている男性です。

離婚や死別など母親がいない理由にはさまざまあるでしょう。収入面に関しては母子家庭よりも高い傾向にあるので、余裕のある生活を送ることができると考えるかもしれませんが、実際は子供がいることで、独身や既婚男性のように思うような働き方ができないといった状況も出てきます。

さらに慣れない家事や子育てをしながらになるので、苦労の絶えない生活を強いられることにもなるでしょう。

日本におけるシングルファザーの割合

女手1つで育てている母親に比べると 、シングルファザーは圧倒的に少ないです。割合でみると、全体の約15%程度となっています。また再婚する人も少数の傾向にあり、男性の場合は血が繋がっている子供だとしても、再婚することで仕事を優先的に頑張ることになります。

家事や子育てをするのは、血の繋がっていない再婚相手の女性となるため、なかなか理解をして一緒になってくれる方は少ないと言えるでしょう。

シングルファザーになるきっかけや理由

シングルファザーになりたくてなっているわけではありません。きっかけや理由はさまざまあり、それを受け入れざるを得なくて生活をしています。シングルファザーになるきっかけや理由についてご紹介します。

きっかけ&理由①妻と死別

シングルファザーとなるきっかけや理由として、妻との死別が挙げられます。持病が原因だったり、交通事故に遭ってしまい、突然の別れとなってしまったという場合もあるでしょう。この事態を受け入れられないままシングルファザーとなり子供を1人で育てていくことになります。

悲しみや辛さが押し寄せてきますが、子供の面倒を見て行かなくてはいけないため、悲しみに浸っていることもできません。子供とどう暮らしていくか悩みを抱えて行くことが多くなります。

きっかけ&理由②親との同居がうまくいかなかった

実家の親と同居をすれば金銭面での負担も少ないし、家事や育児を手伝ってもらえるといった理由から、妻に対して同居をしてほしいと伝えることもあるでしょう。本音は無理と思っていても、いずれは同居しなくてはいけないということもあり渋々了承することもあるかもしれません。

「優しくていい義父母だからうまくやっていけそう」と初めは思っても、実際に同居をしてみるとうまくいかなかったというケースも非常に多いです。結婚したことで義父母も家族になったとはいえ、赤の他人です。妻が我慢の限界に達し、離婚したことでシングルファザーになったという場合もあります。

きっかけ&理由③妻の育児放棄

妻が子供の面倒を見なかったり、日常的に暴力をふるう、言葉で傷付けたなどの育児放棄の理由からシングルファザーになることもあります。

まだ子供は欲しくないのにできてしまって母親になれなかったという人は、自分も遊んでいたいという気持ちが強くなり、子供はどうでもよくなってしまいます。こんな母親には任せられないと思い、シングルファザーとして子供と共に生きて行く選択をする方もいるのです。

きっかけ&理由④妻の浮気が原因で離婚

男性だけではなく、妻の浮気が原因で離婚するケースも意外とあります。家事や育児に追われて一生懸命頑張っているのに労いの言葉ひとつかけてくれない、家庭を顧みず仕事ばかりで家事や育児を手伝ってくれない夫もいるでしょう。

疲れと理解してくれない夫に嫌気がさして、外に心のよりどころを見つけてしまうこともあるのです。浮気をされるのはどんな事情があろうとも許せない、妻に子供を任せておくことはできないと離婚をしてシングルファザーの道を歩むことになる場合もあります。

また自分の子供はかわいいと思うはずですが、引き取りを拒否したことで夫側が育てていくケースもあると言えます。

きっかけ&理由⑤子供が希望した

どんなに妻側が子供を引き取りたいと思っていても、子供が父親と一緒にいることを希望した場合は、父のもとで暮らしていくことになります。物事が理解できる年齢になっていれば、自分でどちらについていくか選ぶことができるでしょう。

育児をずっとしてきたのは母親なのに、父親がいいという場合は浮気が原因であるケースが多く、そんな母に対して嫌悪感を抱いてしまっている可能性が高いです。子供に選ばれたのはうれしいことですし、シングルファザーになっても一生懸命育てて行こうと思えます。

シングルファザーならではの悩みは?父子家庭あるあるをご紹介

シングルファザーとして男手1つで育てていくのは大変なことで、さまざまな悩みを抱えながらも子育てに奮闘していることでしょう。どのような悩みがあるのか、父子家庭あるあるをご紹介していきます。

悩み①経済的な余裕がない

男性なら経済的に余裕のある生活を送れると思いがちですが、親子の生活費だけではなく、保育園や学校の必要経費などお金がかかることが多いです。

全てを1人で支払い、育児のために仕事も思うようにできず、定時に帰宅することで今までの収入よりも低くなってしまうといった状況に陥ります。不自由のない生活をさせてあげたいけれど、経済的余裕がなくて厳しい環境に置かれてしまいます。

悩み②裁縫ができない

幼稚園児などはレッスンバッグを持ってくるように指示されることも多いです。子供に好きなキャラクターのバッグをおねだりされても、市販では売っていなくてどうしようと悩むこともあるでしょう。

針と糸を使ったり、ミシンを使って仕上げなくてはいけない部分も出てくるので、裁縫ができないことに焦ってしまいます。幼稚園の中には必ず手作りのものをという指示がある園も少数ではありますが存在します。裁縫ができなくても、フリマアプリを活用することで簡単に手作りバッグを購入することも可能です。

悩み③家事・育児・仕事の両立が大変

シングルファザーは家事や育児、仕事の両立がとても大変です。仕事から帰ってきたらゆっくりしたいものですが、夕食の準備に取り掛かって子供のお世話をし、寝かしつけてから自分の時間ができます。

しかし朝も早く起きて朝食の準備をしなくてはいけないので、夜もゆっくり起きてはいられません。そして仕事に行くといった過酷なスケジュールが毎日続くため、体力的にも限界だと感じることも多いでしょう。

悩み④子どもが寂しがっていないか不安になる

子供と生活をしていくためにも一生懸命働かなければいけないため、帰りが遅くなる時もあるでしょう。自宅で留守番をさせたり、低学年の子では学童を利用することも必要になってきます。親子で過ごす時間が少なくなってしまうことから、寂しがっていないか不安に感じることもあるのです。

悩み⑤再婚するべきか悩む

シングルファザーだからといって一生独身のまま過ごすかといったらそうではありません。ステキな女性が現れたら、良いなと思うこともあるでしょう。子供のためにもやはり母親の存在は必要なのではないかと思うことで、再婚するべきか悩んでしまいます。

育児は女性側に任せることが多くなるので、血が繋がっていない者同士が親子としてうまくやっていくことができるのか不安になるのです。また、子供が新しい母親の存在を受け入れてくれるのかもネックとなることから、なかなか勇気がなくて再婚できずにいます。

悩み⑥思春期の娘への対応

思春期の娘がいるとどう対応したら良いのかわからないというのも、シングルファザーならではのあるあるだと言えるでしょう。真面目に成長してほしいと思うことから、厳しめの教育を行ってきた場合、ウザいと避けられてしまうこともあります。

ガミガミ言うのは逆効果で、見守り側に徹することが大切です。お父さんが味方でいてくれると思うことで、自分の気持ちも素直に伝えることができるようになります。

シングルファザーのメリットは?

シングルファザーは大変なことばかりで良い部分はないのではないかと思うかもしれません。しかし1人で育ててみることで良さもわかることもあるのです。シングルファザーのメリットをご紹介します。

メリット①子どもが大きくなっても親子仲が良い

子供が大きくなれば、父親との関係が悪化して距離ができてしまうことも多いのではないでしょうか。口うるさいというイメージが定着してしまい、会話もしたくないといないような存在として扱われることも、悲しいけれどあるのです。

しかしシングルファザーの家庭では、小さい頃から協力しあって生活してきたこともあり、親子仲が良い場合が多いです。時には衝突するようなこともあったかもしれませんが、「やっぱり父親の存在って偉大だな」と感じます。

メリット②家事・育児レベルが上がる

1人で暮らしていた時に家事をやっていた方でも、シングルファザーになれば育児さらには仕事の両立もしなくてはいけません。ハードスケジュールの中、毎日こなしていかなければいけないのです。

初めはわからないことだらけで四苦八苦してしまいますが、慣れてくるとどのように行うことが効率的なのか、育児で疑問に思うことがあっても経験値が増えることから自分で解決できるようになります。

裁縫もできないと諦めるのではなく、何事も挑戦してみることであらゆることが得意になり、家事や育児レベルが上がっていくのです。

メリット③妻と衝突することがなく自由

結婚している時は、嫌な部分ばかりが目について喧嘩ばかりしていたこともあるでしょう。一緒にいるだけで精神的に疲れが出てきて、楽しい結婚生活とは程遠いものとなってしまいます。

シングルファザーだと大人は自分一人だけなので、誰も文句を言う相手はいません。何をするにも決定権は自分自身にあり、思い通りに行動することができます。妻と衝突することがなく、精神的にも開放されてマイペースに過ごすことが可能です。

メリット④子どもと接する機会が増える

一般家庭では子育てに積極的に参加してくれる男性もいますが、妻がいれば仕事がメインとなるため、子供の行事関係は休みが取れなくて見に行くことができないこともあるでしょう。その分妻が子供のことをしっかりやってくれているので、安定した生活を送ることができています。

しかしシングルファザーの場合は、子供のお世話から学校関係の行事まで全てを1人で責任を持って行うことが重要になってきます。必然的に子供と接する機会が増えるため、ますます愛情が深くなってくるでしょう。

仕事をしながら子供の行事にも参加しなくてはいけないので、忙しい中休みを取ったりするのは大変ですが、今しか見られない成長を楽しみながら、充実したシングルファザー生活を送ることが大切だと言えます。

シングルファザーのデメリット

メリットも多く存在するほか、デメリットもあります。まず一番に挙げられるのは、仕事が思い通りにできないことです。子供の行事があれば見に行けなければいけないですし、送り迎えや急に病気になって保育園や学校などから呼び出しがあったりすると、仕事を中断しなくてはいけなくなります。

呼び出しが多くて早退ばかりしていると、職場での位置づけも危なくなってしまうでしょう。また家事と育児、仕事に追われ、時間が足りません。自分のゆっくりできる時は皆無に等しいです。次第に慣れてくると効率よく行動することができ、有効的に時間を使うことができます。

さらにひとり親であることでいじめに遭う可能性もないとは限りません。小さい頃はからかうことが楽しいと思う時期でもあるため、父親しかいないことで馬鹿にするといった場合も考えられるのです。

シングルファザーの悩みも多いがメリットもたくさん!

妻との死別や離婚したことから、シングルファザーとしての道を歩んでいくことになったという方もいるはずです。女手1つで育てるよりも少ない傾向ですが、母親ではなく父が子供を引き取って共に暮らしていくケースもあります。

とにかく忙しすぎて、時間に追われてしまいます。経済的にも仕事はしなくてはいけないですが、子供の面倒も見なくてはいけないので、毎日があっという間に過ぎて精神的にも疲れが出てしまうでしょう。

抱える悩みも多いですが、実はシングルファザーはメリットもたくさんあります。良い親子関係を築いて行けることで、大きくなってからも仲良い親子でいることができるのです。また、妻と衝突することがなくなるため、自分の思うがまま行動して過ごすことができます。

一般家庭では仕事が優先的になり、なかなか接する機会を作ることができませんが、行事などに参加したり1人でこなすため、より愛情を感じられます。子供と過ごす今の時間を大切にして、仕事も家事も子育てもうまく両立しながら充実した生活を送ってください!

その他の関連記事はこちらから