2017/08/31

バーバリーのマフラー&ストール厳選20選 カシミアが人気!(プレゼント・ギフト用) 

muf2

大切な方に贈るプレゼントやギフトはお決まりですか?

クリスマス・年末と言えばプレゼントやギフト。大切な相手への贈り物は素晴らしいものを選びたいものです。しかし贈り物を選ぶことは難しいもので、自分が良いと思った品物も必ずしも喜んでもらえるとは限らないのが現実です。
そんな時はその時期に合った実用的なアイテムを選ぶことが無難です。そして、自分では購入しないような高品質な高級品を選ぶのがセオリーです。特に、クリスマスや年末の寒い時期は、すぐ使えるマフラーや手袋、靴下などは需要が高いのでプレゼントとしても人気があります。


category-muffler

そのなかでもおススメなのはマフラーです。

冬をおしゃれに過ごしたくても、1着が高価でクローゼットの中でもかさばるアウターを所有するには限りがありますので、小物で変化をつける方は多いのです。
特にマフラーは顔の近くにあり、変化もわかりやすいアイテムですので毎回変えて外出する方も多いです。
では、プレゼントとしてのマフラーはどんなものを選ぶのが良いのでしょうか?

 

カシカリが全力でおススメするマフラーがあります!

それは、ずばりBURBERRY(バーバリー)のマフラーです。

バーバリーは160年もの歴史を持つ英国の老舗ブランドとして世界中で知られており、日本ではトレンチコートや傘をはじめとするアイテムが定番として認知されています。
バーバリーのチェック柄があしらわれたベージュのマフラーは、女子高校生の定番として記憶にある方も多いかと思います。2000年代に入ったころからは、バーバリーの日本特有ラインが若い世代の支持を得て非常に人気となりましたので、バーバリーは若い世代にもファンが多いブランドと言えます。

 

バーバリーは、このように世界中の老若男女に愛されています。

また、バーバリーが長い間トップブランドとして支持される理由として、その品質の高さがあげられます。バーバリーのマフラーは、イタリアやスコットランドの工場で丹精込めて作り上げられています。

バーバリーのマフラーには日本のライセンス契約品もありますが、それらも日本製で品質の高さが認められています。
このような理由からクリスマスや年末のギフト・プレゼントではバーバリーのマフラーが非常に人気となっているのです。

 

バーバリーのチェック柄マフラーおススメ8選

バーバリーのチェック柄は常に新しいデザインが登場しており、雰囲気もずいぶん変わってきています。ですから、有名なベージュのチェック柄ではいかにも過ぎるという方でも納得できるデザインが充実しています。
最近の傾向はバーバリー特有のチェック柄を拡大して使用しているデザインが多いです。一見して太目のギンガムチェックのようなチェック柄や、ラインデザインのようにあしらわれるチェック柄は、モード感も感じられ一般的なチェック柄よりもシンプルなイメージです。

 

最新のベージュのチェック柄

109383691
購入はこちら

 

ギンガム系太目のチェック柄

109383628
購入はこちら

 

109383623
購入はこちら

 

109383620
購入はこちら

 

どんなシーンにも合うモノトーン系

109383641
購入はこちら

 

109383649
購入はこちら

 

男性に人気のレッド、女性の定番ピンク

109383622
購入はこちら

 

109383638
購入はこちら

 

バーバリーのカシミヤマフラーは最上級品

バーバリーのマフラーの中でも人気アイテムと言えばカシミヤ製のマフラーです。

カシミヤという素材はよく耳にしますがどのようなものかご存知でしょうか?それは中国、チベット、ネパール、イランなどアジアの標高が高い地域に住むカシミアヤギの毛です。
寒暖の差が激しい地域に住むカシミアヤギは、表面が粗毛、内面に柔毛というように毛が生えています。そのなかでカシミヤとして繊維となるのは、毛が細い柔毛です。
カシミヤの柔毛は羊毛のように一気に刈ることはできず、生え変わりの毛を拾い集めたり、櫛で梳いたりして集めたものを使います。その生産量はごくわずかで、1キロ集めるのに4頭以上のカシミアヤギの毛が必要です。カシミヤの希少価値が高い理由はそこにあります。

カシミヤは毛が細いことに加え密度が高く、非常に暖かいです。
そのうえ、軽く光沢感もあるので高級感に溢れています。
さらにその肌触りは極上ですので、人気の高さは間違いのないものとなっています。

このように、素材のポテンシャルが高く、希少価値もあるカシミヤですのでウールと混ぜられたものが100%のカシミヤとされて出回ることも多いです。出所のわからないようなカシミヤ製品は偽装されている可能性もあるので注意が必要です。